2010年02月24日

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」第1話の、日本を含む世界での違法配信状況について


そうなるだろうと思っていたら、やっぱりそう
なったという、残念な展開について情報をま
とめておきます。
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」は、
宇宙世紀を舞台にしたガンダム・シリーズ最
新作のOVAで、全6巻でのリリースが予定さ
れています。

「機動戦士ガンダムUC」公式サイト
http://www.gundam-unicorn.net/


この「UC」リリースにおいて最も注目されて
いたのが、日本国内だけではない、世界規
模での商品展開が、最初から企画されてい
ることですね。
2010年2月20日に、全国5都市の劇場で
「プレミアレビュー」と称した限定公開を行うと
同時に、会場でブルーレイ・ディスクを先行販
売し、また同日からはPlayStation Store
において有料ネットワーク配信も実施します。
そして3月12日には、日本、アメリカ、カナダ、
台湾、フランス、イギリスといった国で同時に、
ブルーレイ・ディスク、DVDを販売開始し、ブ
ルーレイには日本語・英語音声と、日本語・
英語・仏語・スペイン語・中国語繁体字(北
京語・広東語)の字幕が収録されている、ユ
ニバーサルな仕様になっています。
また、発売に合わせて日本だけでなく、香港・
台湾・アイルランド(アイルランド映画協会主
催のイベントAnime Weekend内)でも、
上映会が行われます。


short_g.gif


こういった世界展開を成功させるための要素
のひとつが、今ではネットを通して世界規模で
瞬時に可能になっている、作品の違法配信・
ダウンロードが行われないことですね。
例え商品が同時に発売されようとも、無料で
手に入るものも同時に出回ってしまえば、大き
な障害になるのは間違いありませんし。
以下、わかった範囲での、ネットにおける「機
動戦士ガンダムUC」第1話の違法配信状況
について、時系列順で並べてみます。
時刻は日本時間ですが、世界的な範囲なので、
時差の計算など、多少の間違いはあるかもしれ
ません。


short_g.gif


まず、日本の劇場での「プレミアムビュー」と同
時に、PlayStation Storeにおける有料ネット
ワーク配信が始まったのは、2月20日の朝(9時
くらい?)からだと思います。
その日の深夜、午前零時頃には、そのネット配
信から切り取られた、字幕のない、いわゆるRAW
の「UC」第1話動画が、P2P経由でダウンロード
可能になります。
この動画がネット配信での映像だと判断出来る
のは、冒頭に配信者であるバンダイチャンネル
のロゴが現れれることと、画面右端にずっとサン
ライズの名前が表示されているからですね。
ブルーレイなら、再生中にそんな名前が表示さ
れ続けることはないと思います。
以降展開される違法配信は全て、このPlayStation
Store経由でネット配信された動画をベースに
したもののようです。


この情報はすぐに、ある英語アニメニュースサイト
によって、「日本ではPlaystation Networkで
販売されている、ガンダムUCの第1話がリーク
された」と、違法ダウンロード出来るサイトへ
のリンクと共に
記事として伝えられたことで、
一気に広まった可能性はあります。


そのRAW動画が流出してから約20時間後の、
日本時間21日午後8時頃になると、香港発の
グループによるらしい、中国語字幕付きの動画
が早々に現れます。
中国語字幕はBDにも収録されているのですが、
この動画はRAWと同じく、サンライズの名前が
ずっと表示されるものなので、BDからリッピン
グしたものではなく、字幕を自作し重ねたものだ
と思われます。


さらにその26時間後の、日本時間23日午前零
時頃には、英語字幕ファンサブも流れ始めます。
これも翻訳は自作のようですが、不満も届いた
ようで、制作したファンサブ・グループは、近日
中にBDを入手し、それからリッピングした、HD
画質で公式な字幕付きの動画をアップしたいか
らと、購入資金のための募金を、サイト上で呼び
かけています。


それとほぼ同時に、検索すれば5秒で見つかる
ような、複数の、英語表示の違法アニメ配信サ
イトが、一斉にその英語字幕動画の、自サイト
での配信を始めます。中身は全て一緒ですが、
自分達で作ったように見せるためか、冒頭に
あるファンサブ・グループの表示は、消してある
ところもあります。


そして23日夕方には、最大手動画投稿サイトで
あるYouTubeにも、6分割された「UC」第1話
の英語ファンサブ動画が何者かの手によって投
稿されてしまいます。
これについてはさすがにバンダイビジュアルか
らの著作権侵害の申し立てが行われたようで、
翌24日のお昼までには、動画は全て削除され
ています。
ただし、それ自体では著作権侵害と判断されな
いのか、「UC」を配信している違法動画サイトへ
のリンク誘導・宣伝動画は、いくつかまだ残った
ままです。


short_g.gif


とりあえずこの辺までが、2月24日夜の現時点
までで把握している、「機動戦士ガンダムUC」
第1話の、違法配信状況です。
もちろんこれだけではないでしょうし、非英語圏
の状況についても、まだよくわかりません。
DVD/BDの発売前に、どれだけの人が世界
で「UC」第1話を違法視聴したかは、見当もつ
きませんけれど、一部のダウンロード数などの
表示を見る限り、最低でも数万以上にはなるで
しょう。
コメント欄などをざっと見ても、作品への評価は
とても良いだけに、こういう状況はとても残念です。
おそらくの作り手の期待通りに、この「UC」で初
めて宇宙世紀ガンダムとその魅力を知ったという
世代が、とても多いんですね。
ネット配信されていない、「涼宮ハルヒの消失」
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
などは、とりあえずこういった形での動画流出
は行われていないようですから、第2話以降は、
「UC」も先行ネット配信について、再考が必要
かもしれませんね。


posted by mikikazu at 22:32 | TrackBack(0) | 海外情報(総合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。