2010年04月10日

アニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」、動画配信サイト・クランチロールで海外ネット配信開始


昨日から今日にかけて、海外で最大の話題
になっていたのは、やはりこれでしょう。
米・サンフランシスコに拠点を置く動画配信
サイトのCrunchyroll クランチロール(公式
サイト
)は、現地時間の4月9日金曜日に、
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズの配信
権を獲得したことを発表しています。

Anime News Netwrok掲載プレスリリース
"Crunchyroll Announces Multi-Territory
Licensing Agreement with Kadokawa Pictures
on The Melancholy of Haruhi Suzumiya"


既にクランチロール公式サイト内には、「ハル
ヒ」のページ
も作られていて、現在英語字幕版
の第1〜4話が視聴可能になっています。
(Dubbed)の項目もあるので、いずれ英語吹
替版も追加されるんでしょうね。
この「ハルヒ」のネット配信は、他のクランチロ
ール配信作品と同様に、日本からは視聴出来
ません。
作品によっても違いがあるのですが、この「ハ
ルヒ」の場合視聴出来るのは、アメリカ、ブリテ
ン諸島、スカンディナヴィア、中東、アフリカと
いった地域になります。


リリースによると、第5話以降の「ハルヒ」一期
のエピソードは、まず有料会員向けサービスの
みで配信され、いずれ広告付きの無料配信も
行われる、という手順になるようです。
また、今回の契約にはいわゆる2009年度版の
第二期エピソードも含まれ、今年後半の配信が
予定されているとのことですね。
加えて、YouTubeでも配信された「涼宮ハルヒ
ちゃんの憂鬱」「にょろーん☆ちゅるやさん」と
いったスピンオフ作品も同様に、いずれ配信さ
れます。
さらに今回の契約には、詳細は不明ですがダウ
ンロード販売や、プリント・オン・デマンドによる
マーチャンダイジング展開も含まれているそう
ですね。


BANDAI ENTERTAINMENTによる北米で
の「ハルヒ」第二期のDVDリリースについては、
既に北米公式サイトのASOS Brigadeが、
一期とは違い単巻ではなくBOXセットでの発売
になること、第一期の英語吹替キャストが引き
続き再演することなどを明らかにしていて、
クランチロールでの配信と、どうタイミングを重
ねるのか、興味深いですね。
さっそくICv2がBANDAIに取材していて、


ICv2 4月9日付け記事
"Crunchyroll Gets 'Haruhi Suzumiya'"

「今回の配信は作品の認知度を高めるための
プロモーションになり、間接的にDVDの売上を
助けるものとして考えています。大手テレビ局
で我々の作品が放送される時には、作品の認
知度と売上の高まりが見られますから」



という、BANDAIのセールス&マーケティング・
ディレクターであるOsamu Maseba氏のコメ
ントが伝えられています。
つまり、クランチロールでの配信に、大手テレ
ビ局で放送されるのと同じくらいの宣伝効果を
期待している、という意味だと思います。


short_g.gif


反応はというと……、正直様々ですね。
「ハルヒ」は名作だから、正規に視聴出来るルー
トが増えるのは賛成という意見はまずあります。
米英はともかく、今回配信される中東やアフリカ
などで、「ハルヒ」の正規品がどれだけ楽に視聴
出来ていたかということはありますし。
また逆に、旧作である第一期を、新作と同様の有
料コースでまず配信するのはおかしいという声も
あります。新作を見るために有料会員になったの
だから、旧作の配信でお金を取られたくはない、
ということですね。
クランチロールの有料会員料金である、月額6.95
ドル(約648円)を高いと感じるかどうかは、その人
や地域の経済状況もあるので、一概に判断は難
しいですけど。


実はここ最近、海外での「ハルヒ」人気が再燃
しつつあるのかも、という雰囲気はあります。
その根拠は、昨年から各国で出版の始まった、
ツガノガクさん画によるマンガ版が、アメリカや
スペインなどの売上ランキングで、好調だった
りするからですね。
英語のスキャンレーションが途中までらしい
(第14話)という理由もあるかもしれませんが、
お金を出して「ハルヒ」関連作を買ってくれる
人は、まだそれなりにいるとも思えます。
そういった海外の人達が、今年中に始まるだろ
うアニメ版第二期の展開でさらに盛り上がって
いくのか、色々と注目です。




posted by mikikazu at 17:24 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker