2010年05月08日

Promiseからのメッセージ・ビデオ「Promise behind the scenes」


それだけ彼女達が現在進行形で頑張ってい
るということなので、お馴染み米・ニュージャ
ージー州の三姉妹アイドルグループPromise
(Facebook)からの話題が続くのです。


Twitterでも触れましたが、5月4日付けで
PromiseがYouTubeにアップした公式動画が、
"Promise behind the scenes"
になります。
これまでのビデオは、彼女がライブなりセット
なりで歌って踊る模様を収録したものばかり
でしたが、今回のものは、彼女達の生の姿や、
自分達のことを説明するコメントなどを伝える
内容になっています。これで、より等身大の彼
女達が見えてくるかも、と思います。
例によって、日英の採録と共に紹介しておき
ますね。





short_g.gif


00:20〜
メリンダ
「こんにちは。わたし達はThe Promise Sisters
です。今日は、わたし達自身のことについて、
みなさんに少しお話しますね」


00:25〜
ヴァネッサ
「ハイ。わたしはヴァネッサ・フィネガン、
PromiseではAyaです。
ここがわたし達の家のキッチンで、Promiseの
曲のための練習場になってるんです。衣装は
ここに掛けてあって、色んな色とか物とか……」


00:39〜
カメラ(リアン)
「ハイ」

メリンダ
「ハイ。メリンダ・フィネガン。Promiseでは
Emiです」

リアン
「自由な時間には、何をするのが好き?」

メリンダ
「絵を描いたりするのが好き。特に色を塗った
りするのが。それとソフトボールをするのも好
きかな。ピッチャーになったばかりだから、
とても楽しみ」


01:00〜
リアン
「テレビを見るのが好き! それから色々書く
のも……。今はお話を書いてるの。
裁縫も好きかな。ホントは嫌いだけど、とにかく
縫っちゃう! これじゃわたし、ホントにバカっぽ
く見えちゃうよ!?(笑)」


01:19〜
メリンダ
「大きくなったら、芸術家になりたいな……。
それか、古生物学者。友達と一緒に遊ぶのも
好きだし、もちろんお姉ちゃん達とも」

ヴァネッサ
「ヴァネッサです。わたしは走るのが好きで……
フェンシングも好き。泳ぐのも好きで、来年には
水泳のチームにたぶん入れるんじゃないかな、
と思ってます」


01:44〜
ヴァネッサ
わたし達はみんな2005年まで、ホーム・スクーリ
ングで学んでいて、それがお互い仲の良い理由
だと思います。ずっとお互いしか、友達がいませ
んでしたから」

リアン
「そうね。だからホーム・スクーリングから、普通の
公立学校への生活へ移るのは、大変だったわ。
特にわたしは、ホーム・スクーリングの期間がとて
も長かったし」

ヴァネッサ
「わたしはそうでもなかったんですけど。わたしが
移ったのは4年生の頃で、その頃なら友達を作るの
も、ずっと簡単でしたし。でも、ホーム・スクーリングの
頃の感覚もまだ残っていて、時々は他の人と接する
時にも、引っ込み思案になってしまうこともあります」


リアン
「それとわたしとヴァネッサはイングランドで生まれ
たの。アメリカに引っ越してくる7歳の時まで、そこ
で暮らしていたわ」

ヴァネッサ
「でも、メリンダが生まれたのはアメリカなんですね。
今でもイングランドには戻ってます。しょっちゅうは
無理だけど、出来る限りで。NannyとPapa(父方の
祖父母)はまだそこで暮らしていますし、父方の親戚
もたくさんいますから。とってもいい土地なんですよ」

リアン
「お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、元気? また会いた
いです!」

リアン
「そうそう、フォームの方に質問が来てたの。PCの
調子が悪いから、思い出さなくちゃいけないけど。
えっと、『3人それぞれの、お気に入りの曲はなんで
すか? それぞれ1曲ずつ教えて』って質問! 
わたしがずっとお気に入りなのは、イモゲン・ヒープの
『Canvas』という曲で、彼女はイギリスのアーティスト
なの」

メリンダ
「わたしは、マイリー・サイラスの『Party in the USA』」

ヴァネッサ
「Ninedays (ナインデイズ)の『Story of Girl』」


03:09〜
リアン
「2005年にわたしが初めて行ったアニメコンベンシ
ョンがOnna Fest ’05で、そこで開催されていた
カラオケコンテストで優勝したのが、本格的に歌い
始めたきっかけになるの。
2006年のAnimeNEXTが、妹達とも一緒に参加
した初めてのコンベンションで、それからずっと、
色々なコンベンションで歌うようになったの。
わたしが初めて見たアニメは……、ずっと小さか
った頃に、テレビでカートゥーンを見始めたんだけ
ど、アニメということなら最初は、『鋼の錬金術師』
ね。大好きなの!」

ヴァネッサ
「わたしのお気に入りアニメは、『十二国記』です」

メリンダ
「わたしは……『涼宮ハルヒの憂鬱』と『スパイラル
−推理の絆−』」


3人
「見てくれてありがと!!」


Melinda
"Hi, we’re the Promise Sisters and
we’re going to tell you a little bit
about ourselves."

Vanessa
"Hi, I’m Vanessa Finnegan, Aya from
Promise, and this is our kitchen
which is where we practice our songs
for Promise, and we keep our costumes
hung up here, our different colors and stuff…."

Leanne(Camera) "Hi."

Melinda
"Hi, I’m Melinda Finnegan, Emi from Promise."

Leanne
"So, what are your favorite things to do
in your free time?"

Melinda
"Um, I like to draw, well I especially
like to paint, and I like to play softball.
I just became a pitcher so I’m excited."

Leanne
"I like to watch TV, I like to write,
I’m writing a book right now…I also like
to sew, well actually I hate sewing but I
sew anyway….
Am I looking like a total dork? (laughs)"

Melinda
"I want to be an artist when I grow up,
or a paleontologist.
Um, I like hanging out with my friends,
and my sisters."

Vanessa
"I’m Vanessa, and I like to run and I
like fencing. I also like to swim and
I’m going to join a swim team next year
probably, hopefully.
We were all homeschooled until 2005 which
is probably why we’re all so close,
because we were each other’s only friends
for awhile."

Leanne
"Yeah, and It was really hard to make the
transition between homeschooling and public
school, so yeah, for me it was because I
was homeschooled for a really long time."

Vanessa
"It wasn’t that hard for me because I
started it in 4th grade so it was pretty
easy to make new friends back then, but
I think homeschooling stays with you
because I’m still kind of awkward in
some social situations."

Leanne
"Um, also, we were born in England,
Vanessa and I were. And I lived there for
7 years before we moved to America."

Vanessa
"But Melinda was born here. We still visit
England a lot, well, not a lot, but as
much as we can, because our Nanny and Papa
(They are our Dad's parents) still live
there and a lot of our Dad’s side of the
family, and it’s really nice over there."

(three)
"Hi Nanny and Papa! We miss you! "

Leanne
"Oh we have a question on our formspring.
My computer died so I have to remember
it…it said 'What are three of your
favorite songs, one from each of you?'
My favorite song of all time is
'Canvas' by 'Imogen Heap', and she’s an
English Artist."

Melinda
"My favorite song is 'Party in the USA'
by 'Miley Cyrus'".

Vanessa
"My favorite song is 'Story of Girl' by
'Nine Days'”.

Leanne
"In 2005 I went to my first anime convention,
it was Onna Fest ’05, and I won the
karaoke contest there so that’s how I got
started singing.
And then at AnimeNEXT 2006 my sisters came
and that was our first anime convention
together and ever since then we’ve been
performing at conventions together.
Um…my first anime that I saw…well I
started off watching cartoons when I was
younger on TV, and then my first anime I
saw was 'Full Metal Alchemist' and I love
that anime so much."

Vanessa
"My favorite anime is'The Twelve Kingdoms'”.

Melinda
"My favorite anime is 'Haruhi Suzumiya'
and 'Spiral'".

(three)
"Thanks for watching!"


short_g.gif


という感じですね。
今回はさすがに長めでラフなので、英語の
採録にはリアンさんの助けを仰ぎました。
ミランダちゃんの2つ目の夢である"paleontologist"
(古生物学者)なんて、文脈からも全然想像が
つかなかったですし、お手上げでした。


少し解説が必要な「ホーム・スクーリング」
というのは、学校に通わず、その家庭内で
子供の教育をすることですね。英米でどれだ
け一般的なのかは、わかりませんけれど。
Finnegan家はそういう教育方針で、3人は
2005年まで、一般の学校には通っていなか
ったということですね。初めて知りました。
じゃあ、日本のアニメやマンガで定番の学校・
年間行事(運動会やバレンタイン・デー)とかに
対する感じ方も、三姉妹は、学校に行って
る子とは違ったかもですね。
「マリア様がみてる」なんかも見ている筈な
ので、その辺また訊いてみたいです。


ともかくこのビデオで、また三姉妹の新たな魅
力が伝わったなら、幸いです。よろしくお願い
します。


short_g.gif


あ、それともうひとつ。
Finnegan三姉妹の長女Leanne リアンさんが、
自作の楽曲を披露するYouTubeチャンネル
続いて、より幅広い、女優やモデルとしての個人
的活動を伝えるFacebookを開設しました。
リアンさんはホントに、やりたいことへの夢がいっ
ぱいな人なので、色々羽ばたいていければと願っ
ています。
せっかくなので今日は、プロフィール写真も
二枚ほど紹介しておきますね。


lmf2.gif



lmf1.gif


"Leanne Michelle Finnegan"
―― Photos by Caroline Twohill

posted by mikikazu at 10:52 | TrackBack(0) | Promise | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのアニメ英語吹替制作会社Bang Zoom!社長氏の、ファンサブ容認発言


4月28日付け記事のフォローアップになります。
4月25日付けのANIME TVブログにおける
"Anime – R.I.P."声明によって、渦中の人となった、
Bang Zoom! Entertainment(公式サイト)
の社長兼CEOであるEric P. Sherman氏
なんですが、情報サイトAnime News
Network
が毎週配信しているポッドキャスト
番組ANNCastの最新エピソード(5月6日配信)
にゲスト出演されたので、さっそく聞いてみました。


short_g.gif


このポッドキャストでSherman氏が、あらためて
明確にしたのは、先の声明で氏が批判したのは、
あくまで、北米で発売された、正規版DVDの中
身をRipして、ネットに流すような行為であって、
日本で放送・配信された番組に字幕をつけて流
しているファンサブではない、とのことでした(41
分50秒〜)。
ファンサブを積極的に宣伝はしないが、ファン
サブはアニメ業界に貢献してくれているし、ほと
んどの場合respectable(尊敬出来る・立派で
ある)というんですね。
「ファンサブは業界の害なのか? それよりアニ
メの宣伝として役に立っている」という見解です。


ファンサブそのものは、日米を問わず、れっきと
した違法行為です。

参考・アニメ!アニメ!より
「同人・アニメ・萌えを斬る!
 第7回 ファンサブに関するマジメな考察 その1」

「その2」

実際的な取締りの難しさはあるにしても、直接ビ
ジネスに関わっている業界内の、しかもひとつの
会社のトップの地位にある人が、そういった違法
行為を公の場で容認してしまうのは、あまりにも
迂闊というか、耳を疑ってしまいました。
ファンサブ制作者や支持者にとっては、「他でも
ない北米のアニメ業界の人も、自分達の行為を
認めてくれている」と、自己正当化のための格好
の材料になりそうです。
実際、ポッドキャスト配信後の、フォーラムでの
議論を見ても、話題になっているのは、ホストの
2名氏による「ヘタリア」批評と、今年リリースする
「ハルヒ」第二期、「ハルヒ消失」などの作品が上
手くいかなければ、「That's it!」(もう終わり)に
なるという、BANDAI ENTERTAINMENT
トップの方の発言についてで、Sherman氏のフ
ァンサブ容認発言は、それが当然のものである
がのごとく、ほぼスルーされているようです。


番組終盤の質問コーナーでは、Sherman氏は
素直に、議論自体を読むのは嬉しかったものの、
やはりファンからの反発が怖いので、この違法
視聴行為問題については、日米の業界人はあ
まり表立って語るべきではない、とも発言して
います(55分59秒〜)。「寝た子を起こすな」と
表現するのが、最適なスタンスでしょうか。
貢献とか、取締りとか、そういったことは別にし
ても、まず基本的にファンサブは違法なもので
あるという事実をふまえて、それぞれの立場で
発言すべきだと思いました。


posted by mikikazu at 01:00 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

Promiseのリアンさんからの、オリジナル・ソングについてのメッセージ


続いてしまっていますが、お馴染み米・ニュ
ージャージー州の三姉妹アイドルグループ
Promise(Facebook)の長女であるLeanne
リアンさんからの、
"Promise - original song news!"
と題したメッセージ・ビデオが公開されています。
50秒ほどの短いものですが、例によってリアン
さんの言葉を、英語と日本語で採録しておきま
すね。
字幕で入れた方が見やすいかもですけど、
そうすると意訳も増えて、言葉のフォローが
完璧じゃなくなってしまいますし、難しいです。





"Hi,everyone!
This is Leanne from Promise.
I would just like to say thank you so much
to everyone who's watching our videos.
It means a lot to us that we can have fans
out there that actually watching our videos.
So,thank you so much.

I have some exciting news.
I've been writing an original song for Promise.
And I've working on it for some time.
We're just getting to the point where we are
ready to record it and everything.
So we have an English and a Japanese version.
So look out for that.
We will be releasing that soon hopefully.

And one more thing.
I've been working on my all original songs
on my own YouTube channel.
So please check that out.
The link is right here.
(http://www.youtube.com/leannemfinnegan )
And,yeah,so thank you so much.
And Have a good night!"


「みなさん、こんにちは!
Promiseのリアンです。
わたし達のビデオを見てくれている皆さん、
とってもありがとうございます!
ビデオを本当に見てくれている、ファンの人
達の存在は、わたし達にとって、すごく大切
なことなんですね。
なので、本当にありがとう!

今日は素敵なお知らせがあります。
実はPromiseのためのオリジナル・ソングを、
ずっと作っているんです。
(バックで流れているのが、その曲のインス
トルメンタルです)
ここ最近は、ずっとかかりきりでした。
そして、そろそろ録音やいろんなことの用意
が出来つつあるんです。
曲には、英語版と日本語版のバージョンがあ
ります。楽しみにしててね!
もうすぐ発表出来ると思います。

それからもうひとつ。
わたし自身のための完全なオリジナル・ソン
グのためのYouTubeチャンネルも開設したん
です。そちらもよろしくおねがいします。
リンクは、こちらで。
http://www.youtube.com/leannemfinnegan
えっと、じゃあ、ありがとう。
おやすみなさい!」


short_g.gif


楽しみですね!
このオリジナル・ソングの前に発表される
だろう、練習中の次のカバー・ソングは、
オリジナル・アニメーション・クリップ
「CLAMP IN WONDERLAND」第二作、
「同2 1995〜2006」の主題歌、「action!」
になる模様です。期待です。


それから、歌って踊るのとは別の、もう少し
Promiseの生の姿を伝える種類のビデオも
制作中とのことで、そのための質問も募集
しています。

・質問投稿用フォーム
http://www.formspring.me/promisesisters

ビデオの中では、その質問にも答えてくれる
とのことなので、Promiseに興味のある方は
ぜひ、なのです。


posted by mikikazu at 06:34 | TrackBack(0) | Promise | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

北米マンガ売り上げランキング2010年4月中・下旬期(NYタイムズ・オンラインストア)


ではスペインフランスドイツに続く、世界のマ
ンガ売り上げランキングデータは、北米からで
すね。
あ、その前にひとつライセンス決定の情報を
伝えておくと、TOKYOPOP(公式サイト)が、
日丸屋秀和さんのマンガ「ヘタリア Axis Powers」
の、アメリカにおける9月10日からの出版を
発表しています。

Active Anime 掲載プレスリリース

アニメ版についても、FUNimationが既に
ライセンス取得を発表しており、リリースは
今年後半過ぎとのことですから、マンガとア
ニメで時期が重なる、よいミックスメディア
展開になるだろうと思います。
ただ、このリリースでは9月10日が発売日と
なっていますが、先行して情報がリークされ
ていた、アメリカAmazonRight Stufでは、
9月28日の記載になっていますので、どちら
が正解なのか、北米のファンはちょっと困りそ
うです。


short_g.gif


それでは以下、北米地域におけるマンガ売
り上げデータについてまとめておきます。
まずはお馴染み、The New York Timesが
伝えているManga週間ランキング(4月18〜
24日)
から。


1.「ロザリオとバンパイアseasonII」第1巻
2.「よつばと!」第8巻
3.「NARUTO」第47巻
4.「狼と香辛料」第1巻
5.「黒執事」第1巻
6.「紳士同盟†」第11巻
7.「遊戯王R」第4巻
8.「Nightschool」第3巻(Svetlana Chmakova)
9.「ハートの国のアリス 〜Wonderful
  Wonder World〜」第1巻
10.「ソウルイーター」第2巻


という結果です。
向こう版のSHONEN JUMPにも読みきり掲載
されて、本誌(Teen)とのレーティングの違い
(Older Teen)が大丈夫かなとも思った、「ロザ
リオとバンパイア」シリーズの最新刊が1位です。
ランキングに入ってる中では、アニメなどとの連
携展開がない、「よつばと!」の新刊が好調なのも、
ファンとしては嬉しいですね。


short_g.gif


では引き続いて、北米(アメリカ・カナダ)の各
オンラインストアにおける、マンガ作品の売り
上げランキング2010年4月下旬編です。

アメリカ

大手一般書店チェーン

・Borders

1.「ポケモンDP 2―ポケットモンスター
 ダイヤモンド・パール物語」第6巻
2.「Maximum Ride」第2巻
3.「Maximum Ride」第1巻
4.「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」
5.「吸血鬼に愛される方法」
6.「ポケットモンスター SPECIAL」第6巻
7.「Warriors: Ravenpaw's Path」第1巻
8.「ゼルダの伝説 時のオカリナ」上巻
9.「The Dark Hunters」第2巻
10.「ポケットモンスター SPECIAL」第3巻


・Barnes & Noble

1.「Maximum Ride」第2巻
2.「ヴァンパイア騎士」第8巻
3.「Maximum Ride」第1巻
4.「NARUTO」第47巻
5.「Dark Hunger」
6.「ヴァンパイア騎士」第9巻
7.「遊戯王GX」第4巻
8.「NARUTO」第46巻
9.「Vampire Kisses: Blood Relatives」
  第3巻
10.「Warriors Manga Box Set」


・Books-A-Million

1.「NARUTO」第47巻
2.「NARUTO」第46巻
3.「ロザリオとバンパイアseasonII」第1巻
4.「Maximum Ride」第2巻
5.「ヴァンパイア騎士」第9巻
6.「ヴァンパイア騎士」第8巻
7.「Bleach」第30巻
8.「Black Bird」第2巻
9.「Warriors:Shattered Peace」
10.「Black Bird」第3巻


オンラインストア

・アメリカAmazon

1.「Scott Pilgrim, Vol. 3: Scott Pilgrim
  & the Infinite Sadness」
2.「Black Bird」第4巻
3.「ダンスインザヴァンパイアバンド」第7巻
4.「よつばと!」第8巻
5.「Chew Volume 2 : International Flavor」
6.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」第26巻
7.「Valentine: Episode 01」
8.「Witchfinder: In the Service of Angels」
9.「Maximum Ride」第1巻
10.「Warriors: Ravenpaw's Path」第2巻


アニメ・マンガ専門店

・Right Stuf

1.「狼と香辛料」第1巻
2.「魔法先生ネギま!」第26巻
3.「Masca」第1巻(Young Hee Kim)
4.「わたしのすきなひと」
5.「A Kiss For My Prince」第2巻(Hee-Eun Kim)
6.「よつばと!」第8巻
7.「新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」第4巻
8.「Devil's Bride」(Se-Young Kim)
9.「Tarot Cafe」(Sang-Sun Park)
10.「Wish」


・Anime Castle

1.「大奥」第3巻
2.「かわいい悪魔」
3.「らき☆すた」第5巻
4.「よつばと!」第8巻
5.「犬夜叉」第47巻


コミック専門店

・Midtown Comics
(ニューヨーク州ニューヨーク市)

1.「新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」第4巻
2.「GunSmith Cats Burst」第5巻
3.「一騎当千」第15巻
4.「よつばと!」第8巻
5.「ガチャガチャ」第16巻
6.「ダンスインザヴァンパイアバンド」第7巻
7.「.hack//4koma」
8.「トワイライト」第1巻
9.「火災調査官ナナセ」第4巻
10.「機動戦士ガンダム エコール·デュ·シエル」第9巻


カナダ

・Bookmanager
(コミック&グラフィックノベル・ランキング
からマンガ作品のみ)
――カナダ国内の、大手チェーンに属していない
独立書店向けの書籍データ・サイトで、調査対象
はコミック専門店や、大手チェーンを除く、400店
ほど。

1.「トワイライト」第1巻
2.「Warriors: Ravenpaw's Path」第2巻
3.「NARUTO」第47巻
4.「ロザリオとバンパイアseasonII」第1巻
5.「Black Bird」第1巻
6.「ヴァンパイア騎士」第9巻
7.「Black Bird」第2巻
8.「紳士同盟†」第11巻
9.「犬夜叉」第47巻
10.「黒執事」第1巻


short_g.gif


という結果です。
やはり「よつばと!」第8巻と「ロザリオとバンパ
イアseasonII」第1巻が、多くのランキング
に顔を出しています。
新刊だと、「狼と香辛料」第1巻の元気がある
みたいですね。


興味深いのは、「ダンスインザヴァンパイアバ
ンド」第7巻が複数のストアで見かけることです。
この作品に限らず、「ダンス」を出している出版社
Seven Seas(公式サイト 「ダンス」ページ)は、
ほとんど売れ筋の作品は扱っていないというか、
この種のランキングで出版作品を見かけること
はあまりなかったんです。「ダンス」の既刊巻も
同様でした。
それが急にランクインしたのは……、根拠のない
邪推なんですけど、アニメ版「ダンス」は、FUNimation
によるネット配信(Huluページ)において、アメリ
カの視聴者向けに内容が修正されていて、ファ
ンからの反発を呼んだんですね。
DVDのバージョンがどうなるのかは、日本での
リリースにおける内容を待たないと判断出来な
いそうですが。
ともかく、アニメ版の配信がそういう風に話題
を呼んだので、では原作マンガはどうなんだろ
うと興味を引いた、あるいはマンガなら修正さ
れずにノーカットのままだろうと期待させた?
みたいなこともあるのかなと思いました。


出版元のSeven Seasは、かつて「こどものじ
かん」(私屋カヲル)を、"Nymphet"(性的魅力
のある若い娘・妖精)題で、一度出版を発表しま
したが、内容に対する反発を恐れて、中止したこ
とがあります。
今回もし、「ダンス」がそういう経緯で注目を集
めているとしたら、皮肉な展開ではありますね。


posted by mikikazu at 15:44 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三姉妹アイドルグループPromiseの長女リアンさんのオリジナル・ソング"Love will never die"


今日もいつもの、米・ニュージャージー州を拠点
に活動している、三姉妹アイドルグループPromise
(Facebook)の関連話題なんですが、少し趣き
が異なります。


PromiseのFinnegan三姉妹の長女である
Leanne リアンさんは、個人としても、オリジナル・
ソングの作詞・作曲を手がけ始めています。
とはいえ、独学でギターを始めてまだ半年とい
うことなので、技術的にはもちろんまだまだこ
れからなんだろうとは思います。その辺は、暖
かく見守って欲しいです。
リアンさんが作った曲については、個人的には
少し前から聞かせてもらっていたんですけど、
今回YouTube上に個人名義のチャンネル
開設し、PromiseのFacebookでも紹介しまし
たから、オフィシャルなものになったと判断して、
うちのブログでも紹介しておきたいと思います。


リアンさんが、現地時間の4月30日付けでアッ
プした、オリジナルとしては二曲目になるのが、
"Love will never die"という曲です。
この曲については、ビデオの冒頭にリアンさん
による解説の言葉があるのですが、日本の方
にも伝わるように、その部分の採録を、英語と
日本語で、それぞれ掲載しておきます。


short_g.gif


"Hey.
I wrote a new song.
And I really wanna share with you,
cause it's really special.
But first I wanna show you something.
These are...past four years have been
really hard for me and my family.
I have one parent in my life now.
And it's difficult to live with my dream
and do what I want to do with my life.
Because I've been really unmotivated
and depressed.
Especially last year in high school I
struggled a lot.

The other day I read a news article about
a young woman named Eva.
She has the same dream as me to be an actress.
I was amazed how strong and brave she was.
Even though she struggled with cystic fibrosis,
she still got her degree in theater in college.
And she shared her life story with the world
in a documentary called "65 Red Roses".
She made me realize that I need to be strong
to live my dream even through the hard times.
Because I don't wanna let my life and my dreams
just slip away.
She didn't.
She inspired so many people in this world.

Eva passed away on March 27, 2010.
And I wrote this song in her memory."


「ハイ。
新しい曲を作りました。
ぜひ皆さんにも聞いてもらいたいと思います。
とても特別な曲なので。
でもまずは、ちょっと説明させてください。
この4年間というものは……わたしにも、家族
にも、大変な時期でした。いまわたしには、
両親の片方しかいません。
自分の夢をかなえるため、やりたいことをやって
生きていくのも、なかなか難しかったんです。
それくらい、やる気を失い、落ち込みました。
特に昨年高校では、かなり辛い思いもしました。

そしてある時、エヴァという名前の若い女性につ
いての記事を目にしたんです。
彼女はわたしと同じ、女優になりたいという夢を
持っていました。
彼女の強さと勇敢さに、わたしは心を打たれました。
彼女は、嚢胞性線維症と戦いながらも、大学で
演劇の学位も取得したんです。
また、彼女の人生を"65 Red Roses"という
ドキュメンタリーを通して、世界にも伝えました。
彼女に教えられたんです。人生の辛い時であって
も、夢をかなえるためには、強くなくてはいけない
って。
だってわたしも、わたしの人生と夢をあきらめたく
はありませんから。
彼女はあきらめませんでした。
彼女は世界のたくさんの人達に、そういう勇気を与
えてくれたんです。

エヴァは2010年3月27日に、この世を去りました。
この歌を、彼女に捧げたいと思います。」





short_g.gif


リアンさんが語っている、Eva Markvoortさんが、
最後まで綴ったライブジャーナルは、こちら。
http://65redroses.livejournal.com/

Evaさんの闘病を伝えたドキュメンタリー作品
"65 Red Roses"の公式サイトはこちらです。
http://www.65redroses.com/

それからCNNの記事も。
"Death at 25: Blogging the end of a life"

嚢胞性線維症(cystic fibrosis)については、
日本語サイトだと、

「嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)患者と家族の会」
http://www4.plala.or.jp/JCFN/

が参考になると思います。


posted by mikikazu at 01:28 | TrackBack(0) | Promise | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

映画「魔法少女リリカルなのは」「マクロスF」の劇場盗撮動画ネット流出事件について


Twitterの方では朝イチでお伝えしましたけど、
あらためて、こちらのブログでもまとめておきた
いと思います。


short_g.gif


数日前の4月26〜27日頃から、ネット上でP2P
経由での流出が確認され始めたのが、アニメ
映画「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
(公式サイト)のCAMripファイル、つまり劇場で
スクリーンを盗撮した映像のファイルです。
僕自身は、南米のあるスペイン語サイトで話題
になっていたので、初めて気づきました。非英
語圏まで、情報が既に伝わっているということ
ですね。
実際に、一部のファイルをダウンロードして確
認してみましたが、確かに劇場へカメラを持ち
込んで、「なのは」のスクリーンを手持ちで盗撮
した内容でした。


劇場でのアニメ映画盗撮・ファイル流出事件に
ついては、つい先日に「涼宮ハルヒの消失」の
それをお伝えしましたが(4月15日付け記事)、
今回はまだ発見が早く、「消失」のようには、
英語字幕まではつけられていない、いわゆる
RAWと称される、そのままの画面でした。
とはいえ、「消失」の場合RAWの流出から、約
10日程で英語字幕付きのファンサブが制作・配
布されましたから、「なのは」についても、遅か
れ早かれ、英語ないし各国語版のファンサブが
作成されるものと思われます。
まだRAWであるために、基本的にファンサブ専
門の、Google検索ですぐに見つかるような、ア
ニメ動画違法配信サイトにはまだリストアップは
されていませんが、これも「消失」と同じく、時間
の問題でしょう。
中身を問わない、大手Torrentサイトには、残念
ながら既にリストアップされていますし、アニメフ
ァンもすぐに気付くと思います。


short_g.gif


ファイル名から、配布している大元のブログはす
ぐに見つかりました。imuR88というところです。
2008年頃から、アニメのファンサブを制作・配布
しているグループ(現在は個人?)のようですね。
ブログのプロフィールには、ブログ主はシンガポー
ル在住の日本アニメ・ファンサバーとありますが、
信じていいかは、もちろんわかりません。
これまでの記事をみると、「なのは」のプレビュー
と本編、そして「劇場版マクロスF/虚空歌姫 イツ
ワリノウタヒメ」のプレビューのTorrentファイルが
置かれているのが確認出来ました。


こちらのブログのやり方は、手に入れた盗撮動
画から短いプレビューを制作し、まずそれを公開
して、本編全てをアップロードするには資金が必
要だと、寄付を求めるんですね。過去記事を読ん
でも、"please donate"(寄付してください)
の言葉がたくさん出てきます。そして記事を読む
限りでは、実際に寄付した人も複数いるようです。
その寄付金がある程度たまるか、反応があると、
本編を少しずつ分割してアップロードしていくとい
う手順を、長い劇場映画の「なのは」「マクロスF」
ではとっています。
現在は「なのは」本編のアップロードを終了し、
「マクロスF」の2分ほどのプレビューを掲載して、
本編を公開しようかどうか迷ってみせている、
実際には寄付を待っている、という状況のよう
ですね。
メッセージ・ボックスのやり取りを読む限り、
どうもブログの運営人氏が自作自演で、「マクロ
スを見るためにみんなで寄付をしようよ!」と
他人の振りをして呼びかけている節もあります
ね。断言はしませんけど。


「映像をどうやって手に入れたのか?」という
質問には、"The camripper sent it to
me directly."(盗撮者が直接自分のところに
送ってくれた)と答えています。
これも信じていいのかは不明ですけど、事実な
ら日本国内にコンタクトの取れる、盗撮協力者
がいる、ということになりますね。
また、「Fate/stay night-UNLIMITED
BLADE WORKS」をアップロードして欲しい、
とのリクエストには、その映画の盗撮動画は出
回っていない、とも答えています。


short_g.gif


「涼宮ハルヒの消失」に続いて、「なのは」「マク
ロスF」の劇場盗撮映像が流出し、広まっている
理由のひとつは、あくまで想像ですけれど、
アニメ界では超有名作である、「消失」の盗撮
動画及びそれを基にしたファンサブに対する反
応があるかも、と考えます。
つまり、「消失」の英語ファンサブを制作したと
公言しているグループは普通にサイトの運営を
継続していて、他の作品のファンサブと同様に、
「消失」のTorrentも、サイト内に置いたままです。
また、Google検索ですぐに見つかるアニメ動画
違法配信サイトでも、「消失」はいまだに、誰でも
簡単にストリーミング再生出来るかたちで置か
れています。


自分が連絡のとれた、アメリカのBANDAI
ENTERTAINMENTの方は、「角川映画、角川
書店等関係各位へ連絡を取り、対策を取る様に
協議しております」と仰っていたので、無為無
策のまま黙認しているのではなく、水面下では
対策に動いている筈ですが、少なくとも表面上
では、まだなんの動きも見えないわけです。
なので、超有名作である「消失」であっても、
なんの抗議も訴えも、権利者側からは届いてこ
ないのだから、「消失」の盗撮動画配信は黙認
されているに違いないという考えが、続いて
「なのは」「マクロスF」も非常におおっぴらに、
盗撮動画配信を行わせているのでは、と想像し
ます。


short_g.gif


とりあえずこの辺までが、分かる限りの現状
ですね。
「なのは」と「マクロスF」の権利者さん達に、
はやく伝わって欲しいところですが、タイミン
グ悪く日本はゴールデンウィークですから、な
かなかに難しいかもです。そこまで計算してフ
ァイルを流出させたわけでもないでしょうけど。
ともあれ、違法視聴では1円も利益が得られな
い作り手さんと同じく、盗撮という形で見られて
しまう作品やキャラ達も可哀想です。
出来るだけ早い対処を願いたいです。両作品
の関係者とコンタクトが取れる方は、機会があ
れば、状況をお伝えください。



・5月3日付け追記
4月中旬以降から、台湾で公開された中国語字
幕版を盗撮された「ONE PIECE STRONG WORLD」、
上記の「涼宮ハルヒの消失」「魔法少女リリカル
なのは」などの違法動画が、次々にYouTubeに
投稿されています。


posted by mikikazu at 12:43 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ドイツのマンガ売り上げランキング・TOP3出版社編(2010年3月期)


ちょっと違う話題をはさんでしまいましたけれ
ど、世界各国のマンガ売り上げランキングは、
スペインフランスに引き続いて、今日はドイ
ツからですね。前期(2010年2月期)データは
こちら

ドイツのマンガ市場におけるTO3出版社から
の、各社が公式サイト、そのフォーラム内で
発表している、自社作品売り上げランキング
を並べてみます。


まずは、ドイツのマンガ市場シェア第1位(43%・
2006年のデータ)Carlsen(公式サイト)から。
ソースは、Carlsen Manga公式フォーラム内ス
レッドの、"CARLSEN MANGA!-Bestseller"
です。


short_g.gif


2010年度3月期

1.「NARUTO」第41巻
2.「ヴァンパイア騎士」第8巻
3.「ONE PIECE」第53巻
4.「ソウルイーター」第3巻
5.「FAIRY TAIL」第1巻
6.「DAISUKI」2010年4月号(少女マンガ雑誌)
7.「かりん」第12巻
8.「ふたりエッチ」第41巻
9.「透明少年」第1巻
10.「ラヴァーズ・ポジション」
11.「ドラゴンボール・アンソロジー」第16巻
12.「AAA(トリプルエー)」第2巻
13.「ホネヌキにされたい」
14.「フルーツバスケット」第20巻
15.「コイ茶のお作法」第3巻
16.「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」第1巻
17.「悩殺ジャンキー」第15巻
18.「大正夢幻奇譚」
19.「放課後保健室」第7巻
20.「ヒカルの碁」第23巻
21.「SILVER DIAMOND」第14巻
22.「Killing Iago」第2巻(Zofia Garden)
23.「まんがみたいな恋したいっ!」
24.「魔法騎士レイアース・アンソロジー」第2巻
25.「スパイラル―推理の絆」第5巻


short_g.gif


という結果で、先月トップだった第40巻と入れ
替わる形で、続く「NARUTO」第41巻がトップ
に立っています。
それと今月の注目は、人気を博しているフランス・
スペインに続き、満を持してドイツでも出版の始
まった「FAIRY TAIL」ですね。
日本が想像する以上に、欧州圏での真島ヒロさ
んの人気は高いみたいなんですが。
ドイツだけで、というなら引き続き「ふたりエッチ」
の人気も高いですね。


続いて、シェア第2位(39%)のEMA(Egmont
Manga & Anime 公式サイト)は、月間TOP15
チャート
から。


short_g.gif


2010年3月期

1.「今宵は君と血のキスを」
2.「Black Bird」第3巻
3.「きみにしか聞こえない CALLING YOU」
4.「欲情©MAX」第7巻
5.「天は赤い河のほとり」第22巻
6.「執事★ゲーム」
7.「ココにいるよ!」第2巻
8.「Best Selection-宮坂香帆」
9.「Steal Moon」第1巻
10.「シノビライフ」第1巻
11.「名探偵コナン」第65巻
12.「コスプレ☆アニマル」第3巻
13.「しゅごキャラ!」第5巻
14.「ああっ女神さまっ」第38巻
15.「怪物王女」第1巻


short_g.gif


という結果です。
あくまで心証なんですけど、ドイツで一番人気
のBL作家さんは、今回も1位になっている立野
真琴さんじゃないかな、とも思います。
3月にイベントで訪独された時のインタビューが、
こちらで読めますけど、ドイツのBL読者さんの
方が、日本よりずっと趣味を隠さずに、BL読者と
してオープンでいるのでは、という印象を抱かれ
たようです。
ともあれドイツのマンガ市場については、BL/
ヤオイ・ジャンルについての理解がないと、把
握が難しいでしょうね。


さらに続いて、シェア第3位(12%)のTOKYOPOP
ドイツ(公式サイト)。
公式フォーラム内スレッド"TOKYOPOP-Hits 2010"
から、2010年3月期最終週になる、第13週分
(2010年4月7日日発表)を。


short_g.gif


1.「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章」
2.「今日、恋をはじめます」第5巻
3.「ターニングポイント」
4.「ブラッディKISS」第1巻
5.「ハートの国のアリス 〜Wonderful Wonder World〜」第1巻
6.「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章」
7.「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」
8.「ゼルダの伝説 時のオカリナ・上」
9.「ゼルダの伝説 時のオカリナ・下」
10.「WarCraft: Death Knight」
11.「白衣は愛に染まる」
12.「山本善次朗と申します」第3巻
13.「今日、恋をはじめます」第4巻
14.「サボテンの秘密」第2巻
15.「Bleach」第39巻
16.「DEATH NOTE」第9巻
17.「今日、恋をはじめます」第1巻
18.「きみが恋に溺れる」第2巻
19.「+ANIMA アンソロジー」第2巻
20.「絶叫学級」第3巻


short_g.gif


という結果です。
こちらもずっと、「ゼルダの伝説」シリーズが
強いですね。
同じくゲーム原作の「ハートの国のアリス」も、
北米に続いて好評のようです。


最後に参考として、オンラインストアAmazon
ドイツでの、マンガ・トップセラーリストからも、
第1位から15位まで。


short_g.gif


1.「ONE PIECE」第54巻
2.「NARUTO」第41巻
3.「NARUTO」第42巻
4.「名探偵コナン」第66巻
5.「桜姫華伝」第1巻
6.「兄弟限定!」第4巻
7.「Bleach」第40巻
8.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」第27巻
9.「FAIRY TAIL」第1巻
10.「魔法先生ネギま!」第25巻
11.「愛で痴れる夜の純情」第2巻
12.「ONE PIECE」第53巻
13.「FAIRY TAIL」第2巻
14.「NARUTO」第40巻
15.「Steal Moon」第1巻


short_g.gif


という感じですね。
やはり「NARUTO」「ONE PIECE」「Bleach」と
いった世界的人気の作品に混じって、BL作品が
ランクインしているのが面白いです。
アメリカのAmazonでも、BL作品は上位に来るん
ですが、ドイツの場合は、Amazonという通販ル
ート以上の人気があるだろうことが、各出版社単
位でのランキングでも想像出来ます。


posted by mikikazu at 22:52 | TrackBack(0) | 海外情報(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

米・ニュージャージー州の三姉妹アイドルグループPromiseによる最新ビデオ「Lonely in Gorgeous」(「Paradise Kiss」OP)


ではでは、毎度お馴染み、米・ニュージャー
ジー州を拠点に活動している、三姉妹アイド
ルグループPromise(Facebook)の最新
情報です。
Twitterの方でも頻繁に呟いているおかげか、
日本国内でも、わずかずつではありますけど、
彼女達の認知が広まりつつあるような気はし
ます。自分以外の人も話題にしてたりしますし。


さて28日付けで、Promiseは新作のカバー・
パフォーマンス動画をYouTubeで発表してい
ます。
本来は、先週公開予定でしたが、長女のLeanne
(Yuka)さんが風邪で体調を崩して、今週へと
延期になりました。
ともあれ、今回のお題は、テレビアニメ「Paradise
Kiss」(日本公式サイト)のOPテーマ、
「Lonely in Gorgeous」のカバーになります。
元気いっぱいな雰囲気がメインだった今まで
発表した曲とは少し異なる、大人っぽい感じも
あるでしょうか。
まずは、ご覧ください。





