2010年01月25日

北米マンガ売り上げランキング2010年1月中・下旬期(NYタイムズ・オンラインストア)/「ONE PIECE」の連続出版(6ヵ月で30巻)始まる


今日は恒例の、北米地域におけるマンガ売
り上げデータについてまとめておきます。
まずはお馴染み、The New York Timesが
伝えているManga週間ランキング(1月10〜
16日)
から。


1.「遊戯王GX」第4巻
2.「NARUTO」第46巻
3.「ヴァンパイア騎士」第8巻
4.「鋼の錬金術師」第22巻
5.「Maximum Ride」第2巻
 (James Patterson & NaRae Lee)
6.「ONE PIECE」第24巻
7.「ヴァンパイア騎士」第1巻
8.「Maximum Ride」第1巻
9.「ONE PIECE」第25巻
10.「Bleach」第29巻


ということになっています。
NYTimesの記載では1週目にされていますが、
1位の「遊戯王GX」第4巻は先週に続いての、
二週連続第1位です。
「遊戯王」シリーズの単行本の売り上げには、
付録のカードの存在も貢献しているのでは、
という意見も、Twitterでいただきました。


short_g.gif


今月というか、今月からの注目は、6ヶ月間
毎月5巻ずつ、合計30巻(第24〜53巻)を連
続集中出版するという、ちょっと常軌を逸した
(失礼)出版スケジュールになっている、「ONE
PIECE」(北米マンガ公式サイト)ですね。
北米での英語翻訳版「ONE PIECE」の出版
は、ヨーロッパなどと比べるとずっと遅れていた
んですが、この集中出版で、かなり追いつくこ
とになります。
出版元のVIZ Mediaは、かつて「NARUTO
NATION」と称した、「NARUTO」単行本の集
中出版キャンペーンを、2007年と2009年の
二度に渡って行い、成功を収めています。

第一次NARUTO NATION(2007年)
9月・第16〜18巻
10月・第19〜21巻
11月・第22〜24巻
12月・第25〜27巻
―― 計12冊

第二次NARUTO NATION(2009年)
2月・34〜37巻
3月・38〜41巻
4月・42〜44巻
―― 計11冊

今回の「ONE PIECE」の連続出版もそれに
倣ったものですが、

1月・第24〜28巻
2月・第29〜33巻
3月・第34〜38巻
4月・第39〜43巻
5月・第44〜48巻
6月・第49〜53巻
―― 計30冊

というスケジュールは、期間・巻数共に、
「NARUTO NATION」より大規模なもの
になっています。
北米での「ONE PIECE」人気は、「NARUTO」
よりはるかに下回るのに、大丈夫なんだろ
うかとは、素人目にも思います。子供のお
小遣いでも、 毎月5巻を半年続けるのは、
きっとかなり厳しいでしょうし。
また価格の方も、それまでの巻の定価は、
7.95ドルだったのに、集中出版の始まった
第24巻以降は、2ドル値上げした、9.99ドル
になっていて、さらに買い難くなっています。
まとめて出版するのだから割り引く、という
のなら話はわかるんですけど……。


short_g.gif


では引き続いて、北米(アメリカ・カナダ)の各
オンラインストアにおける、マンガ作品の売り
上げランキング2010年1月下旬編です。
こちらでの「ONE PIECE」の動きはどうでしょう。


アメリカ

大手一般書店チェーン

・Borders

1.「Warriors: Ravenpaw's Path」第1巻
2.「Maximum Ride」第2巻
3.「Maximum Ride」第1巻
4.「ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし」
5.「ゼルダの伝説 4つの剣」第2巻
6.「ゼルダの伝説 4つの剣」第1巻
7.「ゼルダの伝説 時のオカリナ」第1巻
8.「ゼルダの伝説 時のオカリナ」第2巻
9.「ポケモンDP 2―ポケットモンスター
 ダイヤモンド・パール物語」第5巻
10.「桜蘭高校ホスト部」第13巻


・Barnes & Noble

1.「Maximum Ride」第2巻
2.「ヴァンパイア騎士」第8巻
3.「Maximum Ride」第1巻
4.「遊戯王GX」第4巻
5.「NARUTO」第46巻
6.「Dark Hunger」
7.「Vampire Kisses: Blood Relatives」
  第3巻
8.「ヴァンパイア騎士」第7巻
9.「フルーツバスケット」第23巻
10.「Warriors Manga Box Set」


・Books-A-Million

1.「NARUTO」第46巻
2.「ヴァンパイア騎士」第8巻
3.「Maximum Ride」第2巻
4.「Bleach」第29巻
5.「フルーツバスケット」第23巻
6.「NARUTO」第38巻
7.「Warriors:Shattered Peace」
8.「BLACK BIRD」第2巻
9.「Maximum Ride」第1巻
10.「ヴァンパイア騎士」第7巻


オンラインストア

・アメリカAmazon

1.「NARUTO」第47巻
2.「黒執事」第1巻
3.「大神絵草子 絆 -大神設定画集」
4.「鋼の錬金術師」第22巻
5.「無限の住人」第22巻
6.「Maximum Ride」第2巻
7.「Warriors: Ravenpaw's Path」第1巻
8.「Dark Hunger」
9.「Maximum Ride」第1巻
10.「Vampire Kisses」第4巻


アニメ・マンガ専門店

・Right Stuf

1.「会長はメイド様!」第4巻
2.「SILVER DIAMOND」第5巻
3.「会長はメイド様!」第3巻
4.「学園アリス」第10巻
5.「ハートの国のアリス」第1巻
6.「学園アリス」第11巻
7.「SILVER DIAMOND」第6巻
8.「トリニティ・ブラッド」第12巻
9.「明日のよいち!」第3巻
10.「まりあ†ほりっく」第3巻


・Anime Castle

1.「S・A〜スペシャル・エー〜」第14巻
2.「ヴァンパイア騎士」第8巻
3.「鋼の錬金術師」第21巻
4.「ああっ女神さまっ」第34巻
5.「無限の住人」第22巻


コミック専門店

・Midtown Comics
(ニューヨーク州ニューヨーク市)

1.「無限の住人」第22巻
2.「PLUTU」第7巻
3.「ああっ女神さまっ」第34巻
4.「Starcraft Ghost Academy」第1巻
5.「GANTZ」第8巻
6.「コードギアス 反逆のルルーシュ」第7巻
7.「バガボンド」第31巻
8.「明日のよいち!」第3巻
9.「ブラック・ジャック」第9巻


カナダ

・Bookmanager
(コミック&グラフィックノベル・ランキング
から日本マンガのみ)
――カナダ国内の、大手チェーンに属していない
独立書店向けの書籍データ・サイトで、調査対象
はコミック専門店や、大手チェーンを除く、400店
ほど。

1.「NARUTO」第47巻
2.「NARUTO」第49巻
3.「ヴァンパイア騎士」第9巻
4.「NARUTO」第48巻
5.「ロザリオとバンパイア season II」第1巻
6.「Bleach」第30巻
7.「犬夜叉」第45巻
8.「犬夜叉」第46巻
9.「Black Bird」第4巻
10.「犬夜叉」第48巻
11.「犬夜叉」第47巻
12.「遊戯王R」第4巻


short_g.gif


という結果になっていました。
NYTimesの結果とは反して、こちらの各スト
アごとのランキングでは、「ONE PIECE」はま
だ一切姿を見せていません。
第24〜28巻の公式発売日は1月5日でした
から、そろそろランキングに反映していてもい
いと思うんですけど、どのお店でも在庫はあ
るんですが、ランキングには顔を出していま
せん。売れ筋の作品だと、予約段階で上位
に入ったりするものですけど。
NARUTO NATIONの時は、上位を「NARUTO」
が独占したものでしたが、そもそもこれまで
も、「ONE PIECE」は上位に顔を出すことは
なかったので、集中出版が始まったところで、
急に読む人が増えたりするわけではないから、
とは考えられます。
そうすると、NYTimesのランキングがわから
なくなってしまいますね……。




posted by mikikazu at 12:59 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker