2010年03月26日

イタリアのコミック専門店における日本マンガ売り上げランキング(2010年1月期)


イタリアのマンガ・アニメ情報サイトNanoda.com
が、イタリアのコミック専門店における、2010年
1月期の日本マンガ売り上げランキングを掲載し
てくれていました。


Nanoda.com 2010年3月25日付け記事
"Classifica Manga: Vendite Gennaio 2010"


このランキングは出版部数ではなく、イタリア国
内の各小売店に問い合わせて調査した、実売
部数を元にしたものだそうです。
一般書店やニューススタンドでの数字は含まれ
ていないとのことですが、JETROの調査レポート、

「イタリアにおけるコミック・アニメ市場 
 基礎調査(輸出促進調査シリーズ)」


によると、
「大半のファン読者は、コック専門店を利用する。
書店経営者自身がコミックのファンだったり、
専門知識が豊富なこと、専門出版社との関係が
緊密なので信頼がおけるからである。」
との説明があるので、イタリアのマンガファン間
での、作品嗜好・人気をそれなりに示したものと
していいと想像します。


原リストは100位まで掲載してくれているんです
が、その全ては引用出来ないので、とりあえず
ここでは、1位から30位までです。


short_g.gif


1.「NARUTO」第46巻(panini comics)
2.「Bleach」第38巻(panini comics)
3.「FAIRY TAIL」第13巻(star comics)
4.「ソウルイーター」第5巻(panini comics)
5.「聖闘士星矢 エピソードG」第33巻(panini comics)
6.「クレイモア」第16巻(star comics)
7.「ヴァンパイア騎士」第10巻(star comics)
8.「666 -SATAN-」第16巻(j-pop)
9.「銃夢 LastOrder」第25巻(panini comics)
10.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」
  第25巻(star comics)

11.「NANA」第42巻(panini comics)
12.「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」第26巻(panini comics)
13.新装版「ONE PIECE」第24巻(star comics)
14.「コードギアス 反逆のルルーシュ」第1巻(panini comics)
15.「PLUTO」第5巻(panini comics)
16.「アイシールド21」第19巻(panini comics)
17.「天上天下」第39巻(panini comics)
18.「名探偵コナン」第60巻(star comics)
19.「ブレイザードライブ」第3巻(GP)
20.「ヤマトナデシコ七変化」第16巻(star comics)

21.「B.O.D.Y」第15巻(star comics)
22.「デッドマン・ワンダーランド」第1巻(panini comics)
23.「スティール・ボール・ラン」第17巻(star comics)
24.「天上天下 collection」第16巻(panini comics)
25.「紅色HERO」第12巻(star comics)
26.「テガミバチ」第6巻(panini comics)
27.「エレメンタル・ジェレイド」第16巻(star comics)
28.「桜蘭高校ホスト部」第14巻(panini comics)
29.「蜜×蜜ドロップス」第6巻(star comics)
30.「新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」
  第7巻(panini comics)


各出版社公式サイト

panini comics
http://www.paninicomics.it/web/guest/planetmanga/
star comics
http://www.starcomics.com/
GP Publishing
http://www.gppublishing.it/
J-Pop
http://www.j-pop.it/


short_g.gif


という結果になっていますね。
2007年のJETRO調査のデータとは、かなり顔
ぶれにも変化があるようです。
ここでも1位の「NARUTO」を含めて以下続く、
「Bleach」
「ソウルイーター」
「クレイモア」
「ヴァンパイア騎士」
「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」
などは、北米でも売れている作品ですが、
やはり北米と異なる欧州地域の特徴としては、
第5位に「エピソードG」第33巻がランクインして
いる、「聖闘士星矢」の人気が見て取れます。
フランスやスペインでも同様に、現在進行中の
新刊が発売されれば、「NEXT DIMENSION
冥王神話」であれ「THE LOST CANVAS 冥王
神話」であれ、どの作品でも必ずトップ10入りし
ますしね。
イタリアでの「NEXT DIMENSION」の出版社は、
「エピソードG」「THE LOST CANVAS」のpanini
ではなく、J-Popという別のところになるというの
も、不思議な話ですけど。

Animeclick 2010年3月23日付け記事
"Ufficiale: Saint Seiya Next Dimension
 è JPOP! E non solo..."



あ、日本では第17巻までの「エピソードG」が、
どうして33巻まで出ているかというと、ページ数
を日本の単行本の半分にしたバージョンでの出
版形式だからですね。
「天上天下」のように、その薄いバージョンで出版
した後、あらためて「collection」版として、オリ
ジナル単行本と同じ装丁・ページ数で再出版する
こともあるようです。




posted by mikikazu at 07:22 | TrackBack(0) | 海外情報(イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。