2009年11月09日

フィリピンでの日本アニメ視聴率データ(2009年10月22日〜11月5日)/トップは「ハンター×ハンター」


フィリピンでのテレビ地上波放送における、
現在の視聴率データが見つかりまして、日
本アニメもいくつか上位に含まれているよ
うなので、抜き出してみますね。
Taylor Nelson Sofres調べによる、フィリ
ピン全国のテレビ視聴率データを掲載して
くれているサイトはたくさんあるのですけど、
ほとんどが、PEP:Philippine Entertainment
Portal
から引用しているようです。
とりあえずStarmometer.comWhy Not
Coconut
などが調べやすいでしょうか。
とりあえず、ここ二週間ほどのデータから、
日本アニメ、及び特撮などの関連作品のそ
れを並べてみます。


short_g.gif


全国視聴率

10月22日(木)
「ハンター×ハンター」 ―― 13.4%
(GMA-7 全体での第18位)
「Bleach」 ―― 11.2%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 8.3%
(ABS-CBN)
「メルヘヴン」 ―― 7.8%
(ABS-CBN)
「星のカービィ」 ―― 6.5%
(GMA-7)
「Pokemon Master Quest」(第5シーズン)
―― 5.4%(GMA-7)


10月23日(金)
「ハンター×ハンター」 ―― 13.4%
(GMA-7 全体での第18位)
「Bleach」 ―― 8.7%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 8.2%
(ABS-CBN)
「メルヘヴン」 ―― 7.7%
(ABS-CBN)
「星のカービィ」 ―― 6.5%
(GMA-7)
「Pokemon Master Quest」(第5シーズン)
―― 6.4%(GMA-7)


10月24日(土)
「Power Rangers Jungle Fury」 ―― 6.3%
(ABS-CBN)
「超星艦隊セイザーX」 ―― 3.4%
(GMA-7)


10月25日(日)
「花ざかりの君たちへ」(台湾製実写版?)
―― 7.4%(ABS-CBN 全体の20位)
「Pokemon Specials」 ―― 6.1%
(GMA-7)
「Power Rangers Jungle Fury」 ―― 6.0%
(ABS-CBN)
「魔弾戦記リュウケンドー」 ―― 5.8%
(GMA-7)


10月27日(火)
「ハンター×ハンター」 ―― 13.5%
(GMA-7 全体での第20位)
「Bleach」 ―― 8.7%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 8.2%
(ABS-CBN)
「メルヘヴン」 ―― 7.6%
(ABS-CBN)
「星のカービィ」 ―― 6.5%
(GMA-7)


10月29日(木)
「ハンター×ハンター」 ―― 12.7%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 10.3%
(ABS-CBN)
「Bleach」 ―― 9.4%
(GMA-7)
「メルヘヴン」 ―― 9.0%
(ABS-CBN)
「星のカービィ」 ―― 5.9%
(GMA-7)


10月30日(金)
「ハンター×ハンター」 ―― 12.6%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 9.6%
(ABS-CBN)
「メルヘヴン」 ―― 9.1%
(ABS-CBN)
「Bleach」 ―― 8.9%
(GMA-7)
「星のカービィ」 ―― 5.8%
(GMA-7)


10月31日(土)
「超星艦隊セイザーX」 ―― 4.2
(GMA-7)


11月4日(水)
「ハンター×ハンター」 ―― 13.5%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 8.9%
(ABS-CBN)
「Bleach」 ―― 8.7%
(GMA-7)
「メルヘヴン」 ―― 8.2%
(ABS-CBN)
「星のカービィ」 ―― 6.3%
(GMA-7)
「Pokemon Master Quest」(第5シーズン)
―― 5.1%(GMA-7)


11月5日(木)
「ハンター×ハンター」 ―― 11.7%
(GMA-7)
「NARUTO」(Season 4) ―― 9%
(ABS-CBN)
「Bleach」 ―― 8.6%
(GMA-7)
「メルヘヴン」 ―― 7.7%
(ABS-CBN)
「星のカービィ」 ―― 6.2%
(GMA-7)
「Pokemon Master Quest」(第5シーズン)
―― 4.8%(GMA-7)


short_g.gif


という結果になっていて、いま現在だと、地上
放送の視聴率という点では、唯一二ケタ視聴
率を維持し続けている「ハンター×ハンター」
が、フィリピンで最も人気のあるアニメだと判断
していいと思います。
それから少し離れて、10%に届くか届かないと
いう感じで、「Bleach」と「NARUTO」が追ってい
る、という状況でしょうか。
フィリピンで「ハンター×ハンター」が一番人気で
ある理由については、何も情報を持っていませ
んけれど、同じ作者さんの「幽遊白書」の人気
を引き継いでたりするのかもですね。


ちなみに、半年前の4月13日の人気番組は、

4月13日
「スラムダンク」 ―― 13.3%
「Pokemon: Master Quest」 ―― 11.6%
「NARUTO」 ―― 11.5%
「家庭教師ヒットマンREBORN!」 ―― 9.4%
「牙-KIBA-」 ―― 8.8%
「ごくせん3」 ―― 7.8%
「B-伝説 バトルビーダマン」 ―― 7.1%

といった感じで、今とはまた違います。
この頃はずっと「スラムダンク」が圧倒的のよ
うでしたが、フィリピンではバスケットボールも、
かなりの人気スポーツなんです?


あと、フィリピンでは南米同様に、日本の特撮
作品も、たくさん放送されているんですね。
現在放送中の「仮面ライダーカブト」の人気に
ついて調べて欲しいとのリクエストもありました
が、「カブト」はケーブル・衛星局のCartoon
Networkでの放送なので、このデータには含
まれません。すみません。


フィリピン及びタイの、テレビ・映画などの映
像コンテンツの実態については、8年前の資
料と、ちょっと古いものですけど、一応JETRO
が出していますので、ご参考に。

JETRO調査レポート
「タイ、フィリピンの映像コンテンツ調査」

posted by mikikazu at 10:00 | TrackBack(0) | 海外情報(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。