2007年11月04日

パネル「アメリカのMANGA業界を語る」


もうそろそろ終了しているイベントですが、新た
にオープンした紀伊国屋書店のニューヨーク支
店で11月3日に開かれたのが、Del Reyのマン
ガ出版者達によるパネル「Your Career in
Manga」です。
これは、Del Reyのマンガ出版に関わっている
編集者や翻訳者が集い、アメリカでのマンガ
出版における彼らの経験や、どのような作品が
選ばれ、編集され、翻訳され、宣伝されていく
かという出版の過程、そしてマンガ業界で活動
するために必要なスキルについて語っていく、
というものです。
非常に興味あるパネルなので、詳しいレポート
をどこかに期待したいところです。


ソース・Anime New Network10月31日付け掲載
プレスリリース
「Del Rey Manga - Career Panel at Kinokuniya
NY on Saturday, November 3」

posted by mikikazu at 09:09 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリフォルニア州火事の被災者に、MANGA出版 社がマンガを寄付


10月21日に、カリフォルニア州ロサンゼルス北部
からサンディエゴかけて発生した、大規模な山火
事については、日本でも大きく報道されていると
思います。
アニメエキスポを主催するSPJA(the Society for
the Promotion of Japanese Animation)と、
カリフォルニアに本拠を置くマンガ出版社(Aurora
Publishing
Digital MangaGo! Comi
TOKYOPOPVIZ Media)は赤十字に協力し、
その被災者達に、各社のマンガを提供することを
発表しています。


避難所での生活に、少しでも気晴らしになれば、
ということですね。火事自体は、今日までにほぼ
鎮火されたようですけど、だからといってすぐに
帰宅出来るわけでもないでしょうし。
食物や飲料と違って残ってしまう物ではあります
が、気に入れば持って帰ればいいし、残れば地
域の図書館や学校に寄贈してもいいでしょうね。
この火事は、カリフォルニアの出版社やゲーム
会社にも影響を与えていて、住んでいる人には
もちろんですが、アメリカのエンターテインメン
ト業界の中心地だけに、色々大変なことになっ
たようです。


ソース・Active Anime10月25日付け掲載
プレスリリース
「SPJA AND INDUSTRY COMPANIES RALLY
TO AID CALIFORNIA WILDFIRE VICTIMS」

posted by mikikazu at 09:02 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

Yaoi-Conの「美少年オークション」レポート


えっと、フォローはしておかなくちゃという話で
すね。
10月19日付け記事で紹介した、やおい専門
コンベンションYaoi-Con内で開催の、bishonen
auction(美少年オークション)の模様が、やおい
/BL作品のニュース・レビューサイトYaoiSuki
で、写真入りでレポートされていました。
あ、先に言っておきますけれど、Yaoi-Con自体
が17歳以下は入場不可のイベントで、レポート
に掲載されている写真も、過激かどうかは個々
の判断ですが、男性が肌を多く露出する種類の
ものが含まれていることをお断りしておきますね。
お気をつけください。


「Bishounen Auction Photo Report」

Yaoi-Con公式サイト
http://www.yaoicon.com/


short_g.gif


件のプレスリリースで大きく告知されていた、
Digital Manga Publishingの社員である、
Ben君のお姿は、まず1枚目ですか。
……えっとその、「そう来たか」というくらいの
コメントでご勘弁ください。素足じゃなくて、ス
トッキング履いた方が良かったかもとは思いま
すけれど。せっかくなんですし(笑)。
キャプションによれば、彼の落札価格は270ド
ルだそうです。安いか高いか……。
Digital Manga PublishingのCEOでありな
がら、やおい作品は一切読まないと仰っていた
Hikaru Sasaharaさんはご存知なのかなー。


とりあえず写真を眺めていくだけでも、いい意味
でいかがわしい(笑)ながら、そうとうに盛り上が
った会場の雰囲気はなんとなくわかります。
落札価格が1000ドルを越えた「bishi-美少年」
も2人いたとか。
オークションに参加するわけではないのに集った
人達も多かったようですが、雰囲気を楽しみたい
という気持ちだったんだと想像します。
スキットや歌といったパフォーマンスは、ビデオ撮
影が禁止だったので、映像で見ることは無理そう
ですけれど……。
日本のやおいファンの方としては、日本でもこうい
うイベントには参加したいものなんでしょうか。
逆に男性向けに「美少女オークション」とかやった
ら、こういうご時世ですし、色々難しくなるんでしょ
うね。


posted by mikikazu at 12:12 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

北米オンラインストアでの、アニメDVD売り上げ・予約ランキング(10月下旬編)


というわけで、二週間に一度の企画ですが、北
米の各オンラインストアでの、アニメDVD売り上
げ・予約ランキングの、10月下旬分です。
前回は在庫がなくなる前の駆け込み買いが凄
かったジェネオンUSA作品は、だいぶ落ち着い
たみたいですね。


short_g.gif


アニメ専門ストア

AnimeNation
(10月22〜28日)

予約含む総合ランキング
1.「鴉 -KARAS-」
2.「ああっ女神さまっ それぞれの翼」第4巻
3.「Air」第3巻
4.「臣士魔法劇場リスキー☆セフティ BOX SET」
5.「プリンセスチュチュ Complete DVD Collection」


Right Stuf International
先週のTOP10ランキング(予約含む)

1.「ツバサクロニクル」第6巻
2.「ツバサクロニクル」第5巻
3.「スレイヤーズ NEXT Uncut BOX SET」
4.「スレイヤーズ TRY Uncut BOX SET」
5.「蟲師」第4巻
6.「蟲師」第5巻
7.「ウィッチブレイド」第2巻
8.「蟲師」第6巻
9.「ウィッチブレイド」第4巻
10.「蟲師」第3巻


The Anime Corner Store

1.「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第11巻
2.「Ergo Proxy」第1〜6巻セット
3.「ローゼンメイデン〜トロイメント」第1巻
4.「天上天下 Complete Collection」
5.「鴉 -KARAS-」
6.「N・H・Kにようこそ!」第1巻


Anime Castle
(予約含む)

1.「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第11巻
2.「ああっ女神さまっ それぞれの翼」第4巻
3.「涼宮ハルヒの憂鬱」第4巻通常版
4.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
5.「ゼノサーガ THE ANIMATION」第2巻


buyDVD

1.「Bleach DVD Box Set 1」
2.「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第11巻
3.「Fate/Stay Night」第5巻
4.「Hellsing Ultimate」第3巻通常版
5.「009-1」第3巻
6.「Fate/Stay Night」第6巻通常版
7.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
8.「魔法戦士リウイ Box Set (Thinpak)」
9.「エルフェンリート Box Set (Thinpak)」
10.「ぱにぽにだっしゅ!」第6巻


short_g.gif

一般DVDストアのANIMEコーナー

DVD Empire

売り上げランキング
1.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 3」
2.「イノセンス」
3.「Bleach DVD Box Set 1」
4.「Bleach」第6巻
5.「鴉 -KARAS-」
6.「バジリスク 甲賀忍法帖 Box Set」
7.「神無月の巫女 Box Set」
8.「Hellsing Ultimate」第3巻通常版
9.「.hack//Roots」第4巻
10.「となりのトトロ」


予約ランキング
1.「パプリカ」
2.「エウレカセブン」第10巻
3.「ああっ女神さまっ それぞれの翼」第4巻
4.「鋼の錬金術師 Box Set 2」
5.「ウィッチブレイド」第2巻
6.「涼宮ハルヒの憂鬱」第4巻限定版
7.「デ・ジ・キャラットにょ」第4巻
8.「ピーチガール」第6巻
9.「シムーン」第1巻
10.「ゼノサーガ THE ANIMATION」第2巻


VIDEO Universe

1.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 3」
2.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
3.「鴉 -KARAS-」
4.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 1」
5.「009-1」第3巻
6.「Hellsing Ultimate」第3巻通常版
7.「ラストエグザイル Complete Series」
8.「頭文字D Second Stage Box Set」
9.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 2」
10.「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
  The Laughing Man」


DVD Pacific

総合チャートで「涼宮ハルヒの憂鬱」第3巻限定
版が7位。
予約チャートで、「涼宮ハルヒの憂鬱」第4巻限定
版が7位。


<参考データ>
AnimeOnDVDフォーラムでのアンケート
「10月17日発売作品で購入するのは?」

1.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
2.「彩雲国物語」第2巻
3.「涼風」第4巻
4.「009-1」第3巻
5.「ジパング」第7巻
6.「岩窟王 Box Set」
6.「Hellsing Ultimate」第3巻通常版
8.「キャッツアイ」第3巻
8.「キャッツアイ」第4巻
10.「イノセントヴィーナス」第2巻限定版


short_g.gif


という感じです。
今期元気がいいのは、

「鴉 -KARAS-」
「Hellsing Ultimate」第3巻
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第11巻
「ああっ女神さまっ それぞれの翼」第4巻
「009-1」第3巻

などですか。
「Hellsing Ultimate」第3巻が、第2巻の時と
違って、それほど圧倒的ではないのは、ほと
んどのショップで早々に、「Backordered」(在
庫切れでメーカーからの入荷待ち)の状態に
なってしまっているようですから、プレス数自
体がそもそも少なかったんでしょうか。他のジ
ェネオンUSA作品もそうみたいですけど。


いよいよ来期は、大物中の大物「涼宮ハルヒの
憂鬱」第4巻(11月6日発売)が登場しますけれ
ど、英語版「God knows...」の評判も含めて、
また色々と話題になりそうです。


posted by mikikazu at 08:13 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

英語版小説「吸血鬼ハンターD」翻訳者Kevin Leahy氏インタビュー


村上春樹さんや吉本ばななさんのような文学系は
別の話になりますけど、現在アメリカで最も売れて
いる、日本人作家によるエンターテインメント小説
のひとつは、Dark Horse PressとDigital Manga
が共同出版している、菊地秀行さんの「吸血鬼ハ
ンターD」シリーズになると思います。
MANGAのジャンルに入れられてしまうことが多い
ですが、小説作品にもかかわらず、チャートの上位
で目にすることが多いです。
アメリカでの出版は、2005年5月に始まって以降
順調に巻を重ねており、今年11月には第8作(巻
数では9巻目)「The Rose Princess」(D-薔薇姫)
が発売になる予定です。
その英語版「吸血鬼ハンターD」の翻訳者である
Kevin Leahyさんへのインタビューが、Sequential
Tart
に10月22日付けで掲載されていました。

「The Man Who Brought Vampire Hunter D
to English Readers」

(英語読者に「吸血鬼ハンターD」をもたらした男)


short_g.gif


インタビューに基づき、Leahyさんのプロフィール
と合わせて、「D」英語版出版の経緯をざっとまと
めてみますね。
ボストン出身のLeahyさんは、この17年間日本で
教師を勤めるかたわら、翻訳・通訳の仕事もこな
しているという方です。
「D」に初めて触れたのは、大学時代に友人から
アニメの1作目を見せられた時。英語字幕も吹替
もありませんでしたが、すぐに夢中になってしまい
ました。
数年後、JETプログラムによって、英語教師として
日本を訪れた時、たまたま入った古書店で、「D」
の小説を見つけてしまいます。内容を完全に理解
するほど日本語が上達するには数年を要してしま
いましたが、日本語勉強のテキストとしても、大い
に役立ったようです。


さらにその5年後、2作目のアニメ(英題「Vampire
Hunter D: Bloodlust」)公開時のイベントで、
Leahyさんは作者の菊地秀行さんと出会う機会が
ありました。
この作品はアメリカで先行上映される予定でした
から、質疑応答セッションの際、それとタイアップ
した形で、小説の英語版を出版する予定があるか
どうか、Leahyさんは菊地さんに訊ねます。
実は密かに、自身で手がけた翻訳を提供する期
待もあったようですが、その時は既に、翻訳の企
画が別に進行中だったようです。
けれど、その企画はどうやら頓挫し、今度は菊地
さんの方からLeahyさんに、彼の翻訳で出版社を
探してみようという申し出がありました。
そしてさらにさらに数年後(2005年ということです
ね)、やっとDark Horse PressとDigital Manga
からの出版が決まったわけです。
Leahyさんが「D」の英語翻訳を始めてから出版
にこぎつけるまでに、実に10年の歳月を必要とし
たのですね。「D」ファンとしては、素直にご苦労
様でした、と言いたいです。


Leahyさんが現在翻訳しているのは、日本では
第7作「D-北海魔行(上下巻)」と第8作「D-薔
薇姫」の間に刊行された、別巻扱いの短編集
「Dark Nocturne」(D-昏い夜想曲)。
加えて現時点で、続く四部作(蒼白き堕天使)と二
部作(D-双影の騎士)を翻訳する契約が済んでお
り、その作業には2年を費やすことになるだろう、
とのことです。
Leahyさんの翻訳ペースは、4か月で一冊くらい。
教師の仕事もありますので、翻訳に割けるのは
1日に数時間。その時間で英語で百行、日本語
で6ページの作業を日課としているそうです。
あ、それと天野喜孝さんの「D」イラストで一番の
お気に入りは、第2作「風立ちて"D"」の、日本
版だとP167にある、Dがコーヒーを飲んでいるも
のだとか。自分でコーヒーを飲むたびに思い出す
そうです。


アメリカでの小説「D」の成功については、90年代
から続いている、アニメ版の影響をLeahyさんも
認めています。
これから増えていくだろう、アニメ・マンガ化され
た日本のライトノベルの英語出版も、上手にそれ
ぞれのメディアで相互影響を及ぼしていけばいい
んですけど。
アニメ版が向こうではかなりの人気の、英語版が
先月発売された原作小説「フルメタル・パニック!」
はどうだったでしょうか。
こちらのレビューでは、「the novelization of
the manga series(マンガ作品の小説版)」なん
て書かれちゃってましたけど(逆ですー)。


posted by mikikazu at 08:11 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

アニメコンベンションの参加者は増えているのに、アニメDVDの売り上げが落ちている理由は――Dub Reviewメンバーによる会話


9月24日付け記事でお伝えしたように、北米で
発売されるアニメの英語吹替をメインの話題に
しているサイトDub Reviewに、「アメリカのアニ
メコンベンションの数・参加者は増え続けている、
つまりアニメファンは増えているのに、アニメDVD
の売り上げの方は、逆にここ数年落ちてきてい
るのは何故でしょう」という質問のメールを送って
いたんですね。
昨日配信開始された、Dub Reviewメンバーによる
ポッドキャストVoxCast第37回の中で、その質問
が取り上げられ、3人のメンバーそれぞれによる
考えが述べられていました。ありがとうございます。


今回こちらのサイトさんにコメントをお願いした
のは、メンバーさん達はよくコンベンションに足
を運んでいる様子だし、そこで接触した声優さん
や業界の方にもインタビューをたくさん行ってい
るので、一般のファンよりも、より広い知識に基
づく見解が得られるだろうと思ったからです。
今回のエピソードに参加しているメンバーのお
名前と所在地はそれぞれ、Mark Abersoldさん
(ワシントン州シアトル)、Dale Abersoldさん(ワ
シントン州オリンピア)、Nathan Thorellさん(ノ
ースダコタ州)になります。だから収録は、スカイ
プによって行われたと思います。
以下、こちらからの質問に対する返答部分(8分
38秒〜16分57秒)を、「日本の人達に説明してほ
しい」ということで許可を得て、翻訳してみますね。
例によってペースの速い会話ですから、直訳でなく
大意くらいでよろしくです。


short_g.gif


Dale
「まず断っておきたいけど、僕達はアメリカでのア
ニメDVDセールスについて、正確な数字を把握し
ているわけじゃない。今年は何枚売れて、過去と
比べて増えているのか減っているのかといったこ
とや、各会社の利益や損失なんかまでは。
だからこれから述べていくことは、あくまでアニメ
会社や、そこに関わっている人達が取っている行
動を観察して感じたものに過ぎないんだ。
これでディスクレイマーになったかな?」

Mark
「十分だね。いま明確になっている事実のひとつ
は、ジェネオンUSAが北米でのアニメDVD販売から
撤退するということ。最後の作品が出るのは……」

Dale
「11月6日まで、だったかな。それ以降に予定さ
れていた作品のリリースは、全てキャンセルされ
たようだよ」

Mark
「だから、ジェネオンUSAが保有していた作品の北
米での権利が、今後宙に浮くことになる。まあ、他
の会社が引き受けてくれる作品も多いだろうね」

Nathan
「もうひとつ言える動きは、例えばMedia Blasters
などは、どんどんとアニメDVDに英語吹替トラックを
収録しなくなってきていること。最近はかなりの数の
作品が、英語字幕オンリーで発売されているよね。
大抵は、購買層がとても限られている種類の作品み
たいだけど」

Mark
「一方で、アニメコンベンションの参加者の数が増
え続けているというのも事実だ。僕達の地元の
Sakura-Conも、毎年どんどん規模を拡大し続けて
いるし、その勢いが衰えそうな気配はまったくない」

Dale
「僕が初めてSakura-Conに行った時、参加者は千
人にも満たない数だった。それが今では、1万人を
優に越えている。去年は1万2千人とか、1万5千人
とかいう話だったね」

Mark
「アニメDVDのセールスが、全体で落ち込んでいる
かどうかについては断言出来ないけれど、違法視聴
行為が大きな問題であるとは、はっきりと指摘出来る。
それが少なくとも、アニメ業界の人達とネットを通し
て交流したり、イベントで直接会話して得た感触だよ。
違法ダウンロードは、本来ある筈だったセールスの
可能性を奪ってしまっている。タダで見られるのに、
どうして30ドルもDVDに払わなくちゃいけないんだ?
と考える人達を生んでしまっているんだ。
そのせいで、アニメ業界が追いつめられてしまって
いるのが現状だ。
AnimeVegasでジョナサン・クラインと話した時に
かなりわかったけど、今ではどこの会社も、利益を
生むのが難しい状態になってきている。また一方で、
ライセンス料も高いものだしね」

Dale
「人件費もそうだよ。北米での人件費が下がったな
んて話は聞いたことが無いし、下げるための唯一の
方法は、全然違う場所で働き手を得ること――つま
りアジアだ」

Nathan
「違法視聴の話をするときりがないけど、Oni-Conで
ワタナベシンイチ監督がこの件について発言してい
たよね。僕が知る限り、日本のクリエイターがこの問
題について喋ったのは、初めてだと思う。
この件に関するスレッドで読んだけれど、アメリカの
エンターテインメント市場でアニメが占める割合は
2%程度に過ぎないのに、違法ダウンロードされる
ファイル全体でアニメが占めている割合は、55〜65%
にも達しているとか。アニメ市場の小ささを考えたら、
事実だとすると、とんでもない話だよ」

Dale
「アニメの違法ダウンロードの歴史自体は、そんな
に古いものではないよね。僕がアニメを始めて知っ
た頃は、まだダウンロードされているのは音楽だけ
で、ナップスターがものすごい人気だった。
2000〜2002年頃になると、IRCやBittorrentが
使われるようになってくるわけだけど、それまでの
ファンサブは、ビデオテープで配布されていた」

Mark
「大変な仕事だっただろうね」

Dale
「ああ。テープを買って、送って……。VHSテープに
アニメをダビングするのにもとても時間がかかった
んじゃないかな」

Mark
「でも今では、日本で放送された数時間後にはネッ
トにアップされているから、手に入れるのも容易に
なった。だから『DVDをわざわざ買うなんて馬鹿の
すること』みたいに考えるようになってしまった。
ただダウンロードすればいいじゃないかって」

Dale
「けど、アニメDVDが売れなくなってしまうと、
一番最初に困るのは、僕達のような英語吹替の
ファンだよね」

Mark
「その通りさ。会社がコストを削減しようとする
時に、最初に目を付けるのは吹替予算だからね。
ジェネオンUSAが実際に示してくれたけど、5年前
なら、ジェネオンもBang Zoom!やNew Generation
Picturesのような高品質の英語吹替を制作してく
れるスタジオにまかせてくれていた。けれど去年
くらいから、もっと安く仕上がるシンガポールの
会社(Odex)に外注してしまうようになった。
品質を無視しても、そうやってコストを下げるしか
なかったんだ」

Dale
「(必ずDVDを購入してくれる)吹替ファンは、アニ
メ会社にとって最上のお得意様の筈なんだけどね。
字幕だけで満足出来る人達と違って、僕達はファン
サブで済ませばいい、というわけにはいかないから。
ファンダブというのもあるけど……、ネットで出回っ
ているのは、最悪のプロの仕事よりもひどい出来の
ものばかりだ」

Mark
「結論としては……DVDの売り上げが落ち続けて、
あるいは少なくともファンの増加に比例するくらい
に増えてくれず、北米のアニメ会社が、思うような
利益を得られない状況が続くと、第2、第3のジェ
ネオンUSAが生まれるだろうね」



short_g.gif


という感じです。
DVDを必ず買ってくれる、というか手に入れないと
楽しめない吹替ファンが、アニメ会社側のコスト削
減における、一番最初の被害者になってしまうと
いう皮肉な状況が、個人的には発見でした。


後半では、「RED GARDEN」のレビューもしてくれて
いるのですが、作品のファンとしては、Daleさんに
よる、「アメリカを舞台にしたアニメで初めて、そし
て唯一の、見ていて『それはおかしいんじゃないか』
とアメリカ人の立場から一度も言わずに済んだ、正
確な描写の作品」という評価に安心しました。
「カレイドスター」なんかは、北米では描写のおかし
さゆえに、かなり評価を下げていましたし。


posted by mikikazu at 08:52 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

マレーシアでの日本マンガ売り上げランキング(2007年8月〜10月期)


一昨日はフランスだったので、今日はマレーシア
です。脈絡などはないのでありますっ。


マレーシアの英字紙The Starの電子版The Star
Online
では、定期的に日本マンガ・アニメに関す
るニュースを扱っていて、書籍ページ内にある
OtakuZoneというコーナーが、その中心になって
いるようです。
このコーナーでは毎週、マレーシア紀伊國屋書
店クアラルンプール店、Borders Bookstoreマ
レーシア店などでの、日本マンガの売り上げラン
キングを掲載してくれています。
ご存知のように、マレーシアは当局の取締りが
厳しくなった香港に代わり、東南アジアにおける
海賊版ソフトの主要生産地になっていると言わ
れていますが、これらのランキングは、お店の性
格を考えれば、正規版ソフト・出版物の売り上げ
ランキングとみなしていいと思います。
思うだけで、実際に現地で調査したわけではな
いですから、断言は出来ませんが、世界のどこ
でも、紀伊國屋書店が海賊版コミックを売った
りはしないでしょうし。


マレーシアにおけるコンテンツ産業の実態につ
いては、ジェトロ(日本貿易振興機構)が今年3
月に出した調査レポート、「東南アジア3カ国
におけるコンテンツ市場の実態(タイ、シンガ
ポール、マレーシア)」
が参考になるでしょう。


以下、ここ3ヵ月ほどのマンガ売り上げランキ
ングを掲載してみますね。海賊版ではマレー語
のものもあるようですが、ここにランクインして
いるのは、ほとんどが英語版だと思います。
一応ほぼ全作品で、正規の英語版出版は確認
出来ました。


short_g.gif


8月6〜12日

1.「NARUTO」第15巻
2.「xxxHolic」第9巻
3.「プリティフェイス」第1巻
4.「Tactics」第2巻
5.「幻獣の星座」第4巻
6.「月のしっぽ」第6巻
7.「紅色HERO」第6巻
8.「ゴン」第1巻
9.「悩殺ジャンキー」第3巻
10.「I’S」第14巻
(マレーシア紀伊國屋書店・クアラルンプ
ール店)


8月13〜19日

1.「キングダムハーツII」第1巻
2.「千年の雪」第2巻
3.「よつばと!」第4巻
4.「LOVE RECIPE」第1巻
5.「Guilty Pleasures」
6.「フルーツバスケットUncovered」
7.「魔法先生ネギま!」第14巻
8.「xxxHolic」第9巻
9.「Fables: Sons of Empire」第9巻
10. 「Bleach」第19巻
(Borders Bookstoreマレーシア店)


8月20〜26日

1.「フルーツバスケット」第17巻
2.「かりん」第5巻
3.「夢幻スパイラル」第2巻
4.「闇の末裔」第11巻
5.「アイシールド21」第15巻
6.「千年の雪」第1巻
7.「その手をどけろ」第8巻
8.「バジリスク」第5巻
9.「銃夢」第8巻
10.「BLAME!」第9巻
(マレーシア紀伊國屋書店・クアラルンプ
ール店)


8月27日〜9月2日

1.「千年の雪」第2巻
2.「桜蘭高校ホスト部」第9巻
3.「YEBISUセレブリティーズ」第1巻
4.「絶対彼氏。」第4巻
5.「xxxHolic」第9巻
6.「Black Cat」第9巻
7.「花ざかりの君たちへ」第19巻
8.「ゴッド チャイルド」第6巻
9.「エア・ギア」第1巻
10.「Black Cat」第2巻
(Borders Bookstoreマレーシア店)


9月3〜9日

1.「魔法先生ネギま!」第15巻
2.「神無-KANNA-」第1巻
3.「Rave Master」第25巻
4.「しゅごキャラ!」第2巻
5.「四季使い」第1巻
6.「夜ニモマケズ!」第1巻
7.「+ANIMA」第5巻
8.「SOS」
9.「ブギーポップ・リターンズ」
10.「Aoi House」第2巻
(マレーシア紀伊國屋書店・クアラルンプ
ール店)


9月10〜16日

1.「DEATH NOTE」第12巻
2.「キングダムハーツ チェインオブメモリーズ」
 第2巻
3.「絶対彼氏。」第4巻
4.「鋼の錬金術師」第14巻
5.「桜蘭高校ホスト部」第9巻
6.「遊戯王 Duelist」第22巻
7.「ラブレス」第6巻
8.「スキップ・ビート!」第8巻
9. 「花ざかりの君たちへ」第19巻
10.「xxxHolic」第19巻
(Borders Bookstoreマレーシア店)


9月17〜23日

1.「チェリージュース」第1巻
2.「クロスロード」第6巻
3.「かりん」第3巻
4.「Mar」第15巻
5.「ゆららの月」第2巻
6.「ゆめゆめ煌々堂」第1巻
7.「よつばと!」第4巻
8.「アンネ フリークス」第4巻
9.「アルカナ」第1巻
10.「Aegis」第3巻
(マレーシア紀伊國屋書店・クアラルンプ
ール店)


9月24〜30日

1.「NARUTO」第16巻
2.「DEATH NOTE」第12巻
3.「フルーツバスケット」第17巻
4.「キングダムハーツII」第1巻
5.「キングダムハーツ チェインオブメモリーズ」
 第2巻
6.「トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars
 嘆きの星」
7.「桜蘭高校ホスト部」第9巻
8.「ツバサ・キャラクターガイド」
9.「ラブレス」第6巻
10.「魔法先生ネギま!」第15巻
(Borders Bookstoreマレーシア店)


10月8〜14日

1.「ブレイブ・ストーリー」第2巻
2.「100% Perfect Girl」第2巻
3.「ホイッスル!」第15巻
4.「スキップ・ビート!」第8巻
5.「戦国月夜」第2巻
6.「神風」第6巻
7.「魔砲使い黒姫」第1巻
8.「ヤマトナデシコ七変化」第13巻
9.「幻想水滸伝 III」第8巻
10.「KAMUI」第1巻
(マレーシア紀伊國屋書店・クアラルンプ
ール店)


10月15〜21日

1.「キングムハーツII」第1巻
2.「DEATH NOTE」第1巻
3.「フルーツバスケット・ファンブック猫」
4.「桜蘭高校ホスト部」第1巻
5.「キングダムハーツ」第1巻
6.「桜蘭高校ホスト部」第9巻
7.「絶対彼氏。」第4巻
8.「Pokemon Mystery Dungeon」
9.「DEATH NOTE」第7巻
10.「DEATH NOTE」第12巻


short_g.gif


という感じです。
「NARUTO」「鋼の錬金術師」「DEATH NOTE」
など、世界のどこでも売れているお馴染みの作品
も当然ありますが、目立つのは少女マンガが、か
なり強いことでしょうか。詳しくないですが、BL系
の作品もあるような。
あと、日本マンガではない作品もちらほらあって、
特に、以前にテーマソングを紹介したこともある
「Aoi House」の名前にはちょっと驚きました。
この作品、本国アメリカのセールス・チャートでは
ほとんど姿を見かけたことがなかったので、心配
してたんです。



posted by mikikazu at 09:16 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

Illumitoon社も、北米でのアニメDVD販売から撤退か?


公式な発表があったという話では、まだないですが。
Anime News Networkが10月26日付けで報じ
て話題になっているのが、昨年テキサス州フォート
ワースに設立されたアニメ流通会社Illumitoon
Entertainment(公式サイト)から発売予定だった全
アニメ作品のDVDが、オンラインストアRight Stuff
の発売リストから、そろって消された、というニュー
スですね。
具体的なタイトルは、

「B'tX」第3〜5巻
「冒険王ビィト」第2〜5巻
「ボボボーボ・ボーボボ」第2〜8巻
「Get Ride! アムドライバー」第1〜3巻

になります。
Illumitoonの作品のリリースが滞っていて、オフィ
シャルな声明も見当たらず、どうなっているの?
という質問は、先月末にも、Anime Nationのフォー
ラム
で、ジョン・オブリガーさんにされていました。
ジョンさんも、Illumitoonが当初組んでいた販売
会社(Westlake Entertainmentか)との関係が
切れていること、現在・今後のリリース状況につい
て、Anime Nation側からも確認が出来ないことを
伝えていました。


そういった混乱を受けての、今回のニュースだっ
たわけですが、先日のジェネオンUSAによるアニ
メDVD販売撤退の時と全く違い、各所フォーラム
で読める北米のアニメファンの反応はいたって
冷静で、「撤退は当然」「今までかかった方がお
かしい」という、辛辣な反応がほとんどだと思い
ます。
これは、IllumitoonによるアニメDVDは、その
最初から大きな問題を抱えており、とても北米のア
ニメファンから支持されていたとは評価出来ない
状況だったからです。作品ラインナップ以前の、
商品としてのクオリティの問題ですね。


センスのないジャケット・デザインや不親切過ぎ
る再生システムに加えて、最も大きく批判された
のが、「Dubtitles」と揶揄された英語字幕です。
「B'tX」「冒険王ビィト」「ボボボーボ・ボーボボ」
といった作品の第1巻は、どれも日本語/英語
音声・英語字幕といった、スタンダードなフォー
マットで発売されたのですけれど、その英語字
幕は、日本語音声の翻訳ではなく、吹替された
英語音声の、そのまま書き写しだったんですね。
聴覚障害者向けの、いわゆるクローズド・キャプ
ションの字幕に近い体裁です。
せっかくの英語字幕が、日本語台詞の意味を伝
えていないのでは、字幕の意味がないということ
で、ファンからの批判がIllumitoonに殺到し、
結果として、新たに字幕を差し替えたバージョン
のDVDとの交換に応じる事態にまでなっています。
立ち上げたばかりの新会社における、一番最初
の商品でのこのトラブルは、その経営に暗雲を感
じさせていました。
その後も、ずっと調査しているオンラインストアで
のアニメDVD売り上げランキングで、Illumitoon
の作品を見かけたことは、一度もなかったと思い
ます。


そういう経緯がありますので、Illumitoonの状況
は、北米のアニメ市場全体の不振だけを理由に
するわけにはいかないでしょう。
とりあえず、公式な発表を待ちたいです。


short_g.gif


去る者がいれば、新たに現れる者もいるというこ
とで、10月24日付けで、新規に設立されたアニメ
ライセンス会社New Galaxy Anime(公式サイト)
からのプレスリリースが配信されています。

「A New Galaxy is Born」
(Anime News Network掲載)



カリフォルニア北部のハンボルドに拠点を置いて
いるというこの新会社New Galaxy Animeから
のリリースが予定されている最初の、そして現時
点では唯一の作品が、手塚治虫原作の劇場作品
「ユニコ」(81年)ですね。
サンリオ製作によるこの「ユニコ」は、アメリカで
も「The Fantastic Adventures of Unico」の
タイトルでビデオが当時発売されていて、それな
りの評価がされています。今回のニュースを受けて、
「ユニコ」は自分が初めて見たANIMEだった、とい
う声もいくつか目にしました。
だから、テレビ放映されていた「Voltron」ほどで
はないにしても、ある程度のノスタルジックな購買
層は見込めるかもしれませんね。
今後、New Galaxy Animeは家族向き、特に少
女アニメ作品に力を入れてリリースしていきたいそ
うですから、お手並み拝見といきたいです。


posted by mikikazu at 09:19 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

フランスでの日本マンガ売り上げランキング(2007年9〜10月期)


昨日が北米だったので、今日はフランスです。
アメリカ・アリゾナ南部に在住のDirk Deppey
さんによるコミック情報ブログJournalista10月
18日付け記事
内で紹介されていたのが、
BdZoomというサイトによる、フランスでの日本
マンガ売り上げランキング(2007年9〜10月期)

です(Google翻訳)。
僕はもちろんフランス語は全然ダメなので、機
械翻訳頼りなのですが。
とりあえず、ここで紹介されているTOP15リス
トは、

1.「NARUTO」第31巻
2.「鋼の錬金術師」第14巻
3.「DEATH NOTE」第6巻
4.「DEATH NOTE」第5巻
5.「ベルセルク」第18巻
6.「SAMURAI DEEPER KYO」第36巻
7.「NARUTO」第30巻
8.「ONE PIECE」第39巻
9.「SAMURAI DEEPER KYO」第34巻
10.「GetBackers-奪還屋-」第23巻
11.「はじめの一歩」第1巻
12.「NARUTO」第1巻
13.「Dofus」第6巻(フランス製MMORPG
マンガ版ということでいいでしょうか)
14.「花ざかりの君たちへ」第14巻
15.「NARUTO」第29巻


という感じになっています。
それにしても「NARUTO」は、世界全体での
出版部数を合計したら、何冊になるんでしょ
うね。作者さんへの印税とかも。


short_g.gif


記事内では、いくつかの作品の、巻ごとの平均
刷り出し部数も伝えていて、

「DEATH NOTE」……11万5千冊
「鋼の錬金術師」……7万冊
「SAMURAI DEEPER KYO」……6万冊
「はじめの一歩」……3万6千冊
「ベルセルク」……3万冊(シリーズ総計で
 43万冊)
「花ざかりの君たちへ」……1万4千冊


という数字が読めます。


short_g.gif


これらの日本マンガが、フランスの書籍市場全
体の中で、どれだけの位置を占めているのかに
ついては、いつもお世話になっているかざみあ
きらさんのサイト「白い空」の、9月2日付け記事
で紹介されていた、こちらのサイトの週間チャー
が参考になると思います。
これはフランス国内での、書籍全体の売り上げ
チャートということですが、最新の、10月15〜
21日付け週間チャートでは、

第2位「NARUTO」第32巻
第20位「NANA」第17巻
第24位「DEATH NOTE」第6巻
第49位「SAMURAI DEEPER KYO」第35巻
第57位「NARUTO」第31巻
第69位「xxxHolic」第10巻
第71位「666〜サタン〜」第13巻
第79位「エア・ギア」第6巻


という作品が、100位までに見つかります。
「NARUTO」第31巻は、このチャートで1位に
なった
とのことですが、続く第32巻(公式発売
日10月19日)は、少なくとも初登場週は第2
位のようですね。書籍全体の中ですから、そ
れでも、とんでもなくスゴイことです。


posted by mikikazu at 09:00 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

北米オンラインストアでの、マンガ売り上げランキング(10月下旬編)


というわけで恒例の、北米オンラインストアに
おける、マンガ作品の売り上げランキング10月
下旬編です。
以下、各ストアのトップセラー・リストになります。


short_g.gif


・アメリカAmazon

1.「DARK HUNGER」(Christine Feehan)
2.「NARUTO」第24巻
3.「NARUTO」第23巻
4.「NARUTO」第22巻
5.「Warriors: The Lost Warrior」
 (Erin Hunter&Dan Jolley・ストーリー
 /James Barry・絵)
6.「ヴァンパイア騎士」第3巻
7.「The Best of Pokemon Adventures:Yellow:
 Yellow (Best of Pokémon Adventures)」
8.「NARUTO」第20巻
9.「ベルセルク」第19巻
10.「攻殻機動隊 1.5」


・Barnes & Noble

1.「ヴァンパイア騎士」第3巻
2.「DARK HUNGER」(Christine Feehan)
3.「NARUTO」第22巻
4.「Warriors: The Lost Warrior」
5.「NARUTO」第23巻
6.「NARUTO」第24巻
7.「スキップ・ビート! 」第9巻
8.「Naruto the Movie Ani-Manga: 大活劇!
 雪姫忍法帖だってばよ!! 」
9.「NARUTO」第20巻
10.「フルーツバスケット」第17巻


・Books-A-Million

1.「NARUTO」第18巻
2.「NARUTO」第17巻
3.「NARUTO」第16巻
4.「NARUTO」第14巻
5.「NARUTO」第15巻
6.「NARUTO」第1巻
7.「NARUTO」第13巻
8.「フルーツバスケット」第17巻
9.「Bleach」第20巻
10.「フルーツバスケット」第16巻


・Chapters Indigo
(カナダ)

1.「ヴァンパイア騎士」第3巻
2.「Bleach」第21巻
3.「NARUTO」第19巻
4.「NARUTO」第20巻
5.「NARUTO」第21巻
6.「DEATH NOTE」第1巻
7.「フルーツバスケット」第17巻
8.「DEATH NOTE」第2巻
9.「ヴァンパイア騎士」第1巻
10.「よつばと!」第5巻


・AnimeNation

1.メガミマガジン2007年10月号
2.メガミマガジン2007年11月号
3.FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY POTION
4.「ああっ女神さまっ」第27巻
5.「NARUTO オフィシャルファンブック」


・Right Stuf

1.「魔法先生ネギま!」第17巻
2.「魔法先生ネギま!」第18巻
3.「ツバサ」第16巻
4.「xxxHOLiC」第11巻
5.「ツバサ」第17巻
6.「スクールランブル」第8巻
7.「スクールランブル」第9巻
8.「ツバサ」第15巻
9.「魔法先生ネギま!」第16巻
10.「げんしけん」第9巻


・Anime Castle

1.「NARUTO」第19巻
2.「NARUTO」第21巻
3.「NARUTO」第20巻
4.「ヴァンパイア騎士」第3巻
5.「SHONEN JUMP」11月号


short_g.gif


という感じです。
「NARUTO」は相変わらずの勢いですが、それに
対抗するくらいの勢いで、「ヴァンパイア騎士」
第3巻が売れているのが目立ちます。
僕は全然知らない作品なので、コメント出来ない
のが申し訳ないですけど。すみません。
Right Stufは今期、Del Rey作品の価格33%
引きセールスを行っていたので、こういう結果に
なりました。
Del Rey作品でいえば、日本ではベストセラーで
あるにもかかわらず、北米でのセールスについて
は芳しくない話しか聞かず、このチャートにも姿
を見せていないマンガとして気になっているのが、
「のだめカンタービレ」だったりします。今月は第11
巻が発売されるようですから、刊行が打ち切られ
ないくらいには売れている、とは思えます。
面白いのは確かですけど、読むのに、マンガとい
う表現形式に対する、それなりの練熟が必要な作
品だとは、以前にも述べた記憶があります。
上手くいっていたら、「DEATH NOTE」と同様に、
テレビアニメ・実写作品とのミックスメディア展開
も北米で可能なんですが。



posted by mikikazu at 07:55 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

「ウィッチブレイド」第1位について、補足


既に読まれた方もいると思いますが、「ウィッチ
ブレイド」第1巻が全米アニメDVDランキングで
第1位になった件について一度記事をアップした
のですが、GDHからのプレスリリースを基に、
「アニメ!アニメ!」さんが記事を書かれていた
ので、当方の記事は削除しました。
けれど、その後ICv2が追加記事を掲載し、アメ
リカでの発売元FUNimationに問い合わせたと
ころ、GDHのプレスリリースにあるような、「今年
発売されたアニメーション作品の発売初週の売
上本数でも1位となりました」という記述は正しくな
く、実際にはFUNimationから発売されている
「アフロサムライ」や「ドラゴンボールZ UNCUT
BOX SET」の方が、発売初週の売り上げでは、
「ウィッチブレイド」を上回っていた、とのことです。
「アフロサムライ」は単巻ですし、「ドラゴンボール
Z」は再発リマスターBOXセットなので、新作「シリ
ーズ」のデビュー週としては、「ウィッチブレイド」
が1位となる、ということのようですね。
取り急ぎ、修正でした。

posted by mikikazu at 11:37 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

Wiiゲームソフト「NARUTO: Clash of Ninja Revolution」発売を記念して、ニューヨークでラーメン大食い大会開催


Nintendo World Reportが10月22日付けで
紹介していた、プレスリリース転載記事、

「MLE Sponsors Naruto Ramen Eating Contest」

で知りましたが、北米では昨日23日に発売と
なった、Wii用新作ゲームソフト「NARUTO: Clash
of Ninja Revolution」を記念して、10月27日
に、ニューヨークのロックフェラー・センターにある
任天堂ワールドストア内で、「World Ramen
Noodle Eating Championship」が開催される、
とのことです。ラーメンは英語で、「Ramen
Noodle」になるんですね。


僕は詳しくないんですけれど、このイベントは、
アメリカで各種の大食い大会を運営している、
MLE-Major League Eating(公式サイト 
サイト内「NARUTO」ページ
)なる団体の協力
によるもので、有名大食い選手達がこぞって
参加するようです。優勝賞金は5000ドル。
一般からの参加は出来ませんが、大会自体
は公開されるようですね。


「NARUTO」といえばラーメン、という認識はア
メリカにも当然伝わっていて、ニューヨーク在
住のタレント・兵藤ゆきさんによる朝日新聞連
載のエッセイの一編、「ラーメンヌードル」(07年
3月9日)
でも触れられていました。
だから、ラーメン大食い大会もおかしくはない
んでしょうけれど、「ラーメンの食し方の伝統に
従って」、参加選手達にはお箸の使用が義務
付けられているそうですから、不慣れな人には
かなり不利な条件ですよね。ハーバード卒の、
「お箸の達人」という人もいますが。どういう基準
をクリアしたら、「達人(specialist)」になるんで
しょう……。
とりあえず、盛り上がるといいですね。



posted by mikikazu at 10:04 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

アニメファンサブに対するワタナベシンイチ監督のコメント at Oni-Con(テキサス州ヒューストン)


アメリカのアニメ声優であるGreg Ayresさんが、
アニメファンサブ・海賊版について、各地のコ
ンベンションで問題提起していく活動を行って
いることは、以前にも少し紹介しました(当ブロ
8月28日付け記事)。
先週末(10月19〜21日)に、テキサス州ヒュー
ストンで開催されていたOni-Con(公式サイト)
にも、Ayresさんは土曜の午後1時から、
「Anime Bootleg」と題したパネルを予定し
ていたんですね。
そこにスペシャル・ゲストとして参加してくれた
のが、「ヤマトナデシコ七変化♥」(英語題「The
Wallflower」)のプロモーションのためにコ
ンベンションを訪れていた、ワタナベシンイチ
監督でした。
監督は、同時間に別室で、サイン会のスケジ
ュールが入っていたようですが、Ayresさんが
こういう大事なパネルを行っていることを知る
と、その時間を短縮し、わざわざ駆けつけてく
れたようです。
このパネルでの、アニメファンサブ、違法ダウ
ンロードに対するワタナベシンイチ監督のコメ
ントを伝える動画が、ニュースサイトActive
Anime
で、監督の許可を得て、さっそく公開さ
れていました。


「SHINICHI WATANABE’S THOUGHTS ON
ANIME PIRACY」



監督の発言は全てマイクを通した日本語なので、
英語がわからない方でも、大丈夫だと思います。
Ayresさんも感謝していたように、日本のアニメ・
クリエイターが、アニメファンサブについて、しか
もアメリカのファンに対して直接その意見を伝え
てくれる機会は本当に稀ですから、とても貴重な
ものだと思います。
発言の内容も、まさに正論中の正論、アニメで
生計を立てているクリエイターなら当然言う権
利があることばかりで、溜飲が下がりました。
1人でも多くの人に見て欲しいですね。


見れば多分わかるんですけど、一応、各クリッ
プのタイトルを並べておくと、

1.「紹介・自分の作品をダウンロードするファ
 ンについてどう思うか」(6分37秒)

2.「ファンサブに対する考え」(2分53秒)

3.「違法行為に対して、日本のクリエイター達
 はどう感じているか」(52秒)

4.「監督個人に対しての、違法ダウンロードの
 影響は」(1分59秒)

5.「アメリカ国内での違法ダウンロード状況に
 ついて、監督の意見は」(1分17秒)

6.「違法ダウンロードをやめさせる方法は・締め」
 (3分45秒) 

ということになっています。
多分、もうしばらくしたら、監督のコメントに対
するアメリカのファンの反応みたいなものもた
くさん出てくると思いますので、そちらも注視し
たいですね。



posted by mikikazu at 07:51 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

2007年度版・米国図書館協会による10代向け推薦グラフィックノベルに、日本マンガ8作が追加ノミネート


ALA-American Library Association(米国図
書館協会)の青少年部門――Young Adult
Library Services Association
(ヤングアダル
ト図書館サービス協会)による、本年度の、
アメリカのティーンにふさわしいグラフィック
ノベルのリストについての続報です(Precocious
Curmudgeon
経由)。


5月12日付け記事の時点では、まだ6作品
だった、日本マンガ(日本人作家さんによる、
日本で出版されているマンガ作品と定義し
ます)ですが、秋になって、さらに8作品が
ノミネートに追加されていました。
フィクション部門に、9月4日付けで追加され
ていた日本マンガと、それ以前のノミネート
作品リストを掲載しておきます。


short_g.gif

・新規ノミネート

「CANON」第1巻
(潮見知佳 DC Comics / CMX)
「いばらの王」第1巻
(岩原祐二 TOKYOPOP)
「TRAIN+TRAIN」第1〜2巻
(ストーリー・倉田英之/画・たくま朋正 Go! Comi)
「怪物王女」第1巻
(光永康則 Del Rey)
「ラブ★コン」第1巻
(中原アヤ VIZ Media)
「トランスルーセント 彼女は半透明」第1巻
(岡本一広 Dark Horse Comics)
「蟲師」第1巻
(漆原友紀 Del Rey)
「月とサンダル」
(よしながふみ Digital Manga Publishing)

・続刊が追加

「放課後保健室」第4巻
(水城せとな Go Comi!)
「エマ」第3〜4巻
(森薫 DC Comics / CMX)


