2010年02月17日

英語版「鋼の錬金術師FA」の新アル役・Maxey Whiteheadさんへの反応は良好


北米地域では2月13日深夜(東部標準時午前
零時)から、ケーブル局Cartoon Networkの
深夜ブロックであるAdult Swim(同チャンネル
ですが別ネットワーク扱い)で、英語吹替版の
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」
こと「Fullmetal Alchemist: Brotherhood」
の放送が始まりました。

Adult Swim公式サイト

各国語字幕版のネット配信・衛星やケーブル
局での放送については、世界各地で広く既に
行われているのですが、英語吹替の放送は、
これが最初になると思います。


short_g.gif


この新英語版での最大の注目は、主人公で
あるエルリック兄弟の1人、アルフォンス・エル
リック役の声優が、旧シリーズでアルを演じて
いたAaron Dismuke君から、女性のMaxey
Whiteheadさんに変更されたことです。
日本版の「FA」でも一部声優さんの変更はあ
ったようですが、この英語版「FA」でのアル役
の変更の理由は、旧作で、1992年生まれの
Aaron君がアルを演じたのは、まだ12歳から
数年の範囲だったのに、現在ではもう18歳と、
既に声変わりの時期を経てしまっていて、かつ
てのアルと同じ声が出せなくなってしまったか
らなんですね。
Aaron君の声は、最大の当たり役になったエド
役のVic Mignognaさんと同じく、とても好評だ
ったのですが、こればっかりは肉体的な問題で
すから、仕方がありません。


なので、ネット配信で物語の内容については
既に知られていますから、今回のAdult Swim
での英語版放送での注目も、新アル役に選ば
れたMaxey Whiteheadさんの演技に集中し
ていました。
結果、フォーラムなどでの反応を読む限りでは、
概ね肯定的といっていいと思います。
そのままの意見は引用出来ませんが、Aaron君
よりは少し高めの声かもしれないけれど、やはり
アルに聞こえる、といった感じで。
むしろ不満の方は、OPが短縮されていたことに
ついて多く読めます。


Maxey Whiteheadさんの新アルが受け入れ
られているのは、事情が事情だけに仕方ない、
という理解もあると思います。
ダメだといっても、12歳の頃のAaron君を復帰
させるわけにもいきませんから。タイムマシンで
もない限り(笑)。
その辺の事情説明を、英語吹替を制作した側が
事前にしっかりとしておいたので、放送が始まっ
ても、特に混乱が起きていないのだと思います。


short_g.gif


この新アル役であるMaxey Whiteheadさんへの
最新インタビューが、Anime News Networkにも
掲載されていました。

Anime News Network 2010年2月15日付け
"Interview: Maxey Whitehead"

このインタビューでは、

・実際に役を得るまで、「鋼の錬金術師」という作品
 の人気については理解していなくて、現在はかな
 りのプレッシャーを感じている
・オーディションの時こそ、Aaron君のアルの声を
 少しだけ聞かされたけれど、決まってから以降は、
 演出側との相互了解として、彼の単なる声真似に
 なってしまわないように、旧シーズンはあえて見
 ないようにしている

などがまず語られています。
賛否両論あるでしょうけど、英語吹替制作の場合、
良くない影響を避けるために、あえてオリジナルの
日本語演技は聞かない・聞かせない、という声優さ
ん・ディレクターさんの話もよく目にします。
オリジナルの声に似せようと努力するあまり、人間
としてのキャラの演技の質や、リアリティが落ちてし
まっては困る、というわけですね。


ただし鎧を通したアルの声を再現するために、
マイク・スタンドに金属製のボウルを取り付ける
という方法は、Aaron君の時と同じで、ボウル
自体も、Aaron君が使っていたものだそうです。
初期に同じ方法(空缶?)を取っていたという日
本版では、もうエフェクトになってしまったそうで
すが、英語版では、初期の物理的な方法が、
ずっと継承されているんですね。


short_g.gif


最後にオマケとして、アニメ版「鋼の錬金術師」
シリーズをリリースしているFUNimation提供の、
アニメコンベンションKatsucon(2月12〜14日 
メリーランド州)の動画レポートです。
エド役のVic Mignognaさん、アル役のMaxey
Whiteheadさんの姿が「鋼FA」パネル(1分00
秒〜)で映った後、Whiteheadさんは最後にまた
少し登場してコメントをくれます。







posted by mikikazu at 19:54 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker