2006年12月02日

ANIMEの廉価版DVD-BOXは、いつからリリース出来るんですか?


大手情報サイトAnime News Networkで毎週更新されて
いる「Hey, Answerman!」は、Answermanことスタッフ・
ライターのZac Bertschy氏が、ANIME・MANGAに関する
ファンからの質問に答えてくれる、人気コーナーです。
Bertschy氏の人となりについては、ポッドキャストAnime
World Order
の第32回放送分(06年8月29日)にゲスト出
演された時に、直接のお話がたっぷり聞けましたので、参考に
なると思います。いい人です。


その「Hey, Answerman!」の最新更新分(12月1日)で取り
上げられていた、ファンからの質問の一つが、

「I was wandering how long does it take for a
series to be released in a box-set/ thinpack.
I know it cannot be released too soon after the
release of the final volume, but is there any time
limit at all?」
(作品がボックス・セットやシンパックで発売されるまでに、
どれぐらいかかるかなって思うんですけど。DVDの最後の
巻がリリースされてから、すぐ過ぎたらダメだっていうのは
わかるんですが、期限みたいなものはあるんでしょうか?)

というものです。実際に質問者さんは、「巌窟王」のボックス
・セットに興味があって、通販ショップのRight Stufに問い合
わせてみたんですが、そこでは今後のボックス・セットの発売
について情報が得られなかった、というんですね。


最近北米のアニメ市場で増えてきたのが、一度数話収録の
単巻単位で発売したDVDを、ある程度の期間を置いてから、
値段をかなり低く抑えた全話収録のセットで再発売する商法
です。
近づいた12月12日が発売日であり、Right Stufのチャート
や、同じく通販ショップのAnime Nationの予約ランキングで、
それぞれ1位になっていることで、この冬の売れ筋商品と判断
していい、ADV Filmsから発売される「フルメタル・パニック?
ふもっふ」のDVD全話収録セットを例に調べてみますね。

英語版「フルメタル・パニック?ふもっふ」公式サイト
http://www25.advfilms.com/titles/fumoffu/index.php


short_g.gif


「フルメタル・パニック」アニメ版シリーズ第2作目である「ふ
もっふ」の日本での放送は、2003年8月25日から11月17日
まで(フジテレビ系列 全11話 諸事情により放送されなか
った1エピソードがDVD発売時に収録)。
DVDは同年11月から、翌2004年4月にかけて、全六巻で発
売されています(1巻2話収録の通常版定価が6090円)。


アニメ版第1作目(英語版サイト)のライセンスを取得してい
たADVが、「ふもっふ」の取得も発表したのが、日本でのDV
D発売終了直後の2004年5月、コンベンションAnime Cen
tralの企業パネルにおいて。
その1年後の2005年5月から10月にかけて、1巻につき3エ
ピソードを収録した単巻DVDシリーズが、全四巻で発売されて
いきます。
DVD1巻の定価は29.98ドル(約3460円)ですが、第1巻は、
DVD全巻収録可能なアートボックス付きの特別版も、39.98
ドル(約5300円)で同時発売されたようです。


そして、その単巻DVDの発売が終了して、さらに1年が経過し
た今年の12月12日、全話を収録した四枚組みの「Complete
Collection」が発売される、というのが大体の経過です。
このセットの定価は49.98ドル(約5800円)ですが、各オンライ
ン・ショップが定期的に行っているセールや、格安DVDショップ
Buy.comDeep Discount DVDOverstock.comなど)
を利用すれば、実売価格は40%オフの30ドル前後(約3500円)
で購入出来るようです。
この発売に合わせて、「ふもっふ」の単巻DVDも、ADVのサイト
のホリデイセールス価格では、在庫処分ということで定価の29.
98ドルから、三分の一近い1巻12ドル(約1400円)にまで引き
下げられています。


short_g.gif


ある程度待てば、DVD1巻程度の金額で、全巻が買えるよう
になると想像してしまうと、ちょっとだけ我慢して待ち、そちら
を選ぼうというファンがいてもおかしくはありません。もちろん、
全てのアニメDVDが格安セット化されるわけではありません
ので、判断は必要ですが。
質問者は、例えば一般の劇場映画で、公開からDVD化、PP
V放送、CS放送、地上波放送と、それぞれのプラットフォーム
を移っていく期間がある程度定められているように、アニメDV
Dの廉価版ボックス・セットの発売時期にも、業界全体でおお
まかな取り決めみたいなものがあるのでは、と想像したのだ
と思います。


端的に言ってしまうと、Bertschy氏の答えは、「そんな取り決
めはなく、各販売会社・タイトルによってそれぞれ違う」という
ものです。
逆にBertschy氏は、格安のボックス・セットばかりを求めるフ
ァンにうんざりしており、業界のためには、まず単巻発売のD
VDを購入するべきだと主張します。
単巻で買ったとしても、すぐに破産してしまうわけではないだ
ろうし、上に挙げたような格安ショップを上手に利用すれば、
最初からかなり安く買うことも可能であり、さらに廉価版セット
には含まれない特典だって手に入れられるのだから、と。
「If everyone actually did that, we'd see a whole
hell of a lot less anime coming out here (and we're
already seeing less and less since the early 00's)」
(もし、みんながボックス・セットしか買わないようになってし
まったら、アメリカで発売されるアニメDVDは、さらにとんで
もなく減っていくでしょう。それでなくても2000年以降、リリー
ス数はどんどんと減ってきているのですから)
と、氏は警鐘を鳴らします。


少しでも安く買いたいという消費者心理や、そんなに自由に
使えるお金があるわけでもない若いアニメファンの気持ちは
わかりますし、利益を出さないと、そもビジネスが続けられな
い向こうのアニメ販売会社の事情も当然のことです。
そのバランスは、一時のブームが終わった今だと、さらにと
ても難しいと思います。


posted by mikikazu at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker