2009年12月26日

ドイツ版「ARIA」原作コミック(天野こずえ)は、2巻分を1巻にまとめた合巻で出版/第1巻表紙各国バージョン比較


というわけで、昨日のイタリアに続いて、
今日はドイツからの話題です。
この二国の話題は、続くことが多いんです
けど、情報チェックの巡回順で続いている
からですね。


まずは、お気に入り作品についての情報な
んですけれど、ドイツでもやっと、この12月
22日から、「ARIA」(天野こずえ)の出版が
始まっています(ドイツAmazon)。
出版社は、北米と同じく、ドイツのTOKYOPOP

TOKYOPOPドイツ内の「ARIA」ページ

ただし、(2in1)という表記と、372Pというペ
ージ数から考えて、オリジナル単行本の2巻
分を1巻にまとめた、合巻出版という形になる
ようですね。TOKYOPOPドイツのページにも、
6巻分しか予定が記載されていませんし、オリ
ジナルは全12巻ですから、辻褄は合います。


何度か伝えていますけれど、この原作「ARIA」、
欧米ではあまり人気が高くありません。
イタリアでは長期の出版休止の後、おそらく
売り上げ不振を理由として、最終4巻は、それ
ぞれ2巻分をまとめた、合巻の体裁で出版され
ることになりました(参考・当ブログ10月15日付
け記事
)。
そういったイタリアでの反応をみて、ドイツでは
「ARIA」は、2巻分をまとめた合巻出版の方が、
リスクが少ないと判断したのではないでしょうか。
物語の前編にあたる「AQUA」については、3年
前、既に全2巻が出版されているのですけど、
その結果もふまえたのかもしれませんし。


合巻出版の「ARIA」の定価は、9.95ユーロ(約
1307円)。
通常のTOKYOPOPドイツの単行本の価格が、
6.5ユーロ(約854円)ですから、イタリア版と同
じく、ちょっとお得な価格設定にはなっています。
使われない分の表紙の行方が、やはり気になる
ところですけど。


short_g.gif


表紙といえば、このTOKYOPOPドイツ版「ARIA」
では、オリジナルのタイトルロゴに近いものが
使用されているようですね。
ご存知のように、北米での「ARIA」の翻訳出
版は、まず今は亡きADV Mangaによって行わ
れ、その時のタイトルロゴは、マッグガーデンから
出版されている日本版と同じものが使われてい
ました。比較検証のために、各国バージョンの
表紙画像を引用掲載します。


・日本マッグガーデン版「ARIA」第1巻表紙

ariamaggarden.gif


・北米ADV Manga版「ARIA」第1巻表紙

ariaadvmanga.gif


その後紆余曲折あって、ADV Mangaは活動を
停止し、「ARIA」(及び「AQUA」)の翻訳権は、
TOKYOPOPに移りました。

北米TOKYOPOPの「ARIA」第1巻ページ

この時ファンの不興を買ったのが、タイトルが
オリジナル版とは違う、個人的にもあまりスマ
ートでなくて、雰囲気に合っていてないものに
変更されたことです。


・北米TOKYOPOPの「ARIA」第1巻表紙

ariatokyopopna.gif


変更については、おそらく日本版とタイトル・
デザインが同じだったADV Manga版との
違いを明らかにするためだと思うんですが、
同時期にリリースの始まった、マンガ版と同じ
タイトル・デザインを使用したアニメ版(公式
ページ
)との違いも生まれてしまったのは、
少し残念でした。
あのタイトル・デザインだから、「ARIA」だと
いう気持ちは、ファンの人ならきっと強いと思
いますし。


で、同じTOKYOPOPグループですから、この
ドイツ版はどうなるんだろうと思っていたので
すが、北米版では変更されてしまっていた
「AQUA」のドイツ版と同じように、オリジナル
のタイトル・デザインに近いものが使用されて
はいますね。少し太めで大きめですけれど。


・ドイツTOKYOPOPの「ARIA」第1巻表紙

ariatokyopopge.gif


いい機会ですから、さらに他の国の、「ARIA」
第1巻表紙も並べてみます。


・Kami(フランス)

ariakami.gif


・Ivrea(スペイン)

ariaIvrea.gif


・Star Comics(イタリア)

ariastarcomics.gif


・東立漫遊網(台湾)
(中国語題「水星領航員」)

ariataiwan.gif


主な国はこれくらいでしょうか。
なので、世界的に見ても、TOKYOPOP版
の新タイトル・デザインが異色であることが
わかりますね。


posted by mikikazu at 20:13 | TrackBack(0) | 「ARIA」シリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

イタリア・Rai Gulpでの「ARIA The Origination」の放送は、12月11日で終了


イタリアのAnimeclickの12月3日付け記事

"Romeo x Juliet, da questo mese anche
su Rai Gulp"


は、GONZO制作のテレビアニメ「ロミオ×ジ
ュリエット」が、国営放送局であるイタリア放送
協会(RAI-Radiotelevisione Italiana)の
保有している、子供向けデジタル局Rai Gulp
(公式サイト)で、12月12日から放送開始され
る、という内容でした。


で、記事の最後にぽんと書かれていたのが、
「この放送は、『ARIA The Origination』の
終了を受けて、入れ替わるものである」みたい
なことだったんですね。
11月25日付け記事でも触れたように、イタリ
アでは現在、同じRAIグループの若者向け地
上デジタル局Rai 4(公式サイト内ページ)で、
アニメ版「ARIA」第一期である、「ARIA
The Animation」の放送が続いています。
今週末が、第11話の放送予定です。
それだけが、イタリア国内における現在のアニ
メ版「ARIA」の放送だと思っていたので、
Rai Gulpの方で知らないうちに、ずっと放送が
続いていたことに初めて気づいて、驚きでした。
同じ放送局グループとはいえ、ひとつの作品を
同時に、違うスケジュールで放送するとは想像
していませんでしたから。


short_g.gif


2009年5月15日付け記事で修正報告したよ
うに、イタリアでのアニメ版「ARIA」の放送は、
RAIグループの女の子向け衛星チャンネルで
あったRaisat Smash Girlsで、5月18日から
開始されました。
ところがその後、7月いっぱいで、Raisat Smash
Girlsというチャンネル自体がなくなってしまっ
たんですね。
そのチャンネルでの放送が、どこまで進んでい
たのかは結局不明ですが、2カ月と少しという
期間では、シリーズ全話ということもなかったと
思います。


その後、10月3日から、RAIグループの若者向け
デジタル局であるRai 4で最初から放送が再開さ
れ、安心していたんですが、Rai Gulpの方でも、
放送されていたんですね。
放送スケジュールをみると今週は、

12月7日 ―― 「ARIA」第50話
12月8日 ―― 第51話
12月9日 ―― 第52話
12月10日 ―― 第53話
12月11日 ―― 第54話
12月12日 ―― 「ロミオ×ジュリエット」第1話
12月13日 ―― 第2話
12月14日 ―― 第3話

という、毎日放送のスケジュールになっていて、
ずっと毎日放送されていたと仮定して、そのス
ケジュールをさかのぼると、Rai 4と近い、10月
中旬頃から放送されていたことになります。
テレビアニメ版「ARIA」のエピソード数は、

・第一期「The Animation」 ―― 全13話
・第二期「The NATURAL」 ―― 全26話
・第三期「The Origination」 ―― 全13話

と、合計すると52話ですが、ここで全54話とさ
れているのは、OVA「ARIA The OVA〜ARIETTA〜」
を2話に分割して放送したのかも、ですね。


Rai Gulpでの「ARIA」の放送については、
アニメ情報系サイトの記事・フォーラムで話題
にされていたことを目にした記憶はないので、
日本アニメがほとんど放送されていなかった、
子供向けチャンネルということで、おそらくイタ
リアのアニメファンも、気づいていない人が多か
ったのでは、とも想像するんですが。もちろん、
僕のリサーチ能力不足もあるでしょうけど。
放送時間は、午前6時15〜20分と、午後11時
20分の二回で、前者を見られた人もそう多くは
無かったと思います。


現実のヴェネツィアを模した、火星のネオ・ヴェ
ネツィアを舞台にしているだけあって、イタリア
での反応というのは興味深くなると思ってはい
るんですが、なかなか、その辺の情報の把握は
難しいです。
Rai Gulpの、性急過ぎる連日放送よりは、Rai
4の毎週1話ずつの方が、長くまったり付き合え
る分いいかな、とも思いますけど、時間帯やチャ
ンネルの性格とも合わせて、イタリアにおける、
「ARIA」にとってベストの放送形態は、結局どの
辺りになるんでしょう?


short_g.gif


そうそう、「ARIA」絡みでひとつオマケの話があ
ります。
日本でも同じことをされている人が複数いたと
記憶していますが、スウェーデンのアニメ・マン
ガ情報サイトであるAnime.seのフォーラムに、
実際にイタリアにまで足を運んで撮影した、
「ARIA」作中の建物や風景のモデルとなった
と思しき場所の写真が、たくさん投稿されてい
るんですね。

Anime.se 2009年10月23日付けフォーラム記事
"Aria - Pilgrimsfärden till Venedig [bilder]"

ホントは許可をもらって、いくつか写真を転載
させて欲しかったんですが、非英語圏の常とい
うことで、結局連絡はつきませんでした。
ともあれ色んな場所の、ヴェネツィアとネオ・ヴ
ェネツィアの比較が出来ますので、とても面白
いと思います。ぜひぜひ。
あ、浮島はやっぱり見つからなかったみたいで
す(笑)。


posted by mikikazu at 12:59 | TrackBack(0) | 「ARIA」シリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

イタリア国営地上デジタル局Rai4での、アニメ版「ARIA」は第二期「The NATURAL」へ放送継続か


前記事から続きます。
あとさらに、12月のスケジュールが明らかに
なってわかった、もう一つの嬉しい事実は、
アニメ版「ARIA」(Rai4内ページ)についての
ことなんです。
このRai4では、アニメ版シリーズ第一期の
「The Animation」のエピソードが10月3日
から、週1話ごと放送されていました。


12月に入っても、

5・6日 ―― 第10話
12・13日 ―― 第11話
19・20日 ―― 第12話

という風に、一週1話ずつのペースが続いて
いたんですが、26・27日は、第13・14話とい
う、2話連続放送になっているんです。
第13話は大晦日のお話ですから、時期的に
もちょうどいいですよね。なんかイタリアの人
が羨ましいです。
「ARIA」でネオ・ヴェネツィアの年越しを堪能
してから、すぐ現実のイタリアの年越しを体験
出来るわけですから。


で、ファンの方ならご存知の通り、第一期
「The Animation」(日本公式サイト)は、
全13話ですよね。
でも、ここで第14話という記載があるのなら、
「ARIA」としか題されていない、このイタリア
版「ARIA」は、そのまま第二期「The NATURAL」
(日本公式サイト)のエピソードへと、放送が
続いていくのでは、と思うわけです。
「NATURAL」の第1話は、アイちゃんも続けて
登場する、「The Animation」第13話の数日後
のつながったお話ですし、一緒に放送した方が
いいかもですよね。


イタリアでのアニメ版「ARIA」の権利は、
・第一期「The Animation」
・第二期「The NATURAL」
・第三期「The Origination」
・OVA「ARIA The OVA〜ARIETTA〜」
の全てについて、既にYAMATO VIDEO(公式
サイト
)が保有していますので、用意は出来て
いるでしょうし、Rai4のページで使われている
画像も「The NATURAL」のものですから、
全シリーズがまとめられた扱いになっても、
おかしくないと思います。


イタリアでの原作マンガ「ARIA」については、
おそらくセールス不調により、最後の4巻が無
理に2巻にまとめられて出版されることになっ
たわけですが、第一期だけで打ち切られず、
そのまま第二期へと放送が続いていくのだと
したら、アニメ版については、それなりに人気
を得ているのではと、勝手に前向きに想像した
くなりますね。Rai4という局自体が、アニメとい
うコンテンツを大事にしているということもある
でしょうけど。
以前の放送局RaiSat Smash Girlsは、「ARIA」
全シリーズを放送することなく、途中で局自体
がなくなってしまいましたから、このRai4では、
最後まで放送して欲しいなあと思います。
そうしたら、原作の再評価にもつながるかもし
れませんし……。


short_g.gif


「ARIA The NATURAL」トレーラーとして、
YAMATO VIDEOによって公式配信されている、
東京国際アニメフェア2006で初上映された、
プロモーション映像「その 再び出逢える奇跡
に…」のイタリア語吹替版クリップ




posted by mikikazu at 19:28 | TrackBack(0) | 「ARIA」シリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

イタリアでの原作コミック「ARIA」出版は、10月21日より再開/アニメ版第1期の反応は



帰省をはさんだりで、タイミングとしてはずい
ぶんと遅れてしまい申し訳ないのですが、
まず先に、お薦め記事のご紹介です。
いつもお世話になっている、サイト「白い空」
のかざみあきらさんが、9月27日に高田馬
場の「東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
(TCPL)」で開催された公開プレ講座「世界か
ら見た日本コンテンツ、その強みとは?」の
レポート
を掲載してくださっています。
僕なんかとは違い、現地での経験・取材も豊
富なお二方のお話は、とても興味深い情報で
満載だったようですね。かざみさんの感想も
含めて、色々と勉強になります。


下記のイベントも、ホントはとても行きたかった
ところなんですけど。関東に引っ越そうかな?

アニメ!アニメ! 2009年10月14日付け記事
「海外で成功する日本アニメをテーマ 
 TIFFCOMセミナー開催」



short_g.gif


さて本題。
以前にも少し触れた話題ですが、公式な日付
と詳細が確定したので。
Star Comics社(公式サイト)による、イタリア語
版「ARIA」(天野こずえ)の出版は、2006年10月
に始まったんですが、2007年7月に出版された
第8巻を最後に、もう2年以上、ずっと休止され
ていたんです(あ、「AQUA」も第1巻が2006年
12月、2巻が2007年1月に出版されてます)。
それが今年の4月になってやっと、秋からの再
開が発表されたんですね。
Star Comics公式サイトの10月12日付けニュー
で詳細と、カバー絵が確認出来ます。


使用されているイラストは、日本版の9巻そのま
まなんですが、右上のH〜Iという表記に、気づ
きますよね。
これまでのイタリア版「ARIA」は、日本版と同じ体
裁で1巻ずつ出版されてきたんですが、9巻以降
については、2巻分を合わせた、合本の形で出版
されるんです。
10月21日に、日本版の9巻と10巻を合わせた版、
そして12月に、11巻と最終巻である12巻を合わ
せた版が、発売されるスケジュールです。
価格は、これまでが1巻で4.2ユーロ(約560円)
だったのが、2巻分合わせての厚さでも7ユーロ
(約933.8円)と、ちょっとお得になっています。


とはいえ気になるのは、第10巻と第12巻の表紙
の扱いですよね。
特に第12巻は最終巻ですから、イタリアの人に
も、美麗なカラー絵で見て欲しいのですけど。
この2年以上の休止と、合本での出版再開は……
日本側との契約問題とかじゃなければ、やはり
セールスがイマイチだったから?とは想像して
しまいます。
それでも、打ち切りじゃなくて、最後まで出版し
てくれることになったのは、素直に嬉しいです。


この第9&10巻と合わせて、今月はアニメ版
第一期の「ARIA The Animation」のBOXセット
(DVD3枚組で全13話収録。イタリア語吹替あ
り。リリース元のYAMATO VIDEOによる詳細)
も、21日か29日に発売されますので、イタリア
の「ARIA」ファンにとっては、楽しい月になりそ
うですね。
タイトルはシンプルに「Stagione 1(シーズン1)」
となっていて、特典として、キャラクター・カード、
ブックレット、そして「settei originali」という
のは……オリジナル設定集でいいんでしょうか。
定価は49.99か50ユーロ(約6700円)。それより
1割引くらいの実売価になると思います。


以下のクリップは、YAMATO VIDEO提供の
公式トレーラー各期編です。
特に「NATURAL」編でたっぷり聞けますが、
みんなのイタリア語台詞も、背景の雰囲気と
マッチしていて、とてもいい感じだと思います。
すごく可愛いです。Bravissima!
イタリア語で喋る、若い元気な女の子達なら、
こんな風になるんだろうって納得します。
アリア社長の「ぷいにゅ」はそのままですね。
って、訳しようがないですけど(笑)。


「ARIA The Animation」編




「ARIA The NATURAL」編
(東京国際アニメフェア2006で初上映された、
プロモーション映像「その 再び出逢える奇跡に…」
のイタリア語吹替版)




「ARIA The Origination」編





short_g.gif


さらに加えてこの第一期アニメの、イタリア
のデジタル地上波局Rai4での放送ですが、
10月3日から無事に始まっていて、局の公式
サイト内に、番組紹介コーナーも出来ました。
今週は第3話、そして来週は第4話の放送で
すね。時間帯は土・日曜の朝、7時〜9時台です。
イタリア国内であれば、この公式サイト上でも
Rai4の番組は視聴出来るのですけれど、日本
からは、残念ながら出来ません。


イタリアの人の反応はというと……、例えば
他でもない、Rai4公式ブログ9月28日付け記
のコメント欄を読むと、「土・日の朝だけど頑
張って6時半に早起きして見ている」、あるいは
「どうして朝しか放送しないの?」、という意見
はあるようですね。
そういう意味では、ちょっと厳しい時間帯かも?
リピートがあるのは救いでしょうか。「コードギ
アス」
なんかは、リピートがないことへの不満が
伝えられていますし。


他に、MTVイタリアのフォーラムニュースサイト
NANODAのフォーラム
でも、「映像は美しいが
寝そうになった」という反応が多いですね。
放送時間的なことと、雰囲気重視の作風を合わ
せての反応みたいですが……。
ただ、全三期53話の長いシリーズだとも知られ
ているので、これからどう物語が動いていくのか、
しばらくは様子見、という方もいます。


このRai4での放送が好評だったかどうかは、
既にYAMATO VIDEOがイタリア国内での権利
を獲得している、第2期「The NATURAL」、
第3期「The Origination」を続けて放送し
てくれるかで、判断出来ると思います。
以前の放送局RaiSat Smash Girlsは、局自
体が無くなってしまったので、その辺の想像が
結局出来ませんでしたから。


posted by mikikazu at 09:36 | TrackBack(0) | 「ARIA」シリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

イタリアでの「ARIA The Animation」の放送は、5月18日から


今日は5月3日付け記事のフォローだけです。
イタリアの衛星放送チャンネルRaisat Smash
Girls
での、「ARIA The Animation」の放送は、
?付きで5月8日放送開始らしい、とお伝えして
いたのですが、やはりその通りには放送されませ
んでした。すみません。
その後の確定情報として、あらためて5月18日
月曜日からの放送が告知され、Raisat Smash
Girls公式サイト内には、「ARIA The Animation」
のページ
も用意されました。
15秒ほどのトレーラーも確認出来ますが、残念
ながら、作品内容の雰囲気を伝えるものでは、
まったくありません。
とりあえずの放送予定としては、18日午前9時・
12時25分に第1話が、同日午後4時25分・6時
45分・9時30分・11時25分に第2話が放送され
るようです。
1日に2話見られるのはお得かもしれませんが、
認知度という点では、Raisat Smash Girlsの視
聴者数も含めて、どうなるでしょう……。

ソース・Nanoda News5月14日付け記事
"Raisat Smash Girls cambia idea Kaitou
Saint Tail salta e Aria cambia orario di
messa in onda"



posted by mikikazu at 15:34 | TrackBack(0) | 「ARIA」シリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

「ARIA The Animation」、5月8日からイタリアの衛星放送局Raisat Smash Girlsで放送開始?


まず先になんですけれど、お馴染みMangaCast
の主宰であるEd Chavezさんが、ニューヨークに
拠点を置く日本小説・マンガの翻訳出版社Vertical
のマーケティング・ディレクターに就任されたそうで
すね(Via MangaBlog)。
Verticalは近年特に、「どろろ」「ブラック・ジャック」
といった手塚治虫作品の成功で知られていますが、
MangaBlogの Brigid Alversonさんも、「マンガ
について知っておくべき、ほとんど全てのことを知
っている」と表現されているように、マンガへの理
解・知識という点で、北米でEdさんに並ぶ人は少
ないでしょうから、Verticalの今後に期待は膨らみ
ます。色々楽しみにしていますね。
とりあえずのリクエストなんですが、次の大人向け
手塚治虫作品の翻訳は、「奇子」なんてどうでしょう?

・参考記事

アニメ!アニメ!さんのインタビュー記事
「アニメ・マンガ評論は生き延びることが出来るのか?
    日米評論家対談  藤津亮太×エド・チャベス」
PART-1 「なぜ評論をするのか」- 1
PART-1 「なぜ評論をするのか」- 2
PART-2 「マンガ・アニメ評論はどこに向う?」- 1
PART-2 「マンガ・アニメ評論はどこに向う?」- 2


short_g.gif


さて本題です。
これもお休みしている間に出た情報なんですが、
イタリアのテレビ情報ブログtvblogの4月10日付け
記事、

"Aria: la prima stagione in onda su Raisat
Smash Girls a maggio"


では、天野こずえさん原作のテレビアニメ「ARIA」
シリーズの第一作目である「ARIA The Animation」
(日本公式サイト)が、今週金曜日5月8日から、
SKY.Italiaをプラットホームとする、イタリアの衛星
放送チャンネルRaisat Smash Girlsで放送開始さ
れると伝えられています。
放送時間帯は、月曜から金曜日までの16:25、18:45、
21.30ということですが、SKY.Italiaの、現在表示さ
れている週間番組表では確認出来ないので、確定情
報とは、まだ言えません。放送予定日が近付いてから、
またあらためてチェックしてみます。
Raisat Smash Girlsは、その名が示す通りに女の
子向け番組専門チャンネルで、日本アニメでは他に、
「ロミオ×ジュリエット」も4月6日から放送されていま
すね。
また、アニメ版「ARIA」シリーズの、イタリアでの権利
は、YAMATO VIDEOが獲得したそうです(ソース・
Nanoda.com 2009年4月3日付け記事)。


どうなるにせよ、イタリアは「ARIA」への反応が一
番興味深い国ではありましたので、放送・リリースが
楽しみです。
ご存知のように「ARIA」の舞台であるアクア(火星)
のネオ・ヴェネツィアは、イタリアのヴェネツィアを模
して作られた街ですから、ご当地の方々の感想は、
やっぱり聞いてみたいですよね。
原作マンガの方も、既にStar Comicsから出版され
てはいるんですが、2007年7月に出版された第8巻
以降は、ずっと出版が止まっていて、ひょっとしたら
それほど評判が良くなかったのかもしれません……。


(修正追記)
Nanoda.com 4月15日付け記事
"Star Comics: Finalmente le date per Aria
i capitoli finali"

によると、その中断を経て、残りの第9巻と10巻は今
年10月、第11巻と最終巻の第12巻は12月に、それ
ぞれ合本のかたち、つまり二巻分で一冊として、出版
されることが発表されているようですね。
一安心といえばそうですが、そうなると単行本の魅力
である表紙イラストも、一冊分しか採用されないです?

posted by mikikazu at 11:21 | TrackBack(0) | 「ARIA」シリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。