2010年01月03日

北米マンガサイト・ブログでの、2009年度ベストリスト・PART4


PART1PART2、そしてPART3に続いて、
さらに北米のマンガ関連サイト/ブログにおけ
る、2009年度の日本マンガ作品に対する評
価ランキングについて調べていきます。
年が明けて、さらにたくさんの人が、それぞれ
の評価を発表しているようですね。


short_g.gif

Suvudu
"The Top 10 Manga of 2009"
(by Jason Thompson ―― 英語で出版された
全てのマンガをレビューした大労作「Manga:
The Complete Guide」著・編者)

1.「ファンシージゴロ・ペル」(水野純子 LAST GASP)
2.「デトロイト・メタル・シティ」
 (若杉公徳 VIZ Media)
3.「愚か者は赤を嫌う」(えすとえむ NETCOMICS)
4.「もやしもん」(石川雅之 Del Rey)
5.「美味しんぼ a la Carte」
 (雁屋哲・花咲アキラ VIZ Media)
6.「海獣の子供」(五十嵐大介 VIZ Media)
7.「神々の山嶺」(夢枕獏&谷口ジロー
 Fanfare/Ponent Mon)
8.「ぼくらの」(鬼頭莫宏 VIZ Media)
9.「勝又進作品集 赤い雪」(勝又進 Drawn & Quarterly)
10.「20世紀少年」(浦沢直樹 VIZ Media)


i ♥ manga
"Best New Series of 2009"
(by Lorena Nava Ruggero)

「海獣の子供」(五十嵐大介 VIZ Media)
「デトロイト・メタル・シティ」
 (若杉公徳 VIZ Media)
「大奥」(よしながふみ VIZ Media)
「花の名前」(斎藤けん CMX)
「境界のRINNE」(高橋留美子 VIZ Media)
「ヴィーナス綺想曲」(西形まい CMX)
「よつばと!」(あずまきよひこ Yen Press)


Manic About Manga
"Manic About Manga's Best of 2009"
(by Kris)

「エトワ」(つげ雨夜 Deux Press)
「傷だらけの愛羅武勇」(彩景でりこ NETCOMICS)
「美味しんぼ a la Carte」
 (雁屋哲・花咲アキラ VIZ Media)
「わんことにゃんこ」(天咲吉実 801 Media)
「是 -ZE-」(志水ゆき 801 Media)
「さよなら絶望先生」(久米田康治 Del Rey)
「あかるい家族計画」(もろづみすみとも NETCOMICS)
「CUT」(川唯東子 Juné)
「20世紀少年」(浦沢直樹 VIZ Media)


〜生まれた町で夢見てきた...〜
"Kethylia's Top Ten English-Translated
Manga for 2009"

(by Casey Brienza)

1.「20世紀少年」(浦沢直樹 VIZ Media)
2.「劇画漂流」
 (辰巳ヨシヒロ Drawn and Quarterly)
3.「Butterflies, Flowers,」(吉原由起 VIZ Media)
4.「海獣の子供」(五十嵐大介 VIZ Media)
5.「デトロイト・メタル・シティ」
 (若杉公徳 VIZ Media)
6.「グラビテーション Collection」(村上真紀 TOKYOPOP)
7.「君に届け」(椎名軽穂 VIZ Media)
8.「もやしもん」(石川雅之 Del Rey)
9.「大奥」(よしながふみ VIZ Media)
10.「さよなら絶望先生」(久米田康治 Del Rey)


Heart of Manga
"Best New Shojo of 2009"
(by Laura)

1.「君に届け」(椎名軽穂 VIZ Media)
2.「BLACK BIRD」(桜小路かのこ VIZ Media)
3.「らせつの花」(潮見知佳 VIZ Media)
4.「ハニーハント」(相原実貴 VIZ Media)
5.「オトメン(乙男)」(菅野文 VIZ Media)
6.「ヴィーナス綺想曲」(西形まい CMX)
7.「花の名前」(斎藤けん CMX)
8.「会長はメイド様!」(藤原ヒロ TOKYOPOP)


Manga Xanadu
"Best Manga of 2009"
(by Lori Henderson)

Best Title Ending:
「かりん」(影崎由那 TOKYOPOP)
Best Continuing Title:
「鋼の錬金術師」(荒川弘 VIZ Media)
Best First Volume:
「君に届け」(椎名軽穂 VIZ Media)
Best Reissue:
「ふしぎ遊戯」(渡瀬悠宇 VIZ Media)
Best All Ages Title:
「恐竜の時間」(塩谷仁 VIZ Media)
Best OEL Title:
「Dark Hunters」(Sherrilyn Kenyon&
Claudia Campos St. Martin's Griffin)
Best Manhwa Title:
「Goong」(Park SoHee Yen Press)
Best New Title:
「PLUTO」(手塚治虫・浦沢直樹 VIZ Media)


School Library Journal
"A Kid's Best Manga List of 2009"
(by 筆者Lori Hendersonさんの10歳の娘さん
であるKrissyちゃん。コメントも可愛い)

「はこぶね白書」(藤野もやむ TOKYOPOP)
「チョコミミ」(園田小波 VIZ Kids)
「どーもくん the Manga」(TOKYOPOP)
「はぴはぴクローバー」(竜山さゆり VIZ Kids)
「Pokémon Adventures」(Viz Kids)


short_g.gif


という辺りが今日までの分ですね。
これまでに紹介したランキングとは違い、
「PLUTO」「劇画漂流」のどちらもがほとんど
登場しない選出になっています。
有名どころのサイトさんのランキングがある
程度出揃って、より個人の嗜好が強く現れた
記事がそれぞれ発表されつつある、というこ
とでしょうか。
ともあれこれだけ回を重ねれば、2009年度の
北米マンガ界の批評トレンドみたいなものも、
かなりわかってきたと思います。




posted by mikikazu at 22:00 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker