2007年01月26日

りょうさんの「ペルソナ3」ファン小説新作について


「HEAVENLY BLUE」のたちばなりょうさんが執
筆を続けていた、PS2ゲーム「ペルソナ3」のファ
ン小説の新作、「ビタースイートチョコレート」が、
無事に全編脱稿したようで、とてもとても嬉しい
のであります。Happiness Is Happeningなの
であります。


今回の主役は(も?)、美鶴先輩とゆかりッチさん。
クリスマスの近づいた、本編内でも微妙な時期を
舞台に選んでいる掌編です。
そういう時期であることをふまえると、ただ甘い
だけではない、色々なキャラクターの心情の深み
まで読み込めるという意味でも、読み応えのある
お話になっていると思います。「甘々なケーキバ
イキング」の代表作であることも、もちろん否定し
ないんですが(笑)。


二人のキャラクターの関係性に主点を置いて語ら
れることの多い、りょうさんのお話の魅力のひとつ
は、それぞれのキャラクターに向けられた視点が、
弱さも痛みもその人のものとして、同じ高さで受け
入れていこうとする、人としての優しさと強さを常
に伝えてくれることだと思うのですが、この作品も、
2人の不器用な歩み寄りが微笑ましく、また物語世
界に対しての前向きな、安心出来る心持ちを与え
てくれる効用もあって、とても気持ちよく読むことが
出来ました。
いつもですけれど、ありがとうございました&お疲
れさまでした♪


short_g.gif


りょうさんは、これまでにも「ペルソナ3」ファン小説
を発表されてまして、良い機会なのでここでそれぞ
れ(勝手に)ご紹介させていただくと――、


「君の手に包まれて」――学園図書室という、人目
を忍んだ密やかな場所での、美鶴先輩とゆかりッチ
さんの会話に照れてしまいそうです。かなり主導権
握ってるっぽいゆかりッチさんが心強いです?

「君のほほ笑みに魅せられて」――初めてタコ焼き
に挑戦する美鶴先輩と、ゆかりッチさんとの微笑ま
しい下校デート中のひとコマ。
「『タコ焼き』とはタコの丸焼きじゃないんだな……」
という、いかにも美鶴先輩らしい台詞で掴みはオッ
ケー(←死語)ですね。
思わずタコ焼きを食べたくなってしまいそうです。

「あなたの胸に抱かれて」――アイギスさんの視点
からの、本編終了後の空気を伝えてくれます。
アイギスさん口調の文章も、かつてと今の心情の
違いを上手く伝えてくれて、とても良い効果を上げ
ていると思います。
「わたしは普通の女の子とは違います」「わたしは
子どもではありません」という、それぞれ簡潔だけ
ども、とてもらしいアイギスさんの答えようが、僕的
にはとても好きでした……。言ってよいのかどうか
わかりませんが、一番好きなお話でもあります。
あ、本筋とは関係ありませんが、ここでも美鶴先輩
とゆかりッチさんはラブラブです、はい。

「君の口付けに目を閉じて」――ついに訪れた美鶴
先輩とゆかりッチさんの新婚初夜を描くお話。←こら
こらこらっ
甘々度ではベストっぽいですけれど、それこそこう
いう場面に至る、追加ディスクでの「ゆかりッチ主
人公で美鶴先輩を口説く」シナリオがあってもいい
かもですよね。アンソロジーでも、美鶴先輩&ゆか
りッチさんというお話は、全然無かったですし。


――というラインナップになっています。
僕個人の、「ペルソナ3」のキャラ関係における好み
というか、カップリング嗜好みたいなものは、ついに
語る機会を得ませんでしたが、りょうさんのお話で、
十分満足という感じなので、構わないのであります。
「ペルソナ3」をプレイし始めた最大の理由も、りょう
さんのお話を読みたいから、だったのですし。


short_g.gif

「涼宮ハルヒの憂鬱」は第8&9&10&11話を見ましたが、
コメントは遠慮しておきます……。


posted by mikikazu at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想・「ペルソナ3」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。