2007年12月18日

北米オンラインストアでの、マンガ売り上げランキング(12月上旬編)


調べるのが遅れてしまっていたランキング報告
を、今日は2つ続けて掲載しておきますね。
まずは北米オンラインストアにおけるマンガ作
品の売り上げランキング12月上旬編です。


その前になんですが、業界情報サイトICv2
12月17日付け記事から少し情報を。
ICv2が発行している小売店向け情報誌ICv2
Guide第50号「Anime/Manga」には恒例の、
北米市場でのマンガ・アニメ作品のランキン
グが掲載されているようです。
これはセールスだけではなく、他の色々な情
報も加味した、売れ筋評価ランキングのよう
なものみたいですね。
2007年9〜10月期におけるマンガTOP10は
――、

1.「NARUTO」
2.「Bleach」
3.「フルーツバスケット」
4.「DEATH NOTE」
5.「キングダム・ハーツ」
6.「ヴァンパイア騎士」
7.「ポケモン」
8.「鋼の錬金術師」
9.「魔法先生ネギま!」
10.「紳士同盟†」


ということになっています。
かねてより、かなり売り上げ好調で、アニメ化も
決まった「ヴァンパイア騎士」が、今後の注目作
になるでしょうか。
ともあれ以下、各ストアのトップセラー・リストに
なります。


short_g.gif


・アメリカAmazon

1.「Let's Find Pokemon! Special Complete
 Edition: Find Pokemon SP ED」
2.「NARUTO」第27巻
3.「NARUTO」第26巻
4.「NARUTO」第25巻
5.「Warriors: Warrior's Refuge」
6.「The Lost Warrior (Warriors)」
7.「Making Comics: Storytelling Secrets
  of Comics, Manga and Graphic Novels」
8.「DEATH NOTE」第1巻
9.「NARUTO」第24巻
10.「NARUTO」第1巻


・Barnes & Noble

1.「NARUTO」第25巻
2.「NARUTO」第26巻
3.「NARUTO」第27巻
4.「DARK HUNGER」(Christine Feehan)
5.「NARUTO」第24巻
6.「The Lost Warrior (Warriors)」
7.「フルーツバスケット」第18巻
8.「NARUTO」第23巻
9.「NARUTO」第22巻
10.「フルーツバスケット」第17巻


・Books-A-Million


1.「NARUTO」第15巻
2.「NARUTO」第1巻
3.「NARUTO」第18巻
4.「NARUTO」第13巻
5.「NARUTO」第14巻
6.「NARUTO」第17巻
7.「フルーツバスケット」第17巻
8.「Bleach」第20巻
9.「NARUTO」第16巻
10.「NARUTO」第2巻


・Chapters Indigo
(カナダ)

1.「DEATH NOTE」第1巻
2.「NARUTO」第25巻
3.「NARUTO」第26巻
4.「DEATH NOTE」第3巻
5.「DEATH NOTE」第2巻
6.「DEATH NOTE」第4巻
7.「DEATH NOTE」第6巻
8.「フルーツバスケット」第17巻
9.「紳士同盟†」第4巻
10.「DEATH NOTE」第7巻


・AnimeNation

1.メガミマガジン2007年12月号
2.メガミマガジン2008年1月号
3.「よつばと!」第5巻
4.「ピアノコレクションズ ファイナルファン
 タジーX ピアノソロ (楽譜) 」
5.「ファイナルファンタジー ギターソロ コ
 レクション」


・Right Stuf

1.「フルーツバスケット」第18巻
2.「フルーツバスケット」第17巻
3.「武装錬金」第9巻
4.「げんしけん」第9巻
5.「ラブレス」第7巻
6.「魔法先生ネギま!」第16巻
7.「ローゼンメイデン」第6巻
8.「ラブレス」第1巻
9.「かしまし」第4巻
10.「彼氏彼女の事情」第19巻


・Anime Castle

1.「NARUTO」第26巻
2.「NARUTO」第27巻
3.「鋼の錬金術師」第15巻
4.「ベルセルク」第20巻
5.「NARUTO」第25巻


short_g.gif


という感じです。
今月で「NARUTO NATION」の最終セットとなる、
「NARUTO」第25〜27巻は、やはり絶好調で、こ
のプロモーションは大成功だったように見えます。
成長したナルトを描く第二部へと進む、次の第28
巻は来年3月からで、以降隔月で発刊されていく
そうです。次は「Bleach Nation」とか?
カナダの書店で「DEATH NOTE」が絶好調なの
は――、放送が始まったアニメ版の影響も大きい
んでしょうか。アメリカ(午前0時)より、いい時間
帯(午後10時)で放送されてもいますし。
その英語吹替が地元バンクーバーで制作されて
いる地元贔屓みたいなものは、まあ、ないでしょ
うね(笑)。





posted by mikikazu at 08:02 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。