2008年01月30日

北米オンラインストアでの、マンガ売り上げランキング(1月下旬編)


まだ全て聞き終えたわけではありませんが、
いま楽しみに聞いているのが、ポッドキャスト
Destroy All Podcasts DXによる、「北斗の
拳」特集(第40回・1月28日配信)だったりします。
1時間半を費やして、アニメ版「北斗の拳」をひ
たすらに語っていくというもので、今は40分を経
過して、やっとレイvsユダ戦の辺りです。
「北斗の拳」シリーズのエキスパートである、
Anime World OrderのDarylさんがゲストで
参加しており、いつものように(笑)他人のポッド
キャストだからと遠慮する様子もなく、らしさを
全開で熱く語ってくれています。


面白いのは、Destroy All Podcasts DX側の
ホストの1人であるJeremyさんが、「北斗の拳」
についてほとんど何も知らないということで、
初めて「北斗の拳」のキャラ・設定・ストーリーを
知った人の驚きがたくさん楽しめることですね。
「Are you serious?」
「Are you kidding me?」
を数分ごとに連発してて、まあ、特に初期は
奇天烈な描写が多かったアニメ版ですから、
基本は格闘技の話なのに、いきなり「南斗人間
砲弾」とか「南斗列車砲」とか、「戦車と拳法で
戦って勝つ。戦車は爆発」とか言われても、訳わ
かりませんよね(笑)。
しかも大真面目ぶって、「いや、これは習得する
のがとても難しい技なんだ!」と語ってみせるDaryl
さんも素敵です。すっごく続きも楽しみですね。


short_g.gif


では本題。
北米オンラインストアにおけるマンガ作品の売り
上げランキング1月下旬分ですね。
以下、各ストアのトップセラー・リストになります。


short_g.gif


・アメリカAmazon

1.「Bleach」第22巻
2.「Warriors: Warrior's Refuge」
3.「DARK HUNGER」
4.「桜蘭高校ホスト部」第10巻
5.「DEATH NOTE」第2巻
6.「無限の住人」第18巻
7.「DEATH NOTE」第3巻
8.「DEATH NOTE」第1巻
9.「絶対彼氏」第5巻
10.「Let's Find Pokemon! Special Complete
 Edition: Find Pokemon SP ED」


・Barnes & Noble

1.「The Lost Warrior (Warriors)」
2.「DARK HUNGER」(Christine Feehan)
3.「NARUTO」第27巻
4.「NARUTO」第26巻
5.「NARUTO」第25巻
6.「フルーツバスケット」第18巻
7.「ヴァンパイア騎士」第3巻
8.「NARUTO」第24巻
9.「フルーツバスケット」第17巻
10.「NARUTO」第22巻


・Books-A-Million

・前回と同じデータなので略

・Chapters Indigo
(カナダ)

1.「DEATH NOTE」第2巻
2.「DEATH NOTE」第1巻
3.「桜蘭高校ホスト部」第10巻
4.「DEATH NOTE」第3巻
5.「スキップ・ビート!」第10巻
6.「DEATH NOTE」第4巻
7.「S・A(スペシャル・エー)」第2巻
8.「DEATH NOTE」第7巻
9.「DEATH NOTE」第5巻
10.「DEATH NOTE」第6巻


・AnimeNation

1.メガミマガジン2008年2月号
2.ニュータイプ2008年2月号
3.「フルーツバスケット」第6巻
4.「ベルセルク」第21巻
5.「ストロベリー・パニック!」第1巻


・Right Stuf

1.「ベルセルク」第23巻
2.「ベルセルク」第22巻
3.「ベルセルク」第21巻
4.「ガンスミスキャッツ・バースト」第3巻
5.「ああっ女神さまっ」第29巻
6.「トライガンマキシマム」第12巻
7.「ああっ女神さまっ」第9巻(2ndエディション)
8.「ああっ女神さまっ」第8巻(2ndエディション)
9.「Gantz」第1巻
10.「Bleach」第22巻


・Anime Castle

1.「Bleach」第22巻
2.「ゴン」第3巻
3.「ストロベリー・パニック!」第1巻
4.ニュータイプ2008年2月号
5.「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール」第4巻


short_g.gif


という感じです。
NARUTO NATIONキャンペーンが終了して、
「NARUTO」によるチャート独占期もやっと
去った感じではあります。このキャンペーンに
よる全体的なセールス増加の数字も、いずれ
発表されそうです。
Viz Mediaからのニューズレター掲載の、1月期
のトップセラー・マンガのトップ5は、

1.「NARUTO」第27巻
2.「NARUTO」第26巻
3.「NARUTO」第25巻
4.「NARUTO」第24巻
5.「NARUTO」第23巻

になっていましたけど。


複数のチャートで目立つ売れ筋は、「桜蘭高校
ホスト部」第10巻と、「ストロベリー・パニック!」
第1巻でしょうか。
前者のアニメ版は、昨年夏のOtakonで、
FUNimationによる北米でのライセンスこそ
発表されましたが、発売時期についてはいまだ
に音沙汰なしで、ファンをずっとヤキモキさせて
いますね。
後者のアニメ版は、コスト減のために英語吹替は
収録されず、6話収録で定価22.99ドル(最安実売
価だと16ドルくらい)という、安価なパッケージで、
Media Blastersから今年の3月にリリース開始
予定です。北米でのリリース時期が合ったマンガ
との相乗効果があるといいですね。


posted by mikikazu at 08:34 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。