2008年01月10日

パトリック・マシアスさんのThe Japan Times記事「Big in 2008:Gothic Lolitas and Godzilla」


2ヶ月ぶりですか? 先月分をひょっとしたら
読み逃してるかもしれませんけど。
今日(1月10日)付けの英字日刊紙The Japan
Times
のP17に、お馴染みOTAKU USA編集長
パトリック・マシアスさん(ご本人ブログ)による
記事、

「Big in 2008:Gothic Lolitas and Godzilla」
(電子版記事がアップされたらリンクします。
追記・されました)

が掲載されていました。
内容は、北米と日本のオタク業界における2008
年度の予想と展望を語る、というものですね。
予言ということで、五島勉氏の「ノストラダムスの
大予言」、そしてその映画版を枕にして語り始め
るあたり、さすがです。
項目だけを並べてみると、

「北米で続くだろうアニメ業界の不振と混乱」
「北米のマンガ市場のさらなる成長」
「ゴシックロリータ・ファッションが流行?」
「映画『SPEED RACER』のインパクトは」
「岡田斗司夫氏のダイエット本のベストセラー
により、オタクの間でダイエットがブームに?」
「日本作家によるSF小説が海外で成功する?」
「ゴジラが現れる」


という感じですね。まあ、最後のはジョークなんで
すけど。
アニメとかマンガのいつもの話はさておいて、ゴ
スロリについては、2月から北米でも「ゴシック&
ロリータバイブル」誌の英語版の刊行が始まりま
すので、それがどれだけ影響を与えるのか、とい
う話です。
マシアスさん自身も、「Japanese Schoolgirl
Inferno: Tokyo Teen Fashion Subculture
Handbook」
という本を出していますね。
大阪・梅田の紀伊國屋書店で平積みにされて
いて驚きました。


日本のSF小説については、ハリウッドでのリメイ
ク映画化が一段落したJホラーに続いて(先週末
公開の、「着信アリ」をリメイクした「One Missed
Call」の成績も今ひとつでした)、新たなネタ元に
なるんじゃないか、ということです。

「Speculative Japan: Outstanding Tales of
Japanese Science Fiction and Fantasy」


「Robot Ghosts and Wired Dreams: Japanese
Science Fiction from Origins to Anime」


といった、日本SFのアンソロジー、研究本が注目
を集めてもいるようですし、今年から始まるアニメ
原作ハリウッド映画が成功すれば、可能性はある
かもしれませんね。最近の日本SFには疎いですけ
ど、映画化向きで、かつ日本では無理そうな作品
なんてあるでしょうか。


岡田斗司夫氏のダイエット本は……、日本よりは
るかにダイエットがビッグ・ビジネスになっている
アメリカの方が需要あるかも? 競争が激しいと
いうことでもありますが。向こうのコンベンションな
んかでプロモーションしたら、かなり売れそうな気
もします。
「SPEED RACER」(公式サイト)は、予告編を見た
限りで思ったのは、「とりあえず、なんちゃってクン
フーで戦ったりするのは、もうやめません?」とい
うのが、僕の個人的な意見だったりはします。
マシアスさんが指摘しているように、この作品や
「ドラゴンボールZ」「鉄腕アトム」などの映画化と、
それに伴うプロモーションで、新たな世代のファ
ンが獲得出来るのも、間違いないでしょうけど。




posted by mikikazu at 07:59 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。