2009年07月27日

サンディエゴ・コミコン ―― 実写版「銃夢」についての、ジェームズ・キャメロン監督からのコメント

とりあえず、マッサ選手の術後の状態は安定
しているとのことで、ひと安心でしょうか。
復帰については、絶対無理して欲しくないです
けど。怪我の場所が場所ですし……。
ハンガリーGP決勝レースは、今日の記事を書
いたら見ますが、とにかく無事に終わりますよ
うに願っています。


short_g.gif


っと、今日の本題の前に。
お馴染み英字日刊紙The Japan Timesネタですが、
この土日で2日続けて、RX-78-2の写真入り記事を
さらに掲載するのは、やはり狙っているというか、
それだけ世間にも、ガンダム30周年記念のインパク
トがあるのか、なんなんでしょうね。
まず一つ目の記事は、25日土曜日三面に掲載され
ていた、

"Gundam statue draws attention to environment"

で、うちでも7月10日付け記事で引用紹介した、お台
場の実物大ガンダムについての、正式公開後の盛
況を伝えるものですね。紙面の写真は白黒ですが、
そっちの方がシャープな写りで、ディテールもバッチ
リです。
8月末までの公開期間に、150万人程度の集客を予
想していたのが、公開後わずか13日で、その半分を
超える80万3000人が訪れたとか。これ、現場のグッ
ズとかの売り上げも、物凄いんでしょうね。


もう一つの記事は、昨日27日付けの書評欄に掲載
されていた、

"The quirky terrain of an otaku mind"

電子版記事には写真がありませんが、紙面には人
間大のRX-78-2と、女性のモデルさんのツーショッ
ト写真が。モデルさんの立ち位置は左右逆ですが、
こちらの記事の写真と同時に撮られたものだと思い
ます。
記事自体は、パトリック・ウィリアム・ガルバレスさん
の「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア
- The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide
to the Subculture of Cool Japan」(Amazon)と、
東浩紀さんによる「動物化するポストモダン」の英訳
本である「Otaku: Japan's Database Animals」
の書評です。
前者については、日本のポップカルチャー史につい
ての事実誤認・欠如の指摘が手厳しいですね。


short_g.gif


さて本題。
超メジャーな人の発言なので、大手の映画情報
サイトさんなどでも伝えるでしょうけど、一応うちで
も念のため。
この週末開催されていたサンディエゴ・コミコン
(公式サイト)に参加していた大物ゲストの1人が、
23日に新作「Avatar」(今年12月公開予定)のパ
ネルが用意された、ジェームズ・キャメロン監督で
すよね。
で、そのパネルの翌日に、キャメロン監督は「ロー
ド・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソ
ン監督と共に、雑誌Entertainment Weeklyの
パネルにも参加したそうなんですが、そこで、かねて
より伝えられている実写版「銃夢」(英語題" Battle
Angel Alita ")についてもコメントしたと、SCI FI
Wireが伝えています(via Anime Vice)。

SCI FI Wire 7月25日付け記事
"SDCC: Cameron reveals plans for
Battle Angel Alita"


とりあえず、キャメロン監督のコメントをそのまま
引用すると、

「Battle Angelは、間違いなく今でも大好きな作品さ。
そして(その製作を)本気で考え続けている作品でも
ある」
「けど、他にも企画は抱えているし。だからAvatarを
作り終えた後、またもう一本、特撮大作を作るだけの
やる気が、どれだけ残っているかという問題だね」
「ほら、妊娠している女性に、『もっと子供が欲しいで
すか?』って尋ねるのは、あんまりいいタイミングじゃ
ないだろ?」


という感じですか?
砕いて訳すと、「作りたいけど、作れるかどうかは
わからない。Avatarが終わってから考えるよ」とい
うことだと思います。
「Avatar」の次は、「銃夢」になるかもしれないし、
ならないかもしれない。確か「Avatar」の後は、あま
りお金をかけない小品を作りたいと言っていたような
記憶もありますが、その辺も、「Avatar」の成績次
第かもですよね。


具体的なことは、やはり何も決まっていない、ある
いは明らかに出来ないようですが、まあ、前向きに
考えれば、「Avatar」の後に作るのも、良かったか
もしれません。
「銃夢」、あるいは他の企画と、どれを作ろうかとい
う選択の中で、まず「Avatar」が選ばれたわけですが、
ということは同じSFアクション大作である「Avatar」
からは、さらに洗練・進化した映像技術を、「銃夢」は
受け取れるということですよね。
同じキャメロン監督の「アビス」(89年)に登場する
水製エイリアンに用いたCG技術をさらに進化させて、
「ターミネーター2」(91年)の、液体金属製のT-1000
が描かれた経緯を思い出してくれればいいと思い
ます。さて、どうなるでしょうか。




posted by mikikazu at 07:56 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

アメリカの公共図書館に置いてある、日本人作家による英訳ライトノベルのリスト


アメリカの公共図書館における蔵書状況に
ついて、マンガと合わせて詳しく調査してお
きたかったのが、英訳されたライトノベルの
状況です。
マンガとは異なり、北米での日本製ライトノ
ベルの普及については、まだまだということ
は、うちのブログでも何度かお伝えしてきまし
たけど、ではまず基本的なデータとして、どん
なタイトルのライトノベルが、どれだけの数北
米で英訳出版されているのかという、リストを
作成しておきたいと思いました。
全体的なセールスをそのまま反映はしないで
しょうけれど、図書館の蔵書なら、絶版になっ
たようなタイトルも、棚や書庫にある限りは、
含んでくれるとも思います。


例によって利用するのは、図書館蔵書横断
検索サイトであるWorldCatです。
ただし、こちらの公共図書館リストをみてもわ
かる通り、アメリカの公共図書館は、その全
てがネットに繋がっているわけではないように
見えます。ホームページがあっても、開館日・
時間の告知だけで、蔵書検索が出来ないとこ
ろも多いですね。
そういうところは、蔵書の少ない、小さな図書
館かもですけど、州によってバラツキもありま
すし、今日の調査はデータとして完璧なもので
はないことを、あらかじめお断りしておきます。
大体の傾向を示すもの、くらいですね。


では以下、英語訳出版されている日本人作家
によるライトノベル、それに近いジャンルのも
の、及びアニメ・マンガからのノベライゼーション
作品を、蔵書館数が多いものから、並べていき
ます。
あ、やおい/BL小説については、また別に扱っ
た方がいいと思うので、今回はほとんどスルー
しました。すみません。


short_g.gif


1.「精霊の守り人」
 (上橋菜穂子 Arthur A. Levine Books)
―― 826館

2.「ブレイブ・ストーリー」
 (宮部みゆき VIZ Media)
―― 673館

3.「空色勾玉」
 (荻原規子 VIZ Media)
―― 363館

4.「キノの旅」
 (時雨沢恵一 TOKYOPOP)
―― 167館

5.「グイン・サーガ」第1巻
 (栗本薫 Vertical)
―― 165館

6.「闇の守り人」
 (上橋菜穂子 Arthur A. Levine Books)
―― 149館

7.「デュアン・サーク/魔女の森」
 (深沢美潮 TOKYOPOP)
―― 142館

8.「スクラップド・プリンセス」第1巻
 (榊一郎 TOKYOPOP)
―― 141館

9.「NARUTO-白の童子、血風の鬼人」
 (日下部匡俊 VIZ Media)
―― 138館

10.「涼宮ハルヒの憂鬱」
 (谷川流 Little, Brown Books)
―― 119館



11.「鋼の錬金術師1-砂礫の大地」
 (井上真 VIZ Media)
―― 118館

12.「風立ちて"D"」
 (第2作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 107館

13.「鋼の錬金術師2-囚われの錬金術師」
 (井上真 VIZ Media)
―― 107館

14.「鋼の錬金術師3-白い花の舞う谷」
 (井上真 VIZ Media)
―― 105館

15.「.hack//Another Birth もうひとつの誕生」
 第2巻<悪性変異>
 (川崎美羽 TOKYOPOP)
―― 104館

16.「かりん増血記」第1巻(甲斐透 TOKYOPOP)
―― 102館

17.「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルス
 BB連続殺人事件」
 (西尾維新 VIZ Media)
―― 101館

18.「.hack//Another Birth もうひとつの誕生」
 第3巻<侵食汚染>
 (川崎美羽 TOKYOPOP)
―― 95館

19.「D-妖殺行」
 (第3作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 95館

20.「吸血鬼ハンター"D"」
 (1作目 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 92館



21.「.hack//Another Birth もうひとつの誕生」
 第1巻<感染拡大>
 (川崎美羽 TOKYOPOP)
―― 89館

22.「NARUTO-滝隠れの死闘 オレが英雄だってばよ!」
 (日下部匡俊 VIZ Media)
―― 85館

23.「かりん増血記」第2巻
 (甲斐透 TOKYOPOP)
―― 85館

24.「戯言シリーズ・クビキリサイクル 青色サヴァン
 と戯言遣い」
 (西尾維新 Del Rey)
―― 85館

25.「D-死街譚」
 (第4作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 84館

26.「.hack//Another Birth もうひとつの誕生」
 第4巻<絶対包囲> 
 (川崎美羽 TOKYOPOP)
―― 81館

27.「十二国記」第1巻
 (小野不由美 TOKYOPOP)
―― 80館

28.「かりん増血記」第3巻
 (甲斐透 TOKYOPOP)
―― 75館

29.「夢なりし"D"」
 (第5作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 74館

30.「xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト
 環エアロゾル」
 (西尾維新 Del Rey)
―― 73館



31.「D-聖魔遍歴」
 (第6作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 69館

32.「.hack//AI buster」第2巻
 (浜崎達也 TOKYOPOP)
―― 67館

33.「十二国記」第2巻
 (小野不由美 TOKYOPOP)
―― 63館

34.「D-薔薇姫」
 (第8作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 63館

35.「.hack//AI buster」第1巻
 (浜崎達也 TOKYOPOP)
―― 60館

36.「ラブひな―混浴厳禁」
 (葉月九ロウ TOKYOPOP)
―― 59館

37.「かりん増血記」第4巻
 (甲斐透 TOKYOPOP)
―― 58館

38.「きみにしか聞こえない CALLING YOU」
 (乙一 TOKYOPOP)
―― 57館

39.「鋼の錬金術師4-遠い空の下で」
 (井上真 VIZ Media)
―― 50館

40.「鋼の錬金術師5-それぞれの絆」
 (井上真 VIZ Media)
―― 49館



41.「D-昏い夜想曲」
 (別巻 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 47館

42.「スレイヤーズ」第1巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 45館

43.「デュアン・サーク/双頭の魔術師」
 (深沢美潮 TOKYOPOP)
―― 44館

44.「その指だけが知っている」第1巻
 (神奈木智 DMP)
―― 40館

45.「D-北海魔行」
 (第7作 菊地秀行 Dark Horse&DMP)
―― 40館

46.「イノセンス After The Long Goodbye」
 (山田正紀 VIZ Media)
―― 39館

47.「グイン・サーガ」第3巻
 (栗本薫 Vertical)
―― 39館

48.「かりん増血記」第4巻
 (甲斐透 TOKYOPOP)
―― 37館

49.「スレイヤーズ」第2巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 34館

50.「その指だけが知っている」第2巻
 (神奈木智 DMP)
―― 33館



51.「星界の紋章」第1巻
 (森岡浩之 TOKYOPOP)
―― 31館

52.「ホットギミックS」
 (西崎めぐみ VIZ Media)
―― 31館

53.「その指だけが知っている」第3巻
 (神奈木智 DMP)
―― 27館

54.「明治ドラキュラ伝 1 妖魔、帝都に現る」
 (菊地秀行 Del Rey)
―― 27館

55.「デュアン・サーク/銀ねず城の黒騎士団」
 (深沢美潮 TOKYOPOP)
―― 26館

56.「星界の紋章」第2巻
 (森岡浩之 TOKYOPOP)
―― 24館

57.「星界の紋章」第3巻
 (森岡浩之 TOKYOPOP)
―― 24館

58.「スレイヤーズ」第4巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 22館

59.「スレイヤーズ」第5巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 21館

60.「フルメタル・パニック!」第3巻
 (賀東招二 TOKYOPOP)
―― 20館



61.「グイン・サーガ」第4巻
 (栗本薫 Vertical)
―― 19館

62.「スレイヤーズ」第6巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 19館

63.「しにがみのバラッド。」第1巻
  (ハセガワケイスケ Seven Seas)
―― 18館

64.「ブギーポップは笑わない」
 (上遠野浩平 Seven Seas)
―― 18館

65.「スレイヤーズ」第3巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 18館

66.「コードギアス 反逆のルルーシュ
 STAGE-0- ENTRANCE」
 (岩佐まもる BANDAI ENTERTAINMENT)
―― 18館

67.「デュアン・サーク/氷雪のオパール」
 (深沢美潮 TOKYOPOP)
―― 16館

68.「Strawberry Panic!」第1巻
 (公野櫻子 Seven Seas)
―― 16館

69.「ぴたテン」
 (落合ゆかり Seven Seas)
―― 16館

70.「グイン・サーガ」第5巻
 (栗本薫 Vertical)
―― 15館



71.「GOSICK -ゴシック-」第1巻
 (桜庭一樹 TOKYOPOP)
―― 14館

72.「グイン・サーガ」第2巻
 (栗本薫 Vertical)
―― 13館

73.「Missing」第1巻
 (甲田学人 TOKYOPOP)
―― 11館

74.「コードギアス 反逆のルルーシュ
 STAGE-1- SHADOW」
 (岩佐まもる BANDAI ENTERTAINMENT)
―― 10館

75.「ダーティペアの大冒険」
 (高千穂遥 Dark Horse)
―― 9館

76.「スレイヤーズ」第7巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 9館

77.「おねがい☆ティーチャー『みずほと桂の
 Milky Diary』」
 (雑破業 Comics One)
―― 8館

78.「スレイヤーズ」第8巻
 (神坂一 TOKYOPOP)
―― 7館

79.「殺竜事件-a case of dragonslayer」
 (上遠野浩平 Del Rey)
―― 7館

80.「ラーゼフォン」第3巻
 (大野木寛 DrMaster)
―― 7館



81.「ラーゼフォン」第4巻
 (大野木寛 DrMaster)
―― 7館

82.「ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター
  PART 1」
 (上遠野浩平 Seven Seas)
―― 6館

83.「ダーティペアの大逆転」
 (高千穂遥 Dark Horse)
―― 6館

84.「ラーゼフォン」第2巻
 (大野木寛 DrMaster)
―― 6館

85.「夜明けのブギーポップ」
 (上遠野浩平 Seven Seas)
―― 5館

86.「ラーゼフォン」第1巻
 (大野木寛 DrMaster)
―― 5館

87.「Strawberry Panic!」第2巻
 (公野櫻子 Seven Seas)
―― 4館

88.「風の名はアムネジア/インベーダー・サマー」
 (菊地秀行 Dark Horse)
―― 2館

89.「デビルメイクライ」第1巻
 (後池田信也 TOKYOPOP)
―― 1館

90.「ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター
  PART 2」
 (上遠野浩平 Seven Seas)
―― 1館

91.「スクラップド・プリンセス」第2巻
 (榊一郎 TOKYOPOP)
―― 1館


・出版されているものの、蔵書が確認出来なか
った作品

「.hack//G.U.」第1巻
 (浜崎達也 TOKYOPOP)

「デビルメイクライ」第2巻
(後池田信也 TOKYOPOP)

「フルメタル・パニック!」第1&2巻
 (賀東招二 TOKYOPOP)

「灼眼のシャナ」第1&2巻
 (高橋弥七郎 VIZ Media)

「西の善き魔女」第1&2巻
 (荻原規子 TOKYOPOP)

「NHKにようこそ!」
 (滝本竜彦 TOKYOPOP)

「トリニティ・ブラッド」
 (吉田直 TOKYOPOP)


・出版が一度は発表されたものの、結局キャン
セルされた作品

「銃姫」(高殿円)
「かのこん」(西野かつみ)
「ヴぁんぷ!」(成田良悟)
 (全てSeven Seas)


short_g.gif


という感じですね。抜けがあれば、またご指摘
ください。
そうそう、日本人作家が書いたものではない
ですけれど、小説版「美少女戦士セーラームー
ン」
なんてのもありました。
トップの「精霊の守り人」「ブレイブ・ストーリー」
「空色勾玉」なんかは別格ですが、図書館が買
ってくれる本、という意味ではなんとなくわかり
ますね。
「グイン・サーガ」は、第1巻こそたくさんの図書
館で仕入れてくれたようですが、後の巻ではが
くんと落ち込んでいるのをみると、最初の売り
込みはとても頑張ったものの(なにしろ日本では
大ベストセラーですし)、利用者さんからの反応
は芳しくなく、「続きはいいです」ということになっ
てしまったんでしょうか。
また、「スレイヤーズ」「フルメタル・パニック!」
みたいに、アニメ版は向こうでもとても人気があ
るシリーズなのに、原作小説が売れないのは難
しいですよね。
そういう意味では、「ハルヒ」はかなり健闘してる
と思います。


posted by mikikazu at 08:44 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

Otakon 2009(米メリーランド州ボルチモア)からの話題・その3


まず先に、7月11日付け記事のフォローですね。
アメリカ最大の、レズビアン・エンターテインメン
ト情報サイトであるアフターエレン Afterellen.com
で配信されている、英語字幕版「青い花」(日本
公式サイト
)は、現在第2話まで配信されていま
すが、このコミュニティ内での反応は良好で、批
判的意見はまったく目にしません。
アニメ専門のコミュニティではないので、アニメ
自体を見るのが久々という人も多く、典型的(とさ
れている)アニメと違って、派手なアクションもな
く、向こうの人にも理解出来る、日常の描写を淡
々と積み重ねていく穏やかな語り口が、高く評価
されているようです。
あと日本と同様に、幾原邦彦さんが監督したOP
も、お気に入りだという人が多いですね。
向こうのYuri好きな人なら、今でも幾原邦彦監督
の「少女革命ウテナ」の人気は高いわけですけど、
そういう人が手がけたとは知らなくても、伝わる魅
力を備えているのでしょう。


唯一の戸惑い的な反応は、主人公である万城目
ふみさんと、従姉である千津さんとの、かつての
恋人関係に、「従姉妹同士なのにいいの?」とい
う反応が、数人からあったことくらいですね。
これに対してはすぐに他の人から、「日本では、ア
メリカほど、いとこ同士の関係は、タブーというわ
けではないんですよ」という指摘がされて納得がい
っていたようです。


僕個人は、フジテレビ On Demandで、第4話ま
で視聴していますが、特に感情移入出来るキャラ
も見つからず、とりあえずは遠くから、「まあ、人に
は人の事情がそれぞれあるし」と見つめているだけ、
という感じですね。
奥平あきらさんが、自分のセクシュアリティを意識
し始めてからが、本当に物語が動き出す時、だろ
うと想像しています。それまでは静観でしょうか。


short_g.gif


では本題。
サンディエゴ・コミコン(公式サイト)もついに開幕し
て、色々情報が流れつつありますが、今日のところ
はまだ、先日のOtakon情報のフォローを。
あ、コミコンでの、アニメ上映ルームのスケジュール
が確定していますので、そちらだけはリンクを。
なかなかにバラエティ豊かだと思います。


今年のOtakonは、不景気の中昨年と変わらぬ入
場者数を記録したとのことで、一般メディアからも
その盛況が伝えられていたわけですが、では中の
ディーラーズ・ルームなどでの景気はどうだったん
だろうとも思っていました。財布の紐が、やっぱり
固くなっているんじゃないかって。
Publishers Weeklyに7月21日付けで掲載され
た記事、

"Otakon ‘09: Good Attendance and Sales;
 Some Complaints"


では、その辺のことにも触れていたのですが、どう
やら一般の景気とは異なり、昨年から大きく落ち込
むということはなかったようですね。
お客さんの詰めかけよう、ルームの賑わいの凄さ自
体は、他のレポートにもありましたし、あるショップの
人によると、「昨年には及ばないが、それまでの年よ
りは上回る」という良好な売り上げの報告も伝えら
れていました。
全体的な数字はわかりませんけれど、それほど深刻
な不景気の影響はない、と想像していいと思います。
あ、そのショップの人によると、フィギュアのような高
い価格の商品も、普段の自分の店でより、このイベ
ントでの方がよく売れた、とのことですが、おそらく
それは、イベントのお祭り気分で、「えーい、買っちゃ
え!」みたいに、ハイになっている人が多かったから
だろうとも思います。
なので日本みたいに、イベント限定の高価アイテム
なんかを出しても、結構捌けるんじゃないかと。


short_g.gif


Publishers Weeklyの記事の中で、まあ、悪いで
すけど「さもありなん」的に感じてしまったのが、
お馴染みフロリダ発のポッドキャストAnime World
Order
のメンバーであるDaryl Suratさんのパネル
が、始まって10分くらいで、Otakonのスタッフの
判断によって、強制的に中止させらてしまった、とい
う話ですね。
Darylさんのパネルは、「Anime's Craziest Deaths」
(アニメで描かれた、最もイカれた死に方)と題した
もので、どうやらその中に、性的な描写があったこ
とを問題視されたようですね。
Darylさん側としては、パネルの申請書で、年齢規制
(おそらくは「18+」だった筈)も認可された上のことな
のに、それを始まってから中止させるのはおかしいと
憤慨しているようです。目に浮かびます。
まあ、次のAnime World Orderの配信エピソード
で、その辺の事情は詳しく語ってくれるでしょう。聞くの
が、かなり怖いですけど(笑)。


Publishers Weeklyの記事の共同執筆者である、
ニューヨークのポッドキャストNinja Consultant
のErin Finneganさんも、個人的ないい事悪い事
の記憶を、箇条書きで書き綴っていました。

"Otakon Wins and Fails"

申請していたインタビューが、全く許可されていな
かったとか、パネルも出来なかったとか、運営面に
対する不満もあるようですが、ホテルで同じ東海岸
のポッドキャスター勢と騒ぎ過ぎて、苦情が届いた
というのは、まあ、ご本人達が悪いですよね(苦笑)。


posted by mikikazu at 12:13 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

アメリカの公共図書館に置いてある「涼宮ハルヒ」関連図書・DVD・CDのリスト


図書館蔵書横断検索サイトであるWorldCat
利用し始めてわかってきたことの一つが、
アメリカの公共図書館における、マンガ以外の、
日本アニメ関連ビジュアル・オーディオ資料の
充実ですね。
というわけで今回は、アメリカでも原作小説・
マンガ版・DVD・CDなど、多くの商品が展開さ
れていた「涼宮ハルヒ」シリーズをサンプルに
して、どんなメディア商品が、どれだけの数の
公共図書館に置かれているのか、調べてみる
ことにしました。


ちなみに、「ハルヒ」の北米地域での商品展開
については、いつもお世話になっているサイト
「白い空」のかざみあきらさんが、その最初期
からずっとリアルタイムで追いかけていて、
「北米版SOS団公式サイト更新情報」でまとめて
くださっていますので、ぜひ参考にしてください。


では、それぞれ商品ごとにデータを。

関連サイト
原作小説及びマンガの公式サイト
・アニメ版「ハルヒ」公式ページ「ASOS Brigade」
・BANDAI ENTERTAINMENTのDVD紹介ページ


short_g.gif


・書籍

原作小説「涼宮ハルヒの憂鬱」英訳本
(出版元・Little, Brown Books)
・ハードカバー版(14.99ドル)とペーパーバッグ版
(8.99ドル)が存在するが、表紙画像に用いられて
いるのはハードカバー版がほとんど。
―― 119館

原作小説「涼宮ハルヒの憂鬱」日本語版
―― 1館(ワシントン州University of Washington
Libraries
)
「涼宮ハルヒの溜息」
「涼宮ハルヒの退屈」
「涼宮ハルヒの消失」
「涼宮ハルヒの暴走」
「涼宮ハルヒの動揺」
「涼宮ハルヒの陰謀」
「涼宮ハルヒの憤慨」
「涼宮ハルヒの分裂」
も、同大学図書館に。
日本語版「暴走」は、イリノイ州Decatur Public
Library
にも。



マンガ版「涼宮ハルヒの憂鬱」第1巻英訳本
(出版元・Yen Press)
―― 92館

マンガ版「涼宮ハルヒの憂鬱」第2巻英訳本
―― 48館

マンガ版「涼宮ハルヒの憂鬱」第3巻英訳本
―― 37館

マンガ版「涼宮ハルヒの憂鬱」第1〜2巻日本語版
―― 1館(ワシントン州Washougal Community
Library
)



・DVD

第1巻
(Episode00、「涼宮ハルヒの憂鬱 I〜III」収録)
―― 85館

第2巻
(「憂鬱」4〜6「涼宮ハルヒの退屈」収録)
―― 73館

第3巻
(「ミステリックサイン 」「孤島症候群・前編」
「後編」収録)
―― 70館

第4巻
(「ライブアライブ」「射手座の日」「サムデイ イン
 ザ レイン」収録)
―― 58館

「The melancholy of Haruhi Suzumiya.
 Complete collection」

(全話収録廉価版BOXセット)
―― 19館



・音楽CD


「冒険でしょでしょ?」(平野綾)
―― 6館
日本版「冒険でしょでしょ?」
―― 4館


「ハレ晴レユカイ」(平野綾、茅原実里、後藤邑子)
―― 12館

「God knows-- I lost my music」
(涼宮ハルヒの詰合)
―― 6館


「涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング」

1.『Vol.1 涼宮ハルヒ』(平野綾)
―― 3館

2.『Vol.2 長門有希』(茅原実里)
―― 3館

3.『Vol.3 朝比奈みくる』(後藤邑子)
―― 3館

4.『Vol.4 鶴屋さん』 (松岡由貴)
―― 3館

5.『Vol.5 朝倉涼子』 (桑谷夏子)
―― 4館

6.『Vol.6 キョンの妹』 (あおきさやか)
―― 5館

7.『Vol.7 喜緑江美里』(白鳥由里)
―― 4館

8.『Vol.8 古泉一樹』(小野大輔)
―― 4館

9.『Vol.9 キョン』(杉田智和)
―― 5館


short_g.gif


という感じでした。
つまり、アメリカで正規リリースされている、全て
のメディア商品が、どこかの公共図書館で借りら
れる、ということですね。
日本の公共図書館でも、ここまでは揃えてくれて
いないのでは?
もちろん、9000館はあるという(諸説あって正確な
数字はまだわかりません)、アメリカの公共図書館
全体からすれば、わずかな割合かもしれませんが。
原作小説英訳版への評価は、10月に出版予定の
第2巻「溜息」を、どれだけの図書館が購入してく
れるかで、わかると思います。


こういうチョイスって、利用者からのリクエストな
のか、司書さんの判断なのか、出版社の営業さ
んが頑張っているのか……、それぞれのケース
がありそうですね。
「ハレ晴レユカイ」はまだしも、キャラソンまである
とは思いませんでしたが。
キョン兄妹の歌が、ハルヒさん達より多く置かれて
いるのは何故でしょう?
キャラソンを全員揃えて購入してくれている図書館
はなくて、それぞれ組み合わせの選択があるみた
いなんですが……。


short_g.gif


こうやって公共図書館に置いてくれることは、
無料で借りられるという他に、研究資料の保管
という意味でも、利点になると思います。
京都精華大学表現研究機構(公式サイト)が発行
している雑誌「表現 Human Contact」の第1号
(2007年7月発行)に、アニメーション映画史研究
家の津堅信之氏による、「映像文化としてのアニ
メーション」という文章が掲載されていたんですね。


氏がその文章の中で課題のひとつとして挙げてい
たのが、研究者を養成するための、アーカイブの
充実だったんです。
「(略)一セットあたり数万〜十数万円もするDVD
ボックスなど、おいそれと買えるものではないし、
公共図書館や大学図書館でも、これらのテレビア
ニメが収蔵されている例は少ない」(P46)
というコメントがあって、日本のテレビアニメ研究に
おいての、資料収集の困難を嘆いておられました。
アメリカにおける「ハルヒ」のように、公共図書館
でも積極的に収蔵してくれたら、研究はとても楽
になりますよね。
アメリカの公共図書館の方が、日本のそれよりア
ニメ作品のアーカイブについて充実しつつあるの
かどうかは、今後さらに調査しなくては判断出来
ないことですけど(「ハルヒ」は人気作ですしね)。


posted by mikikazu at 09:09 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

Otakon 2009(米メリーランド州ボルチモア)からの話題・その2


引き続き、米メリーランド州ボルチモア市で
7月19〜21日に開催されたOtakon 2009
(公式サイト)について少しだけ。
アニメ・マンガ関連サイトやブログでも、たくさ
ん伝えられてはいますけど、地元の一般メディ
アによる報道というと、

Baltimore Business Journal
7月17日付け記事
"Otakon convention brings thousands
of Japanese anime fans to Baltimore"


WBAL Radio - Scott Wykoff's Blog
7月17日付け記事
"Taking It To The Streets"

BaltimoreSun
7月20日付け記事
"Anything goes at Otakon"
(コスプレイヤー中心のビデオ映像あり)

などがあるようです。
どの記事も、この不況にも関わらず盛況なOtakon
を不思議がっている感じですね。
事前記事ですが、"Recession can't stop Otakon"
(不況もOtakonを止められない)という題もあったり
しました。


Baltimore Business Journalの記事でひとつ
気がついたのが、昨年度、つまり2008年度の
Otakon開催中にボルチモアに落とされたお金
が2720万ドルという話で、これは2007年度の
2100万ドル(Anime News Network 2007年
7月24日付け記事
)を、ずっと上回った数字です
よね。
結局、今年の参加者数は、昨年をさらにわずか
に上回るくらいだったようですから(26262人→
26350人)、その辺の地元への経済効果が数字
としてどれだけ変わっているかで、不況の影響
も、より明確に見えてくるのではないでしょうか。
JapanatorのBrad Riceさんのレポートによると、
ディーラーズ・ルームは盛況だったものの、品揃
えという面では寂しくなっており、「これは絶対に
買っておかねば」という商品も、少なかったようで
すね。Riceさんの好みというか、主観もあるでしょ
うけど。
正規にライセンスされる作品がかなり減ってきて
いるので、当然関連商品の数も減ってきている、
ということでしょうか……。


short_g.gif


そうそう、昨日の記事の補足ですけど。
Gia ManryさんのAnime Viceでのレポート
よると、山本寛監督がゲスト参加した、BANDAI
ENTERTAINMENTのパネルでは、山本監督の
手がけた作品である(第1-4話)、「らき☆すた」の
Tシャツのプレゼントもあったそうなんですね。
でも、ただあげるだけでは面白くないので、Tシャ
ツを欲しい人は、自分のとっておきの秘密を、みん
なの前で告白しなくてはならない、ということにした
んだそうです。


愛の告白とか、エイリアンを地下室に隠してるとか
泉こなた(らき☆すた)を自分の嫁にしたと両親に告
げて、認めてもらったとか(???)、色々あったような
んですが、その内の1人が山本監督に告げたのが、
「自分はファンサブでしかアニメを見ない」ということ
だったそうなんですね。
つまり、正規の手段で、あるいはお金を払ってアニ
メを見たことはないと。
パネルにまで来て、Tシャツを欲しがるくらいですか
ら、少なくとも「らき☆すた」を好きな人なんだろうと
は思います。
本人としては受けると思ったんでしょうけど、でも、
わざわざ日本から、他でもないその作品のクリエイ
ターの1人、その仕事で生計を立てている人が目の
前に来ているのに、それを言うのはさすがにないの
では、と思います。
で、そういうことを告白した人に、さらに結局Tシャ
ツをあげてしまったというのも、どうかしてる話では
あります。
BANDAI Entertainmentのプロデューサーである
Toshifumi Yoshida氏は、「でも部屋を出たらす
ぐに、警備員に捕まっちゃうだろうけどね」とジョーク
でフォローはしたようですが。


posted by mikikazu at 08:40 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

Otakon 2009(米メリーランド州ボルチモア)からの話題いくつか。


先にコメントへのお返事です。
・19:10の方 
ありがとうございます。お役に立てば幸いです。
・21:29の方
武井宏之さんのコミコンへのゲスト参加につい
ては、プレスリリースが出ましたので、当ブログ
でも、7月16日付け記事で補足しておきました。
ともあれ、お気遣いありがとうございます。
スタン・リー氏がコンベンションで「ウルティモ」
について語るのは初めてではないので、今回
は武井さんにたっぷりお話してもらいたいなあ、
と期待しています。


short_g.gif


ええっとそれから、お薦めのポッドキャストも。
アイオワ州に拠点を置くオンラインストア兼ディ
ストリビューターのRight Stufが隔週で配信し
ているポッドキャスト番組Anime Todayについ
ては、度々ご紹介していますけど、その最新エピ
ソードの第97回では、先日開催されたアニメエキ
スポでの、Right Stufのパネルの模様が、まるま
る伝えられていました。
本編の方は、基本的にRight Stufの作品の宣伝
で、知っている人は必要ないと思うんですけど、
少しスクロールダウンしたところからダウンロード
出来る"BONUS Download: AX 2009 Panel
Q and A!"は、その後に行われた、観客との質疑
応答の模様なんですね。
Right Stufの社長であるShawne Kleckner氏が、
ファンからの質問に、かなりざっくばらんに答えてくれ
ていて、とても面白かったです。


不況下で生き残るためのビジネス方針や、ファン
サブや違法配信が市場に与える影響、どうして
Right Stufがリリースしている「ARIA」「マリア様が
みてる」には、英語吹替が収録されていないのか、
どうしてアイオワでビジネスをしているのか――
などなどを語る、ユーモアを交えた30分ほどのセ
ッションが楽しめます。
パネル当事者による収録・配信なので、音質は
良好ですし、Kleckner氏も、たくさんの観客に伝
えることを意識して、とてもゆっくり丁寧に喋って
くれますので、リスニングの苦手な方でも、かなり
楽に聴けると思います。
北米のアニメ業界にいる、ビジネス当事者からの
意見を、ぜひ色々参考にしてください。


short_g.gif


さて、やっと本題です。
この週末(7月19〜21日)は、米メリーランド州
ボルチモア市で、東海岸最大規模のアニメコン
ベンションである、Otakon(公式サイト)が開催
されていたんですね。
プレスリリースによると、推定有料入場者数は
2万6350人ということで、昨年の2万6262人と、
ほぼ同じですね。
おそらくはこの辺のキャパが上限で、リリース
でも「成功といっていいだろう」と結んでいます。
2008年度の北米マンガ市場は、前年度比17
%減と初めてのダウン、アニメ市場も引き続き
2%減と、元気のない状態が続いている一方で、
アニメエキスポもそうでしたが、動員数は、まだ
大きな落ち込みを見せていません。ディーラーズ・
ルームの売り上げとかには、影響が出ていそう
ですけど……。
これは、不況でも、コンベンションはお祭りだか
ら頑張って参加しよう、ということなのか、単に
作品にはお金を払わないファンが増え続けて
いるだけ、と考えるのかは、難しいところですね
……。


short_g.gif


今年のOtakonからのレポートについては、まだ
Anime News Networkと、Gia Manryさんの
Anime Viceのものくらいしか目を通していない
んですが、個人的に目に付いた話題を、とりあえ
ず二つだけ紹介してみます。
いつも聴いている東海岸のポッドキャスト陣が、
Otakonには揃って参加している筈なので、そち
らからのレポートも、いずれ期待したいですね。


・石黒昇氏が、木村拓哉氏主演による実写
版「宇宙戦艦ヤマト」を認める

(Anime News NetworkAnime Vice)


オリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」でもアニメーショ
ン・ディレクターを務めていた石黒昇氏が、今年
はゲスト参加されていたんですが、既に木村拓哉
氏主演による実写版「宇宙戦艦ヤマト」の話は向
こうにも伝わっていたらしくて、Q&Aセッションで
質問があったようですね。
石黒氏は、本当に実写版「ヤマト」の制作が進ん
でいること、主人公の古代進役は、アイドルグル
ープSMAPの木村拓哉氏であること、などを認め
たみたいです。
また、設定年齢が18歳である古代進を、30代半ば
の木村氏がどう演じるかは興味深い一方で、物語
はSF面よりも、ロマンスに重点を置いたものになる
とのことで、石黒氏個人にとっては関心の薄い企画
である、とも語ったそうです。
僕個人は、木村拓哉氏が出演された実写映画・テ
レビドラマを見たことがないので、古代進役にふさ
わしいのかどうかについては、コメントがありません。


ちなみに現在、2009年12月公開予定で、「宇宙戦
艦ヤマト 復活編」(公式サイト)の制作も進んでいる
ようですが、石黒氏は、2007年9月にゲスト参加
したコンベンションAnime Weekend Atlantaで
受けたインタビューにおいて、「もし西崎義展氏が
新たな『ヤマト』を制作すると言い出したら」という
質問に、「あんまり関わりたくないですね」と答えて
いました。
そのインタビューについては、ポッドキャストAnime
World Orderの2008年5月14日配信回で全編
聴けますので、お薦めです。


・山本寛監督、付き合うなら初音ミク
(Anime Vice)

Bandai Entertainmentのパネルにゲスト参加
していた山本寛監督が、「付き合うのなら、涼宮ハ
ルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)、泉こなた(らき☆すた)、
ナギ(かんなぎ)のうち、誰がいいですか?」という
質問に対して、その3人のどれでもなく、ボーカロ
イドの初音ミクさん、と答えたとか。
理由は、他の3人と違って、ミクさんとは仕事での
付き合いがないから、だそうです。
きっと山本監督は、仕事とプライベートには距離を
置いておきたい方なんでしょうね。


posted by mikikazu at 11:08 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

日本マンガを蔵書している、アメリカの公共図書館数(タイトル別)


今日は、ちょっとした調査をしてみます。


例えば、アメリカのコミック専門店への(での、では
ありません、念のため)日本マンガの売り上げデー
タを知りたければ、ICv2が毎月掲載してくれている
Top 300 Graphic Novelsランキング(2009年6
月分
)が参考になるでしょうし、一般書店でのデータも、
USA TODAYのThis week's top 150 best sellers
(7月第二週)や、The New York TimesのGraphic
Best Sellers (Manga)――7月第二週などで、ある
程度チェック出来ますよね。


よくわからないのが、それらのランキングの調査
対象に含まれていないながらも、大きな市場にな
っているとされる、アメリカの公共図書館における
日本マンガのセールスですよね。
マンガを含むグラフィック・ノベルが人気とか、
アメリカ図書館協会の部会であるYALSA-Young
Adult Library Services Association
が毎年
選出するGreat Graphic Novels for Teens
でも、ここ数年日本マンガが多く含まれるように
なった、という話はうちのブログでもよく伝えてき
ましたが、その具体的なデータについては、まだ
よく調べていませんでした。


そうしたらちょうど7月14日付けのPublishers
Weekly電子版
に、コロンビア・カレッジ・シカゴ
の非常勤教授である、Todd Allen氏による
レポート、

"Funnies Business: Quantifying Library
Penetration for Graphic Novels"


が掲載されていました(via Icarus Publishing)。
これは、アメリカの公共図書館への、グラフィック
・ノベルのセールスについて簡単に調べたレポート
で、売り上げ上位タイトルに占めるマンガ作品の割
合が高いという一文はあるものの、マンガについて
それ以上の詳しいデータは示されていませんでした。


そこで、Allen氏が一部調査に利用したという、各
公共図書館の横断蔵書検索データベースサイトで
あるWorldCat.orgを僕も利用して、各図書館での、
日本マンガの蔵書状況を、ちょっと調べてみること
にしました。
WorldCatは、アメリカに限らない、ネットに繋がっ
ている世界各国の図書館の、図書、CD、ビデオの
蔵書状況がチェック出来るサービスですが、今回は
アメリカ国内だけに限らせていただきます。


どうやって調べていこうと思いましたが、とりあえず
今日のところは、タイトル別に、どれだけのアメリ
カの公共図書館が日本マンガをその蔵書目録に
加えているのか、その館数をチェックしていきま
すね。
具体的に何冊納入されているのかも、各館ごとに
調べられないことはないです。例えば「NARUTO」
第1巻だと、少なくとも663のアメリカの公共図書館
区域で置かれており、アイダホ州のAda Community
Library
には13冊、イリノイ州のアレン郡公共図書館
には二ヶ所の分館蔵書も含めて、7冊置いてある、
ということがわかりますが、そういったチェックを、
663の区域全てで行っていくのは、個人の調査能
力を超えていますよね(笑)。数ヶ月くらい、仕事しな
くていいから、この調査に専念してください、私が
養ってあげますから、と言ってくださる心温かい人が
いたら、頑張りますけど。いませんか? ←いませんっ


というわけで、今日の調査で示される数字は、マン
ガを置いてある、図書館の館数までです。
上記に示したように、1館で複数の蔵書がある図書
館もたくさんありますし、一つの図書館名で、その区
域内の小さな分館を含んでいる場合もありますから、
冊数の数字としては、正確なものになりません。
とりあえず各タイトルでの、蔵書の人気傾向を示す
もの、くらいに考えてください。
対象は、少なくとも第1巻を置いてある館が、100
以上ある作品になります。
では、いきます。


short_g.gif


1.「はだしのゲン」(中沢啓治 Last Gasp)
―― 899館

2.「フルーツバスケット」(高屋奈月 TOKYOPOP)
―― 862館

3.「ああっ女神さまっ」(藤島康介 Dark Horse)
―― 783館

4.「NARUTO」(岸本斉史 VIZ Media)
―― 663館

5.「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
  (和月伸宏 VIZ Media)
―― 646館

6.「AKIRA」(大友克洋 Dark Horse)
―― 519館

7.「鋼の錬金術師」(荒川弘 VIZ Media)
―― 510館

8.「Bleach」(久保帯人 VIZ Media)
―― 498館

9.「ブッダ」(手塚治虫 Vertical)
―― 489館

10.「鉄腕アトム」(手塚治虫 Dark Horse)
―― 478館



11.「DEATH NOTE」
 (作・大場つぐみ/画・小畑健 VIZ Media)
―― 444館

12.「らんま1/2」(高橋留美子 VIZ Media)
―― 435館

13.「ドラゴンボールZ」(鳥山明 VIZ Media)
―― 414館

14.「ラブひな」(赤松健 TOKYOPOP)
―― 402館

15.「犬夜叉」(高橋留美子 VIZ Media)
―― 393館

16.「東京ミュウミュウ」(征海未亜 TOKYOPOP)
―― 389館

17.「彼氏彼女の事情」(津田雅美 TOYOPOP)
―― 375館

18.「ONE PIECE」(尾田栄一郎 VIZ Media)
―― 360館

19.「ヒカルの碁」
 (作・ほったゆみ/画・小畑健 VIZ Media)
―― 340館

20.「美少女戦士セーラームーン」
 (竹内直子 TOKYOPOP)
―― 337館



21.「よつばと!」(あずまきよひこ ADV Manga)
―― 335館

22.「ヴァンパイア騎士」(樋野まつり VIZ Media)
―― 332館

23.「HELLSING」(平野耕太 Dark Horse)
―― 326館

24.「東京うばすて山」
 (辰巳ヨシヒロ Drawn & Quarterly)
―― 325館

25.「幽☆遊☆白書」(冨樫義博 VIZ Media)
―― 316館

26.「プラスアニマ」(迎夏生 TOKYOPOP)
―― 289館

27.「D・N・ANGEL」(杉崎ゆきる TOKYOPOP)
―― 287館

28.「しゅごキャラ!」(PEACH-PIT Del Rey)
―― 276館

29.「火の鳥・未来編」(手塚治虫 VIZ Media)
―― 272館

30.「いばらの王」(岩原裕二 TOKYOPOP)
―― 265館



31.「きりひと讃歌」(手塚治虫 Vertical)
―― 263館

32.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE」
 (CLAMP Del Rey)
―― 252館

33.「Dramacon」
 (Svetlana Chmakova TOKYOPOP)
―― 249館

34.「ゴン」(田中政志 CMX)
―― 247館

35.「グラビテーション」(村上真紀 TOKYOPOP)
―― 247館

36.「トライガン」(内藤泰弘 Dark Horse)
―― 246館

37.「キングダムハーツ チェインオブメモリーズ」
 (天野シロ TOKYOPOP)
―― 245館

38.「あずまんが大王」(あずまきよひこ ADv Manga)
―― 236館

39.「テニスの王子様」(許斐剛 VIZ Media)
―― 236館

40.「xxxHolic」(CLAMP Del Rey)
―― 226館



41.「FAIRY TAIL」(真島ヒロ Del Rey)
―― 224館

42.「キッチンのお姫さま」(安藤なつみ Del Rey)
―― 221館

43.「げんしけん」(木尾士目 Del Rey)
―― 220館

44.「武装錬金」(和月伸宏 VIZ Media)
―― 210館

45.「桜蘭高校ホスト部」(葉鳥ビスコ VIZ Media)
―― 201館

46.「ちょびっツ」(CLAMP TOKYOPOP)
―― 197館

47.「カードキャプターさくら」(CLAMP TOKYOPOP)
―― 193館

48.「NANA」(矢沢あい VIZ Media)
―― 193館

49.「吸血鬼ハンターD」(小説・菊地秀行 Dark Horse)
―― 187館

50.「子連れ狼」(作・小池一夫/画・小島剛夕 Dark Horse)
―― 187館




51.「高校デビュー」(河原和音 VIZ Media)
―― 186館 

52.「絶対彼氏。」(渡瀬悠宇 VIZ Media)
―― 182館

53.「地球へ…」(竹宮恵子 Vertical)
―― 181館

54.「かりん」(影崎由那 TOKYOPOP)
―― 180館

55.「GetBackers-奪還屋-」(綾峰欄人 TOKYOPOP)
―― 180館

56.「グイン・サーガ」(原作小説・栗本薫 Vertical)
―― 180館

57.「シャーマンキング」(武井宏之 VIZ Media)
―― 178館

58.「ロザリオとバンパイア」(池田晃久 VIZ Media)
―― 176館

59.「メトロポリス」(手塚治虫 Dark Horse)
―― 175館

60.「どろろ」(手塚治虫 Vertical)
―― 175館



61.「スクールランブル」(小林尽 Del Rey)
―― 175館

62.「寄生獣」(岩明均 Del Rey)
―― 173館

63.「機動天使エンジェリックレイヤー」
 (CLAMP TOKYOPOP)
―― 172館

64.「放課後保健室」(水城せとな Go Comi)
―― 169館

65.「西の善き魔女」
(作・荻原規子/画・桃川春日子 TOKYOPOP)
―― 166館

66.「BLACK CAT」(矢吹健太朗 VIZ Media)
―― 165館

67.「花ざかりの君たちへ」(中条比紗也 VIZ Media)
―― 164館

68.「花より男子」(神尾葉子 VIZ Media)
―― 164館

69.「アポロの歌」(手塚治虫 Vertical)
―― 162館

70.「魔法先生ネギま!」(赤松健 Del Rey)
―― 161館



71.「名探偵コナン」(青山剛昌 VIZ Media)
―― 161館

72.「十二国記」(小説・小野不由美 TOKYOPOP)
―― 157館

73.「涼宮ハルヒの憂鬱」
 (原作小説・谷川流 Little, Brown)
―― 156館

74.「金色のガッシュ!!」(雷句誠 VIZ Media)
―― 154館

75.「新世紀エヴァンゲリオン」(貞本義行 VIZ Media)
―― 149館

76.「藍より青し」(文月晃 TOKYOPOP)
―― 143館

77.「MONSTER」(浦沢直樹 VIZ Media)
―― 142館

78.「劇画漂流」(辰巳ヨシヒロ Drawn and Quarterly)
―― 139館

79.「ふしぎ遊戯 玄武開伝」(渡瀬悠宇 VIZ Media)
―― 136館

80.「アンドロメダ・ストーリーズ」(竹宮恵子 Vertical)
―― 135館



81.「ブラック・ジャック」(手塚治虫 Vertical)
―― 134館

82.「攻殼機動隊」(士郎正宗 dark Horse)
―― 134館

83.「リアル」(井上雄彦 VIZ Media)
―― 133館

84.「CLAMP学園探偵団」(CLAMP TOKYOPOP)
―― 131館

85.「ローゼンメイデン」(Peach-Pit TOKYOPOP)
―― 131館

86.「銃夢」(木城ゆきと VIZ Media)
―― 127館

87.「伯爵カインシリーズ」(由貴香織里 VIZ Media)
―― 125館

88.「LOVELESS」(高河ゆん TOKYOPOP)
―― 124館

89.「フルメタル・パニック!」(マンガ版・館尾冽 ADV)
―― 120館

90.「学園アリス」(樋口橘 TOKYOPOP)
―― 117館



91.「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ DMP)
―― 116館

92.「天空のエスカフローネ」(克・亜樹 TOKYOPOP)
―― 116館

93.「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子 Del Rey)
―― 112館

94.「クレイモア」(八木教広 VIZ Media)
―― 111館

95.「紳士同盟†」(種村有菜 VIZ Media)
―― 110館

96.「ここはグリーンウッド」(那州雪絵 VIZ Media)
―― 104館

97.「魔法騎士レイアース」(CLAMP TOKYOPOP)
―― 102館

98.「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルス
 BB連続殺人事件」(小説・西尾維新 VIZ Media)
―― 101館

99.「聖伝-RG VEDA-」(CLAMP TOKYOPOP)
―― 100館

100.「バンパイアハンターD」(鷹木骰子によるマンガ DMP)
―― 100館


short_g.gif


という感じです。
抜けもたくさんあると思いますが、主だったとこ
ろは、出来るだけ探してみました。
第1位は別格というか、公共図書館ならではの
作品ですね。確か、寄付活動も行っていたような?
こうして調べてみると、アメリカでの図書館向け
市場の大きさも、かなり想像がつくでしょうか。
これだけの数の図書館が、複数巻購入してくれ
る、しかも一般書店と違って、返本はないのです
から。
仮に、全巻購入してくれるとして、ですけど、
「フルーツバスケット」の場合だと、862館×
全23巻×各館での購入数or分館数という計算
になりますから、全体では、何万冊という数に
当然達しますよね。無視出来ない数字です。


個人的には、手塚治虫作品の人気が嬉しいです。
「よつばと!」が図書館受けする作品というのも、
読んだことがある人になら、わかりますよね?
逆に、「ベルセルク」「無限の住人」なんかは、
コミック専門店やオンラインストアでは人気が
ありますけど、「18+」というレイティングもあって、
あまり図書館では買ってもらえない作品です。
ライトノベルについては、まだまだこれから、
という感じでしょうか……。「ハルヒ」なんかは、
マンガより、原作小説の方が納入館数が多いと
ころをみると、やはり図書館としては、小説の
方を歓迎したいのかなーとか。その辺に、ライ
トノベルが入り込めそうな気もします。


short_g.gif


あ、それと、ここだけの秘密ですけど。
まさか置いてないですよね?と思いつつも、一応
調べてみたら、松山せいじさんの「エイケン」や、
メガミマガジンの別冊である、「メガミマガジン
DELUXE」の英語版
なんかも、置いてくれている
図書館があって、驚きでした。リベラルですね(笑)。


posted by mikikazu at 01:57 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

北米版「かんなぎ」DVDリリースについて/山本寛監督ビデオ・メッセージ


まず閑話。
「カーブとシュートって、どう違うん?」
というような野球に関する質問を、件の高校生の
娘さんから、知人がよくされるようになったとか。
訊いてみると、僕が先日贈った「おおきく振りか
ぶって」(ひぐちアサ 講談社)既刊全巻を読んで、
お話は面白いものの、野球のことが全然わから
ないので、もどかしく感じているらしいんです。
そうですね、あの作品は配球とかリードとかの
細かな描写が肝ですから、球種がわからないと、
その辺の理解は難しいですよね。
そういう意味では、動きがあって色々わかりや
すいアニメ版の方が、入り口としてはやさしかっ
たかも?
ともあれ、作品をきっかけに知識欲が起きるの
はいいことです。


short_g.gif


閑話休題。
とりあえず大きな話題になっているのでまとめ
ておきたいのが、北米版「かんなぎ」DVDリリー
スについての情報ですね。
ちなみに英語でのフルタイトルは、
「KANNAGI - Crazy Shrine Maidens」
になります。


ずっと「Nagi-sama Official Fan Club」と題した
公式サイト
でカウントダウンが続いていて、つい
に発表があったんですが、英語字幕版のみのリ
リースというのは、最近の情勢を考えれば予想
通りでも、その第1巻(第1〜7話収録)のリリース
が発表と同時だったのは、「白い空」のかざみあ
きらさんも仰る通り(サイト復旧よかったですね)、
驚きでした。
DVDの第1セットは、第1〜7話収録で特典はテ
キストレスのOP&ED、定価は34.98ドルですが、
Right Stufでの売価は、26.24ドルですね。
一般の小売店での店頭発売に先駆けて、オンラ
インストアRight Stuf及びアメリカAmazonマー
ケットプレイス
での先行発売となっています。
オンラインストアだけでの先行発売については、
大きな問題となっている、返品のリスクを避ける
ためと説明されていますね。
クレジット・カードを使えない若い子にとって不便
になったりしないでしょうか? 

参考・ICv2 2009年7月17日付け記事
"Bandai Tries New Anime Business Model
With Kannagi"



また、その発表と合わせて、公式サイトとAnime
News Network
では、第1&2話の英語字幕版を
無料配信開始しているのも、新しい試みです。
第1&2話を見て続きが気になった人は、すぐに
DVDを注文してもいいし、以降の配信(第3&4話・
7月23日 第5&6話・7月30日)を待ってもいい
わけです。


後半の第2セット(第8〜14話収録)は、9月24日
発売予定で、こちらの価格設定も第1セットと同じ
ですが、異なるのは9月8日までの予約特典として、
サイズの選べるTシャツが付いてきます。
こちらでも、リリースに合わせての配信が予定され
ていて、Anime News Networkではその一週間
前(9月17日)から、第7〜8話を、そして以降は毎
週2話ずつ、最終話まで配信していくとのことです。
この、オンラインストア限定先行発売・リリースに
合わせたネット配信というのも、新たなビジネスモ
デルの試みですけど、上手くいくでしょうか。
僕もそれなりに面白く読んだ原作マンガも、はやく
翻訳出版して欲しいところですけど……。


この、配信されている英語字幕版エピソードは、
日本からは視聴出来ないんですけど、合わせて
YouTube経由でアップされている、山本寛監督から
のメッセージは視聴可能です。
張っておくので、ご覧ください。





posted by mikikazu at 12:42 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

英語版原作マンガ「らき☆すた」第1巻の北米でのセールスは好調。


まず先に、某BBS様でニーズがあるみたいな、
JAM Projectの話題をちょっと。
今日7月15日付けの朝日新聞第2面を開いたら、
JAM Project(公式サイト)のメンバーであるヒカル
ド・クルーズ Ricardo Cruzさんの記事が、カラー写
真入りでどんと掲載されていて、驚きました。
以前に、カナダ人アニソンシンガーであるHIMEKA
さん(公式サイト)も紹介したことのある、「ひと」と
いう欄です。電子版にも上がるようなら、リンクしま
すけど、どうでしょうか。
ブラジルでの生活や、影山ヒロノブさんとの繋が
りを中心とした、簡単にヒカルドさんの経歴を伝
える記事で、写真も、それなりにいい表情をして
いると思います。


short_g.gif


では今日の本題。
北米での出版社であるBANDAI ENTERTAINMENT
(公式サイト)が、珍しくプレスリリースまで出して
伝えて話題になっているのが、北米で6月に発
売された、英語版原作マンガ「らき☆すた」第1巻
(美水かがみ)の、セールス好調です。

Active Anime 7月13日掲載プレスリリース
"LUCKY STAR MANGA VOL. 1 TO GET
SECOND PRINTING!"


BANDAI ENTERTAINMENTのマンガ部門エデ
ィター兼マーケティング・ディレクターである
Robert Napton氏によると、発売後2週間で、
増刷(第二刷)が決定したほどの勢いとか。
確かに、
・アメリカAmazon
・Borders
・Right Stuf
・Anime Castle
といったオンラインストアでは、どこでも現在在庫
無しになっていて、増刷が必要な品切れ状態で
はあるようです。


short_g.gif


どうしてこれが話題になっているかというと、
北米での「らき☆すた」は、そのアニメ版が商業
的に失敗した作品だと見なされていたからです。
TVシリーズのDVD最終巻である、第6巻の限定
版は、それまでに発売された限定版の売れ行き
不振により発売中止となり(ソース・Anime News
Network 2009年2月20日付け記事
)、続いて
8月4日に発売予定のOVAでは、コスト削減の
ためか、TVシリーズでは収録されていた英語吹
替は制作されず、英語字幕のみのバージョンで
の発売になりました。
吹替にまで予算を使っては、利益が出ないくらい
しか売れない、という判断だろうと推測されます。
個人的な見解を述べると、アニメ版「らき☆すた」
は、北米のオンラインショップの売り上げランキン
グ上位ではずっとよく見かけましたから、決して
「全然売れなかった」わけではないと思います。
ただ、豪華過ぎる特典などでも色々お金がかか
って、結果として、利益が大きく出る期待値には
届かなかったのかも、と考えています。


ところが、今回の英語版原作マンガ第1巻は、
セールスが予想を上回る好調になっている、との
ことですよね。
これがどういうことかと考えてみると、まずBANDAI
ENTERTAINMENTは、他ならぬアニメ版「らき☆
すた」DVDをリリースしていた会社なのだから、その
売り上げデータも、正確に把握していた筈ですよね。
だとしたら、北米にいる、英語版原作マンガも買っ
てくれそうな、「らき☆すた」のファンの数もある程
度想定出来た筈で、そのデータを基に、初版の刷
り数を決めたのだと思います。
ところが増刷するくらいに売れているということは、
BANDAIの想像以上に、北米には「らき☆すた」
原作マンガを買ってくれる人がいた、ということで
すよね。
意図的に出版部数を抑えて、あえて品切れ状況を
作り出し、話題作りを狙っている、というのなら別で
すけど。


よく言われるのは、「アニメはPCでファンサブを見れ
ばそれで済むので、DVDまで買う必要はないけれど、
マンガについては、スキャンレーションだけではなく、
実際の本を手にとって読みたい人が多い」ということ
ですね。本を手にした、読書という習慣の強さ、ですか。
北米でのマンガ市場が、アニメ市場ほどには急速に
落ち込んでいかなかったのも、それが理由のひとつ
だとは聞きます。
その法則が、「らき☆すた」にも当てはまったんでし
ょうか。


posted by mikikazu at 08:18 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

Manga About.com記事「アメリカでOELマンガが成功しない7つの理由」から。


先に、いつものThe Japan Timesネタを。
今日7月14日付け英字日刊紙The Japan
Times
の第3面に掲載されていたのが、

"Aso's 'manga museum' plan cool
with Aussies"

という記事で、これは、かねてより話題になっ
ている、国立メディア芸術総合センター計画を、
オーストラリアの人達が支持している、というも
のです。
コメントしているのは、オーストラリア最大の
アニメ流通業者であるMadman Entertainment
(公式サイト)のDean Prenc氏、メルボルン
に拠点を置くマンガコミュニティサイトOzTAKU.com
のビジネス・マネージャーAvi Bernshaw氏、
日本から帰ってきたばかりで、センターが出来
たらぜひ行きたいと語る33歳のNigel Binns氏、
などの方々です。
まあ、アニメ・マンガをモダンな日本文化の代
表と考える若い海外の人達なら、センターの設
立に反対する理由はないですよね。
ちなみに記事内で示されていたのが、オースト
ラリアのアニメ・マンガファンの数は、専門家に
よると約7万人くらいというデータです。
また、Prenc氏によれば、ここ数年アニメ・マンガ
のセールスが落ちている国が世界である一方で、
オーストラリアのそれは、幸いに安定しているそ
うです。同じ英語圏の北米なんかと、なにが違う
んでしょうか。また調べてみたいです。


short_g.gif


さて本題。
Manga About.comのDeb Aokiさんがまとめて
くれていたのが、先日のアニメエキスポで、プレス・
業界関係者限定で開かれた、
"Can Manga Be Created in the USA and Be
 Commercially Successful?"
と題されたパネルを受けての記事、

"Anime Expo 2009: 7 Reasons Why OEL
Manga Falters in the U.S."

になります。
OEL mangaというのは、original English language
mangaの略で、最初から英語で書かれた、非日本
人作家によるマンガ作品のことです。
一部の作品を除いて、なかなか商業的に成功する
作品が生まれないのは何故か、その理由を考えて
みようという主旨のパネルが、アニメエキスポで開
かれていたんですね。
Deb Aokiさんは、自身のTwitterでこのパネルに
ついて報告し、そこへさらに投稿された、業界関係
者からの意見なども含めてまとめたのが、この記事
になります。
他にAnime News Networkも、同パネルについて
のレポートを掲載していました。

Anime News Network 2009年7月4日付けレポート
"Industry Roundtable, Day Two: Can Manga
created in the US be commercially successful?"



2つの文章を合わせながら、Aokiさんがまとめて
くれた、アメリカでOELマンガが成功しない7つの
理由を、ここでざっと短く引用してみます。


short_g.gif


1.日本のマンガ業界には、時間をかけてじっく
 りと若いマンガ家の才能を育ていく優れたシス
 テムが構築されているが、アメリカのコミック業
 界からは同じだけのサポートは得られず、投資
 に対する見返りをすぐに求めてくるので、才能が
 育つだけの時間がない。


マンガ家さんと編集者さんとの関係は、日本独自の
ものだとは、よく指摘されますよね。そのシステムを
学ぶために、アメリカの出版社から研修に派遣され
ている人もいると聞きます。


2.「日本の、特に週刊連載システムの中では、
 マンガ家達はとんでもないページ数のマンガを
 生産し続けなくてはならない。その経験量が、
 より早いアーティストとしての成長を促している」


たくさんのアシスタントさん達を抱えている日本の
マンガ家と、一人で描いているようなアメリカのア
ーティストを比較しても意味がないという意見もあ
ります。
じっくりとひとつの作品に長期取り組むのがいいか、
読者の反応に素早く対応もしていく連載スタイルが
いいのかは、作者や作品の資質もあるでしょうし。


3.「アメリカ人の新人を育てるよりは、日本の作品
 をライセンスした方がずっと安く済むし、リスクも
 少ない」


作品によって違いもあるでしょうけど、新人を育て
るコストは、日本から買ってくるのよりも、4倍かか
るという話が出ています。


4.「OELマンガ家達が描きたがるストーリーは、
 アメリカの市場では、あまり売れ筋ではない
 ジャンルだ」


逆に韓国では、市場規模が日本よりずっと小さい
ために、実験的な作風の作品でも、ベストセラー
になることがあるとか。


5.「そもそも、日本のマンガが備えている特質や
 クオリティに達しておらず、オリジナリティにも
 欠けた作品を、"manga"と呼ぶのが間違って
 いるのではないか」


"manga"と称してしまうと、どうしても日本のマンガ
と比較され、「こんなのはマンガではない」と批判さ
れてしまうのだから、"comic"でいいのは、という考
えですね。
売る方としては、差異化のために"manga"と称した
い面もあるでしょうし、では"manga"が"manga"で
あるために必要なこととは何、という議論になっても
しまいますね。


6.「画力と物語力双方の才能を備えたOEL作家
 を見つけるのは難しい」


日本でも、原作者と作画担当が分かれている作品
はたくさんありますけど、"manga"は1人で創らなく
てはならない、みたいな強い共通認識があったりす
るんでしょうか。


7.「プロ・レベルの画力と物語創造力を育てるには
 時間がかかるが、多くの若いアーティスト達は、
 その前にプロになろうとする」


「バクマン。」を読んで、「高校生でも連載マンガ家
になれる!」と思ったり(笑)。夢を持つこと自体は、
全然悪いことではありませんけど。
日本だと、プロのマンガ家さんのアシスタントにな
って技術を磨き、業界やビジネスについて学ぶこと
が出来ますが(専門学校はどうなんでしょう……)、
コミック・アーティストはいても、そも、マンガ家さん
がいないアメリカでは、技術面は無理ですよね。
日本にまで来られるような人は限られているでし
ょうし……。ウェブコミックなんかも、よい経験には
なるでしょうけど。


他にも、"manga"と呼べるのは、日本人が描いた
ものだけという考えや、日本のマンガは、アメリカ
で翻訳されるまでにアニメ化されていたりして、広
い認知が構築出来るが、アメリカ独自のオリジナル
OEL作品だと、それは期待出来ない、ということも
障害としてあるようですね。


posted by mikikazu at 08:15 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

サンディエゴ・コミコン(7月23〜26日)で開催されるアニメ・マンガ関連イベント及びパネルのリスト


7月23日から26日にかけて、アメリカ・カリフォ
ルニア州サンディエゴ市で開催されるコミコン・
インターナショナル(サンディエゴ・コミコン 公式
サイト
)は、北米最大規模のポップカルチャーイ
ベント、だそうです。
その4日間のスケジュールが発表されましたの
で、日本アニメ・マンガ関連のイベントやパネル
の予定を抜き出してみたいと思います。行けるわ
けじゃないんですけど(笑)。
おそらく、日本の一般メディアでも大きく扱われ
るのは、「崖の上のポニョ」の宣伝のための、
宮崎駿監督の訪米でしょうね。

参考・
アニメ!アニメ! 2009年6月28日付け記事
「宮崎駿監督 サンディエゴ・コミコンへ初参加 
 『ポニョ』を紹介」


まあ、天下のオスカー監督ですから当然ですが、
他にも色々なイベントがあるということで、並べて
みますね。


short_g.gif


・7月23日木曜日

10:15-11:15
"Summit Entertainment: Astro Boy"
「鉄腕アトム」を原作とした新作CG映画「アスト
ロ・ボーイ」のパネル。監督、プロデューサー、
アストロ役の声優さんなどが出演。

1:00-2:00
"Tetsuo for the 21st Century"
「鉄男」シリーズの塚本晋也監督のパネル。
シリーズの第3作目について発表予定。

1:45-2:45
"Summit Entertainment"
「アストロ・ボーイ」の最終予告編を上映。

4:30-5:30
"The Best and Worst Manga of 2008・009"
タイトル通りに、この1年間のベスト&ワースト
マンガについて語るパネル、だと思います。
出演者は、うちのブログに興味がある人なら
お馴染みの、

Deb Aoki (Manga.about.com)
Kai-Ming Cha (Publishers Weekly)
Ed Chavez (MangaCast代表  Vertical
 マーケティング・ディレクター)
Gia Manry (Anime Vice)
Tom Spurgeon (The Comics Reporter)
Jason Thompson (Manga: The Complete
 Guide著・編者)
Eva Volin (全米図書館協会が主催しているGreat
 Graphic Novels for Teensの代表)

といった方々達です。


5:30-6:30
"Manga: Lost in Translation"
マンガの翻訳について語るパネル、だと思います。
翻訳者・編集者が出演。

6:30-7:30
"Bandai Entertainment"
「コードギアス」「ガンダム00」ブルーレイ版「AKIRA」
「らき☆すた」OVAなどの作品を紹介。

6:45-7:45
"Robotech Industry Panel"
新作「Robotech: The Shadow Chronicles」や、
企画中の実写版について。


・7月24日金曜日

10:30-11:30
"VIZ Media: Shonen Jump"
アメリカ版「SHONEN JUMP」でも連載が始まった
「機巧童子ULTIMO」の原作者、スタン・リー氏が
ゲスト出演。作画の武井宏之氏も呼んで欲しかっ
たんですけど……。

12:45-2:15
"Disney: Animation Panel"
ディズニーとピクサーのアニメーション映画の
監督達が集うパネル。出演者は、

リー・アンクリッチ(トイ・ストーリー2&3)
カーク・ワイズ(美女と野獣)
ロン・クレメンツ(リトル・マーメイド)
ジョン・マスカー(トレジャー・プラネット)
宮崎駿(崖の上のポニョ)

といった面々。宮崎監督の公的出演は、このパネル
だけです?

3:00-4:30
"VIZ Media: Anime and Manga"
こちらはSHONEN JUMP以外の話題を語るパネル。
2010年出版・発売予定の新作を発表。

5:30-6:30
"Yen Press"
英語版マンガ「涼宮ハルヒの憂鬱」の出版社、
といえば一番通りがいいでしょうか。
なんらかの発表がある模様。


・7月25日土曜日

11:00-12:00
"Women in Manga"
ファンダムやマンガ出版業界での、女性の地位や
活動について語るパネル。
「英語で!アニメ・マンガ」のceenaさんにも参加して
欲しかったところですね。

12:00-1:00
"VIZ Media's IKKI"
VIZ Media三つ目のパネルは、オンラインマンガ・
マガジンの「IKKI」を紹介するもの。

5:30-6:30
"Del Rey Manga...& Del Rey Comics!"
1年近くほったらかしな、ブログの更新もお願いします。


・7月26日日曜日

10:00-11:00
"Dynamic Anatomy: Manga Style!"
Neko Press Art StudiosのBilly Martinez氏が、
マンガスタイルでの描き方についてのワークショップを。

11:00-12:00
"CMX: Bringing Manga to You!"
DC COMICのマンガ部門のパネル。

1:00-2:00
"Manga Art for Kids"
eigoMANGAの編集さんが、子供達にマンガの描き
方を伝授。

2:45-3:45
"Kamen Rider Dragon Knight"
「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイクのパネル。
出演者や未放映クリップも。


short_g.gif


などのようですね。抜けがあったらすみません。
他に詳細はわかりませんが、アニメ作品の上映室
も三つほど用意されるようです。
とりあえず、どこでもドアが欲しいです(笑)。チケット
は既に全てソールドアウトのようですが。


posted by mikikazu at 08:21 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

百合アニメ「青い花」が、アメリカ最大のレズビアン・エンターテインメント情報サイト「アフターエレン」で配信開始。


お馴染みYuricon(公式サイト)の代表である、
エリカ・フリードマンさんの個人ブログOkazuの、
7月10日付け記事で知りましたけど、日本でも7
月1日から放送の始まっている、女の子同士
の恋愛物語を描いたテレビアニメ「青い花」
(公式サイト)が、アメリカ最大のレズビアン・
エンターテインメント情報サイトであるアフター
エレン Afterellen.com
でも、英語字幕版での
配信を開始されています(日本からは見られま
せん)。


アフターエレンの"Aoi Hana" ("Sweet Blue
Flowers") 配信ページ


アフターエレン掲載の、エリカさんによる「青い花」
レビュー



これは、日本以外の海外地域に、日本のテレ
ビアニメを中心としたコンテンツを配信している、
サンフランシスコに拠点を置いたクランチロール
Crunchyroll
からの提供によるものですね。
クランチロールでの有料配信は、日本での放送
から約1時間半後ですが、こちらアフターエレン
での無料配信は、クランチロールでの無料配信
開始と同じ、1週間後ということになっています。


クランチロールでの「青い花」配信ページ

クランチロール・フォーラムでの公式発表


アフターエレンについては、こちらの創始者さん
へのインタビュー
で詳しいのですが、今回の配
信で興味深いのは、アフターエレンが日本のア
ニメを配信するのはこれが初めてということで、
そもそもがアニメファンであったり、百合という
ジャンルについて既知であるわけではない、一
般のレズビアン、バイセクシュアル・コミュニテ
ィからの反応が広く得られる、ということですね。
とりあえず寄せられた反応は、とても良くて、「第
2話が待ちきれない!」というものばかりです。


short_g.gif


そもそもこのアニメ版「青い花」なんですけど、
先日エリカさんとのメールのやりとりの中で、
まず既に原作マンガを読んでいるエリカさんの
方から、「アニメ版の『青い花』はもう見ました?
とっても綺麗で、大満足でした」という言葉を
届けられたんですね。
で、僕の方からは、「えっと、今のところ日本で
アニメ版『青い花』を放送しているのは、フジテ
レビ1局だけで、見られるのも関東地域の人達
だけなんですね。僕の住んでいる地域(大阪)で
はそも放送していなくて、すぐには見られない
んです。でもアメリカの人達は、フジテレビでの
放送直後に、クランチロールでの配信を見られ
るんですよね?」と答えて、お互いに「変な状況
ですねえ?」と苦笑し合った、という経緯があっ
たりしました。


クランチロールでの、「青い花」の有料配信は、
アメリカ太平洋標準時の毎週水曜日午後零時
です。日本時間だと木曜の午前4時ですので、
木曜午前2時8分からの放送終了後、約1時間
半ですね。放送直後と称していい早さです。
第1話のみは無料ですが、以降のエピソードを
日本での放送直後に見られるのは、クランチロ
ールのメンバーシップ(1ヵ月だと6.95ドル)を得
ている人だけになります。ただ1週間待てば、
メンバーシップ料を払っていない人も、全て無料
で見られるようになります。
視聴可能地域は、アメリカ、カナダ、イギリス、
ニュージーランド、アメリカ領サモア、合衆国領
有小離島、プエルトリコ、グァム及びバージン諸
島ということになっています。英語圏の大きな国
で入っていないのは、オーストラリアくらいでしょ
うか。
夏のアニメ新番組だと、他に「かなめも」「よくわ
かる現代魔法」「ファイト一発!充電ちゃん!!」な
ども、クランチロールは同様に配信しています。


幸いにして「青い花」の場合は日本でも、有料
動画配信サービス「フジテレビ On Demand」
によって、放送がされていない地域でも、視聴
可能になっています。

フジテレビ On Demand 「青い花」ページ

こちらは翌日午前10時からの配信開始というこ
とで、7時間半後ですか。視聴期間限定で、1話
で210円、全話で1575円という価格設定は、ど
うでしょう。一応全話パックで購入しました。
とりあえず、海外の多くの人達の方が、日本の
多くの人達よりも、早く安くネット配信で見られる
という、捩じれた状況ではありますね。もちろん
見られないよりはマシですけども。


short_g.gif


この、海外向けの同時配信の最大の目的のひと
つは、ファンサブや違法動画配信の抑制とされて
います。
今回「青い花」についても、また調べていますが、
ダウンロード・視聴している人の数の増減までは
わかりませんけど、ファンサブや違法動画の配信
は続いているのが現状だと思います。
いくつか、流通している非正規の動画をチェック
してみると、英語字幕は2種類以上確認出来て、
クランチロールが提供しているものではない、
ファンによる英語字幕、つまりファンサブ版が、
引き続き制作されているのがわかりました。
放送直後に、正規の英語字幕が提供されるの
に、何故わざわざ自前であらためて、英語字幕
を作るかというと、その正規版の翻訳に対する
不満が強くあるようです。自分達の方が、より
正しく忠実に日本語を翻訳出来るという主張を
したい人達がいるようなんですね。


わざわざファイルをダウンロードする必要のない、
動画配信の方は、相変わらず数が多過ぎて、全
体像は把握出来ません。
某大手の動画投稿サイトでは、日本で放送された
素材を基にした第1話の英語字幕付き違法動画の
視聴数が、そこだけで2万4000を超えていました。
クランチロールの方の、正確な正規視聴者数は
わかりませんが、経由して見ているだろう、紹介ペ
ージ
の閲覧者数が、現在1万7000くらいというこ
とは、違法な手段で「青い花」に接している人が、
まだずっと多いということだと想像します。
1週間は有料でないと視聴出来ないクランチロ
ール版、あるいはそのファンサブ版が、それぞれ
たくさん違法配信されているのは、以前にもお伝
えした「NARUTO-疾風伝」などと変わらない状況
ですね。


posted by mikikazu at 10:24 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

アニメエキスポ2009の、海外メディアによるニュース動画


どうやら多分大きな混乱もなく終了したらしい、
今年のアニメエキスポの様子を伝える、ニュース
動画を紹介してみたいと思います。動画なら、雰囲
気が直接伝わるでしょうし。
もちろんYouTubeとかに行けば、アマチュアの人
がアップしている動画は山ほどあるんですが、
ここではもう少し見やすく撮影・編集されたものを。


このアニメエキスポを外の一般メディアがどう伝え
ているとかというと、とりあえずクリップが2つほど
見つかりました。
ひとつは、NBCサンディエゴ局によるニュース映像。
張っていいみたいなので、置いときます。「ガンダム00」
がアニメの代表として、大きくフィーチャーされていま
すね。




それから、何故かニュージーランドのニュース
サイトですが、3 Newsによる、

"LA's Anime Expo takes place in the shadow
of Michael Jackson"


という記事からも、ニュース・クリップが見れます。
記事内の、"Watch Video"をクリックすると、再生
画面になります。あるいはこちらから直で。
こちらはちょっとからかい気味かもですね。
どちらもコスプレイヤーが取材の主体で、会場を見
渡すと、人気キャラの傾向とかわかるでしょうか。


公式といえば、アニメエキスポの公式ブログである
AXBackstageビデオコーナーが、音質・画質では
一番良好だろうと思います。
日本人ゲストの方へのインタビュー映像は独占取
材でしょうから貴重だとも思います。お答えは当然
全て日本語ですし。それぞれもっと長く見たかった
ですけど。


short_g.gif


アニメエキスポとは関係ないんですがオマケで、
イギリスのBBCラジオが、お台場の実物大ガンダ
ムと秋葉原についてレポートした番組も。
あ、ラジオですからこちらは音声だけです。

"BBC World Service Programmes - Digital Planet,
07/07/2009"


"Listen"をクリックすると、プレイヤーが起動します。
日本でのロボット技術やロボット観を伝える内容で、
ガンダムと秋葉原については、11:00〜19:10で紹
介されていました。
日本人がどんな風にロボットをその社会に受け入れ
ているのか、その理由と未来の可能性について解説
してくれていたんですけど、特に偏っていない、フェア
な説明だったと思います。
実物大ガンダムについてだけの、文章での記事もあり
ました。

BBC NEWS 7月8日付け記事
"Giant Gundam robot stalks Japan"

posted by mikikazu at 08:30 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

北米のアニメコンベンションから、ティーンエイジャーが姿を消しつつあるかもという話。


ニューヨーク州ビーコン発のポッドキャスト
「GeekNights」の、7月1日配信回のお題は、
"How to Fix Anime Conventions"というもので、
ホストのRymさんとScottさんの経験から見た、
アメリカのアニメコンベンションの問題点と、
その対策について論じる内容でした。
僕個人は、海外のアニメコンベンションに直接
足を運んだり出来る身分ではありませんので、こ
ういう風に、長年の経験者からの情報を聞ける
のは、とても助かります。アメリカは広いので、
このお2人の場合は、東海岸地域限定ですけど。


挙げられた問題点は、スケジュールや、参加者
の移動の流れを調整するためのプログラム配分、
ボランティア・スタッフの教育など、色々あったん
ですが、これまでの北米のアニメコンベンション
における、他の種類のコンベンションとは異なる特
徴として語られていたのが、参加者の年齢の低さ、
つまり18歳以下のティーンエイジャーの多さ、です。
彼らのほとんどは、アニメコンベンションが初めて
の、参加する大きなイベントであったり、旅行であ
ったりするので、大人の参加者なら起こさないよう
な余計なトラブルを起こしやすいというんですね。


アニメコンベンションが保育所代わりになっている
という、年長のアニメファンからの苦情みたいな
ものはよく目にしますし、数年前に無くなったある
イベントの中止理由が、運営スタッフ達が子供へ
の対応にうんざりしたからだ、という話が流れた
こともあります(真偽のほどはわかりません)。
それを受けて、「アニメコンベンションは18禁のイ
ベントにすべきだ」という意見もありました。
そうすると真面目な若いアニメファンが困ってしま
いますし、対処は難しいですよね。


short_g.gif


ところがその問題が、あるいは解決されつつあるの
かも、という話です。
皮肉なことですが、昨年から今年にかけて、アニメ
コンベンションの参加者の年齢層に大きな変化が起
きており、ティーンエイジャーの参加が、目に見えて
減ってきているそうなんですね。
この6年間で初めて、参加者の年齢層が各所で上
がり始めている、つまり若い子達が減りつつあると
いうのです。
これはきちんとした調査データがあるわけではなく、
あくまでRymさんの主観なんですが、長年たくさん
のアニメコンベンションに参加してきたRymさんの
意見は、ある程度参考にしていいと思います。


アメリカで、若いアニメファンが減りつつあるとしたら
その理由のひとつは、やはりテレビで放送されるア
ニメの数が、かつてよりずっと減っているからだろう、
というのがお2人の考えです。
90年代後半に北米でアニメの人気が出始めた時は、
Cartoon Networkが、子供の見られる夕方の時間
帯に多くの作品を放送してくれていて、それでアニメ
に目覚めたという人が多かったんですけど、そういう
機会が、もはや失われているんですね。
もちろん今では、かつてと違ってネット配信で、多く
のアニメがいつでも見られるようになっているんで
すが、子供にとっては、習慣性のあるテレビの方が、
影響力が大きいんでしょうか。


この変化が事実としたら、コアな年長のアニメファ
ンにとっては、とりあえず歓迎したくなることかもし
れません。
アニメ!アニメ!さん7月3日付け記事の中で、
企業出展が減り、ファン主体のイベントが増えて、
アニメエキスポが本来あるべき姿に戻りつつあるの
ではないか、というお話がありましたけれど、それに
加えて、年長のファンにとって邪魔でしかない子供
達の姿が会場から消えてくれるとしたら、さらに理
想的で、かつてのコアなファン達だけのアニメコン
ベンションに戻れる、というわけです。
もちろん、北米でアニメビジネスを展開している企業
さん達にしたら、親にトイやカードをねだってくれる
アニメ好きの子供が減るのは、かなり困るでしょうね。
アニメ本編と違って、トイやカードは違法ダウンロー
ド出来ませんから、影響はある筈です。
この件については、北米全体での傾向なのかどうか、
また詳しい調査を待ちたいです。


posted by mikikazu at 08:12 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

日本・海外の作家による百合・レズビアンコミックアンソロジー第6弾「Yuri Monogatari 6」


さっそくですが、アニメ!アニメ!さんが、
アニメエキスポについての現地レポートを
掲載してくれていますね。
モーニング娘。さん達のゲスト参加をメインに
伝える、一般メディアの記事ではネガティブな
ことは伝えないので、実際の状況がよくわかる
こういう記事は、とてもありがたいです。

アニメ!アニメ! 2009年7月3日付け記事
「北米アニメ不況の中で開催されたアニメ
 エキスポ2009」

かなり厳しい様子ですが、参加企業からの収
益が期待出来なくなると、入場料を値上げする
しかなくなるでしょうか。
でもそうすると、記事で伝えられているような、
イベントを支えるファン達の財布にも痛いことに
なるでしょうし、難しいですね。


short_g.gif


さて本題。
お馴染み、アメリカ・ニュージャージー州の百合
振興団体Yuricon(公式サイト)の出版部門である
ALC(AniLesboCon) Publishingが発行している、
日本と海外、つまり世界中の作家さんによる百合・
レズビアン漫画アンソロジーである、「Yuri Monogatari」
シリーズの、最新第6巻が届きました。というか、
代表のエリカ・フリードマンさんに贈っていただ
いたんですけどね。どうもありがとうございます。
前巻については、当ブログ2008年4月30日付
け記事
をご参考ください。


表紙絵は、前巻に引き続き、個人的なご贔屓作家
さんであるKristina Kohliさんが担当されています。
今回もキュートです。

表示画像(クリックで拡大)

YM6_frontcover.jpg


今巻も、日本でいう「百合漫画」のジャンルだけに
収まらないだろう、バラエティに富んだ、色々なタ
イプの、女性同士の物語が楽しめます。
あらためて、絵柄などが確認出来る、自サイトや
MySpace、deviantARTへのリンクと合わせて、
作品と作者さんを掲載順に紹介してみます。


"Grass"
"Make a Style"
(西UKO/日本
漫画同人サークル UKOZ(ユウコズ))

"40 Minutes"
(Maria Biegańska)

"Sakura Gun(London)"
(J.D.Glass/アメリカ・ニューヨーク MySpace)

"Cause x Play"
(Hope Donovan/アメリカ deviantART)

"Miho-chan's Memories"
(高嶋リカ/日本
あおぞらアート公式サイト)

"Jaded"
(Story:Cheryl Ingro/Art:SirKrozz
SirKrozz's deviantART)

"For the Girl Who Has Everything"
(Althea Keaton/アメリカ)

"Sinful"
(北条KOZ/日本
漫画同人サークル UKOZ(ユウコズ))

"Univited Guests"
(Jessie B)

"Simple"
(Sophia Kudo/アラブ首長国連邦
deviantART)

"Speak Love"
(Greyscaled)

"30th Christmas"
(蓼野絵理子名義――現・水月モニカ/日本
水月モニカのあなたに逢えてわたしになれた)


という方々・作品になっています。
普通のアンソロジーだと、カップルが結ばれたり
別れたりして終わり、というお話が多いかもです
が、今回は特に、結ばれたその後の状況を描く
お話が目立つような気がします。
"Grass"と"Make a Style"は、前巻で結ばれる
までが描かれた、EnomotoさんとShinozukaさん
のその後のお話ですし、"For the Girl Who Has
Everything"では、くっついたカップルの1年後、
2年後の様子が描かれます。
"Speak Love"では、同居に至ったものの、やがて
倦怠期に陥り、カウンセリングを受けるカップルが
主役で、"30th Christmas"だと、30年間の同居
を経た、65歳の女性が主人公です。
だから、結ばれてメデタシメデタシの恋愛ファンタ
ジーではなく、より生活というか、人生を感じるとも
言えて、興味深かったですね。
もちろんそれ以外の作品もそれぞれ個性的な作風・
絵柄で、読み応えがあると思います。


short_g.gif


今回もとてもお薦めの内容なのですが、残念なが
ら前巻までとは違い、この第6巻は、日本アマゾン
では、紹介はされているものの、現在取り寄せて
の輸入販売は扱っていないようです。
エリカさんにも問い合わせてみましたが、ALC側
からはどうにも出来ないということで、購入してみ
たい方は、在庫のあるアメリカAmazonからが、
ひとつの手段になります。
英語での注文手順になりますが、こういう本を読
みたい・読める人は、そもそも英語能力はそれな
りにあると思うので、その点は大丈夫ですよね?


また、Yuriconの代表であるエリカさん個人が、
直接販売・発送を受け付けてもくれるそうです。
エリカさんは日本語も解されますので、こちらは
日本語での問い合わせでも問題ありません。
価格は15.95ドルで、支払いは、日本円でも
International Money Order(国際郵便為替)
でも大丈夫とのことですが、後者の方がいいで
しょうね。
アメリカからの送料は、一冊で1300円くらいで、
到着には2週間程度かかります。
問い合せ先のメールアドレスは、
yuricon@gmail.com
まででお願いします。
とりあえず、宣伝のお手伝いでした。


"Yuri Monogatari 6"トレーラー




posted by mikikazu at 08:25 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

アニメエキスポ2009――北米でまだ正式発売されていない「らき☆すた」OVAが、Best Original Video Animation賞を受賞した、SPJA Industry Awardについて


個人的なプライオリティ判断によって、しばらく
お休みしていた、アニメ・マンガの海外情報です
が、今日からはまたメインで扱っていきたいと思
います。よろしくお願いします。


というわけでさっそく取り上げるのが、現在アメリ
カ・ロサンゼルスで開催中の、北米最大のアニメ
コンベンションであるアニメエキスポ Anime Expo
(7月2〜5日 公式サイト)での話題ですね。
日本からも参加している方が結構おられるようで
すが、日本語での詳しいリアルタイム・レポートは、
例えばKirameki Snow Sugarさんなどで読めま
すので、ぜひご参考に。
去年と大きく異なる状況は、この1年で急速に
普及した、さらに手軽なTwitterでのコメントが、
各所でたくさん読めることですね。追いかける方
は大変ですが(笑)。


short_g.gif


この、アニメエキスポの開催に合わせて発表さ
れたのが、運営するSPJA - The Society for
the Promotion of Japanese Animation(公式
サイト
)による、SPJA Industry Awardsです。

Anime News Network 7月3日付け記事
"SPJA Industry Award Winners Announced
at Anime Expo"


この賞には、Category 01の日本語声優から、
Category 23のBest Full Motion Video in
Video Gameまで、23のアニメ・マンガに関する
部門があるのですが、僕が気になったのは、
Category 12のBest Original Video Animation、
つまりOVA部門の受賞作なんですね。
この部門には、

「KITE LIBERATOR」(Media Blasters)
「BALDR FORCE EXE RESOLUTION」(FUNimation)
「らき☆すたOVA」(BANDAI Entertainment)

の3作品がノミネートされていて、受賞したのは、
「らき☆すたOVA」(北米公式サイト)になります。
でも、この作品、北米ではまだ正式に発売されて
いないんですね。
北米での正式発売日は、まだ1ヵ月先の、2009年
8月4日。これまでのテレビシリーズ版の仕様とは
異なり、英語吹替は残念ながら収録されず、定価
は14.98ドル、アメリカAmazonでの売価は10.99
ドルになっています。


このSPJA Industry Awardが選出されるまでの
経緯を説明すると、まず2009年の2月16日まで
の締め切りで、エントリーが受け付けられます。
(SPJA 公式サイト 2009年2月7日付け記事)

そして、SPJAによって、そのエントリーの中から選
ばれたそれぞれの部門での、三つごとの候補者/
作品が、5月4日付けで発表されました。
それらの候補から、最終的な受賞作を選ぶのは、
SPJAのサイト、あるいはアニメエキスポのサイトか
ら誰でもが投票出来る、公開投票の結果によります。
(5月4日付け記事)


なので北米のアニメ・マンガファンからの投票に
よって直接選ばれる、つまり彼ら間での人気を正
しく反映しているということを、売りにした賞なわけ
ですが、その候補に、投票が可能な時期に、北米
で正式発売されていない「らき☆すたOVA」が含ま
れているのは、正直解せません。
当たり前ですが、投票するためには、その作品を
見なくてはいけません。けれど、北米で正式発売
されていないのなら、それは(合法的な手段では)
まだ無理ですよね。
既に発売されている日本版のDVDを輸入するか、
テレビシリーズのファンだから、未見でも期待値
だけで投票するか、ということも考えられなくは
ありませんが、ぶっちゃけで言うと、見るとしたら、
ファンサブかRAWでの、違法視聴になると思います。


ここで、違法視聴云々について多く語ることはし
ませんが、正規のルートでの視聴手段がまだない
作品について、一般ファンからの支持投票を募る
ことは、実質的に、一般ファンへ違法視聴を推奨
しているのと、同じことでしょう。
北米で最大のアニメコンベンションを運営している
団体が、その名前を冠した賞で行うには、問題の
ある行為だと思います。以前から変わらないスタ
ンスではあるのですが。
BANDAI Entertainmentにとっての宣伝に
なるかというと、今回の北米版OVAは、正規版に
しかない特典のひとつになる筈の、英語吹替が
収録されていませんから、どうでしょうか。


参考記事
当ブログ2008年7月6日付け記事
「アニメエキスポ――2008 SPJA Awardの問題点」


posted by mikikazu at 10:49 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ポッドキャストNinja ConsultantのErinさんとNoahさんが、世界初の無重力結婚式


うちのブログでも何度かご紹介したことのある、
ニューヨーク発のポッドキャストNinja Consultant
のErinさんとNoahさんが、無重力結婚することは、
4月22日付けエピソード(第69回)で詳しく語られ
ていたので、事前に知ってはいたんですが、6月
20日に無事行われた、その式の模様について、
ロイター通信発で、日本語メディアでも多く伝え
られていました。
文章はどこも同じですが、写真は産経新聞の記
で、一番多く見られるようです。
Erinさんのウェディングドレスは、わざわざ日本
で購入した、ERI MATSUI/エリ松居デザインの
ものだそうですね。そのついでに、東京国際アニ
メフェアにも行かれたとのことです。
予算は、参加者1人に付き4950ドルだそうです
が(会社サイト)、安いでしょうかどうでしょうか。


・ロイター通信6月22日付け記事
「NYのカップル、『無重力結婚式』を挙げる」

毎日新聞

産経新聞

sorae.jp


僕個人は、お2人を祝福出来る立場ではありませ
んけど(結婚はお2人のプライベートなことなので)、
無事に済んだことにはほっとしました。

posted by mikikazu at 10:20 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

英語版「ガンダムSEED」「ガンダム00」「Black Lagoon」のボイスディレクターJames Corrigall氏インタビュー at Voiceprintポッドキャスト


お馴染みカナダ・バンクーバー発の、アニメ・カー
トゥーン声優のTrevor Devallさんによるポッドキャ
スト番組Voiceprintの最新エピソードである第21
回が、5月12日から配信開始されていました。
前回のエピソードからは、2ヶ月以上の間隔が空
いてしまいましたけど、Trevorさんはフランスに出
かけたりもしていたようですね。これからは、月イチ
くらいの更新ペースを目指したいとのことで、また
楽しみにしています。
バンクーバーの声優業界の景気も、あんまりぱっと
しないみたいで、業界を活性化するような次の大ヒ
ット作を待っている、という感じのようです。


いつものエピソードなら、ゲストはバンクーバーの
The Ocean Groupの作品で活躍している声優さ
んなのですが、今回のゲストは、Trevorさん言う
ところの、録音ブースの「ガラスの向こう側」にいる、
ボイスディレクターのJames Corrigallさん。
Jamesさんは、ミュージック・プロデューサーを目指
して、高校卒業後、音楽ビジネスと音響エンジニア
リングが学べる学校に進んだんだそうですが、そこ
でボランティアとして関わったカナダのバンドの酷
さに幻滅し、何をやっている会社なのかもよくわか
らずに(ジョークでしょうけど)、友人の紹介でThe
Ocean Groupを選んだ、とのことです。


1年間ほどの、エンジニア、ダイアログ・エディター
としての仕事を経て、初めてボイスディレクターの
肩書きを得たのが、先輩から途中で引き継いだ
「Monster Rancher(モンスターファーム)」でした
が、企画の最初から、きちんとディレクターとして関
わったのは、「ゾイド」になります。
「ゾイド」の収録2日目に、9.11が起きたそうです
から、正確な日付がわかりますね。


今回の番組の中で言及された代表作は、

「機動戦士Zガンダム」
「機動戦士ガンダムSEED」
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
「機動戦士ガンダム00」
「とっとこハム太郎」
「Black Lagoon」
「出ましたっ!パワパフガールズZ」
「NANA」

などになります。
このポッドキャストの前日に、「ガンダム00」の2nd
シーズン最終話が収録されたそうです。
カナダではガンダムシリーズの人気が高いので、
語られる話題や、リスナーからの質問も、ガンダム
関連のものがとても多かったですね。
Trevorさんも、今まで演じた中で最もクールなキャ
ラクターとして、「SEED」シリーズのムウ・ラ・フラガ
を挙げていました。


short_g.gif


手がけた作品の中でお気に入りはという質問に、
Jamesさんが迷わず即答したのが、「Black Lagoon」
でした(30分40秒〜)。
特に、レヴィ役のMaryke Hendrikseさんの演技を
絶賛していて、僕は英語版「Black Lagoon」は未見
ですからコメント出来る立場にはありませんけど、
知っている方なら、納得出来るのではと想像します。


一方で、収録が一番大変だったエピソードという質
問に対しては、キャラクターを創り上げなくてはなら
ない、全ての作品の第1話が大変だという真面目な
答えと合わせて、特に、「出ましたっ!パワパフガー
ルズZ」のお化け屋敷の話(たぶん第34話「お化けの
住む家!?」)を挙げていました。
とにかくこのお話は、PPGZの女の子3人が、叫び続
ける内容なので、収録する方も肉体的に大変だった
ということですね。歯医者さんのドリルをずっと頭の
中に突っ込まれている感じだったとか(笑)。
疲労困憊したエンジニアさんも収録後帰宅してから、
14時間もひたすら眠り続けたそうです。


ボイスディレクターとして、自分の仕事が報われた
と感じる瞬間は、という質問には、達成感―― sense
of completion という表現をされていました。
向こうの録音では、日本のアニメと違って、それぞ
れの声優さんのトラックを、個別に収録していきます
よね。
その台詞が、エピソードや作品全体の中で、どんな
流れの中にあるのか、ディレクターがきちんと把握
していないと、仕事は簡単に破綻してしまいます。
だからこそ、自分が思い浮かべていた全体の構想
の通りに、全てのボイストラックが上手く当てはまり、
ひとつの作品として完成した時の達成感は格別だ、
ということですね。


また実務的な苦労のひとつは、特に日本語の名前
の発音の処理になるようです。
英語の台詞の中で、日本語の名前を、オリジナルの
発音にどれだけ近づけるかの判断は、クライアントか
らの要求にもよるそうですが、やはり難しいとか。
Trevorさんも指摘していましたが、英語台詞での演
技の流れの中で、日本語名前の響きがどう調和する
のか、という問題もあるようですし。
逆に考えて、洋画の日本語吹替で、人物の名前だけ
オリジナルの英語発音(マイケルをマイクォーとか)に
近付けたら、不自然ですものね?


今回のエピソードは1時間半超えとかなり長いので
すが、アニメ英語吹替の現場で活躍している、声優
さんとディレクターさんという、プロフェッショナルの人
達だから語れる貴重なお話が満載で、アニメの英語
吹替に興味がある人なら、必聴だと思います。とって
もお薦めです。


posted by mikikazu at 11:22 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

アメリカ人マンガ家フェリーペ・スミスさん(「MBQ」「ピポチュー」)についての長文記事 at Anime News Network


うちでも何度か話題にしているアメリカ人マンガ家
Felipe Smith フェリーぺ・スミスさん(「MBQ -テ
イルズ・オブ・LA-」
「PEEPO CHOO ピポチュー」)
についての長文記事が、北米のアニメ・マンガ情
報サイトであるAnime News Networkに、9日付
けで掲載されていました。

Anime News Network 2009年5月9日付け
"The Gallery in Japan - Felipe Smith"

フェリーぺさんを紹介するものでは、最新で最も詳
しい記事のひとつだと思います。
他に、「MBQ」第1巻をアメリカで出版した時です
から、かなり古いですけれど、お薦めのインタビュ
ー記事としては、Manga Lifeのものも。

"Interview: Felipe Smith on MBQ and Manga"


short_g.gif


ANNの記事は、フェリーぺさんの生い立ちから、絵
を描くことへの目覚め、シカゴのアートスクールで
の生活、ロスへ移ってカラオケ屋でバイトしながら
コミック・アーティストを目指していた時の、マンガと
の出会い、TOKYOPOPの第3回Rising Stars of
Mangaコンテストでの注目、「MBQ」全3巻の出版
を経て、ついに日本の「モーニングツー」で「ピポチ
ュー」を連載している現在までの過程が、詳しく綴
られています。
あ、カラオケでのお気に入りの曲は、ガンズ&ロー
ゼズの「Welcome to the Jungle」なんて情報も
ありますね(笑)。日本のカラオケの洋楽セレクション
にも必ずある曲でしょうから、よかったです。


加えて、フェリーぺさんのエージェントである、「英語
で!アニメ・マンガ」
の、ceenaさんこと椎名ゆかり
さんとの出会いと、関わりについての記述もちゃん
とあるので、注目です。
椎名さんが日本からフェリーぺさんに送ったメール
への最初の反応は、誰が自分をからかおうとしてい
るのか考えること、だったそうですけど(笑)。
2007年のサンディエゴ・コミコンで、フェリーぺさん
と椎名さんはミーティングの機会を持ち、同席して
いたのが講談社のモーニングツーの編集者さんだっ
たというのが、「ピポチュー」第1巻の著者紹介の文
章にある、「運命的な出会い」の経緯ということにな
るようですね。


現在進行形である、「ピポチュー」連載の苦労の話
もたくさんあって、せっかくのMyspaceのブログが、
1年近く更新されていないのもわかる気がします。
宣伝ということを考えたら、ある程度更新した方が
いいんでしょうけれど、それどころではないんでしょ
うね。
「ピポチュー」連載においての一番の難しさは、
フェリーぺさんにとっては、異なる文化と言葉を
もつ人々である、他でもない日本人が、最初の読
者になることだと、フェリーぺさんは認めていて、
その辺の大変さというか試行錯誤みたいなものは、
僕も「ピポチュー」を読んでいて感じました。
だからこそ売り上げ冊数も含めて、日本人読者か
らの作品への反応を――それがどのようなもので
あれ――、フェリーぺさんはとても知りたがっている
ということなので、モーニング公式サイトなどから、
感想のコメントなりを伝えてあげると、フェリーぺさ
んもきっと喜ぶでしょうし、作品作りにも貢献すると
思いますので、よろしくお願いします。
そこ経由なら、日本語でも大丈夫でしょうし。


posted by mikikazu at 11:42 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

アメリカのYuri作品専門出版社ALC Publishing代表エリカ・フリードマンさんインタビュー at Anime Todayポッドキャスト


アメリカ・アイオワに拠点を置くオンラインストア
Right Stufが隔週で配信しているポッドキャスト
番組Anime Today最新エピソード第92回の、
業界人ゲストは、うちのブログではおなじみの、
百合振興団体Yuricon及びその出版部門ALC
Publishing
の代表であり、僕にとってはペンパル
である、Erica Friedman エリカ・フリードマンさん
でした。知らなかったのでビックリしました(笑)。


今回の出演は、アメリカでは既に発売されている
(アメリカAmazon)、日本・海外の作家さんによる
百合マンガ・アンソロジー最新第6弾「Yuri
Monogatari 6」のPRのためであり、Yuriconが
代表する北米の百合ファンダムの状況よりは、
ALC Publishingの歴史・業務解説が、話題のメ
インでした。

当ブログ2008年4月30日付け参考記事
「日本・海外の作家による百合・レズビアン
コミックアンソロジー『Yuri Monogatari 5』」


2000年のYuriconの設立に続き、2003年に立ち
上げられた、ALC Publishingの設立理由のひと
つである、ニューヨークでの高嶋リカさん(リカって
かんじ!?)とエリカさんの出会いに始まり、Yuri作
品出版の手順、作者さんとの交渉、本を作った後
のプロモーションの方針など、実際に北米の市場
――、それもとってもニッチな市場を対象に活動
されているエリカさんだからこそ語れるお話がた
くさん聴ける、充実の内容だと思います。
北米のマンガ市場に興味のある方には、「NARUTO」
のような大ベストセラーではなく、小さな小さな読
者層を対象にした作品を作り売るには、こういう
苦労が必要なのだとわかって、とても参考になる
でしょう。お薦めです。


その最新刊「Yuri Monogatari 6」なのですが、
日本Amazonでは作品ページこそ作られているも
のの、購入可能な状態にはまだなっていません。
法外な中古値段をマーケットプレイスでつけている
業者がいますが、相手にしない方がいいでしょう。
もう少しすれば、1600〜1700円くらいで入手可能
になる筈なので、リストアップされたら、またお伝え
します。
僕自身もまだ、現物には目を通してはいないので
すが、これまでの、巻を重ねるごとの、内容のクオ
リティ向上をみれば、この第6巻にも、大いに期待
出来ると思うので、楽しみにしています。
まあ、ぶっちゃけな話をすると、北米の出版不況の
せいもあって、ALC Publishingも色々大変みたい
なので、海外でのYuri・レズビアン作家の活動に
興味がある方には、ぜひ読んでいただきたいです。


・エリカさんにご提供いただいた、表紙画像

YM6_frontcover.jpg


ポッドキャストの中でも触れていた、新しいプロモ
ーションの試みが、宣伝のためのトレーラー動画です。
雰囲気が伝わるといいですけど……。




posted by mikikazu at 09:23 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker