2009年09月28日

ニューヨーク・アニメ・フェスティバル情報 ―― VIZ Media編


さらに引き続いて、ニューヨーク・アニメ・
フェスティバル(公式サイト)から、今度は
VIZ Media(公式サイト)の情報です。
VIZのパネルは、27日・日曜日の、午後0時
15分からでした。イベントも最終日の午後に
入って、そろそろ寂しい雰囲気になってたり
するでしょうか。


一番大きい話題としては、既にアジア地域の
展開は伝えられていた、「犬夜叉 完結編」が、
北米地域でも、ネット
(http://shonensunday.com/)
で英語字幕版が同時配信されると確認された
ことですね。

参考
・アニメ!アニメ! 2009年9月15日付け記事
「『犬夜叉 完結編』アジア各国で日本と同時
 展開決定」


細かい時間はわかりませんが(数時間後、との
ことです)、北米での配信開始は、日本テレビ
での放送と同じ10月3日からで、僕が住んで
いる大阪・読売テレビでの10月5日よりも早か
ったりします。
もちろん、日本での「少年サンデー」誌の連載
と同時に北米でネット配信されている、高橋留
美子さんの「境界のRINNE」と同様に、日本
からはアクセス出来ない筈です。
今回の放送は深夜枠ということで、日本国内
の放送範囲も、ずっと少なそうですけど、どう
でしょうか。


short_g.gif


新規にライセンスされたマンガ作品は、


「GENTE〜リストランテの人々〜」
 (オノ・ナツメ)
「図書館戦争 LOVE&WAR」
 (原作・有川浩/画・弓きいろ)
―― 2010年6月
「人形宮廷楽団」(由貴香織里)
―― 2010年10月
「神様はじめました」(鈴木ジュリエッタ)
「境界のRINNE」(高橋留美子)
―― 2009年10月に、日本と同時に単行本出版
「トリコ」(島袋光年)
―― 2010年6月
「ボブとゆかいな仲間たち」(パンチョ近藤)
「答えは3つ」(とんだばやし)


となっています。
現在SHONEN JUMPでも連載されている、
スタン・リー原作/武井宏之作画の「機巧童子
ULTIMO」の単行本は、2010年2月の予定とか。
「DEATH NOTE」コンビの作・大場つぐみ/作画
・小畑健による「バクマン。」の単行本は、
ず――っと先の、2010年8月からということ
ですけど、それまで日本での連載が続いてる
かというと?みたいな気もします。


あと、質疑応答で出た興味深い話は、

・「SHOJO BEAT」の休刊は不況のため。雑
 誌か単行本の新刊かの、どちらかを選ばな
 くてはならなかった。
・「NARUTO-疾風伝」のテレビ放送については、
 ディズニーに訊いて。
・ブルーレイへの移行はもちろん考えている。
・「NARUTO-疾風伝」のテレビ放送でカット・
 修正があるかどうかについては、ディズニー
 に訊いて。
・「NARUTO」のゲームについては、ナムコ・
 バンダイに訊いて。
・小説「灼眼のシャナ」についてはノー・コメント
 (噂が出回っているらしい?)
・「Bleach」のゲームについてはセガに訊いて。
・中断された「ヒカルの碁」DVDリリースの再開
 はない。
・Haikasoru(小説部門)の反応は良好。

辺りですね。
VIZなら、「NARUTO」絡みのことは何でも知っ
ている筈だと思われているようで、ちょっと気の
毒かもです(笑)。



posted by mikikazu at 09:00 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker