2008年01月17日

「いばらの王」「放課後保健室」「エマ」が、米国図書館協会による10代向け推薦グラフィックノベルのトップ10に正式選出


今日は「ふたりはプリキュア」のレビューだけ
じゃなくて、海外情報もあるのです。
かねてよりお伝えしている、、ALA-American
Library Association
(米国図書館協会)の青
少年部門――Young Adult Library Services
Association
(ヤングアダルト図書館サービス
協会)による、本年度の、アメリカのティーンに
ふさわしいグラフィックノベルの推薦リストが、
正式発表されました。


まず、グラフィックノベルのフィクション部門に
29作品がノミネートされていた日本マンガ作
品から、選出委員会によって選ばれるトップ
10
に入ったのが、

「いばらの王」第1〜2巻
(岩原祐二 TOKYOPOP)

「放課後保健室」第1〜5巻
(水城せとな Go Comi!)

「エマ」第1〜5巻
(森薫 DC Comics / CMX)


の3作になります。おめでとうございます!
昨年は「DEATH NOTE」1作だけでしたから、
そういう意味では躍進ですね。


そして、トップ10には入りませんでしたが、候補作
138作品の中から、推薦作品として選出された日
本マンガは、

「よつばと!」第4巻
(あずまきよひこ ADV MANGA)

「パンプキン・シザーズ」第1巻
(岩永亮太郎 Del Rey)

「アライブ 最終進化的少年」第1〜2巻
(作・河島正/画・あだちとか Del Rey)

「夕凪の街 桜の国」
(こうの史代 Last Gasp Publishing)

「TRAIN+TRAIN」第1〜3巻
(ストーリー・倉田英之/画・たくま朋正 Go! Comi)

「ラブ★コン」第1巻
(中原アヤ VIZ Media)

「トランスルーセント 彼女は半透明」第1巻
(岡本一広 Dark Horse Comics)

「地球へ…」第1〜3巻
(竹宮恵子 Vertical)

「結界師」第7〜9巻
(田辺イエロウ Viz Media)

「蟲師」第1〜2巻
(漆原友紀 Del Rey)

「フラワー・オブ・ライフ」第1〜3巻
(よしながふみ Digital Manga Publishing)



になります。こちらもおめでとうですね。
残念ながら、個人的に推していた「AQUA」第1巻
(天野こずえ TOKYOPOP)と、注目していた「銀魂」
第1〜3巻(空知英秋 Viz Media)は落とされたみ
たいですね。「銀魂」をめぐっての、委員さん達の
議論内容とか、ぜひ知りたいんですが(笑)。
Comic Book Resources1月13日付け記事内
「Trolling for Naughty Librarians」
によれば、
全米各地の図書館司書さんが、購入する本を選
ぶ際に、ALAのブックリストはかなり参考にするよ
うですし、図書館におけるグラフィックノベルの人
気も高まり続けているとのことですから、今回のリ
ストが与える影響も、それなりにありそうです。




posted by mikikazu at 08:43 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。