2011年04月25日

アメリカの百合振興団体Yuriconが、「あなたはどうやって百合に目覚めましたか?」エッセイを募集中です(日本語OK)

アメリカ・ニュージャージー州に拠点を置く、百合振興団体Yuricon(公式サイト)と、百合マンガ専門出版社ALC Publishing(紹介ページ)については、かねてより何度もご紹介させていただいてますよね。
両者の代表であるErica Friedman エリカ・フリードマンさんとは、ずっと親しく交流していて、個人ブログOkazuでの、毎日の百合作品レビューは、個人的にも楽しみのひとつです。

そのYuriconの4月24日付けニュース、及びOkazuの同日付け記事で新たに発表された企画が、

"Looking for Essayists for New Yuricon Essay Page Feature!"
(Yuriconの新しいエッセイページ特集のために執筆してくれる方を募集します!)

というものだったんですね。
つい最近、Yuriconの公式サイトは全面改修して、新たなデザイン・レイアウトに生まれ変わったんですが、それを記念して進めている新しい企画の一つ、というわけです。
エリカさんからも依頼を受けたので、その告知の日本語訳を、ここでも掲載しておきますね。

short_g.gif

「新しいエッセイページ特集のための、執筆者を募集します!」

あなたは百合を好きですよね? 
みんなわかってますけど、そもそも、どうやって百合の世界にのめり込むことになったんですか? 
あなたの人生にとって、百合がとても大事な存在になったと気づいたのは、どんな瞬間でしたか?

Yuriconは、あなたにとっての最初の百合アニメ/マンガ作品について、そしてその作品が、あなたにとってその時、どんな意味を持ったのか、今でもどんな意味を持ち続けているのかについて語ってくれる、ショート・エッセイ(英語だと500語まで)を募集しています。

集められたエッセイの内のいくつかが、サイト内のエッセイ・ページの新特集「百合は私にとってどんな意味を持つのか」のために選ばれます。全ての掲載はお約束出来ませんけれど、可能な限りたくさん掲載したいと思います!

"What Yuri Means to Me"というタイトルで、yuricon アット gmail.com までメールでお送りください。

世界に広めて、あなたも自分にとっての百合の意味を語り、2005年に東京で開催したYuriconイベントのプログラムで語ってくれた百合作家の高嶋りかさんや、森島明子さんのような方々のお仲間になってください。


short_g.gif

ということです。
エリカさんによると、エッセイの提出は日本から、日本語でも構わないそうです。
最初から英語で書ける方はもちろんそれでお願いしますけれど、日本語で提出しても、Yuricon側で英語に翻訳してくれる予定です。
英語で500語までというと、日本語での換算はちょっと難しいですので、その辺は普通に「短いエッセイ」の文章数の判断で構わないと思います。
百合好きの方の意見や想いが、世界に伝わる良い機会だと思いますので、日本からも参加してみてはどうでしょうか。
上記の、Yuriconのメールアドレスでもいいですし、いきなり海外に送るのは不安だという方は、自分のアドレス mikikazu.koアットgmail.com 宛でも構いませんよ。必ずYuricon側にはお届けしますので。
では、日本の百合ファンのみなさん、どうかよろしくお願いします!!



posted by mikikazu at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。