そうですね、まずパフォーマンスとして変化
があるのは、末妹であるMelinda(Emi)さ
んが、よりフィーチャーされている、ということ
があると思います。
ただ初々しかった「夢の中へ」の頃と比べると、
ずっと堂々としたダンスと歌声を披露していま
すよね。
前回発表した「Let Me Be With You」では、
次女のVanessa(Aya)さんが、初めてメイン・
ボーカルを担当してもいましたし、そういう意味
で、よりPromiseの、3人それぞれに魅力が
見つけられる、三姉妹アイドルグループとして
の強みが構築されつつあるといえるでしょう。
今回はダンスの構成も、より「見せる」ことを
意識して、それが成功しているとも思います。
振り付けは全て長女のLeanneさんが考案し
ているそうですが、良い仕事をしていますね。


short_g.gif


4月14日付け記事でもお伝えしたように、
Promiseは、さる4月11日に、地元ニュージャ
ージー州ホボケンのスティーブン工科大学で
開催された、Castle Point Anime Convention
(公式サイト)内の、"Group Karaoke Contest"
という企画で、司会を務めました。
記事では、ファンの方が撮影した準公式ビデオ
としての、「Let Me Be With You」カバー動
を紹介したんですが、その後Promise側から
も公式な、イベントの模様を伝える動画が公開
されています。
「Let Me Be With You」は、こちらのアング
ルから見た方が可愛いかもですね。
また、かなり気合いの入った、カラオケ・コンテ
ストの参加者さん達の姿も興味深いです。





posted by mikikazu at 20:00 | TrackBack(0) | Promise | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

議論「ファンサブは北米市場にとって有害か?」「アニメにとって北米市場/英語吹替は必要か?」


ここ数日海外のアニメ関連フォーラムで最大
の議論となっていたのが、Bang Zoom!
Entertainmentの社長であるEric P. Sherman
氏が発した、"Anime – R.I.P."(アニメよ、
安らかに眠れ)と題する一文です。


Bang Zoom! Entertainment(公式サイト)
は、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡
バーバンクにあるスタジオで、アニメーション、
ゲーム、映画やCMなどの音声トラック制作を
手がけています。
日本アニメの英語吹替制作でも知られていて、
その最近の代表作は、

・「涼宮ハルヒの憂鬱」
・「らき☆すた」
・「天元突破グレンラガン」
・「Fate/stay night」
・「エウレカセブン」
・「蒼穹のファフナー」
・「ひぐらしのなく頃に」
・「ローゼンメイデン」
・「サムライチャンプルー」

といったところになると思います。
その英語吹替のクオリティについては、定評の
あるスタジオですね。


Bang Zoom!は、ANIME TV(公式サイト)
という、人気声優のJohnny Yong Boschさんと
Cristina Veeさんがホストを務めるネット番組も
配信しているんですが、その公式ブログでの最新
の記事として、4月25日付けで、社長自らが公開
したのが、この、"Anime – R.I.P."になります。


その内容は大きく分けると、

・アメリカのアニメ市場が縮小しつつある現状
・その原因としての、違法ダウンロード/ファン
 サブの糾弾

の二つで、

「もしアニメを愛しているのなら、きちんとお金
を払うことで支えるべきです。正しいことをして
ください。簡単で単純なことです。
もしそうしてくれなければ、来年の今頃にはもう、
Bang Zoomはアニメの英語吹替をあなた達に
届けられなくなっていると断言出来ます」


というコメントで締められています。
Sherman氏はかねてより、違法ダウンロード/
ファンサブの害悪については声高く主張していて、
ゲスト出演したANIME TVの2ndシーズン
第1話
(2010年1月7日配信)でも、そういうコメ
ントをされていました。
近年のアニメDVDリリース数の減少や、リリース
されても、英語吹替が収録されない作品が増え
てきていることで、英語吹替制作をビジネスにし
ているBang Zoom!としては、相当な危機感が
あるようです。


short_g.gif


このSherman氏の発した一文に対する反響
は大きく、当のANIME TVのコメント欄だけで
なく、各アニメ関連サイトのフォーラムなどでも、
活発に議論が交わされることになりました。
あまりに発言が膨大なので、その全てに目を
通せたわけではありませんが、ある程度掴め
た、議論の対立点というものを、ここでまとめて
みたいと思います。個々の発言そのままではなく、
代表的な考え、という形にしておきます。
参考にした主な場所は以下になります。

ANIME TVの当該記事コメント欄

Anime News Network

Anime Vice

Mania.com


short_g.gif


1.「違法ダウンロード/ファンサブは北米市場
  にとって有害か?」


違法ダウンロード/ファンサブ容認意見

・違法視聴を阻止出来る、実質的な方法がない
 ので仕方がない。
・違法視聴でしかアニメを見れない地域のために
 も、ファンサブは必要。
・悪いのは見ている者ではなく、そもそも違法に
 アップしたりファンサブを制作している者。
・ファンサブは、その人気を見て、アメリカのアニ
 メ会社がどの作品をライセンスすべきか判断す
 る指標として必要なもの。
・いまだにアメリカのアニメDVDは高過ぎる。
・アニメファンのメインは10代なのだから、高過
 ぎるアニメDVDは買えない。そういった層が違
 法視聴するのは仕方がない。
・お金が無くて買えずに違法視聴する者は、もと
 もと買わない層なのだから、アニメ会社にとって
 の損失にはならない。
・買う価値のない程度のものだから、違法視聴し
 ても構わない。
・ファンサブを批判するのなら、それよりも早く
 アメリカで字幕付きのアニメを放送すればいい。
・デジタル時代の今では、いくらダウンロードして
 も、オリジナルの商品がなくなるわけではない
 ので、それは盗みにはならない。
・日本人は広告付きの放送を無料で見ている


違法ダウンロード/ファンサブ反対意見

・そもそも違法行為と分かっていて行うことが、
 人間としておかしい。
・ただでアニメを見たいのなら、今では無料のネ
 ット配信もたくさん増えた。
・違法視聴している人間は結果として、作品に
 関わっている人達の仕事を妨害していることを
 理解すべきだ。
・買えない人はレンタルすればいい。それでも
 業界への貢献になる。
・買いたい者は、生活を切り詰めて貯金すれば
 いい。
・広告料だけで賄えている作品はほとんどなく、
 特にオタク向けの作品はDVDやマーチャンダイ
 ジング収入でやっと利益を得ている。
・日本国内のアニメDVDの価格の方がはるかに
 高い。



2.「北米市場/英語吹替はアニメにとって必要か?
  アメリカのアニメ市場が縮小してきた理由は
  本当にファンサブか?」


Sherman氏の発言への反対意見

・北米市場がなくなっても、日本は困らない。
・英語吹替を制作していると、リリースには何ヶ
 月もかかってしまうし、価格も高くなる。同時あ
 るいは無料でのネット配信が増えてきた現状
 には合わない
・アメリカ人の好みに合わない、萌えアニメばか
 り作っている日本が悪い
・市場の縮小は、アニメ作品自体に魅力がなくな
 ってきているからだし、だから何度も繰り返して
 見るために、DVDも購入しなくなってきている。
・吹替も中間搾取する企業もなく、ファンサブだけ
 でアニメを楽しんでいた時代に戻ればいいだけ
 のこと。商品を個人で直接輸入して買った方が、
 利益も日本側にそのまま届く。
・アニメが売れないのは、ダウンロード販売の時
 代に対応出来ていないから。
・Bang Zoom!はアニメ吹替がなくなっても、ゲ
 ームやCM、実写映画の吹替などの仕事をすれ
 ばいい。
・英語吹替がなくなれば、DVDの値段も落ちる。
・日本よりもずっと遅れてリリースするアメリカ側
 の責任。
・安いディスクの逆輸入を恐れて、なかなかアメリ
 カでのリリースを許さない日本側の責任。
・DVDが売れなくなったのは、テレビで放送される
 アニメがなくなったから。


Sherman氏の発言への賛同意見

・吹替でアニメを見たいので、北米のアニメビジ
 ネスが無くなって欲しくはない。
・アニメはそもそも、日本国内市場向けに作って
 いるもの。アメリカ人の好みに合わない作品が
 作られても仕方がない。
・アニメがなくなったら、楽しみであるアニメコン
 ベンションも、いずれなくなってしまう。
・海外市場は、日本のアニメ企業にとっても重要
 な収益源。
・一般層がまず見るのは吹替だから、やはり吹替
 は必要。
・字幕だけの安価なDVDセットのリリースだけで
 は、さらに市場が小さくなり、アニメは一部のマ
 ニアだけのものになっていく。


short_g.gif


あくまで代表的な考えをまとめてみました。
個人のレベルだと、さらに細かい立場や状況
もあるだろうとは思います。
とりあえず、今回の発言であらためて大きく
喚起されたのは、

・「アメリカのアニメ市場縮小の原因」
・「2010年現時点での、ファンサブの必要性と
  業界への害」
・「英語吹替の必要性」

の三点についての議論ですね。
真実がどこにあるのかは別として、ファンがそ
れぞれの立場でどう考えているか知っていく、
ひとつのきっかけになったと思います。


posted by mikikazu at 19:35 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

フランスでのマンガ売り上げランキング(2010年3月5日〜4月11日期)


月末恒例の、世界各国のマンガ売上ランキ
ングということで、昨日のスペインに引き続き、
今日はフランスですね。
あ、まずはTwitterで既報の、フランス関係の
最近のニュースをいくつか抜き出しておきます。


・パリ・フランスの老舗マンガ専門店Tonkam
 が今月一杯で閉店。出版社としての活動は
 継続
  ―― via Animeland

・北条司さんに続く、本年度のJAPAN EXPO(7
 月1〜4日)の日本人マンガ家ゲストは、「きら
 りん☆レボリューション」の中原杏さんに決定
  ―― via Animeland

・フランスのパリで7月3〜13日に開催される
 パリ・シネマ国際映画祭で、劇場版「ONE PIECE」
 の第5〜9作目が、一気に上映
  ―― Animeland

・Tonkamが出版しているフランス語版「To LOVEる」
 「ジョジョの奇妙な冒険・第5部」「魔砲使い
 黒姫」の第1話が試読出来ます。"ICI"をクリ
 ックです。
 ―― via Manga Sanctuary


short_g.gif


では、お馴染みBDZOOM.comが、バンド・デシネ
のそれと合わせて掲載してくれている、2010年
3月5日〜4月11日期の、フランスにおけるマン
ガ売り上げランキングから(Livres Hebdo調べ)。


2010年4月22日付け記事
"ZOOM SUR LES MEILLEURES VENTES DE
BD ET DE MANGAS"



以下、マンガのトップ15ランキングです。
数字は累計の推定発行部数で、出版時期に
よって、順位と食い違う場合もあります。


1「NARUTO」第47巻(25万冊)
2.「FAIRY TAIL」第11巻(8万冊)
3.「NARUTO」第46巻(25万冊)
4.「鋼の錬金術師」第23巻(7万5000冊)
5.「ソウルイーター」第8巻(5万5000冊)
6.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE」
 第25巻(3万冊)
7.「PLUTO」第3巻(3万9000冊)
8.「Dreamland」(Reno Lemaire)第8巻(1万5000冊)
  ―― 作品公式サイト
9.「名探偵コナン」第61巻(2万2000冊)
10.「魔法先生ネギま!」第24巻(3万冊)
11.「NARUTO」第45巻(25万冊)
12.「ブレイザードライブ」第1巻(2万2000冊)
13.「黒執事」第2巻(3万冊)
14.「ブレイザードライブ」第2巻(2万2000冊)
15.「Bleach」第35巻(6万冊)



という結果です。「NARUTO」第47巻が首位
を守り、以前の巻も複数ランクインしています。
注目はやはり、昨日伝えたスペインでも好調
だった「PLUTO」の人気ですね。
記事によれば、同時出版された第1&2巻の
セールスが良かったらしく、第3巻の初版部
数は、さらに1万1000冊上積みされました。
ベルギーで実写映画化された谷口ジローさん
の「遥かな町へ」(予告編)ように、「PLUTO」
もヨーロッパ向けに、渋い感じで映画化した方
が面白いかも。


一方、人気作だった「ツバサ-RESERVoir
CHRoNiCLE」第25巻や「魔法先生ネギま!」
第24巻は、それぞれ前巻よりも、初版部数を
5000冊減らされたとも伝えられています。
長いシリーズということで、さすがに息切れし
てきたんでしょうか。書店在庫の問題もあるで
しょうし。


short_g.gif


続いて、Edistat調べによる、フランス国内の全書
籍売り上げ週間ランキングの、最新週(2010年4
月12〜18日
)から、日本マンガの順位を抜き出し
てみると、


10.「ONE PIECE」第53巻
12.「鋼の錬金術師」第23巻
28.「NARUTO」第47巻
62.「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」
  第11巻
66.「魔法先生ネギま!」第24巻
71.「トワイライト」(グラフィックノベル版)第1巻
80.「星は歌う」第5巻
130.「NARUTO」第46巻
172.「ハートの国のアリス〜Wonderful Wonder
  World〜」第1巻
188.「FAIRY TAIL」第11巻
197.「PLUTO」第3巻


といった感じです。
次回の月間ランキングでは、「ONE PIECE」第
53巻が割って入ることになるでしょうね。
話題になっていた、ルーブル美術館出版による、
荒木飛呂彦さんの「Rohan au Louvre」は、
4月5日の発売日表記にはなっていますけれど、
とりあえずこのランキングでは姿を見ません。
美術館出版ということで、流通とか出版部数とか
も、通常のマンガとは異なるかもしれませんけど。


posted by mikikazu at 20:44 | TrackBack(0) | 海外情報(フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。