2010年03月04日

姫川明さん作画のマンガ「Gold Ring」が、アラビア語文学賞Sheikh Zayed Book Awardの最優秀児童文学賞を受賞


かねてよりフォローしている作品について、
嬉しいニュースが飛び込んできました。
日本のみならず、海外でも広い人気を得て
いるマンガ版「ゼルダの伝説」シリーズなど
で知られる、姫川明さん(公式サイト)が作画
を手がけ、UAE(アラブ首長国連邦)ドバイ在住
のQais Sedki カイス・セドキさんが原作を担
当した、日本人とUAE人作家による初の共作
アラビア語オリジナル・マンガ「Gold Ring」
については、過去にもお伝えしたことがありま
すよね。


2009年7月23日付け記事
「日本人のマンガ家とUAE人の作家との共作
 による、初のオリジナルマンガ作品 
 『Gold Ring』(アラブ首長国連邦)」


「GOLD RING」公式サイト

出版社Pageflip Publishing公式サイト


short_g.gif


アラブ首長国連邦アブダビの文化遺産庁の後
援によって、三年前に創設された、アラビア語の
文学賞である、Sheikh Zayed Book Award
(公式サイト)というものがあるそうなんですが、
四回目の今年、"Children’s literature"(児
童文学)部門の最優秀作として、他でもない
「Gold Ring」第1巻が選ばれたことが、昨日発
表されています。


公式サイトでの告知
"Sheikh Zayed book Award Winners of 'Literature'
and 'Children’s Literature' announced "


アブダビでの授賞式の模様を伝える、
The National 3月4日付け記事
"Emirati wins Zayed book award"


アラブ文学界における賞自体の価値、という
事についていうと、正直皆目見当もつかない
のですが、ひとつの文学作品として評価され
ていることには、それなりの意味があるのだ
ろうとは想像します。
Gold Ringという競技自体はフィクションです
が、鷹狩りという行為に代表されるアラブの伝統
文化を、若年層読者にも伝わるよう丁寧かつ正
確に描写している点が、高く評価されたようです。
その点は、作画の姫川さんもサイトの日記で大
変に苦心されたと仰っていたので、報われたと
思います。
逆に海外のコミック・アーティストさんが、日本
の伝統文化を題材にしたマンガを描こうとした
時に、日本人の目から見ておかしくないレベル
にまで達するにはどれだけ大変なのかは、想像
に難くありませんよね。姫川さんは、大変なお仕
事を成し遂げられたのです。


ちなみに賞金額は、75万dh(UAEディルハム)
で、約1800万円(!)ですか。
日本の文学賞・マンガ賞と比較すると、とんで
もなく高額ですが、賞全てでは、700万dh(約1
億6867万円)になるそうですね。計算間違いじ
ゃないかと思うくらいですけど。
セドキさんはこの賞金を、「Gold Ring」第2巻
の出版・マーケティング費用にあてるそうです。
セドキさんは、「Gold Ring」出版のために、
Pageflip Publishingを自己出資で設立して、
つまり人生をこの作品に賭けていたわけですが、
とりあえずはその賭けに勝ったようです。
セドキさん、姫川明さんのお三方共に、お祝い
を申し上げます。おめでとうございました!


posted by mikikazu at 21:10 | TrackBack(0) | 海外情報(アラブ・中東) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。