2010年08月14日

「ふたりはプリキュア」、オーストラリア・ニュージーランドで、年内に放送開始予定

昨日から海外におけるプリキュアシリーズの
展開についての情報をまとめ始めていたら、
タイミングよく、嬉しいニュースが飛び込んで
きました。
WorldScreen.comが8月12日付けで、
アメリカ・ロサンゼルス発として伝えた記事
"Cartoon Network Slot for Toei's Pretty Cure"
によると、Turner Entertainment Networks Asia
と東映アニメーションとの新たな契約に基づき、
オーストラリアとニュージーランドの
Cartoon Networkで、年内に"Pretty Cure"、
すなわち「ふたりはプリキュア」の放送を開始する
ことが決定したようです。
全49話であること、"Garden of Light"(光の園)、
"Dark Zone"(ドツクゾーンの英語名)といった
記事内の単語からも、シリーズ第1作目の「ふた
りはプリキュア」(日本公式サイト)と判断してよさ
そうですね。


Cartoon Networkオーストラリア(公式サイト)
では現在、
「NARUTO」
「遊戯王GX」
「爆丸バトルブローラーズ」
「メタルファイト ベイブレード」
「イナズマイレブン」
といった日本アニメ作品が放送されている
ようですが、これらのラインナップに加わる、
あるいはどれかと入れ替わるのでしょう。


short_g.gif


英語圏での「ふたりはプリキュア」テレビ放送
ということでは、カナダの子供向けケーブル局
YTV(2009年3月6日〜2010年7月31日
局公式サイト内"Pretty Cure"コーナー)
に続くものです。
このYTV版は、

美墨なぎさ → Natalie Blackstone
雪城ほのか → Hannah Whitehouse

といった主人公2人の名前に始まって、色々な
改変が施されているのですが、今回の記事内の

ドツクゾーン → Dark Zone

も、YTVでの改変に沿ったものなので、このオー
ストラリア・ニュージーランド地域で用いられる英
語吹替は、YTVで放送されたものになるのかも
と想像は出来ます。


ともあれ、今年はずっと、同じ東映アニメーション
の変身少女アニメ作品である「美少女戦士セーラ
ームーン」の、ヨーロッパ・アジア・南米地域での
リバイバルの動きについての情報が多く伝えられ
ていて、プリキュアの海外での扱いはどうなるん
だろうとも不安だったので、ファンとしてはこういう
展開は、とても嬉しいですね。

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。