2007年10月31日

英語版小説「吸血鬼ハンターD」翻訳者Kevin Leahy氏インタビュー


村上春樹さんや吉本ばななさんのような文学系は
別の話になりますけど、現在アメリカで最も売れて
いる、日本人作家によるエンターテインメント小説
のひとつは、Dark Horse PressとDigital Manga
が共同出版している、菊地秀行さんの「吸血鬼ハ
ンターD」シリーズになると思います。
MANGAのジャンルに入れられてしまうことが多い
ですが、小説作品にもかかわらず、チャートの上位
で目にすることが多いです。
アメリカでの出版は、2005年5月に始まって以降
順調に巻を重ねており、今年11月には第8作(巻
数では9巻目)「The Rose Princess」(D-薔薇姫)
が発売になる予定です。
その英語版「吸血鬼ハンターD」の翻訳者である
Kevin Leahyさんへのインタビューが、Sequential
Tart
に10月22日付けで掲載されていました。

「The Man Who Brought Vampire Hunter D
to English Readers」

(英語読者に「吸血鬼ハンターD」をもたらした男)


short_g.gif


インタビューに基づき、Leahyさんのプロフィール
と合わせて、「D」英語版出版の経緯をざっとまと
めてみますね。
ボストン出身のLeahyさんは、この17年間日本で
教師を勤めるかたわら、翻訳・通訳の仕事もこな
しているという方です。
「D」に初めて触れたのは、大学時代に友人から
アニメの1作目を見せられた時。英語字幕も吹替
もありませんでしたが、すぐに夢中になってしまい
ました。
数年後、JETプログラムによって、英語教師として
日本を訪れた時、たまたま入った古書店で、「D」
の小説を見つけてしまいます。内容を完全に理解
するほど日本語が上達するには数年を要してしま
いましたが、日本語勉強のテキストとしても、大い
に役立ったようです。


さらにその5年後、2作目のアニメ(英題「Vampire
Hunter D: Bloodlust」)公開時のイベントで、
Leahyさんは作者の菊地秀行さんと出会う機会が
ありました。
この作品はアメリカで先行上映される予定でした
から、質疑応答セッションの際、それとタイアップ
した形で、小説の英語版を出版する予定があるか
どうか、Leahyさんは菊地さんに訊ねます。
実は密かに、自身で手がけた翻訳を提供する期
待もあったようですが、その時は既に、翻訳の企
画が別に進行中だったようです。
けれど、その企画はどうやら頓挫し、今度は菊地
さんの方からLeahyさんに、彼の翻訳で出版社を
探してみようという申し出がありました。
そしてさらにさらに数年後(2005年ということです
ね)、やっとDark Horse PressとDigital Manga
からの出版が決まったわけです。
Leahyさんが「D」の英語翻訳を始めてから出版
にこぎつけるまでに、実に10年の歳月を必要とし
たのですね。「D」ファンとしては、素直にご苦労
様でした、と言いたいです。


Leahyさんが現在翻訳しているのは、日本では
第7作「D-北海魔行(上下巻)」と第8作「D-薔
薇姫」の間に刊行された、別巻扱いの短編集
「Dark Nocturne」(D-昏い夜想曲)。
加えて現時点で、続く四部作(蒼白き堕天使)と二
部作(D-双影の騎士)を翻訳する契約が済んでお
り、その作業には2年を費やすことになるだろう、
とのことです。
Leahyさんの翻訳ペースは、4か月で一冊くらい。
教師の仕事もありますので、翻訳に割けるのは
1日に数時間。その時間で英語で百行、日本語
で6ページの作業を日課としているそうです。
あ、それと天野喜孝さんの「D」イラストで一番の
お気に入りは、第2作「風立ちて"D"」の、日本
版だとP167にある、Dがコーヒーを飲んでいるも
のだとか。自分でコーヒーを飲むたびに思い出す
そうです。


アメリカでの小説「D」の成功については、90年代
から続いている、アニメ版の影響をLeahyさんも
認めています。
これから増えていくだろう、アニメ・マンガ化され
た日本のライトノベルの英語出版も、上手にそれ
ぞれのメディアで相互影響を及ぼしていけばいい
んですけど。
アニメ版が向こうではかなりの人気の、英語版が
先月発売された原作小説「フルメタル・パニック!」
はどうだったでしょうか。
こちらのレビューでは、「the novelization of
the manga series(マンガ作品の小説版)」なん
て書かれちゃってましたけど(逆ですー)。




posted by mikikazu at 08:11 | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。