2007年11月28日

ジェイソン・トンプソンさんによる、北米MANGAエキスパートTOP5


11月18日付け記事のフォローアップになります。
ニューヨーク発のポッドキャストNinja Consultant
は引き続き11月20日付けで、「Manga: The
Complete Guide」の著・編者であるJason
Thompson ジェイソン・トンプソンさんへの独占
インタビューを配信していました。
前回の公開パネルの時とは違い近距離ですか
ら、まだ聞き取りやすくなっていたのは助かりま
した。でも、やっぱり難しかったですけど。


そのインタビューの中での、Ninja Consultant
のErinさんによる質問のひとつが、「カナダを含む
北米人で、マンガのエキスパートと呼べる人のトッ
プ5は? 現在北米在住でなくても構わないです」
というものでした。
悩みながらトンプソンさんがその業績を尊敬出
来る人達だと挙げた5人は――


short_g.gif


Frederik L Schodt フレデリック・L・ショット
 (公式サイト Wikipedia)

特に手塚治虫作品の研究・翻訳で知られる大御
所中の大御所。
83年に刊行された「Manga! Manga!: The World
of Japanese Comics」は、初めて英語で書かれ
たマンガの研究書として有名。
「鉄腕アトム」に関する文章をまとめた最新作
「The Astro Boy Essays: Osamu Tezuka,
Mighty Atom, and the Manga/Anime
Revolution」(2007年)も好評。
声が渋くて、落ち着いた説得力のある雰囲気の
方ですね。


Matt Thorn マット・ソーン
 (公式サイト Wikipedia)

京都精華大学のストーリーマンガ分野の准教授。
トンプソンさんが勤めていたVizの依頼で「11人
いる!」や「BANANA FISH」などの英訳も担当。
特に少女マンガの紹介に貢献。


Carl Gustav Horn カール・グスタフ・ホーン

米コミック出版社Dark Horseのマンガ部門主任
編集者。
多くのコミック編集者が仕事中の服装にこだわら
ない中で、常にスーツ&タイ姿を崩さないお洒落
な方とか。謙虚で親切な物腰に、ファンや出版関
係者からの信望も厚いそう。トンプソンさんも、
「living god」「アメリカのMANGA界のゴルゴ13」
などと呼んでいました(笑)。


Ed Chavez エド・チャベズ

日本マンガ情報ブログ/ポッドキャストMangaCast
の代表者。
僕自身は、まだチャベズさんと直接やりとりする
機会はいただいてませんが、MangaCastのサイト
からは、うちのブログも「英語で!アニメ・マンガ」
さんと並んでリンクしてもらっています。


Casey Brienza  ケーシー・ブリンザ

現在は、北米のアニメ雑誌Anime Insiderに
多く執筆されている方のようですね。
詳しい経歴は、ちょっとすぐにはわかりません
でした。すみません。

ネット上で読めるブリンザさんのAnime Insider記事


short_g.gif


といった方々になるようです。
これ以外にも、VIZ時代の先輩であり、業界のイロ
ハを教えてくれたTrish LedouxさんにToshifumi
Yoshidaさん(ライブジャーナル)、BL作品の紹介で
知られるTina Andersonさん(ブログ)、元スタジオ・
プロテウス代表で、北米でのマンガ出版に尽力した
トーレン・スミスさんなども候補になっていました。
もし来年もAmerican Anime Awardsが開催され
るのなら(なんだか気配なさそうですけど)、こういっ
た分野での功績を称えてくれる賞もあっていいかも
しれませんね。





posted by mikikazu at 09:34 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。