2007年01月08日

アメリカのANIME業界に就職する方法は?


いつも紹介している、アマチュアのANIMEファンの方々に
よる運営の、北米発のポッドキャストの魅力は、メディア
を通さない、ファンの視点からの、歯に衣着せぬ正直な意
見を聞けることですよね。
とはいえ企業系のポッドキャストにも、業界発であるがゆえ
の、それなりの利点はあります。
その1つ「Geneon Talk Radio」は、北米のアニメソフト
販売会社Geneon Entertainment(USA)が提供してい
る番組です。
本来は、10月に立ち上げられた公式ファンクラブGeneon
Spot
内のサービスだと思いますが、この番組のみiTunes
にも配信されていますし(オンラインストアでGeneonを検
索してみてください)、あるいはこちらのフィードから、直接
ダウンロードも出来ます。


基本的にGeneonの商品の宣伝番組なので、アマチュアの
ポッドキャストのように、辛辣な批評などが聞けるわけでは
ありませんが、そこはオフィシャルの強みで、英語版制作
に関わったプロデューサーやADRディレクターさんといっ
た方々からの言葉が直接聞けたりするのは、面白いし貴
重だと思います。
例えば12月19日更新分の第9回では、英語版「パラダイ
ス・キス」のADRディレクター兼ライターを手がけられた
Stephanie Shehさんがゲスト。
日本のアフレコと違い声優さんは個別に収録し、事前に
オリジナルの日本版を通してチェックする余裕もないこと
から、物語の全体像を唯一把握している立場の、ADRデ
ィレクターさんの仕事の苦労を含めて、キャスティングに
始まる向こうのアニメ・アフレコの実情などが、色々と紹
介されていて勉強になりました。


short_g.gif


で、今日の本題なんですが、続く12月26日更新の第10回
は、リスナーであるアメリカのANIMEファンからの質問・要
望に直接答える、というテーマだったんですね。
寄せられた質問は、
「『ヘルシング』の特集は、いつ放送したの?」
「『新・天地無用!』のBOXセットはいつ発売されるの?」
「Geneonは、iPodビデオで作品を販売する予定はない
の?」
「『DEATH NOTE』と『D.Gray-man』はGeneonから発
売して欲しいんですけれど」
「Geneonの作品はレンタル屋さんに置いていないので、
なんとかしてください」
といったものだったんですが、その中の1つに、
「どうやったら(アメリカの)アニメ業界に関われるので
すか?」

という、就職活動中(?)の大学生の方からの質問があ
ったんですね。
アニメの認知と歴史が深まり、ファンであった人達も年齢
を重ね社会人に達するようになると、こういう風に進路を
考えて当然かもしれません。


「Geneon Talk Radio」のホストの皆さんは当然、アニメ
業界に現在進行形で関わっている当事者なわけで、各自
がそれぞれの、業界に入った経緯を説明します。いわく、

「学生時代のインターンシップで日本に行った時に、Gen
eonの親会社である電通と関わる機会があって、そこで生
まれたコネから」

「アニメとは関係のない映像制作会社を立ち上げていた
のだけれど、アニメエキスポからの依頼で、ロスにある
ANIME商品を購入可能なお店のガイドという取材をして
いたら、そういった小売経由から、US Renditions(今は
亡きアニメソフト販売会社)の親会社に知られ、そのアニ
メ部門担当者として引き抜かれた」

「アニメの仕事をするつもりは特になかったけれど、日本
語を大学で専攻していたので、それを生かせそうな会社の
面接を受けることにした。そうしたら、オフィスにガンダムか
何かが置いてあって、『あ、それ知ってますよ』と言うと、
『そうか君はアニメに詳しいのか! だったら君にうってつ
けの仕事がある』ということになってしまった」

という感じだそうです。
三番目は、なんだか話が上手く運び過ぎという気もします
が(笑)、それも日本語専攻というバックグラウンドがあった
からこそ、ですものね。


short_g.gif


仕事を得る上での、ひとつの大きなアドバイスは、アニメ
会社が集中して所在している地域に生活拠点を置くべきだ
ということ。具体的にいうと、
ロサンゼルス周辺(Geneon、Bandai Entertainment)
サンフランシスコ(VIZ Media)
テキサス(ADV Films、FUNimation)
ニューヨーク(4kids Entertainment、Central Park
Media、Media Blasters)
辺りですね。
情報を集めコネを探すにしても、またチャンスがあったら
すぐに飛びつけるような状態にしておくためにも、住む場
所は大事です。


加えてキャリア的なことで語られたのは、アニメクラブの
代表を務めていると、なにかと都合がいいということでし
た。会話としては順序が逆で、アニメクラブの代表だった
人が、そのままアニメソフト会社に就職していることが多
い、ということなんですけれど。
代表を務めていると、上映の許可を求めたりとか、コンベ
ンションを運営したりする経緯で、業界の人と接触する機
会も多くなる。
そうすれば、業界の仕組みを理解出来るようになるし、
また自分のことも知ってもらえるので、コネを作るという
点で、とても便利だというのですね。
そういえば、Delaware Anime Societyの代表である
Mattieさんも、昨年のOtakonでFUNimationのブース
のお手伝いをされていましたから、そういうチャンスは確
かにあるようです。


ただやはり、いきなりアニメ関係の仕事をするというのも
難しいので、アニメにこだわらず、キャラクター商品のラ
イセンス管理などのような、広いエンターテインメント業
種で経験を積んでおくべき、というのも現実的な意見とし
て述べられていました。


short_g.gif


求人情報についていえば、各社の公式サイトで随時伝え
られてはいるようですし、アニメ系ニュースサイトでも、時
々見かけますよね。
それと例えば、Cynthia Turner's Cynopsisのような、
テレビ業界ニュースを配信しているサイトでは、合わせて
そういった業界での求人情報も掲載していますから、役立
つかもしれません。
ざっと見たところ、不況が伝えられるアニメソフト販売会社
からの求人は見つかりませんでしたが、日本アニメを多く放
送しているケーブル局Cartoon Network/Adult Swim
日本アニメ専門誌「Anime Insider」を発行しているWiz
ard Entertainment
からの求人はありました。
職種にもよりますし、すぐにアニメ関連の仕事が出来ると
いうわけでもないでしょうけど、そういうアニメが近い場所
で、自分がアニメに強い人間とアピールしておくことは、無
駄ではないかもしれませんね。
というわけで、頑張ってくださいなのです。


posted by mikikazu at 09:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: yuki.yamada.1985@gmail.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。
Posted by 山田 at 2014年12月17日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。