2008年02月10日

北米でのアニメ販売・フォーマットに対するファンの意識調査 at AnimeOnDVD


17日まで、オンラインストアRight Stufが行って
いる今回のセールスは、Manga Entertainment
がリリースしている全DVD・UMD商品が半額に
なる、というものですね。
例えば、定価39.98ドル(約4300円)の「ノエイン
もうひとりの君へ」BOXセットが、19.99ドル(約
2150円)、日本でまだ公開されていない川尻善
昭監督の「Highlander: Search for Vengeance」
が定価19.98ドル(約2140円)から9.99ドル(約
1070円)へ、という感じで。
買いが殺到するのは、やはり「攻殻機動隊」シリ
ーズになりそうですけど。


short_g.gif


こういう思い切ったセールが行われている北米ア
ニメ市場も、今年は大きな変革が行われていく可
能性が大きそうです。
DVD情報サイトAnimeOnDVDのフォーラムでは、
そういった今後のビジネスの変化に対するファン
の意識調査がいくつか行われています。


一つ目は、1月21日午後3時から24時間限定で
募集された、

「Which method do you feel best suits
your needs?」

(あなたの必要を満たすのに、一番ふさわしいと
考える方法は?)

というもの。
DVDに限らないアニメの視聴方法において、各人
がベストと思うものを選ぶ、というお題です。
その結果は、

1.「現行DVD購入/レンタルのみ」―― 579(53%)
2.「HDフォーマットでの購入/レンタル」―― 250(23%)
3.「最初の数話をストリーミングでサンプル視聴
 してから購入」―― 134(12%)
4.「デジタル配信/ダウンロード購入」――78(7%)
5.「デジタル配信/ストリーミング視聴」―― 20(1%)
5.「それ以外」―― 20(1%)

という感じで、現時点では圧倒的に、物理メディ
アを手にしておきたい人が多いことがわかります。
コアなファンとしては、DVDパッケージだからこそ
可能な、各種の特典も大きな魅力になるでしょう
し。用意する側は大変ですけど。
一方デジタル配信を望む意見としては、リリース
の早さ、つまり日本でのオンエアからの時間差を
埋められることへの期待があるわけですが、これ
は無料のファンサブというカウンターパートがある
限り、ビジネスとして成り立たせるのは、ずっと難
しいかもしれません。


short_g.gif


続いては、そのDVDリリースにおけるディスク・
パッケージの問題ですね。
2月7日から意見が求められているスレッドは、

「First Releases - Singles or Boxsets」

というもので、アニメDVDはこれまでの単巻リリ
ースを続けていくべきか、それともアメリカのテ
レビシリーズのように、最初からシーズンごとの
BOXセットでリリースすべきか、という調査に
なります。
投票は17日まで可能なので、まだそんなに数は
ありませんが、現時点での結果は――、


short_g.gif


1.「単巻リリースはいらない。予告編やレビュー、
それに合法的に数話がオンライン視聴出来るの
なら、BOXセット丸ごとを買うことになっても大丈
夫」―― 40(22%)

2.「単巻リリースはいらない。アメリカでリリース
される頃には、あるいは全てではなくとも、ほと
んどの内容はファンサブか、RAW(吹替や字幕
がなくても)、日本から輸入したDVDでチェックし
ているだろうから。だから北米版のBOXセットを
買うのに用意は出来ている」―― 37(20%)

3.「単巻リリースはいらない。その作品について
全然知らなくても、予告編やレビューを信頼して
大丈夫だから」―― 22(12%)

4.「単巻リリースはいらない。内容を詳しく知ら
ないままBOXセット丸ごとを買うことになっても
構わない」―― 20(11%)

5.「単巻リリースを続けて欲しい。単巻では買う
けど、BOXセットは買わないから」―― 18(10%)

6.「どうでもいい。手に入るのなら、どちらであろ
うと購入するから」―― 16(9%)

7.「どちらでも、安い方を買う」―― 12 (6%)

8.「単巻リリースを続けて欲しい。発売されたらす
ぐに購入するし、それから後でBOXセットも買う」
―― 6(3%)

9.「単巻リリースを続けて欲しい。発売されたらす
ぐに購入するし、それから後でBOXセットも買う
し、廉価版のthinpackも買うし、再発売されたら
それも買う……」―― 3(1%)

10.「最初の数話だけを単巻リリースして、それから
BOXセット。一度にBOXセットをまとめて購入する
のにはやはり不安がある。だから購入前に、数話
くらいは見ておきたい」―― 2(1%)

11.「1話だけをまず単巻でリリースして、それから
BOXセットで売るのがいい。とりあえず1話くらい
は見てみたいし(かつてADV Filmsがリリースし
ていたAniMiniのような)、それからなら安心して
BOXセットを購入出来る」―― 1(0%)


「単巻リリースを続けて欲しい。単巻でも、BOX
セットであっても買ったりはしないけど、借りたり
レンタルしたりするから」―― 0(%)
「どうでもいい。DVDは買わないけど、ダウンロ
ード購入するから」―― 0(0%)
「どうでもいい。北米版DVDを買ったりはしない
から」―― 0(0%)


short_g.gif


ということです。
最初からBOXセットでの発売を望む声が、やは
り多数派になってきているようですが、これだけ
色々な考えが用意出来るというサンプルとして
も役に立つと思います。
確かに、単巻で購入するより価格が安くなる
BOXセットは、購入派の人にはいいかもしれま
せんが、レンタルで済ます、あるいはレンタル
でしかアニメを見られない人にとっては、リリー
スの形式がBOXセットだけになったら困ります
よね。
宅配レンタル最大手のNetflixなんかだと、
「LOST」「24」が、シーズンごとに6〜7枚組
みのセットでレンタル出来たりするみたいです
から、アニメ作品でもそれが可能ならいいんで
すけど。


もう1つ同スレッド内で行われているのが、
BOXセットの価格設定に対しての意識調査で
ある「Buying Boxsets: Does Price Matter?」
というもので、そちらの結果は、

1.「選べるのなら、単巻よりBOXセットになる
けれど、それは単巻を合計した時より価格が
安くなる場合のみ」―― 115(68%)
2.「選べるのならBOXセット。例え価格が単巻
を合計したのと同じであっても」―― 36(21%)
3.「単巻で買う」―― 11(6%)
4.「わからない」―― 5(2%)
5.「どうでもいい。北米版のアニメDVDは買わない
から」―― 0(0%)

になります。まあ、安い方がいいに決まってい
ますけれど、単巻版にはついていた特典とかが
外されると、また考えるところでしょう。
耳にしたひとつの意見としては、BOXセットは
あくまで低価格で勝負して、逆に単巻リリース
は、「涼宮ハルヒの憂鬱」くらいの豪華な特典
満載の、超コアなファン向けに特化するのはど
うか、というものもありました。
結局は、お金を払うファンが満足するものを提
供しなければならないわけですから、上手い落
としどころが見つかって欲しいものです。




posted by mikikazu at 02:46 | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。