2010年01月07日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」、アジア/太平洋地域のCartoon Networkでも放送へ


まだまだ、「KRDK」は終わったわけでは
ありません。
World Screen.comの2010年1月6日
付け記事、

"Kamen Rider Dragon Knight Secures
Asian Cartoon Network Slot"


は、「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイ
ク作品である「Kamen Rider Dragon
Knight」(日本公式サイト)の製作会社アド
ネス・エンターテインメント(日本公式サイト)
が、「KRDK」の放送権を、アジア・太平洋
地域のCartoon Networkへ売却したこ
とを伝えています。放送開始は今年中との
ことですね。


short_g.gif


アジア・太平洋地域として挙げられている
国名は、
・オーストラリア
・ニュージーランド
・インド
・パキスタン
・バングラデシュ
・スリランカ
・フィリピン
・台湾
・香港
・インドネシア
・マレーシア
・シンガポール
・タイ
・ベトナム
などですね。英語以外の、それぞれの国・地
域の言語に吹替られて放送されるケースもあ
るでしょう。
例えば、1月11日から放送の始まる、ドイツ・
RTL2の「KRDK」ページでは、ドイツ語吹替版
の「KRDK」トレーラーが、少しだけですが見る
ことが出来ます。キャラの名前、少なくともKit
とLenはそのままみたいです。


これまでに「KRDK」が放送されている国は、
アメリカ、カナダ、イタリア、メキシコ、ブラジル、
ヴェネズエラ、コロンビアなどがあるのですが
(あ、それにもちろん日本も)、今回の契約で、
世界のかなりの地域をカバー出来たことに
なります。残りは東・北欧とか、中東とかアフ
リカとか中国とか?


既報のように、北米でのテレビ放送は、最
終話まで放送されることはなかったわけで
すけど、これらのアジア地域での扱いは、
どうなっていくでしょう。
ケーブル/衛星での放送ですから、アメリカ
での放送の時のように、視聴率などのデー
タは、多分見つけられないと思いますけど。
また、フィリピンやインドネシアでは、オリジ
ナルの「仮面ライダー龍騎」もかつて放送さ
れていたので、違いを比較する楽しみも、
日本と同じく現地の人にはありそうです。


posted by mikikazu at 19:05 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」、北米CWネットワークでの放送は、第38話(12月26日放送)で打ち切りへ


放送が開始される前から(一番最初は、2008
年6月12日付け記事
)、ずっと追いかけていた
作品なので、こういう結果に終わったのは、
とても残念です。
2008年12月13日より、北米のCWテレビジョ
ンネットワークで放送の始まった、「仮面ライダー
龍騎」の海外向けリメイク、「Kamen Rider
Dragon Knight」(公式サイト)ですが、12月
26日放送の第38話限りでの放送打ち切りが、
決定したようですね。


short_g.gif


各所で伝えられていますが(僕が知ったのは
ANNから)、公式な信頼出来る情報ソースをた
どっていくと、まず「KRDK」の主役キャラである
Kit Taylor(Kamen Rider Dragon Knight)
役の俳優Stephen Lunsford氏の、12月12日
午後2時31分付けのTwitterでの発言
「作品の制作者であるスティーブ・ワンと話した
ところなんだけど、全40話のうちの38話までで、
CWはKRDKを打ち切るそうだ。くそっ、最低だよ」
が始まりになるようです。


これを受けて、そのスティーブ・ワン氏がFacebook
において公式に、「KRDK」の製作会社である
Adness Entertainmentに確認をとった話と
して、かねてより伝えられてきた低視聴率を理由
としての、12月26日付けでの放送打ち切りを認
めました。
「KRDK」は全40話が制作されているのですが、
最後の2エピソードについては、少なくともテレビ
放送されることはない、ということです。
ただし、その後さらにワン氏から寄せられたメッ
セージ
によると、CWでの放送枠を保有していた、
4Kids ENTERTAINMENTの公式サイト上に
おいて、ラスト2話のネット配信が行われることは
確認出来た、とのことですね。


ワン氏からのコメントからの要旨を引用すると、

・最後の2話を放送しないのは、1月からは、
 新番組の放送が予定されているから
・いつか将来に、他の局で放送される可能性が
 ないわけではない
・Kamen Riderの新作、つまり平成ライダーシ
 リーズの海外向けリメイク新作についての話は
 なにもないが、「KRDK」の結果を考えると、
 「KRDK」を制作した自分達が引き続き関われ
 る可能性はなさそう
・北米でのDVDリリースについての情報もなし。
 リリースのためには、それなりの視聴率が必要
 だが、「KRDK」の場合は難しいかも。
 ただし、Adnessによれば、視聴率の最終的な
 結果を待っている、リリースをしてくれるかもしれ
 ない配給会社はある。

という辺りの話が出ています。


あとたった2話だけなのだから、最後まで放送して
くれてもいいのに、とは思うんですけど、失敗と判
断した作品に対して放送局は冷淡である、というこ
となんでしょうね。
もしこれで、DVDのリリースが始まっていたりしたら、
未放送のラスト2エピソードというのが、売りになっ
たかもしれませんが、そういう可能性も薄そうです。
既に北米のファンによる、最後までの放送を嘆願
するネット署名
も始まっていますが、この種のネット
署名が、なんらかの結果を得たという記憶は、僕の
思い出せる限りでは、ほとんどありません。
むしろ今からでも、「KRDK」トイを買い集めた方が、
効果があるのかもと想像します。


short_g.gif


ずっと視聴率データメインで、この作品についての
北米での反応をチェックし続けてきた身としては、
来るべき時が来た、という感想になってしまうで
しょうか……。
ホリデイ・シーズンにおけるトイやゲームの売り上
げ如何では……という希望もあったのですが、どう
やらそこまでたどり着けない時点で、判断が下され
たようですね。
商業的に成功すれば、第二シーズンや映画版も、
という期待がずっとスタッフやキャストの方から伝
えられていたのですけど、少なくとも北米発で、そ
ういう動きが生まれることはなさそうです。


posted by mikikazu at 16:06 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」北米での視聴率データ(9月5日〜10月17日)


まず先に、10月22日付け記事のフォローです。
記事を書いた時点では確かに、「次回エピソード
の放送は11月7日午前7時」と書かれてあった、
カナダ・YTVの「ふたりはプリキュア」ページ
今日あらためてチェックしてみると、「現在放送
予定のあるエピソードはありません」に、記述が
変わってしまっているんですよね……。
好意的に解釈するなら、最初はリピート放送の予
定だったのが、後半のエピソードも購入したこと
で、スケジュールの再調整が必要になったとか?
まあ、その情報自体がフェイクだったら、どうしよ
うもないですけど……。
カナダの「プリキュア」ファンには、まだまだ当惑
の期間が続きそうです。


short_g.gif


では本題。
かねてよりお伝えしている、 「仮面ライダー龍騎」
の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon
Knight」(以下「KRDK」 公式サイト)の視聴率
情報ですね。
今日は、9月5日放送の第21話「Strike's
Ultimatum」から、10月17日放送の第28話
「A Dragon Caged Len, Kase, and Maya」
までです。
残念ながら、8月29日放送の第20話「Letter
From The Front-Line」については、データが
出ていません。すみません。
ともあれ話数を考えると、物語的には、いよいよ
佳境といったところなんでしょうか。
ソースはいつものようにCynthia Turner's
Cynopsis- Cynopsis Kids
、対象年齢層は
6〜11歳です。


short_g.gif


9月5日(第21話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.5/21
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.8/8
「Yu-Gi-Oh 5Ds」(CARTOON NETWORK)
 ―― 1.5/7
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 0.7/3
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「The Zula Patrol」(NBC) ―― 0.3/1
「Strawberry Shortcake」(CBS) ―― 0.0/0


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.3/16
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.3/11
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.5/7
「遊戯王」(CW)―― 1.0/5
「遊戯王」(CW)―― 0.9/5
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.5/2
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/1
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.1/0


9月12日(第22話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 5.3/27
「Alien Force」(CARTOON NETWORK) ―― 2.5/12
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.4/10
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 0.9/5
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Babar」(NBC) ―― 0.2/1
「Strawberry Shortcake」(CBS) ―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Galactic Battle」
(CARTOON NETWORK)―― 2.6/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/11
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.5/7
「遊戯王」(CW)―― 0.9/5
「恐竜キング」(CW)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/2

9月19日(第23話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「Penguins of Madagascar」
(NICKELODEON) ―― 4.5/21
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.1/9
「Phineas and Ferb」」(DISNEY XD) ―― 1.7/8
「Yu-Gi-Oh 5Ds」(CARTOON NETWORK)
 ―― 1.5/7
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 1.2/5
「Willa's Wild Life」(NBC) ―― 0.4/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Noonbory and Super」(CBS) ―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/11
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.5/7
「恐竜キング」(CW)―― 1.2/6
「遊戯王」(CW)―― 1.1/5
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.7/3
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.4/2


9月26日(第24話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 5.2/24
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.1/9
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 1.3/6
「Yu-Gi-Oh 5Ds」(CARTOON NETWORK)
 ―― 1.1/5
「Agent Cody Banks」(DISNEY XD) ―― 1.0/5
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Sabrina: Animated Series」(CBS) ―― 0.5/2
「Babar」(NBC) ―― 0.4/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Galactic Battle」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/10
「遊戯王」(CW)―― 1.2/6
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.1/5
「恐竜キング」(CW)―― 1.0/5
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.7/3
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.6/3


10月3日(第25話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 3.9/19
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.9/8
「Suite Life on Deck」(DISNEY XD) ―― 2.3/12
「Yu-Gi-Oh 5Ds」(CARTOON NETWORK)
 ―― 0.9/4
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 1.2/6
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Sabrina: Animated Series」(CBS) ―― 0.5/2
「Babar」(NBC) ―― 0.3/2

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Galactic Battle」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/9
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.3/9
「遊戯王」(CW)―― 1.1/5
「恐竜キング」(CW)―― 1.0/5
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.7/3
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.2/1


10月10日(第26話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.9/23
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 4.5/21
「Yu-Gi-Oh 5Ds」(CARTOON NETWORK)
 ―― 1.2/6
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 1.2/6
「Haunted Mansion」(DISNEY XD) ―― 1.2/5
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Sabrina: Animated Series」(CBS) ―― 0.6/3


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Galactic Battle」
(CARTOON NETWORK)―― 2.3/10
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/11
「遊戯王」(CW)―― 1.3/6
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.2/6
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/5
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.7/3
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/1
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/1


10月17日(第27話)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.3/19
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 3.0/13
「The Suite Life of Zack and Cody」(ABC)
―― 1.4/6
「Yu-Gi-Oh 5Ds」(CARTOON NETWORK)
 ―― 1.1/5
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.5/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Sabrina: Animated Series」(CBS) ―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Galactic Battle」
(CARTOON NETWORK)―― 1.9/8
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.3/8
「遊戯王」(CW)―― 1.6/7
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.1/5
「恐竜キング」(CW)―― 1.6/8
「Kamen Rider Dragon Knight」 (CW)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/1
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/1


short_g.gif


というわけで、ずっと0.4〜0.7%の数字が続い
ている感じでしょうか。安定しているといえば、
そうなんでしょうけど。
この数字はおそらく、局や時間帯を考えれば
健闘しているかもしれないが、続編や映画版
が可能になるかどうかというと、微妙なところ、
といった評価になると思います。
続編や映画版については、いよいよこれから本
番のホリデイ・シーズンでの、トイやゲームの売
り上げが最大の判断材料になるでしょうね。
12月29日発売予定Wiiゲーム「Kamen Rider
Dragon Knight」は、トレーラーを見る限り、
なかなか出来は良さそうですけど?





short_g.gif


あと、9月からCWでは、「遊戯王5D's」の代わりに、
1作目の「遊戯王」が再放送されているのですが、
ここ最近はずっと、Cartoon Networkでの「5D's」
の視聴率を上回っているのは、「遊戯王」ファンとし
ては、複雑な心境になるかもしれませんね……。


posted by mikikazu at 11:57 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」、中南米での放送予定地域広がる


今日は地域を分けて、もう一つ「仮面ライダ
ー龍騎」の海外向けリメイクである「Kamen
Rider Dragon Knight」(公式サイト 以下
KRDK)の海外情報を。
ドイツに引き続いては、中南米です。


製作会社のアドネス株式会社の公式サイ
には、「中南米各国で9月以降順次放送
開始」との記述があるんですが、その詳細
がわかりました。
現在までに中南米で「KRDK」を放送してい
るのは、ブラジル(Rede Globo、Cartoon
Network)とメキシコ(Televisa)になるん
ですが、

WorldScreen.com 2009年9月24日付け記事
"Adness Lands Pan-Regional Licensing
Deal with Panini"

によると、アドネスと、イタリアに本拠を置き、
ヨーロッパや南米で広く展開しているPanini
グループ(公式サイト)が、中南米地域での、
「KRDK」シールやトレーディング・カードなど
の製造・流通ライセンス契約を結んだと伝え
られていて、この中で、アルゼンチン、チリ、
コロンビア、ヴェネズエラ、エクアドル、中央
アメリカにカリビアン諸島といった、具体的
な国名が、2009年から2010年にかけての
放送予定地域として挙げられていたんですね。


北米と比較すると、南米での「KRDK」の人気
は高いようですし、これらの地域でも成功すれ
ば、続編や映画版への可能性も高まるかもし
れません。
ただしその場合、登場人物や舞台が、南米の
それに変わったりするかも……?


short_g.gif


南米といえば、ブラジルでは第28話までが地
上波のTV Globoで放送されたのに続いて、
ケーブル・衛星局のCartoon Networkでも、
10月7日からの放送が始まっているんですが、
時間帯が夜になったことで、さらに幅広い層
での人気獲得が期待されています。


そういった期待を示すものとして面白いニュー
スだったのが、「KRDK」が「ドラゴンボール」と
合わせて、ブラジルの学校用品のキャラクター
として、広く用いられている、というものですね。

JBOX.com 2009年8月30日付け記事
"Volta às Aulas com Dragon Ball Z e
Kamen Rider"


同 2009年10月14日付け記事
"Kamen Rider Ganha Linha de Material
Escolar Pela Pacific"


を見ると、ノート、バックパック、文房具入れ?
といった商品が用意されているのがわかります。
他にランチ・ボックスなどもあるようですね。
こういうキャラクター商品展開は、上手くいけば
利益も大きいと思います。


PlayArteによるブラジルでの「KRDK」DVD
リリースも既に始まっていて、ポルトガル語
Wikipedia
によれば、

9月16日発売
・第1巻(第1〜4話)
・第2巻(第5〜7話)

10月12日発売
・第3巻(第6〜12話)
・第4巻(第13〜18話)
・第5巻(第19〜24話)

11月14日発売
・第6巻(第25〜30話)

というスケジュールになっているんですけど、
オンラインストアなどで確認してみると、現在
市場に出回っているのは、まだ第1&2巻だ
けのようですね。
実売価格は29.90レアルということで、約1590
円と、ドイツでの価格とほぼ同じですね。
それがこういう作品のDVDの、世界的な標準価
格なのかもしれませんが。
日本でのDVD価格はどうなるでしょう。


posted by mikikazu at 09:59 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」、10月29日よりドイツRTL2で放送開始


かねてよりお伝えしている、「仮面ライダー
龍騎」の海外向けリメイクである「Kamen
Rider Dragon Knight」(公式サイト 以下
KRDK)の海外情報なんですが、今日はドイ
ツでの動きについて、少しまとめておきたい
と思います。


製作会社のアドネス株式会社の公式サイ
でも伝えられているように、ヨーロッパで
は初めてとなるドイツで、10月29日から、
民放局のRTL2での放送が、いよいよ始ま
ります。
他にヨーロッパで放送が確定しているのは、
イタリアの民放メディアセット・グループです
が(ソース・Global License 2009年2月
10日付け記事
)、地上波や衛星など、たくさ
んあるグループ内の、どのチャンネルでの
放送になるのかは、まだ不明です。


ともあれ、ドイツでの放送開始が迫っている
ということで、RTL2の公式サイト内にも、
「KRDK」の紹介ページが登場しました。
このページによると、放送開始は10月29日
(アドネスのサイトでは27日になっていまし
たが……)、月曜から金曜日の午後4時の時
間帯で、第1シーズンの全40話を放送する予
定、とのことですね。


あえて"Die 1. Staffel"(第1シーズン)とい
う記述があるのは、やはりヨーロッパでも、
Power Rangersのように、人気シリーズとし
て続いて欲しい期待があるのだと思います。
なので、この記述を根拠に、「第2シーズンが
決定している」と想像するのは、おそらく早計
でしょうね。
どういうペースで放送するのかは、まだわか
りませんけれど、毎日新作エピソードではす
ぐに終わってしまうので、それなりにリピートも
はさんでいくと思います。
予告編も置かれてはいますが、残念ながら中
身は英語版そのままです。英語版で放送する
わけではないでしょうけど……。


この放送開始の2週間後の11月13日には、
はやくもDVD第1巻(第1〜5話収録)がドイツ
で発売されます(ドイツAmazon)。
販売価格は10.95ユーロ(約1483円)と、か
なりお得ですね。
リリース会社は、EURO VIDEOです。


short_g.gif


ドイツでの「KRDK」のライセンスを獲得したの
は、ミュンヘンのm4e(公式サイト)という会社
で、同社のサイト内には、既に「KRDK」の紹介
ページ
が公開されていて、ドイツ・オーストリア、
スイスのドイツ語圏といった地域への商業展開
が示されています。
対象層は、8〜16歳の男の子、及びアクション・
ファン全ての世代、ということになっています。
6月29日付けのプレスリリース(pdfファイル)に
よると、2010年の春には、ナムコバンダイによ
るWiiとNintendo DSのゲームの発売も予定
されているようですね。
さて、ドイツでの反応はどうなるでしょうか。


・英語版ゲームの公式トレーラー




posted by mikikazu at 08:29 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」のトイは、アメリカで売れているか


かねてよりお伝えしていますが、「仮面ライダ
ー龍騎」の海外向けリメイクである、「Kamen
Rider Dragon Knight」(公式サイト 以下
「KRDK」)の、アメリカでのテレビ放送の視
聴率は、どうやらずっと苦戦が続いているよ
うです。
では、続編・映画版の可能性を決める最大
要素といわれている、7月から販売が開始
された「KRDK」関連商品――トイの売り上
げの方は、どんな反応を得ているんでしょう。
全体的な出荷・販売ユニット数については、
調べようがないですけど、今回はバンダイ・
アメリカ
が公式サイト上で、商品取り扱い店
として紹介している各小売チェーンの、オン
ラインストア上での、「KRDK」トイの扱いを
調べてみたいと思います。


short_g.gif


まずは当然、アメリカ玩具小売最大手チェー
ンである、トイザらスですね。
取り扱いのある「KRDK」トイは12点ですが、
その価格設定をみると、

"Kamen Rider Deluxe Action Figure Rider
Set - Dragon Knight with Cycle"

List Price: $16.99
Our Price: $8.49

"Kamen Rider Deluxe Figure Set -
Wing Knight with Len"

List Price: $12.99
Our Price: $6.49

"Kamen Rider 4 Inch Action Figure
- Blank Knight"

List Price: $7.99
Our Price: $3.99

"Kamen Rider 6.5" Action Figure
- Wing Knight"

List Price: $14.99
Our Price: $7.49

という例でわかるように、「KRDK」トイの全て
が、既に定価(あるいは販売推奨価格)の、
半額で売られているんですね。
eToys.comのように、定価で販売しているオ
ンラインストアもあるので、これはトイザらス
独自の判断ではあります。買うなら、もちろん
半額のストアで買うでしょうけど……。


「KRDK」トイは、テレビ放送の第2シーズン開
始に合わせて、7月下旬頃から発売されてい
たんですけど、わずか1ヵ月と少しで、もう定
価の半額で売られてしまっているのは、売れ
筋・人気商品に対する扱いとは、あまり思え
ません。
ある特定の商品ならともかく、「KRDK」トイが
揃って全て半額というのは、「KRDK」というブ
ランドそのものに、少なくともアメリカのトイザ
らスが見切りをつけてしまった、ようにも思え
ます(カナダのトイザらスでは、「KRDK」トイの
扱い自体が確認出来ませんでした)。
今後も発売予定がある「KRDK」関連新商品
を仕入れるかどうか、どういう小売価格設定
にするかで、その辺のスタンスはわかるでし
ょう。


short_g.gif


続いては、オンラインストア最大手のAmazon
ですね。
こちらで扱いがあるのは全16点。
ベストセラー・リストのアクション・フィギュア
トップ100
に、「KRDK」フィギュアの姿は
見当たりませんが、アクション・フィギュア・
カテゴリー内の、アクセサリー・カテゴリー内
からさらに絞ったギア&ウェポン・カテゴリー
で、変身アイテムである、

"Kamen Rider Dragon Knight Dx Weapons
Kamen Rider Advent Belt"


が第14位、

"Kamen Rider Dragon Knight Dx Weapons
Dragon Knight Dragvisor"


が第16位に見つかります。
それぞれの、トイ&ゲーム・カテゴリーでの
順位は、7231位と9454位で、フィギュアで
一番売れている"Deluxe Rider Set Dragon
Knight with Dragon Cycle"
が、ずっと下の
16264位ですから、比較して、Amazonでは
フィギュア類のセールスが悪いと想像出来ます。
だからなのか、Walmartのオンラインストア
は、その売れ筋の変身アイテムだけしか扱って
いません。


あと、

AllAboardToys.com
Target
TysToyBox.com

では、「KRDK」トイの扱いが全くないようです。


short_g.gif


というわけで、オンラインストアだけが対象
ですから、実際の店頭での価格・品揃えにつ
いてはわかりませんけれど、ざっと調べてみ
て、「KRDK」トイは、全米でセールス的に快
調、あるいは幅広く売られているとは、ちょっ
と言い難い状況には思えます。
少なくとも、「Power Rangers」初期のような、
ブームの始まりを感じさせる勢いのようなも
のは、価格設定や品揃え、仕入れてくれる小
売チェーンの範囲からしても、あまり感じられ
ないですね……。



Atamaii.comによる、「KRDK」フィギュア・
レビュー動画



posted by mikikazu at 10:57 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

「DRAGONBALL EVOLUTION」と「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」にみる、製作費情報が作品評価に与える影響


今日はちょっと長めのエントリーですけど、
気長に少しずつお付き合いください。


例えば、日本語Wikipediaにも記述があります
が、英語圏でも、鳥山明氏原作のマンガ「ドラゴン
ボール」を実写化した、映画「DRAGONBALL
EVOLUTION」(09年 監督ジェームズ・ウォン)
は、「製作費1億ドル超の大作映画」という認識が、
公開までに広く伝わっていたと思います。


そのソースは、米TV GUIDEが2008年1月30日
に掲載した、ピッコロ大魔王役のジェームズ・マー
スターズ氏へのインタビュー記事、

"James Marsters on Fame, Family and Life
After 40"


になります。
この、本編撮影開始前に行われたインタビュー
は、マースターズ氏による、「予算は約1億ドル
だって聞いているよ」というコメントを含んでおり、
これを受けて、英語圏ファンダムでは、
「DRAGONBALL EVOLUTION」は、「製作費1
億ドルの映画」という認識が広まっていきました。
1億ドル(約92億6000万円)といえば、「超」は
つかないにしても、ハリウッドでは立派な大作
映画の予算ですよね。
僕個人としては、日本マンガを原作とし、武天
老師役のチョウ・ユンファ以外は、ギャラの高
そうな俳優も出演していない、1本の映画とし
ては高過ぎるので、当初構想が語られていた、
三部作全てをまとめての予算ではないか、とも
想像しましたが。


その後、つい最近の話なのですが、マースター
ズ氏は今年8月21〜23日に、アメリカ・ニュージ
ャージー州で開催されたコンベンション「MONSTER-
MANIA 13」(公式サイト)にゲスト参加し、そこで
のパネルで、「DRAGONBALL EVOLUTION」の
実際の予算は、伝えられている1億ドルではなく、
その三分の一以下の、3000万ドルでしかなかった
と発言しました。

参考記事・
SAIYAN ISLAND 2009年8月27日付け記事
"Dragonball Evolution’s Real Budget"

ソースとされているYouTubeの動画を見ると、
聞き取り難いですけど、マースターズ氏は、
上記インタビューで語ったように、確かに1億
ドルの映画だと聞かされて、メキシコまで撮影
に出向いたのだが、実際には3000万ドル規模
の映画でしかなかった、と語っているようですね。


公開時の「DRAGONBALL EVOLUTION」の
評価は散々でしたよね。公開前から、って話も
ありますけど(笑)。
でもその批判の中には、「1億ドルを費やした
映画にしては酷い」というものもあったかもしれ
ません。
仮に、マースターズ氏の発言が事実を伝えて
いるとしたら、「1億ドルを費やした」という、批
判の前提となっている、事実の認識自体が間
違っていることになり、批判の論理が成立しま
せんよね。実際には、1億ドルを費やしていな
いわけですから。
もし、事前に流れていた情報が、極端な低予
算ではないにしても、中規模の3000万ドルだ
と正確に伝えられていたら、観客の期待のレ
ベルも、「大作の1億ドル映画」ではなく、「やや
控えめな3000万ドル映画」を前提にしていた
かもしれません。
情報の混乱により、1億ドル予算の映画を期
待する目で、3000万ドル予算の映画を見られ
てしまったことが、「DRAGONBALL EVOLUTION」
の不幸のひとつだったとは言えます。
もちろん、不評の原因はそれだけではないで
しょうけど。


short_g.gif


もうひとつ例を出しておきたいのが、かねて
より当ブログでは情報をフォローしている、
「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイクで
ある、「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」
(以下「KRDK」)です。
先日もお伝えした、10月からの日本での放送
開始に合わせて、新たに立ち上げられた
本語公式サイト
において、注目された記述が、
「総製作費20億円の巨費」という言葉ですね。
「KRDK」は全40話ですから、単純に割ると、
1エピソードにつき、5000万円の予算になり
ます。


「龍騎」を含む平成仮面ライダーシリーズの
予算の詳細については、正式に発表されて
いないと思いますけど、一度広く伝わったら
しいのが、「仮面ライダーカブト」における、
「3000万円」という数字ですね。

参考・Yahoo!知恵袋
「戦隊シリーズの制作費と仮面ライダーシ
リーズの制作費を教えてください」


↑での答えにある、「白倉プロデューサーが東
映公式に書いていた」「すぐに消された」という
ことが事実がどうかはわかりませんが、ネット
の他の場所でも見つかる数字ではあるので、
平成仮面ライダーシリーズの予算として、ある
程度認知された数字だろうと思います。ここで
は認知されていることが重要なので、事実であ
るかどうかは別の話になります。


そういう、「3000万円」が平成仮面ライダーシ
リーズの予算だと思っている人にとっては、
日本版から特撮シーンをある程度流用してい
るにもかかわらず、さらに上回る「5000万円」
という予算を投じていると伝えられた「KRDK」
は、贅沢な製作体制にある、ゴージャスな作品
だと想像してしまうでしょうね。


けれど、ここにも、また別の見方があります。

SciFi Japan 2009年2月22日付け記事
"Kamen Rider Returns to US Television!"

には、「KRDK」のプロデューサー兼ディレクター
であるスティーブ・ウォン氏へのインタビューが
掲載されているのですが、この中でウォン氏
は、撮影が終了するまで放送局が決まらなか
った「KRDK」は、低予算体制での製作を余儀
なくされ、1話ごとの予算は、同じ日本の特撮
シリーズをベースにした、「Power Rangers」
のそれの半分を、わずかに上回る程度でしか
なかったことを明らかにしています。


つまり、日本で伝えられている「総製作費20億
円」という情報にしか触れられていない人に
とっては、「KRDK」は平成仮面ライダーシリー
ズをはるかに上回る予算のゴージャスな作品
であり、逆に、英語圏で伝えられている、ウォ
ン氏の発言だけを知っている人にとっては、
「KRDK」は、「Power Rangers」の半分程度
の予算しか費やされていない、厳しい製作状
況の作品に思えるだろうと、それぞれ想像出
来るわけです。
言葉の壁もありますから、前者が日本サイドの
人、後者が英語圏の人に、大きく分けられるで
しょうね。
どちらが正しい・間違っているかは、とりあえず
問題ではなくて、その人が触れている情報の
種類・質によって、作品への評価のスタンスも、
おのずと変わってしまう、という話なのです。


(「Power Rangers」の1エピソードごとの
予算については、35万〜40万ドルという話
がありますが、

ソース・"Images of the U.S. around the
world: a multicultural perspective"
by
Yahya R. Kamalipour

その半分とすると、「KRDK」の予算は、約
18〜20万ドル ―― 約1670〜1924万円。
全40話で約6億6800円〜7億6960円です
から、日本公式サイトの言う20億円とは、
かなり違う数字にはなります)


short_g.gif


料理の場合、フルコース料理とファースト・
フードだと、材料と手順に必要な予算に合わ
せて払う料金は違っていて、違うことをその
料理の内容の差によって、お客さんは納得し
ますよね。
でも映画だと、どんなに予算が大きい作品で
も、低予算の小品でも、その予算・内容の差
にかかわらず、料金は同じです。
だからお客さんは、料金の高い安いによって、
作品の内容を想像出来ませんし、配給会社も、
「総製作費×億円!」という宣伝文句を多用
して、料金ではわからない、作品の価値の宣
伝に努めるわけです。
ファースト・フードでも満足出来る人がいる
ように、映画でも、製作費の多い少ないが、
作品の価値に直結するわけではありません
が、そういう贅沢さの夢を見させてくれると
いう意味で、僕は「総製作費×億円!」式の
宣伝手法を否定しません。映画は基本的に、
無駄にお金を使って、夢を描くものですから。
ただ、積極的に騙されたい、お祭りに参加し
たいという気持ちの一方で、伝えられている
情報のどこまでが真実なのかということを考
える冷静さも、時にはきちんと持っていたい、
とだけ思います。


posted by mikikazu at 11:22 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」、ブラジルCartoon Networkでも放送開始/北米での視聴率データ(8月1日〜8月22日)


かねてよりお伝えしている、 「仮面ライダー
龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider:
Dragon Knight」(以下「KRDK」 公式サイト)
なんですが、日本での放送についての記者
会見が、昨日行われたようですね。


毎日新聞 2009年9月1日付け記事
「仮面ライダードラゴンナイト:『龍騎』原作
の米ドラマ 日本語版にオリジナルの松田
悟志も」



日本での、CS・地上波局放送と、DVD発売
が確定して、安心した方も多いと思います。


海外での動きで新しいところはというと、まず
ブラジルですね。
最大の地上波局Rede Globoでは、既に第
28話までの放送が、北米よりも先行して終了
しているんですが(8月6日)、それに加えて、
日本にも支局がある、CS/ケーブル局のCartoon
Networkブラジルでも、10月7日からの放送
開始が伝えられています。

ソース・JBox.com 2009年8月27日付け記事
"Primeira Mão: Kamen Rider no Cartoon
Network"


こちらの放送時間は、毎週水曜日の午後7時・
日曜日の午後7時半です。
子供向き番組として高視聴率を獲得している
と伝えられている(JBox.com 7月2日付け記
)、Rede Globoの放送時間は、月〜土曜
日の午前11頃でしたが、CNの方では、年長
の視聴者もたくさん見られるだろうゴールデ
ン・タイムの時間帯で、さらに注目が高まるこ
とでしょう。
またブラジルでは、9月16日に、これも北米を
含む世界に先行して、「KRDK」のDVD第1&
2巻も発売される予定です(JBox.com 8月4
日付け記事
 ジャケット画像あり)。
日本でのDVD発売は2010年夏頃ということで、
残念ながらブラジルからは、約1年遅れという
ことになりそうです。


ブラジルでは他にも、

・チューインガム
・パズル
・お誕生日カード
・使い捨てコップ
・ストロー
・風船
・テーブルクロス
・お面

などなど、かなり多彩な商品展開がなされて
いるようですね。


short_g.gif


一方、最大市場のひとつと目されている北米
では、一旦休止していた新作エピソードの放
送が、8月1日より、第16話「The Hero of
Gramercy Heights」から再開されているの
ですが、第1シーズンでは今ひとつだった視聴
率/占拠率は、第2シーズン序盤ではどうなっ
ているでしょう。
ちょうどタイムリーなので、5月9日〜7月25
日分
に引き続き、その第16話から、8月22
日放送の第19話「Semper Fi」までのそれを
調べてみます。
ソースはいつものようにCynthia Turner's
Cynopsis- Cynopsis Kids
、対象年齢層は
6〜11歳です。


short_g.gif


8月1日(第16話)

・同時間帯(11時00分〜11時30分)比較

「Mighty B!」(NICKELODEON) ―― 3.8/19
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 3.7/19
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/9
「Hannah Montana」(ABC) ―― 1.1/5
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 1.8/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/9
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.2/6
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.7/4
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.4/3
「恐竜キング」(CW)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.3/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2


8月8日(第17話)

・同時間帯(11時00分〜11時30分)比較

「Mighty B!」(NICKELODEON) ―― 4.1/20
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 3.1/15
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/9
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 1.1/5
「Hannah Montana」(ABC) ―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/9
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 1.5/9
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.7/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.7/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


8月15日(第18話)


・同時間帯(11時00分〜11時30分)比較

「Mighty B!」(NICKELODEON) ―― 3.3/16
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 3.3/16
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/9
「Hannah Montana」(ABC) ―― 1.1/5
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.6/3
「Care Bears」(CBS) ―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/9
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 1.5/9
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/6
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.9/5
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.9/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.7/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


8月22日(第19話)

・同時間帯(11時00分〜11時30分)比較

「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 3.6/18
「Mighty B!」(NICKELODEON) ―― 2.9/14
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.6/8
「Hannah Montana」(ABC) ―― 1.0/5
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Care Bears」(CBS) ―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.6/8
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 0.9/5
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC) ―― 0.2/1


short_g.gif


というわけで残念ながら、第2シーズンの新
作エピソード放送開始で視聴率も大幅アップ、
ということにはならず、最下位レベルに甘ん
じている状況が続いているようですね。
同じ特撮作品ベースの、「Power Rangers RPM」
にも勝ったり負けたり――というか、やや分が
悪そうです。
ただ、視聴率が全てというわけでもなく、続編
のあるなしも、関連商品の売り上げ次第とは、
スタッフ・キャストの皆さんが口を揃えて仰っ
ていることですから、その辺の反応を、もう少
し見守るべきでしょうか……。


posted by mikikazu at 11:48 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」、8月1日より北米で新作エピソード放送再開&視聴率データ(5月9日〜7月25日)


かねてより何度かお伝えしている、 「仮面ライ
ダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider:
Dragon Knight」の北米での放送は、4月11
日の第15話「The Many Faces of Xaviax」
を最後に、新作エピソードの放送が止まってい
たのですが、既報通り現地時間の今日8月1日、
新作エピソードの第16話「The Hero of Gramercy
Heights」が放送される筈で、次週8月8日は、
第17話「The Power of Three」が予定され
ています。
おそらくはこのまま、全40話の最後まで放送し、
一番トイを売らなくてはならないホリデイ・シーズ
ンに、物語のクライマックスを合わせるのだと
思います。
スタッフの方も明言しているように、構想はあ
るという第二シーズン及び映画版の可能性は、
トイの売り上げ次第ということですし、それだけ
話題を呼べば、「Power Rangers」のように、
日本にも逆輸入されるかもしれません。
あ、もう少し早ければ、「ディケイド」だって、
「KRDK」の世界に行けたかもしれませんよね。


そうそう、お馴染み英字日刊紙The Japan Times
の、昨日7月31日版の第3面に共同発の、映画
「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショ
ッカー」完成披露イベントを伝える記事が掲載さ
れていたんですが、

The Japan Times 7月31日付け記事
"'Kamen Rider' villains turn to politics"

文中で、「仮面ライダーBLACK RX」をベースに
して、95〜96年にFoxで放送された「Masked Rider」
については触れていたものの、現在進行形作品
である「KRDK」についてはスルーでした。


新作エピソードがお休みの間も、アメリカのテレビ
放送のお約束として、ずっと既放送エピソードのリ
ピートは続いていたんですが、その視聴率はどうだ
ったでしょう。
本放送中は今ひとつだったわけですが、リピートに
よって、北米の子供達の注目を集め、放送再開へ
の期待が高まっていたりするでしょうか。
以下、ソースはいつものようにCynthia Turner's
Cynopsis- Cynopsis Kids
、対象年齢層は
6〜11歳で、5月9日から、リピート放送最終回
になる前週7月25日までの、視聴率/占拠率を
調べてみますね。


short_g.gif


5月9日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 3.4/19
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.7/14
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK)―― 1.7/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.0/6
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/3
「Babar」(NBC)―― 0.4/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.2/1
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.2/11
「恐竜キング」(CW)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/3


5月16日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 3.5/18
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.9/14
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK)―― 1.7/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.1/6
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.8/4
「Babar」(NBC)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.5/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.4/12
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2


5月23日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.8/26
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.2/11
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.3/6
「Suite Life of Zack & Cody」(DISNEY XD) ―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Babar」(NBC)―― 0.3/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.0/11
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2


5月30日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.0/22
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.6/8
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.4/7
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.1/6
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Babar」(NBC)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.5/13
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/12
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.5/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


6月6日
*この週から10時30分からに放送時間変更

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較比較

「Penguins of Madagascar」
(NICKELODEON) ―― 4.9/24
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.3/11
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 2.1/10
「That's So Raven」(ABC)―― 1/3/6
「Yin Yang Yo」(DISNEY XD) ―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/10
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.8/9
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.4/2
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.3/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


6月13日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.7/23
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.9/10
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.9/9
「That's So Raven」(ABC)―― 1.1/6
「Phineas and Ferb」(DISNEY XD) ―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Penguins」(NBC) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.2/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.1/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.9/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.3/4


6月20日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.7/23
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.9/9
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.7/8
「That's So Raven」(ABC)―― 0.7/4
「Phineas and Ferb」(DISNEY XD) ―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「Penguins」(NBC) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.2/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.1/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.3/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


7月4日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 3.8/23
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.0/12
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.3/8
「That's So Raven」(ABC)―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Spider-Man Unlimited」(DISNEY XD) ―― 0.4/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.5/9
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)――1.4/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.0/6
「星のカービィ」(CW)―― 0.8.4
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.1/1


7月11日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.9/28
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.3/17
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.7/9
「That's So Raven」(ABC)―― 0.9/5
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Penguins」(NBC) ―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)――1.9/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.4/5
「星のカービィ」(CW)―― 0.4/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


7月25日
*この前週から午前11時00分に放送時間変更

・同時間帯(11時00分〜11時30分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.7/25
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.3/8
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.1/6
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Turbo Dogs」(NBC) ―― 0.3/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)――1.5/9
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.1/6
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


short_g.gif


という感じで、残念ながら引き続き低空飛行が
続いている、と判断しなくてはならないでしょうか
……。
「遊戯王5D's」の、CARTOON NETWORKと
CWでの数字の差でわかるように、「KRDK」を
放送しているCWネットワークの枠自体が、そも
そもそんなに視聴率の高い枠ではないのも事実
ですけど。
7月18日からの、11時への時間帯変更によって、
現在北米では「ポケモン」をしのぐ勢いであり、
トイの売り上げも絶好調な、「爆丸 バトルブロー
ラーズ」と同じ時間帯になってしまったのも、
かなり痛そうです。
ともあれ今日からの新作エピソードが、どれだけ
の数字を稼ぐのか、注目したいと思います。


posted by mikikazu at 10:50 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」クリエイターへのインタビュー at Slice of SciFi ポッドキャスト


先に補足を。
7月13日付け記事の時点では、「機巧童子
ULTIMO」原作者であるスタン・リー氏の名前
しかゲストとして、公式サイトのスケジュール
には記載されていなかった、サンディエゴ・コ
ミコンでのVIZ MediaによるSHONEN JUMP
パネルですが、その後、作画担当の武井宏之
さんも参加されることが、プレスリリースで発表
されましたね。ほっとしました。

Anime News Network 2009年7月14日掲載
"Viz Media Welcomes Ultimo Creators
Stan Lee and Hiroyuki Takei for Rare
Personal Appearances at 2009 Comic-Con
International"


お2人が参加するパネルは、7月24日午前10
時半から11時半までRoom10で行われ、さらに
その後メインフロアのVIZ Mediaのブースで、
同日の午後2時15分から3時15分まで、サイン
会も予定されているとのことです。
武井さんは2007年に、フランスのジャパンエキ
スポにゲスト参加したことはありますが、アメリカ
でのイベントは初めてですよね?
どんな質問をされるか、楽しみです。――スタ
ン・リー氏にばっかり質問が集中するんじゃない
かとか、少しだけ不安ですけども(笑)、イベント
を楽しんでくれたらと思います。


short_g.gif


そのサンディエゴ・コミコンでは、今日の本題で
ある「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク
「Kamen Rider Dragon Knight」(以下
「KRDK」)のパネルも、7月26日・日曜日午後2
時45分から予定されていて、これも詳細を伝え
るプレスリリースが出されています。

Anime News Network 2009年7月8日掲載
"Kamen Rider Dragon Knight Rides into
San Diego Comic-Con International with
Special Panel Presentation and Screening"


こちらにゲスト参加されるのは、

Stephen Lunsford (Kit)
Matt Mullins (Len)
Yvonne Arias (Maya)
Scott Bailey (JTC)
William O'Leary (General Xaviax)
Steve and Mike Wang(Directors&Producers)

といった方々です。
あ、ゲストとしては、他にKamen Riderである
Dragon KnightとWing Knightも来てくれて、
「君と握手!」な写真会もあるみたいですね。


このパネルはもちろん、8月から予定されてい
る第16話以降の、新エピソード放送の宣伝のた
めで、その未放送エピソードからのクリップも、
先行上映してくれるそうです。
放送再開は、未確定ですが8月1日の土曜日か
らと噂されていて、これはつまり、そのまま新エピ
ソードの放送が続くのなら、アメリカで最もトイが
売れる、売らなくてはならない時期であるホリデ
イ・シーズンに、「KRDK」の物語がクライマックス
に差し掛かる、というタイミングにしたのだと思い
ます。


short_g.gif


で、やっと本題ですが(笑)。
その「KRDK」のディレクター&プロデューサー
である、Steve and Michael Wang兄弟が、
ゲスト出演されていた、Sci-Fiジャンルの話題
専門のポッドキャストSlice of SciFiの、第208回
エピソード(2009年4月11日配信)を、やっと聞き
ました。

Slice of SciFi #208: Interview with
Steve and Michael Wang of “Kamen Rider:
Dragon Knight


時間が経っているので、既にどこかで話題にさ
れた方がいるかもですけど、とりあえずお2人の
インタビュー・パート(31分32秒〜47分29秒)
から、「KRDK」について語ったことを紹介してみ
たいと思います。
ストーリーとかキャラの説明は、「KRDK」を
知っている方はご存知だと思うので、製作サイド
からのお話で、興味深かった点を箇条書きで。
電話越しのちょっとこもった音声のインタビュー
なので、正直聞き取りにくかった部分もあって、
わかる範囲だけですが、すみません。



・2006年7月に、「仮面ライダー龍騎」の権利を
 保有している東映を説得するための、パイロット
 版の制作依頼を受ける。
 それを見た東映からゴーサインが出たのは、
 2007年の1月で、それからずっと制作が続き、
 全40話の制作が終了したのは、このインタビュー
 を収録している週(2009年4月上旬くらい?)。


・「これくらいの年齢の子供達が見るように」と指
 示されたのは、6〜11歳だったが、自分達が小
 さい頃、「Robotech」や「宇宙戦艦ヤマト」と
 いった作品を見て、そのシリアスで年長者向きの
 ストーリーを楽しんだ経験から、「KRDK」を見る
 子供にも同じ経験をしてもらいたいと思い、
 6〜11歳の子供がアクションを楽しめる一方で、
 12〜17歳のティーンエイジャーにも訴えるシリア
 スなストーリー作りを目指した。


・そもそも2人とも、オリジナルである「仮面ライ
 ダー」シリーズの、ずっとファンだったので、「ラ
 イダー」の軸にある、成長や葛藤、裏切りといった、
 「キャラクターの物語」を一番大事にしたかった。
 「KRDK」を一言でいえば、「Kit Taylorの成長
 物語」。


