2008年03月23日

「Yes!プリキュア5GoGo!」第1話、見ました。

ということで、遅ればせながらですが、こちらでも
「Yes!プリキュア5GoGo!」(公式サイト)の第1話
「復活!プリキュア5!」を見てみました。
今年になって初めて見た新作テレビアニメだったり
しますが。
例によってアレなので、読みたい方だけどうぞなの
です。



short_g.gif



うらら 「お久しぶりです! 向こうでは引き続き、かれ
    んさんとこまちさんのコンビでレビューを担当さ
    れるようなので、こっちでは私達3人のトリオで
    進めることにします。キャラの組み合わせについ
    ては、内容によって臨機応変ということで」

りん  「そうね。新しいキャラも増えたみたいだし。ま
    た色々と素敵な寸劇を期待していいかも」

のぞみ 「うんうん。それにしてもすっごい久しぶりだよ
    ねー。本編の放送自体は、今日でもう第7話に
    なってるみたいだけど」

うらら 「まあ、人には人の事情がありますし。でも、か
    えってこの方が良かったかもしれません。前作
    のラストで、あれだけ感動的なお別れをココさん
    達としたのに、リアル時間ですぐ翌週に再会、と
    いうのもなんだかですし、1ヶ月以上のリアルで
    の空白は、作品世界の中での、のぞみさん達の
    過ごした、ココさん達のいない日常の期間を想像
    するのには、ちょうどよかったです」

のぞみ 「おーさすがうらら、フォローもバッチリだね!」

りん  「いや、あんたがそう言ったらフォローにならな
    いでしょっ」

うらら 「クス。お2人は相変わらずですね。新しいシリ
    ーズになっても、みなさんの関係というか、雰囲
    気が変わっていないのは、とても微笑ましかっ
    たです。でもプリキュアのコスチュームが新しく
    なったように、これから描かれていくみなさんそ
    れぞれのエピソードでも、前作ラストでの決意を
    ふまえた、少しずつだけどしっかりとした成長が
    伝えられていくんでしょうね」

りん  「うん。なんていうのかな、『プリキュア』シリー
    ズは、プリキュアに変身するのに宿命的な縛り
    ――前世で誰だったとか、実はお姫様だったと
    か――がなくて、あくまで傭兵的な、その仕事
    を出来るからやる、という立場が貫かれている
    じゃない。プリキュアとしての立場と、日常の
    割りきりが明確というか。
    今回のエピソードにしても、新しい装備を得た
    から戦う、戦えるというみんなの意識の流れが
    自然で、展開としてはらしかったよね。
    こまちさんの、『新しい力ね』という台詞の落ち
    着きすぎた達観ぶりはさすがだったけど(笑)」

のぞみ 「あー、でもこまちさんといえば、ひとつ気にな
    るんだけど」

うらら 「あ、そうですよね(微笑)」

のぞみ 「だよねー」

りん  「なになに? なに2人だけでわかりあってる
    のよ?」

のぞみ 「ほら、エンディングのあの女の子! 新レギ
    ュラーで私達の仲間になるみたいだけど、かれ
    んさんと、とっても仲良さそうにしてたじゃない!」

うらら 「というか、かれんさんの方から、すごく積極的
    にアプローチしてた感じで。2度も、後ろから抱
    きつくというか……。人前でかれんさんがそん
    な風にするの、珍しいです」

のぞみ 「そうそう。陰ではともかく(←こらこらっ)、あ
    んなに仲のいいこまちさんとだって、あそこまで
    イチャイチャしてないし!」

りん  「……えっと、で、どういうことだと思えばいい
    わけ、なのかな」

うらら 「あの女の子がどういう方であるにせよ、そうい
    うかれんさんとの関係を、こまちさんが看過する
    んでしょうか、というお話です」

のぞみ 「うんうん。にっこり笑って、『かれん、その子
    とはどういう関係なのかしら。私、とっても気に
    なるんだけど』なんて詰問している場面に居合
    わせたら、私、凍っちゃうかも」

うらら 「そ、想像出来ません……」

りん  「……。いや、というかそう言いつつ、あんた達
    単に面白がってない?」

のぞみ 「……へへー。ばれちゃったか」

うらら 「ふふ。りんさんはさすがですね」

りん  「あんた達の考えることなんてわかるというか、
    姉妹みたいに似過ぎっていうか。……おいてけ
    ぼりされた気分にもなるよ」

のぞみ 「だーいじょうぶ!」

りん  「の、のぞみ、だからあんた私に抱きつき過ぎ
    なの。前作よりもお姉さんになってるんだから、
    少しは遠慮しなさいって。顔をそんなにくっつ
    けない!」

のぞみ 「そんなの関係ないもん。また親友のりんちゃ
    んと1年間プリキュアを一緒にやれることは、
    とっても嬉しいんだよ!」

うらら 「私もです! これからも1年間、よろしくお願
    いしますね」

りん  「……わかったわかった。もう、私の負け。私も
    頑張るから、のぞみもうららもよろしくね」

のぞみ 「へへー。これからもずっと私のそばにいて
    ね、りんちゃん♪」

りん  「もちろん!」





この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。