2008年02月09日

「Yes!プリキュア5」は最終話まで見ました、けど……。


えっと、数日前に「Yes!プリキュア5」(公式サイト)
はラストエピソードである第49話「夢と希望のプ
リキュア5!」までの視聴を終えていて、それか
らずっと悩んでいたんですが、やはり作品評につ
いては、ノーコメントにしておきたいと思います。
ごめんなさい。


short_g.gif


そうですね、「プリキュア5」が作品としてダメだ
というわけではないことを明確にしてから、いま
思うことを整理せずにタイピングしてみると……。
「プリキュア5」の責任では全くなくて、途中でシリ
ーズ前作の「ふたりはプリキュア Splash☆Star」
(公式サイト)を平行して見始めてしまったことの
影響が大きいのだと思います。
僕は、「プリキュア」シリーズは「5」が初めてで、
まありょうさんが楽しんで見てるご様子だったか
ら途中でバンドワゴンに飛び乗ったという感じだ
ったわけです。
もちろん「5」も十分に楽しめる作品ではあったの
ですが、視聴が途中から(第14話。後に再放送
とDVDで補完)ということもあって、最初から物語
を味わう雰囲気とはどんなものだろうとも思って、
10月から東映アニメBBプレミアムでの有料配信
が始まった「SS」をチェックして見ることにしたんで
すね。


僕自身の「SS」に対する高評価というのは、繰り
返して述べてきたわけですけど、中学女子がスー
パーヒロインに変身して、ある世界のために戦う
という「プリキュア」シリーズの基本コンセプトから
期待出来る物語の理想形を、見事に描ききってく
れたと思っています。もう、これ以上は望むべき
ものはないくらいの充実感が、最後のエンディン
グまで見終えた時に、明確にありました。
そういう「SS」で「プリキュア」体験のベストを通過
してしまうと、他の「プリキュア」シリーズを見た時
に、どうしても比較してしまうんですね。
「SS」なら、ここはもっと深く、違う風に描けたんじ
ゃないのかなって。
当然「5」が好き、初代のほのか&なぎさコンビが
好きという意見はそれぞれの人であるでしょうし、
「SS」の咲&舞コンビを気に入ったのも、特に作品
の文体に対する、個人的な相性が一番の理由では
あると思っています。「SS」が商業作品として評価
されなかった理由も、考察しましたよね。


自分でも、よくないことだとはわかっているんです。
同じシリーズとはいっても、違う世界の違う物語
ではあるのだし、それぞれの作品世界で、キャラ
クター達はそれぞれの人生を必死に生きている。
それらを比較してどうこう語るのは、とても失礼な
ことだと理解はしています。
これはつまり、僕の評者としての未熟ぶりを示して
いるわけですが、実際の視聴活動として、「5」は
ラストまでの感想を書けず、初代「ふたりはプリキ
ュア」(公式サイト)は、第40話まででスタックして
いるのが現状ですね。


で、どうすればいいのかというと……よくわかりま
せん。
2年目を迎えて、より語り口の洗練が成されるだろ
う「Yes!プリキュア5GoGo!」(公式サイト)で、
「5」シリーズ全体への評価も高めていけるかもしれ
ませんし、初代シリーズの2年目作品「ふたりはプリ
キュア Max Heart」(公式サイト)でも、同様の期待
は可能でしょう。
でも今は、ちょっと休みたい感じです。すみません。
とりあえず今日はお休みなので寝られるだけ寝て、
気力と体力を回復させたいです。







この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。