2007年08月20日

「Yes!プリキュア5」は、第25&26話を見ました。

(諸事情で書き直しバージョンです。最近は
日に日に頭が悪くなっていってるような気が
するのは、多分気のせいじゃないのです)


昨日はお休みだったので、引き続き頑張っ
て、「Yes!プリキュア5」公式サイト)の
25話「プリキュア合宿大作戦!」
と、第26
話「ロマンス全開リゾートライフ!」
を見て
みました。
プリキュア最大の危機だったギリンマ決戦
前後編を乗り越えた後のご褒美みたいな、
待望の夏休み編ですね。
第25話が準備編、第26話が別荘でのバカ
ンス編ということで、こちらも二部作とはいえ
るかも。
以降も、肝試しにお祭りといった、夏休みら
しい定番イベントが続くようですし、前にも言
いましたけど、1年間続けられるシリーズだ
からこそのスケジュール設定が、その世界の
日常感と、キャラクターの生活感みたいなも
のを、心地よく提示してくれていると思います。


第25話の見どころは……、やはり本当の姉
妹みたいに息ピッタリで微笑ましくはしゃぐ、
のぞみさんとうららちゃんですね。確かに今
回はお目付け役フル稼働状態(笑)のりんさ
んはご苦労様ですけども。
でも考えてみれば、うららちゃんにこれまで
サンクルミエール学園で友達がいなかったと
いう設定を信じると、こんな風に友達みんな
でお泊りという体験自体がたぶん初めてなわ
けですから、それは、はしゃいでも当然という
か、許してあげたいですね。「別荘での合宿、
とっても楽しみです!」の笑顔も、一番嬉し
そうでしたし。その辺のフォロー・ストーリー
が欲しかったなあ……。でもお姉ちゃんの筈
の、のぞみさんは落ち着きましょう。
あと、お刺身は誰が入れたかというと、消去
法でいくと、自分の好みを唯一主張していな
かった、こまちさんになるんですが(笑)。
ここはスポンサーさんに気を遣って、「○から
サラダフレーク」にしないと。全国区CMかど
うか知りませんが。


short_g.gif


続く第26話で気になったのは……、これは変な
意味ではないんですけど、せっかくの、青い海
に囲まれた別荘でのバカンスなのに、みんなが
海で泳ぐシーンは直接描写されないんですね。
りんさんがちょっと潜っていたシーンがあるくらい。
別荘にはプールが設置されていましたから、
遊泳には向かない種類の浜であるという可能
性もありますが、かれんさんは水上スキーを楽
しんでいましたし、海に入っては絶対にダメと
いうわけでもなさそうです。
これはやっぱり水着姿を見せるのがNGなんで
しょうか。この時間帯の描写規制については、
詳しくは知らないんですけれど。


おそらく初めて、正面から描かれたロマンス・
シーンについては……。
のぞみ×ココは別に大丈夫かなと。りんさんは
自分の恋のエピソードがありましたし、うらら
ちゃんだって、きっと素直に応援してくれます
よね。

のぞみ「ココが私の王子さまだったの!」
うらら「それじゃあ、私にとってはお兄さまで
   すね! あ、ココお兄さま!」

↑はいはい妄想劇場はそこまでっ


こまちさんとナッツは……、当人達の気持ちは
ともかく、そうなるとかれんさんの立場が、一
部(って、思いっきり特定してますが)の方に
は難しいものになるかな、とか?
かれん×ナッツだと、こまちさんがまた一歩引
いた立場に置かれてしまうので、成長物語とし
ては、こまちさんの方が面白くなるという判断
も正しいのでしょうけれど。




posted by mikikazu at 08:58 | アニメ感想・「Yes!プリキュア5」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。