・実際の撮影期間はとても短く、予算も少なかった
 ので大変だった(SciFi Japanのインタビュー
 よれば、一話ごとの予算は、「Power Rangers」
 の半分より少し上くらい)。


・「KRDK」オリジナルキャラであるGeneral Xaviax
 以外のキャラのスーツは、日本から送ってもらっ
 たもので撮影。
 アメリカで新しく撮影した、SFXシーンの数は約
 1500ショット。


・続編があるかどうかは、トイの売り上げ次第。


などですね。
あと特に、「制作上乗り越えなくてはならなかった、
苦労したことは?」という質問に対するSteveさん
のお答えを、そのまま意訳引用してみると、


「Power Rangersのアメリカでの定評だね。明るい
配色のコスチュームやアーマー姿のキャラがいれ
ば、誰もがそれは、Power Rangersの仲間みたい
に思ってしまう。
でも、Power Rangersの視聴者層は、(「KRDK」
より)ずっとずっと幼いよね。だから、僕達にとって
一番大変だったのは、「KRDK」を見た時に、『ああ、
Power Rangersみたいに、3歳くらいの子供達が
見る作品だろ?』って思わせないことだったんだ。
それが乗り越えなくてはならない、高い高い壁だった」


ということが印象的でした。
日本だと、戦隊シリーズと、平成仮面ライダー
シリーズとでは、作風も対象層も異なることが、
今ではある程度広く認知されていますよね。
でも、そもそも放送される平成仮面ライダーシリ
ーズ(を基にした作品)が、この「KRDK」が初め
てであるアメリカでは、戦隊シリーズ(を基にした
作品)との違いについての認識も、全然確立され
ていない、ゼロの状態から始めなくてはならない
わけです。
「KRDK」は、「Power Rangers」とは、同じ変身
ヒーロー物でも、また全然違う作品なんだという、
作り手お2人の主張が、きちんとアメリカの視聴
者さん達にまで、伝わっているでしょうか。
その辺の反応を示す、5月以降の視聴率データ
についても、またいずれやります。


posted by mikikazu at 08:54 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

6月29日よりブラジルで放送の始まった、「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon Knight」は好評の模様。


定期的にお伝えしている、「仮面ライダー龍騎」
の海外向けリメイク「Kamen Rider Dragon
Knight」(英語公式サイト)についての情報です
けど、6月29日から放送の始まったブラジルでの
視聴率は好調だ、という話が伝わってきています。


short_g.gif


まずは基本情報を。
放送はポルトガル語吹替で行われ、吹替を制作
したのはリオデジャネイロのAudio Corpという
会社。
ポルトガル語でのタイトルは、

"Kamen Rider - O Cavaleiro Dragão"

になって、意味は英語タイトルと同じですが、英
語だと"The"にあたる定冠詞の"O"が加えられ
ていますね。


ブラジルでの放送局は、ブラジル最大の放送局
であるRede Globo(公式サイト)。日本でも、スカ
パー!のTVグローボ・インターナショナルで、一部
番組が視聴出来ますが、残念ながら「Dragon
Knight」は含まれていないようです。


放送時間は、月曜日から土曜日の、午前9時半
から12時くらいまでの子供向け番組枠「TV
Globinho」(ポルトガル語Wikipedia)内で、
はっきりしませんが、「Dragon Knight」の
放送は、11時15分くらいから、のようです。
はっきりしないというのは、公式サイトの番組表
にも、「TV Globinho」枠の公式ページにも、放
送されている番組が全ては記載されていない
からで、詳しい話数ごとの放送スケジュールは、
よくわかりません。
「Power Rangers Mystic Force」や「遊戯王GX」
なども、一緒に放送されているようですが。


JBox.comの4月28日付け記事、

"KRDK: Série Poderá Ter “Nova Versão”
no Brasil"


によれば、エピソードを15分くらいずつに分割
して、本来は全40話である「Dragon Knight」を
さらに80話ほどにし、放送期間をそれだけ長く
しようというアイディアもあったようですが、実際
に放送された本編の長さは約22分ということで、
ひょっとしたら細かいカットはあるかもしれません
が、ほぼアメリカ版オリジナルのままのようです。


short_g.gif


視聴率が好調という話は、例えばそのJBox.com
が伝えた、放送直後の7月2日付け記事、

"Kamen Rider Estreia Com Ótima Audiência"
(Kamen Riderの初回放送は、多くの視聴者を
獲得)

によると、初回放送の視聴率は8ポイント(パー
セント?)、同時間帯では人気のリアリティーシ
ョーに次ぐ2番目の数字で、他のテレビ局であ
るSBTの6ポイントも上回っています。
以降の日でも、10〜12ポイントといったトップク
ラスの数字に届いており、子供や若い視聴者層
から高い人気を得ている、とのことですね。
他にFacebookなどでも、ソースは不明ですが、
「同じ枠で放送されている、『スターウォーズ・クロ
ーン戦争』『遊戯王GX』『Power Rangers』を上
回り、少年向けアクションのナンバーワン作品と
して評価されている」
「今年Rede Globoが放送した少年向け作品の中
で、最高の視聴者数を獲得している」
といったコメントがありますね。ソースもきちんと
確認したいですが。
まだ始まったばかりですけど、とりあえずブラジル
での出だしは、かなり好調と考えてよさそうです。


アメリカでの視聴率は今ひとつでしたが、「Dragon
Knight」は広い世界展開の構想がある作品ですし、
南米も含めてまだまだこれから人気が高まっていく
可能性、それを受けての第二シーズンや映画版の
可能性も出てくるかもしれません。
あ、しばらくリピートが続いていて、情報が流れな
くなっていたアメリカでも動きがあったんですけど、
長くなり過ぎましたので、また別の機会に。


posted by mikikazu at 04:08 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」のアメリカでの視聴率(3月7日〜5月2日)


というわけで、2ヶ月ぶりですが、さらに前回(第7
〜9話)
に引き続き、「仮面ライダー龍騎」の海外
向けリメイクである「Kamen Rider: Dragon Knight」
(公式サイト)についての視聴率・占拠率情報です。
今回は、3月7日放送の第10話からになりますが、
本放送は4月11日放送の第15話までで一旦停止し、
以降はリピートになっているようです。
先週の土曜日(5月9日)も、第4話の再放送でした。
ソースはいつものように、Cynthia Turner's Cynopsis
- Cynopsis Kids
、対象年齢層は6〜11歳です。


short_g.gif


3月7日・第10話「Battle Club」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.1/20
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 3.0/15
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.7/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.5/7
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.2/1
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.2/11
「恐竜キング」(CW)―― 0.8/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.7/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.7/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


3月14日・第11話「Vent or Be Vented」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 5.1/22
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.6/11
「Ben 10: Alien Force」(CARTOON NETWORK)―― 2.2/10
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.6/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.5/2
「Batman: Animated」(DISNEY XD) ―― 0.5/2
「Strawberry Shortcake」(CBS)―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.0/9
「ソニックX」(CW)―― 1.2/7
「恐竜キング」(CW)―― 1.2/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 1.1/5
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3


3月21日・第12話「Kamen Rider Sting」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.9/24
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 3.1/15
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.6/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.5/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/3
「Pucca」(DISNEY XD) ―― 0.4/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.4/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.3/10
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/8
「恐竜キング」(CW)―― 1.0/4
「ソニックX」(CW)―― 0.9/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/3


3月28日・第13話「Thrill of the Hunt」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 5.3/24
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.5/11
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.7/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.5/6
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.4/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.4/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.5/11
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.2/9
「ソニックX」(CW)―― 1.3/6
「恐竜キング」(CW)―― 1.2/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3


4月4日・第14話「Xaviax's Promise」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 6.4/28
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.5/13
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.4/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.2/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2
「Spectacular Spider-Man」(DISNEY XD) ―― 0.3/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.3/2
「Babar」(NBC)―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.6/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/9
「ソニックX」(CW)―― 0.9/5
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/5
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2


4月11日・第15話「The Many Faces of Xaviax」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 6.4/28
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.5/13
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.4/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.2/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2
「Spectacular Spider-Man」(DISNEY XD) ―― 0.3/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.3/2
「Babar」(NBC)―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.6/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/9
「ソニックX」(CW)―― 0.9/5
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/5
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2


4月18日(リピート)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 5.2/29
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.6/14
「League of Super Evil」(CARTOON NETWORK)―― 1.0/5
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.0/5
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/3
「Spectacular Spider-Man」(DISNEY XD) ―― 0.5/3
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.4/2
「Babar」(NBC)―― 0.3/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.2/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.3/7
「恐竜キング」(CW)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/3


4月25日(リピート)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 3.9/20
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.9/14
「League of Super Evil」(CARTOON NETWORK)―― 1.7/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.6/8
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/3
「Spectacular Spider-Man」(DISNEY XD) ―― 0.4/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.4/2
「Babar」(NBC)―― 0.4/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/10
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.8/9
「ソニックX」(CW)―― 0.9/6
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.5/2


5月2日(リピート)

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「Fairly OddParents: Wishology The Big
Beginning (part 1)」
(NICKELODEON) ―― 4.9/26
「Camp Rock」 (DISNEY CHANNEL) ―― 2.9/16
「League of Super Evil」(CARTOON NETWORK)―― 1.1/6
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 0.9/5
「Babar」(NBC)―― 0.4/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.2/1
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.3/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/10
「ソニックX」(CW)―― 0.6/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.4/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.4/2
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.4/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.3/2


short_g.gif


という結果になっています。
正直この数字からだと、好調とは言い難いようですね。
同時間帯ではずっと最下位グループですし、日本関
連作品でも、ほとんど最下位です。
一番大きいのは、3月より始まった、現行の「RPM」
(炎神戦隊ゴーオンジャーのスーツを使用)で終了す
ることが決定している
(修正・その後終了は公式に
否定された
、とのことです)、「Power Rangers」よりも、
数字が下回っていることかもしれません。


これまでの初回放送のデータを「Dragon Knight」
だけでまとめみると、

第1話――0.5/2
第5話――0.7/4
第6話――0.7/3
第7話――0.9/4
第8話――0.9/4
第9話――0.7/3
第10話――0.5/2
第11話――0.7/3
第12話――0.5/3
第13話――0.6/3
第14話――0.3/2
第15話――0.3/2

という感じに、第7〜8話をピークに、下降傾向に
あることがわかります。物語的にどんな感じなのか
は、判断出来ませんけれど……。
現在リピート放送中なのは、アメリカでのテレビ放
送では特に珍しいことではありませんし、トイの展
開が本格的に始まるのは、7〜8月頃からのようで
すから、それに本放送の再開を合わせると思います。

posted by mikikazu at 10:40 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」のアメリカでの第7話(2/14)・第8話(2/21)・第9話(2/28)視聴率


ニーズがあるみたいなので、前回(第5&6話)
引き続き、「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイ
クである「Kamen Rider: Dragon Knight」(
式サイト
)についての視聴率・占拠率情報です。
今回は、第7話(2/14)・第8話(2/21)・第9話(2/28)
までですね。
ソースはいつものように、Cynthia Turner's Cynopsis
- Cynopsis Kids
、対象年齢層は6〜11歳です。


short_g.gif


2月14日・第7話「Friend or Foe」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 5.3/24
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.9/13
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 2.0/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.7/7
「Jump In」(DISNEY XD) ―― 1.0/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.9/4
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.4/2
「Care bears」(CBS)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.9/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.3/10
「恐竜キング」(CW)―― 1.3/5
「ソニックX」(CW)―― 1.2/6
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.9/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.9/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.8/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.5/2


2月21日・第8話「Kamen Rider Camo」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.0/18
「Suite Life of Zack & Cody」
(DISNEY CHANNEL) ―― 3.7/16
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 2.6/11
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.8/8
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.9/4
「Care bears」(CBS)―― 0.6/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.5/2
「X-Men」(DISNEY XD) ―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.8/12
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.6/11
「ソニックX」(CW)―― 1.2/6
「恐竜キング」(CW)―― 1.1/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.9/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/3
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.5/2


2月28日・第9話「Kamen Rider Thrust」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.5/20
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 3.0/13
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.8/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.0/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.6/3
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.5/2
「Care bears」(CBS)―― 0.4/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.6/11
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.5/10
「ソニックX」(CW)―― 1.0/5
「恐竜キング」(CW)―― 1.0/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.7/3
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.6/3


short_g.gif


といった感じですね。
「Dragon Knight」だけでまとめると、

第1話――0.5/2
第5話――0.7/4
第6話――0.7/3
第7話――0.9/4
第8話――0.9/4
第9話――0.7/3

ということになって、第9話で少し落ちましたけど、
小さな数字ではありますが、わずかずつ伸びてきつ
つはあるようですね。当面のライバルであった、
「Power Rangers」を上回ることも多くなってきました。


「Dragon Knight」についての、最近の興味深い記事
としては、Len/Wing Knight役のMatt Mullins氏へ
のインタビューがありました。

NERDSociety.com 3月2日付け記事
"Interview with the star of Kamen Rider: Dragon
Knight, Matt Mullins Part One"


同3月9日付け記事
"Kamen Rider's Matt Mullins Interview Part Two"

このインタビューPart 1の中でMullins氏は、既に
「シーズン1」40話の撮影は終了しており、「シーズン
2」及び映画版については、構想はあるものの、全て
は作品の反響次第と語っています。
なので成功すれば、「Power Rangers」のように、さ
らなるシリーズ展開や映画版の可能性もあるようです。
まあ、元になる平成ライダーはまだまだたくさんある
わけですから。さらに今後の人気動向を見守ります。


short_g.gif


「Dragon Knight」とは別に、上記の視聴率データ
での注目は、ついに「爆丸」が「ポケモン」のそれを
上回ってきたことですね。第1期のクライマックスと
いうこともあったでしょうし(2月28日が最終話である
第52話の放送)。
春からは北米先行で、第2期「Bakugan Battle
Brawlers: New Vestroia」も間髪入れず始まる
そうですから(アニメ!アニメ! 2008年12月16日
付け記事
)、さらに人気が加熱していくでしょう。


posted by mikikazu at 09:07 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」のアメリカでの第5話(1/31)・第6話(2/7)視聴率


では、「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク
である「Kamen Rider: Dragon Knight」(公式
サイト
)についての情報です。
まず北米では、昨年12月13日の先行放送を経て、
2009年1月3日から、CWテレビジョンネットワーク
での本放送が始まっているんですが、その他の国で
も、放送への動きが既に出ていて、

ドイツ・M4E社
(C21Media 2008年7月2日付け記事)
イタリア・民放グループMediaset
(同 2009年2月10日付け記事)
メキシコ・Televisaグループ(2009年1月?)
(同 2008年8月21日付け記事)
ブラジル・TV Globo(2009年秋)
(同 2009年1月16日付け記事)

といった辺りの地域との契約が、既にまとまって
いるようです。
また、北米では2009年7月頃から展開されるとい
う、アクション・フィギュアなどの商品情報も出回っ
ていますね(ブラジル・JBox 2009年1月30日付け
記事
 アメリカ・Henshin Grid 2月16日付け記事)。


アメリカでの視聴率・占拠率データについては、
残念ながら第2〜4話のそれが見つからなかった
んですが、とりあえず最新の、第5話(1月31日)と
第6話(2月7日)のデータを掲載しておきます。
比較のために、第1話のデータもあらためて。
ソースはいつものように、Cynthia Turner's
Cynopsis - Cynopsis Kids
、対象年齢層は、
6〜11歳です。


short_g.gif


1月3日・第1話「Search for the Dragon」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」(NICKELODEON)
 ―― 4.1/19
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.8/9
「Charlie and Lola」(DISNEY CHANNEL)―― 1.8/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.4/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.4/2
「Care bears」(CBS)―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/13
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/9
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/5
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.7/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「ソニックX」(CW)―― 0.5/5
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


1月31日・第5話「The Power of Two」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」(NICKELODEON)
 ―― 4.4/21
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 3.4/16
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.9/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.6/8
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「Care bears」(CBS)―― 0.6/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.4/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.6/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.1/10
「ソニックX」(CW)―― 1.6/8
「恐竜キング」(CW)―― 1.4/5
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.9/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.7/3


2月7日・第6話「Kamen Rider Torque」

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「Barnyard」(NICKELODEON) ―― 5.9/26
「Phineas and Ferb」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.9/13
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.8/8
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/6
「Lilo & Stitch」(TOON DISNEY) ―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Care bears」(CBS)―― 0.7/3
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.3/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.5/11
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.7/7
「ソニックX」(CW)―― 1.2/6
「恐竜キング」(CW)―― 1.1/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.6/3


short_g.gif


といった感じですね。
放送開始から1ヶ月が過ぎましたが、数字的には
微増?くらいで、ポジション的には変わらず、引き
続き「Power Rangers」と下位で争っているようです。
放送する側の期待値がどれだけだったかは知りませ
んが、とりあえず、もう少しはまだ様子見でしょうか
オリジナルからかなり切り詰めた、全40話の予定で
すから、どの辺からお話が盛り上がってくるのか、と
いうタイミングもありますけど、向こうは視聴率が悪
いと、お話の途中でも、容赦なく打ち切られますし……。


最後に今回のオマケ動画は、4KidsTVがオフィシャル
に配信している動画から、主人公・Kit Taylorを演じ、
変身してKamen Rider Dragon Knightになる、
Stephen Lunsford君へのインタビューです。




posted by mikikazu at 12:13 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

海外向け「仮面ライダー龍騎」リメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」本放送第1話視聴率&キャストのコメント動画


昨年12月13日の先行放送を経て、2009年1月3日
から、アメリカ・CWテレビジョンネットワークでの本放
送が始まった、「仮面ライダー龍騎」の海外向け英語
版リメイクである「Kamen Rider: Dragon Knight」
(公式サイト)の、第1話視聴率・占拠率データが出てい
ます(ソース・Cynthia Turner's Cynopsis -
Cyn Kids 1月12日付け記事
)。
土曜午前の、同時間帯の他局番組、及び他の日本製
作品と比較してみますね。対象は、6〜11歳層です。


short_g.gif


・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」(NICKELODEON)
 ―― 4.1/19
「Robotboy」(CARTOON NETWORK)―― 1.8/9
「Charlie and Lola」(DISNEY CHANNEL)―― 1.8/8
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.4/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Veggie Tales」(NBC)―― 0.4/2
「Care bears」(CBS)―― 0.2/1


・日本製作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/13
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/9
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/5
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.7/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「ソニックX」(CW)―― 0.5/5
「Power Rangers Jungle Fury」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


short_g.gif


という結果で、特に抜きん出てはいないというか、
あまり好評とは言えないようです。
同じように日本製特撮作品をベースにしているとい
うことで、おそらくは取って代わりたかったろう、長寿
シリーズではあるけれど既に人気が下降中である、
「Power Rangers」を、新作の「Dragon Knight」
が上回れなかったのは、期待外れだったかもしれま
せんね。
そういうジャンル自体が、もうアメリカの視聴者の好み
から外れているんでしょうか……。
もちろんまだ第1話ですし、先行放送を見た人は見な
かったという可能性もありますから、まだまだこれから
ということにしたいです。せっかくの先行放送で、話題
を集められなかった、という証明でもありますけど……。
本年度中には、劇場版の公開も予定されているとのこ
とですし(英語Wikipedia)、その辺も、テレビ本編の
評判次第になると思います。


short_g.gif


ところで、今週の日曜日・1月11日に、ロサンゼルス
で開催されたLOS ANGELES COMIC BOOK AND
SCIENCE FICTION CONVENTION(公式サイト)
には、「Dragon Knight」のスタッフ・キャストの方々
も参加されていました。
サイン会で収録した、彼らからの、ファンへのメッセー
ジを伝える動画が、YouTubeにアップされていたので、
ご紹介しておきますね。貴重だと思います。
なんだか皆さん微笑ましさ全開の、それぞれのライダー
役のキャストさん達の雰囲気を楽しんでください。
主人公Kit Taylor役のStephen Lunsfordさんは、
予告で見たより、ずっとお茶目そうな人だなとか(笑)。
スティーブ・ワン監督を見たのも、「ガイバー:DARK HERO」
(1994)以来かもです。






また、4KidsTVによって公開されている公式の、Wing
Knight役のMatt Mullins氏への独占インタビューも。
演技だけではない、「Dragon Knight」に生かされて
いる自身の、13歳の頃から積み重ねているマーシャル・
アーツの経験や、作品とキャラの魅力について語ってく
れています。




posted by mikikazu at 09:50 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

「仮面ライダー龍騎」の英語版「Kamen Rider Dragon Knight」で変更された、ライダー12人の名前


「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイクである、
「Kamen Rider Dragon Knight」(公式サイト)の、
アメリカでの正式な放送スケジュールが発表され
ています。
ICv2の11月21日付け記事

"'Kamen Rider' Debuts on January 3rd"

などによると、まず今年12月13日土曜日の午前9
時半から、special sneak preview、つまり第1話
の特別先行放送を行い、追って2009年の1月3日か
ら、あらためて放送を開始する、と伝えられています。
放送局はCWテレビジョンネットワークで、土曜午前
の子供向け枠The CW4Kids内での放送ですね。
アメリカ・バンダイによる本格的な商品展開は、2009
年春からの予定になっています。


この、新番組の第1話だけを先行放送し、また少し後
にあらためてまた第1話から放送するというスケジュ
ールは、アメリカのテレビ放送ではよく見られるもの
だと思います。確か、FOXでの「シャーマンキング」も
そうでしたね。
子供達の間で知名度が低い、馴染みにくそうな作品の
場合、第1話の先行放送によって、本放送までの、口
コミでの評判の広がりを期待しているのだと思います。
「Kamen Rider Dragon Knight」の場合、「Power
Rangers」とはまた違う感じの特撮ヒーロー物語でし
ょうから、こういう手順は効果があると思います。


short_g.gif


この「Kamen Rider Dragon Knight」の元になった
「仮面ライダー龍騎」は、13人の仮面ライダーが最後の
1人になるまで戦いを繰り広げるというお話で、個性ある
ライダーがたくさん登場したわけですが、「Dragon Knight」
でもやはり、そのライダー達の名前は、物語内容の改変
と合わせて、変更されているようです。
「Henshin Justice Unlimited」11月18日付け記事
伝えているカード画像による記述を信じるなら(via JBox.
com
)、変更されたライダー名は、


龍騎  → Dragon Knight
ナイト → Wing Knight
ゾルダ → Torque(トルク)
シザーズ→ Incisor(ここでは「切る者」的な意?)
ライア → Sting(「刺す」の意)
ガイ  → Thrust(「押す」の意)
タイガ → Axe(「斧」)
王蛇  → Strike(「打つ」「攻撃する」)
インペラー→ Spear(「槍」で突く)
ベルデ → Camo(おそらく「Camouflage カモフラージュ」
      ――偽装から)
オーディン →Wrath(「激怒」「憤怒」)
ファム → Siren(ギリシャ神話の海の精セイレン)


という風になっていますね。なんだか、「シスタープリン
セス」の英語版の時も、同じような紹介をした記憶があ
りますが(笑)。
あ、もうひとつ写真があるXaviaxというキャラは、敵ボス
であるXaviax将軍ということです。
全40話ということですし、劇場版「EPISODE FINAL」
のみのライダーであるファムが出ていたりして、内容的
にはかなり違うものになっていそうですね。


「Kamen Rider Dragon Knight」トレーラー


Online Videos by Veoh.com

posted by mikikazu at 11:50 | TrackBack(1) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

「仮面ライダー龍騎」海外版の「Kamen Rider Dragon Knight」、アメリカ地上波ネットワーク局CWで2009年1月から放送へ


続いて海外情報も。
Cynopsis: Kids!6月10日付け記事によりますと、
「仮面ライダー龍騎」海外版の「Kamen Rider
Dragon Knight」を製作しているAdness
Entertainment(公式サイト)が、同作品のアメリ
カでの放送権を、4Kids Entertainment(公式
サイト
)に与えたことが明らかになっています。
そしてまた同作品は、地上波ネットワーク局であ
るCWテレビジョンネットワークの土曜日午前の、
「TheCW4Kids」という枠での、2008〜2009年
ラインナップに加わっているようですね。
4Kidsは現在、同じ地上波ネットワーク局のFOX
にも、土曜日午前に4Kids TVという枠を4時間
保有しているのですが、この9月からは、CWの
同時間帯枠5時間の権利も買い取っていて、その
中に投入される新番組の中に、「Kamen Rider
Dragon Knight」が入っている、ということです。


また同記事では、バンダイ・アメリカ(公式サイト)が、
アジア地域を除く全世界における、「Kamen Rider
Dragon Knight」のマスター・トイ・ライセンシー、
つまり関連玩具の権利を統括管理する企業として
(で、いいですか?)選ばれたことも伝えています。
対象層は、6〜11歳の少年層で、商品展開が開始
されるのは、2009年後半になってから、とのことで
すね。
ともあれ、「Kamen Rider Dragon Knight」は
来年から、世界市場で勝負することになりそうで
す。ひょっとしたら「パワーレンジャー」みたいに、日本
にも逆輸入されるかもしれません。


short_g.gif


日本の特撮作品というと、4Kidsはかつて(2002
年9月1日〜2003年1月4日)、FOXの4Kids
TV枠(当時FoxBox)で、「Ultraman Tiga」こと
「ウルトラマンティガ」を放送したことがあるのです
が、不人気により23話で打ち切られました。
日本の役者出演シーンもそのまま残した(ただし
台詞はだいぶ変えられたようですが)「ティガ」に
対して、「Dragon Knight」は、役者シーンは外
国人俳優を起用して新撮する「パワーレンジャー」
方式をとっていますから、また違う反応にはなる
でしょう。
以前にも紹介したトレーラー↓の雰囲気だと、土
曜朝に放送するには、ちょっとヘヴィかな、とは
思います。まあ、本編全体を見てみないと、なん
とも判断出来ませんが。


北米での「仮面ライダー」テレビシリーズ関連作
品といいますと、「Masked Rider」と題されて放
送した(94年9月17日〜96年8月31日) 、「仮面
ライダーBLACK RX」以来のことですか?
こちらも40話までで打ち切られたようですけど。
映画ということなら、「仮面ライダー THE FIRST」
のDVDが、2007年4月にMedia Blastersから
リリースされていますね。続編になる「仮面ライダ
ー THE NEXT」の話がないのは、そういうセール
ス結果だったということでしょうか。


「Kamen Rider Dragon Knight」トレーラー


Online Videos by Veoh.com






posted by mikikazu at 09:18 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。