・以前からのノミネート

「ヴァンパイア騎士」第1巻
(樋野まつり Viz Media)
「夢幻スパイラル」第1巻
(草凪みずほ TOKYOPOP)
「放課後保健室」第1〜3巻
(水城せとな Go Comi!)
「エマ」第1〜2巻
(森薫 DC Comics / CMX)
「西の善き魔女」第1巻
(桃川春日子 荻原規子 TOKYOPOP)
「結界師」
(田辺イエロウ Viz Media)


short_g.gif


ということで、グラフィックノベル・フィクション
部門のノミネート55作品のうち、日本マンガ
がこれで14作品になります。
全作品を読んだことがあるわけではないので、
内容的にバランスが取れているか、といった
判断は出来ませんが、出版社的にはそれなり
に気をつかった割り振りがされているような気
もします。やおい・百合系作品は、ティーン向け
リストなので当然入りません。
昨年は、トップ10に日本マンガからは「DEATH
NOTE」が選出されたわけですけど、今年有力
そうな候補はどの作品になるでしょう。
セールスということでいえば、一番売れていそ
うなのは、「ヴァンパイア騎士」のようですけど。


short_g.gif


そうそう、百合作品での、この種の賞ノミネート
でいうと、エリカ・フリードマンさんの百合作品
専門出版社ALC Publishingからの百合作品
アンソロジー「Yuri Monogatari 3(百合物語3)」
が、LGBT文学作品を支援するLambda Literary
Foundation
による、第19回Lambda Literary
Awardsのアンソロジー部門にノミネートされて
いた、という話もありました(フリードマンさんの
ブログOkazuの9月14日付け記事より)。
百合作品は、やおい作品と比較すると、まだま
だ北米での市場が小さいわけですが、拡大の
可能性は別にしても、こういった賞でのノミネー
トが、単なるポルノグラフィーではないとする、
物語作品としての認知向上に貢献してくれるで
しょうか。


posted by mikikazu at 10:39 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

やおい専門コンベンションYaoi-Conで、美少年オークションが開催


17日付で、各ニュースサイトにプレスリリースが
配信されて話題になっているのが、やおい専門
コンベンションYaoi-Conで開催される、bishonen
auction(美少年オークション)です。

Active Anime掲載のプレスリリース

「BUY YOUR VERY OWN DMP EMPLOYEE AT
YAOI CON 2007」

(Yaoi-Con2007で、あなたのためだけのDMP
従業員を買ってください)

Yaoi-Con公式サイト

http://www.yaoicon.com/

Yaoi-Conは、2001年にアメリカで初めて開か
れたやおい専門のコンベンションで、今年で7回
目になります。
年を重ねるごとに大会規模・参加者は拡大を続け
(初年度参加者・350人 昨年度参加者・1500人)、
北米でのやおい人気の牽引役を務めています。
今年は、カリフォルニア州サンマテオのMarriott
San Mateo-San Francisco空港ホテルで、10月
26〜28日にかけて行われる予定で、日本からも
漫画家の沖麻実也さん、小説家の川原つばささ
んがゲストで参加されるそうですね。


short_g.gif


美少年オークションは土曜の夜に開催される人
気イベントで、その目的はコンベンション運営の
ための資金集めということになっています。
あ、家庭内暴力問題に対処するための非営利
団体National Coalition Against Domestic
Violence
を支援するための、ちゃんとしたチャリ
ティー・オークションというのも、Yaoi-Con内で
は開催されていますから、念のため。


オークションに出品される「美少年」は、一般か
ら参加を募るわけですが、今回のプレスリリー
スが特別に伝えているのは、その美少年の1人
が、Yaoi-Conの協賛会社であるDigital Manga
Publishingの社員である、Ben君なる人だとい
うことですね。
ボランティア参加に応じてくれた(あるいは応じ
させられた――かも)Ben君は、彼のエメラル
ド色の瞳に合うという、Dream Shoppe提供に
よる花柄の和ロリ衣装で着飾られる予定です。
社員ですから、年齢的には少年というわけで
はないでしょうけれど、そういう衣装が似合う
のなら、わりに華奢な感じの美少年君だった
りするんでしょうか。
そして落札者は、彼とその後の夜を共に過ご
す権利を得られると共に、その衣装や、外国
人向けの日本オタクツアーを企画している
Pop Japan Travelによる、Fujoshi Paradise
Yaoi Tour
(腐女子パラダイスやおいツアー)
で使える100ドルのギフト券がもらえるとのこと
ですね。


日本のやおいイベントで、こういう催しがよく
行われているかどうかは僕は知りませんけれ
ど、場が盛り上がるのならいいと思います。
とりあえず、Yaoi-Con参加そのものが初めて
だというBen君、頑張ってください。
というかマンガ出版社に入って、こんなことま
ですることになるとは、夢にも思ってなかった
でしょうけど(笑)。



posted by mikikazu at 08:02 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

MANGAやANIME以外で、好きな日本文化は?


何度かご紹介してますけど、アメリカのアニメ・
マンガ情報サイト・フォーラムのtheOtaku.com
では、いつも興味深い意識調査をファンに対し
て行ってくれています。
現在進行中のアンケートのお題は、

「What aspect of Japanese culture do you
like the most besides manga and anime?」

(マンガやアニメ以外で、日本文化のどんな部
分が一番好きですか?)

というもの。
コメント欄によると、かなり多くの人が、「1つ
だけには絞れない」と困ってはいたようですが、
ともあれ現時点までに寄せられた投票の結果
(279票)は以下になります。


short_g.gif


音楽(伝統音楽・J-POP・Hip-Hop・J-Rockなど)
……63(23%)

衣服(着物・モダン・ロリータなど)
……52(19%)

食べ物(米・寿司・おにぎり・ラーメン・味噌汁など)
……46(16%)

歴史(古代・中世・封建時代・明治時代など)
……32(11%)

武道(空手・柔道・剣道など)
……28(10%)

伝統芸術(書道・絵画・舞踊・生け花など)
……18(6%)

宗教(神道・仏教・道教など)
……14(5%)

礼儀作法(お箸の使い方・お辞儀・結婚式など)
……7(3%)

実写作品(映画・テレビドラマなど)
……7(3%)

それ以外
……8(3%)

アニメとマンガ以外にはない
……4(1%)


short_g.gif


という感じになります。
挙げられた例で、ラーメンとか仏教とかは、も
ちろん日本出自のものではありませんけれど、
日本文化に大きな影響を与え、その一部とし
て根付いているものには間違いないので、入
れておいたという注釈があります。
ともあれマンガ・アニメを通して、色々な日本
文化の側面に興味を抱いてくれていることが
わかります。というか、ある程度それらについ
ての知識がないと、理解出来ない作品もある
わけですし。
例えば向こうでもヒットした「るろうに剣心」など
は、歴史的にみて作中の描写が完全に正確か
どうかは別にしても、幕末から明治期における
日本の歴史についての関心を引き寄せるという
意味では、大きな役割を果たしたと思います。
あくまでエンターテインメントと踏まえた上で、
では実際の歴史はどうだったかと調べてくれる
ようになれば理想的ですが。


音楽(いわゆるJ-POPを指している人がほとん
どのようです)が1位なのは、アニメに近いポッ
プカルチャーだから当然とはいえ、ビジネス的
にはほとんど展開が進んでいないのが実情だ
ったりします。
T.M.RevolutionやL'Arc~en~Cielを擁して
頑張っていたTofu Recordsも、今は開店休業
中のようですし……。
J-POPは正規の輸入盤だと、とんでもなく高い
値段になってしまうので、安価な海賊盤CDが
コンベンションなどでは横行しているという残
念な話も、よく耳にするところです。


posted by mikikazu at 08:46 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

北米オンラインストアでの、アニメDVD売り上げ・予約ランキング(10月上旬編)


いつものレポートの前に、アメリカでのアニメ
DVDセールスについての、他の情報を。
ビルボードのTop Kid Video部門の先週チャ
ートに、「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set
Season 3」(9月18日発売)が、第4位で初登
場していました。
そして今週のチャートには、「Voltron: Defender
Of The Universe Collection Four」(9月25
日発売)が第8位にランクイン、「ドラゴンボールZ
Season 3」は第10位となっていました。
「ドラゴンボールZ」の「Season 2」は、このチャ
ートで初登場1位でしたから、順位としては少し
下げましたけど、チャート常連である「Voltron」
と共に、アメリカでのセールスは、引き続きかな
り好調のようです。
初巻から続いているこの人気が、両者共に動き
が最近具体化しつつある、実写版映画の企画
を、データとして後押ししている部分もあるんで
しょうね。


short_g.gif


上記のビルボードのチャートが、一般市場全体
のセールスを反映したものだとしたら、以下紹
介するオンラインストアでの数字は、よりアメリ
カのアニメファンの嗜好に絞られたものになる
と思います。
というわけで、二週間に一度の企画ですが、北
米の各オンラインストアでの、アニメDVD売り上
げ・予約ランキングの、10月上旬分です。


short_g.gif


アニメ専門ストア

AnimeNation
(10月1〜7日)

予約含む総合ランキング
1.「Fate/Stay Night」第6巻通常版
2.「臣士魔法劇場リスキー☆セフティ BOX SET」
3.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
4.「Fate/Stay Night」第6巻限定版
5.「Fate/Stay Night」第5巻


Right Stuf International
先週のTOP10ランキング(予約含む)

1.「Air」第4巻
2.「プリンセスチュチュ DVD Collection」
3.「ああっ女神さまっ それぞれの翼」第4巻
4.「Air」第3巻
5.劇場版「Air」
6.「N・H・Kにようこそ!」第2巻限定版
7.「シュヴァリエ~Le Chevalier D'Eon~」第6巻
8.「シュヴァリエ~Le Chevalier D'Eon~」第5巻
9.「N・H・Kにようこそ!」第1巻限定版
10.「Air」第2巻限定版


The Anime Corner Store

1.「Ergo Proxy」第6巻
2.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
3.「N・H・Kにようこそ!」第1巻
4.「天上天下 Complete Collection」
5.「ぱにぽにだっしゅ!」第6巻
6.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 3」


Anime Castle

1.「Fate/Stay Night」第6巻通常版
2.「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第3巻
3.「Fate/Stay Night」第6巻限定版
4.「Ergo Proxy」第6巻
5.「パンプキン・シザーズ」第1巻


buyDVD

1.「Fate/Stay Night」第6巻通常版
2.「Hellsing Ultimate」第3巻通常版
3.「ぱにぽにだっしゅ!」第6巻
4.「Bleach DVD Box Set 1」
5.「Hellsing Ultimate」第3巻限定版
6.「テニスの王子様 DVD Box Set 3」
7.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 3」
8.「彩雲国物語」第2巻
9.「鋼の錬金術師 DVD Box Set 1」
10.「Fate/Stay Night」第5巻


short_g.gif

一般DVDストアのANIMEコーナー

DVD Empire

売り上げランキング
1.「Fate/Stay Night」第6巻通常版
2.「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
  The Laughing Man」
3.「妄想代理人 Complete Collection Box Set」
4.「かりん」第3巻
5.「千と千尋の神隠し」
6.「かみちゅ!」第4巻
7.「テイルズ・オブ・ファンタジア」
8.「Fate/Stay Night」第5巻
9.「ウィッチブレイド」第1巻
10.「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第10巻


予約ランキング
1.「鴉 -KARAS-」
2.「涼風」第4巻
3.「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第11巻
4.「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第3巻
5.「彩雲国物語」第2巻
6.「NARUTO」第17巻
7.「岩窟王 Complete Box Set」
8.「ウィッチブレイド」第2巻
9.「爆裂天使 -天使再臨- 」
10.「NARUTO」第18巻


VIDEO Universe

1.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 3」
2.「NARUTO UNCUT BOX SET」第4巻
3.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 2」
4.「Air」第2巻
5.「ドラゴンボールZ Uncut DVD Set Season 1」
6.「この醜くも美しい世界 Complete Collection」
7.「NARUTO UNCUT BOX SET」第3巻
8.「獣兵衛忍風帖『龍宝玉篇』Ultimate Collection」
9.「ファイナルファンタジー: Unlimited - Complete
 Collection」
10.「ちょびっツ Complete Series」


DVD Pacific

総合チャートで「涼宮ハルヒの憂鬱」第3巻限定
版が6位。
予約チャートで、「涼宮ハルヒの憂鬱」第4巻限定
版が15位、「Hellsing Ultimate」第3巻限定
版が19位。


short_g.gif


という感じです。
今期はどこのショップさんも、アニメDVD販売
からの撤退が決まったジェネオンUSAのタイト
ルへの対応で大混乱しているようですね。
チャートに入ってはいても、もう在庫無し、そし
て当然再入荷も無しという作品がかなりありま
す。こういう形で話題になるのは残念ですけど
……。
中でも、「Fate/Stay Night」第6巻の人気は
ずば抜けていますが、今日(10月16日)発売の
「Hellsing Ultimate」第3巻が、おそらくジェ
ネオンUSAの、最後の大花火になるでしょうか。


short_g.gif

★お帰りなさい&安心しました。
今後も焦らずに、マイペースで更新してくれ
たらと思います。
「アイドルマスター XENOGLOSSIA」の続きは
こちらでも見たいのですけど、もう少し手間が
かかりそうです。すみません。
「マリア様がみてる」の原作小説の続きも、
実は手元にあるのですが……。

posted by mikikazu at 09:21 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

各国語のファンサブは、どれくらいの時間で配布されているか――アニメ秋新番での調査


アニメ秋新番ラッシュもそろそろ終了でしょうか。
この新番期には、当然活動が活発になる、海外
のファンサブ状況について毎回調査しています。
そこで今回は、よく「日本での放送後、すぐに海
外でファンサブが作られる」といわれる、その
「すぐに」が、具体的にどれくらいなのか、データ
を作成してみますね。
調査対象は、秋新番より「D.C.II 〜ダ・カーポ
II〜」(10月1日放送)から、「獣神演武」(10月7
日放送)までの23本。
日本で一番早い局での放送時刻と、各国語の
ファンサブ・ファイルが確認された時刻を併記
していきます。時刻は記載のあるもの以外、
全て日本時間です。
宣伝にするつもりはないので、制作グループの
名前は出しません。


short_g.gif


「D.C.II 〜ダ・カーポII〜」
(10月1日/24:00)
英語――10月4日?(アメリカ現地時間)
スペイン語――10月8日22時30分

「BAMBOO BLADE」
(10月1日/25:30)
中国語――10月2日12時05分
英語――10月10日07時00分

「スケッチブック 〜full color's〜」
(10月1日/26:00)
中国語――10月2日14時40分

「逆境無頼カイジ」
(10月2日/24:59)
英語――10月6日08時00分
中国語――10月7日23時00分

「魔人探偵脳噛ネウロ」
(10月2日/25:29)
中国語――10月4日06時05分
ドイツ語――10月8日23時00分

「素敵探偵ラビリンス」
(10月2日/25:30)
中国語――10月5日13時00分

「ナイトウィザード The ANIMATION」
(10月2日/26:00)
中国語――10月4日6時20分
英語――10月5日10時15分

「BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜」
(10月2日/26:00)
中国語――10月4日2時45分
英語――10月7日13時10分

「Myself ; Yourself」
(10月2日/26:15)
中国語――10月4日2時45分
英語――10月5日3時30分

「もっけ」
(10月2日/26:43)
中国語――10月6日1時00分
英語――10月9日8時30分

「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」
(10月3日/25:50)
英語――10月5日14時30分
中国語――10月5日17時00分

「ご愁傷さま二ノ宮くん」
(10月3日/27:13)
英語――10月8日10時30分

「逮捕しちゃうぞ フルスロットル」
(10月4日/25:25)
中国語――10月5日17時00分
英語――10月7日3時30分

「灼眼のシャナII」
(10月4日/25:25)
中国語――10月5日13時00分
英語――10月8日17時00分

「CLANNAD -クラナド-」
(10月4日/25:55)
中国語――10月5日10時00分
英語――10月5日20時30分
スペイン語――10月6日22時10分

「しゅごキャラ!」
(10月6日/09:30)
中国語――10月7日4時00分
英語――10月10日12時30分

「機動戦士ガンダムOO」
(10月6日/18:30)
中国語――10月7日4時00分
英語――10月8日4時30分
スペイン語――10月8日18時30分

「ef - a tale of memories」
(10月6日/25:35)
中国語――10月7日13時00分

「キミキス pure rouge」
(10月6日/26:55)
中国語――10月7日17時00分
英語――10月9日18時00分

「レンタルマギカ」
(10月7日/24:00)
中国語――10月9日5時00分
英語――10月9日11時30分

「プリズム・アーク」
(10月7日/24:30)
中国語――10月8日19時00分

「みなみけ」
(10月7日/25:30)
中国語――10月8日18時00分

「獣神演武」
(10月7日/26:30)
中国語――10月9日4時00分


short_g.gif


という感じです。
これだけあっという間に、翻訳された違法ファ
イルが全世界にばら撒かれてしまう状況がわ
かると思います。最速は、中国語版「CLANNAD -
クラナド-」の8時間ですか。
「白い空」のかざみあきらさんも、「涼宮ハルヒ
の憂鬱」公式サイト閲覧者へのアンケート結果
への感想
で述べておられましたが、「ファンサ
ブを見た人数分の利益を制作者がキチンと享
受できるような仕組みを作らなければいけな
い」というご意見に、これだけの量を見せつけ
られると、心情的には頷いてしまいます。
具体的な方法論となると、かなり難しい、という
か不可能に近いのが現実なんでしょうけど……。
その昔、ファンサブを合法化しようと動いてい
た会社
もあったんですけど、やはりというか、
姿を消してしまったようです。



posted by mikikazu at 09:46 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

北米オンラインストアでの、日本マンガ売り上げランキング(10月上旬編)


まず先に、9月6日付け記事の続報です。
カナダのYTVで、9月7日から開始予定だっ
た「DEATH NOTE」の放送が突然キャンセ
ルされたという話だったんですが、この情報
の出元であるZannen, Canadaが、10月8
日付けであらためて伝えている記事によると、
どうやら中止ではなく、10月26日に延期とい
うことになりそうです(Anime News Network
経由)。
延期の理由は不明ですが、10月20日から
Adult Swimで始まる予定の、アメリカでの
放送との兼ね合いでしょうか?
ともあれ、カナダにしてもアメリカにしても、
例のベルギーの事件のために放送自粛とか、
そういう動きはなさそうなのでひと安心です。


short_g.gif


では恒例の、北米オンラインストアにおける、
日本マンガの売り上げランキング10月上旬
編です。
Naruto Nationも2ヶ月めに入り、今月は
第19・20・21巻が一斉に発売されているわ
けですが、既刊と合わせて、どれだけチャー
トを占領しているでしょうか。
以下、各ストアのトップセラー・リストになり
ます。


short_g.gif


・アメリカAmazon

1.「DARK HUNGER」(Christine Feehan)
2.「NARUTO」第21巻
3.「NARUTO」第20巻
4.「ヴァンパイア騎士」第3巻
5.「NARUTO」第19巻
6.「藍より青し」第17巻
7.「Making Comics: Storytelling Secrets
 of Comics, Manga, and Graphic Novels」
 (Scott Mccloud)
8.「Bleach」第21巻
9.「NARUTO」第16巻
10.「ベルセルク」第19巻


・Barnes & Noble

1.「DARK HUNGER」(Christine Feehan)
2.「ヴァンパイア騎士」第3巻
3.「NARUTO」第20巻
4.「ファインダーの隻翼」 (やまねあやの)
5.「NARUTO」第21巻
6.「Warriors: The Lost Warrior」
 (Erin Hunter&Dan Jolley・ストーリー
 /James Barry・絵)
7.「NARUTO」第19巻
8.「フルーツバスケット」第17巻
9.「NARUTO」第14巻
10.「フルーツバスケット」第16巻


・Books-A-Million

1.「NARUTO」第18巻
2.「NARUTO」第17巻
3.「NARUTO」第16巻
4.「NARUTO」第15巻
5.「フルーツバスケット」第17巻
6.「NARUTO」第14巻
7.「NARUTO」第13巻
8.「NARUTO」第1巻
9.「フルーツバスケット」第16巻
10.「Bleach」第20巻


・Chapters Indigo
(カナダ)

1.「Bleach」第21巻
2.「NARUTO」第19巻
3.「NARUTO」第20巻
4.「NARUTO」第21巻
5.「フルーツバスケット」第17巻
6.「DEATH NOTE」第2巻
7.「DEATH NOTE」第1巻
8.「NARUTO」第17巻
9.「DEATH NOTE」第3巻
10.「NARUTO」第18巻


・AnimeNation

1.ニュータイプUSA2007年9月号
2.「桜欄高校ホスト部」アニメファンブック
3.「ピアノコレクションズ ファイナルファン
 タジーX ピアノソロ (楽譜) 」
4.「ブレス・オブ・ファイア オフィシャル
 コンプリートワークス」
5.メガミマガジン2007年10月号


・Right Stuf

1.「よつばと!」第5巻
2.「よつばと!」第4巻
3.「ガンスリンガーガール」第5巻
4.「あずまんが大王 オムニバス・エディション」
5.「ガンスリンガーガール」第4巻
6.「よつばと!」第2巻
7.「新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガール
  フレンド2nd」第6巻
8.「魁!クロマティ高校」第12巻
9.「藍より青し」第17巻
10.「よつばと!」第3巻


・Anime Castle

1.「Bleach」第21巻
2.「ニュータイプUSA」2007年10月号
3.「ベルセルク」第19巻
4.「天使じゃない!! 」第8巻
5.「エイケン」第7巻


short_g.gif


という感じです。
今期は「NARUTO」のおかげで、ランキング
上位全体の販売部数も上がっていると思う
ので、逆に言うと、ランクインしている、「NA
RUTO」や「Bleach」「フルーツバスケット」と
いった定番売れ筋以外の作品は、相当に
健闘していることになりますよね。
BL作品で唯一入ってる「ファインダーの隻
翼」 (やまねあやの)なんかも、頑張っている
のだと思います。


ところで、今週発売作品(マンガだけで64
タイトル!もあるそうですが)の中での、個
人的な注目作はやはり、「AQUA」第1巻
(天野こずえ TOKYOPOP 10月9日発売)
になりますね。タイトルのロゴは、オリジナ
ルのままにして欲しかったですけど……。
「ARIA」にも引き継がれていくのですし。
ファンの方には説明不要ですが、この作品、
アニメ化もされている「ARIA」の前史という
か、タイトルが諸事情で変わっただけの、
実質的に続いている同じ作品です。こちら
から読まないとわからない部分も多いです。
北米では「ARIA」の方が先に、2004年に第
1〜3巻までがADV.Mangaから出版された
のですが、以降の巻は音沙汰なしで、今回
「AQUA」「ARIA」と合わせて翻訳出版権を
取得したTOKYOPOPから、本来のストーリ
ー順に、あらためて出版されることになりま
した。
「AQUA」第2巻も来年2月に発売が予定さ
れており、これできちんとした再評価がな
されるなら、ファンとしてはとても嬉しいです。



posted by mikikazu at 09:02 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

北米で放送中の「恐竜キング」視聴率は、4週目も好調


続けてお伝えしていますけど、アメリカの地上
波局FOXテレビで放送中の、「Dinosaur King」
こと、「古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベン
チャー」の第4話「Bungle in the Jungle」(ジ
ャングルに消えたガブ)の視聴率/占拠率デー
タが出ています。
第3話「Tanks a Lot」(サイカニア争奪戦!)と
合わせて、その数字をいつものように並べてみ
ますね。
例によって調査はNielsen Media Research、
掲載はCynopsis Kidsです。対象は、6〜11歳
台になります。


アメリカでの放送枠4KidsTV内「Dinosaur
King」公式サイト

http://www.4kids.tv/show/dinoking

日本の「古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベ
ンチャー」公式サイト

http://www.nagoyatv.com/kyoryu/index.sms



英語版「恐竜キング」の声優さんについては、
「英語でユ〜ギオ〜!」さんが9月27日付け
記事で解説してくださっているので、そちらも
ぜぴ参考にしてください。ご紹介遅くなってし
まい、すみませんでした。


short_g.gif


第3話(9月22日放送)

・放送枠4KidsTV内比較

8:00 「Winx Club」――0.6/4
8:30 「遊戯王GX」 ――0.8/4
9:00 「Chaotic」 ――1.5/6
9:30 「TMNT Fast Forward」――1.6/6
10:00 「TMNT Fast Forward」――1.6/7
10:30 「恐竜キング」――1.5/6
11:00 「Viva Pinata」――1.2/5
11:30 「ソニック X」―― 0.9/4


・同時間帯の、他の地上波局子供向け番組
 との比較

「恐竜キング」(FOX)――1.5/6
That's So Raven(ABC)―― 1.3/5
Johnny Test(CW)―― 1.2/6
Dragon(NBC)―― 0.4/2
Sabrina: The Animated Series(CBS)
―― 0.3/2


第4話(9月29日放送)

・放送枠4KidsTV内比較

8:00 「Adrenaline Project」――0.4/2
8:30 「遊戯王GX」 ――0.7/3
9:00 「Chaotic」 ――1.2/5
9:30 「TMNT Fast Forward」――1.3/6
10:00 「TMNT Fast Forward」――1.5/6
10:30 「恐竜キング」――1.6/7
11:00 「Viva Pinata」――1.1/5
11:30 「ソニック X」―― 1.1/5

・同時間帯の、他の地上波局子供向け番組
 との比較

「恐竜キング」(FOX)――1.6/7
Johnny Test(CW)―― 1.5/7
That's So Raven(ABC)―― 0.7/3
Sabrina: The Animated Series(CBS)
―― 0.5/2
Dragon(NBC)―― 0.3/2


short_g.gif


ということで、視聴率は順調に上昇しつつあ
り、既に同時間帯の地上波子供向け番組
では、トップに位置しています。土曜日午前
全体でも、トップ・グループの中の作品とし
ていいでしょう。
このスタートの数字の良さを、同じ4KidsTV
で放送されていた、日本アニメの前番組の
ひとつである「Magical DoReMi(おジャ魔女
どれみ)」――2005年8月放送開始――と
比較してみると、

「Magical DoReMi」
第1話――1.7/8
第2話――0.9/5
第3話――0.8/5
第4話――0.7/4

「Dinosaur King」
第1話――0.9/4
第2話――1.4/6
第3話――1.5/6
第4話――1.6/7

という感じで、以後も数字が伸び悩み、2006年
3月に第26話までで放送が休止された「どれみ」
と比べると、わりにいい感じで進みつつあるよう
です。
まだまだ始まったばかりなので、断言は出来ま
せんが、あるいは「恐竜キング」が、アメリカ地
上波放送で日本アニメが再び人気を集めるき
っかけになったりするでしょうか。


short_g.gif


この「恐竜キング」、調べた範囲では、ファン
サプが制作されていないらしい作品になるよう
ですね。もしあったらすみません。字幕のない、
RAWのファイルは流れているようですが。
ファンサブが存在しないことを、この地上波放
送での好調の理由に出来るかというと、調査
対象年齢層が6〜11歳の、ほぼ小学生なの
で、難しいところです。


ファンサブでアニメを見ている人の性別・年齢
層については、ファンサブ情報サイトAnime-
Source.Com
が行ったサイト利用者(当然、フ
ァンサブ利用者ですね)に対する調査結果を
引用しておきます。

・2005年4月調査(6046人投票)

男性(13-15歳)―― 9.41% (569)
女性(13-15歳) ―― 7.28% (440)

男性(16-18歳) ―― 27.22% (1646)
女性(16-18歳) ―― 8.35% (505)

男性(19-21歳) ―― 22.41% (1355)
女性(19-21歳) ―― 4.32% (261)

男性(22-25歳) ―― 11.94% (722)
女性(22-25歳) ―― 2.58% (156)

男性(26歳以上) ―― 5.18% (313)
女性(26歳以上) ―― 1.31% (79)



posted by mikikazu at 09:08 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker