2009年09月14日

ニューヨーク・アニメ・フェスティバル(9月25〜27日)での注目イベント ―― 牧野由依さんとアメリカ・アニメ声優さんのパネル


まず先にちょっとご報告。
9月11日付け記事で、「DRAGONBALL
EVOLUTION」についての情報を引用させ
てもらったので、お返しに、うちの方で見つ
けた同日付け記事からの、実写版「バブル
ガムクライシス」についての情報を、アニメ・
マンガの実写版映画情報専門サイト「Live
Action Anime」
に、挨拶と合わせて送って
おいたら、さっそく英文の記事にしてくれて
いました。

Live Action Anime
2009年9月12日付け記事
"New information on Bubblegum Crisis LAA"

こういう風に、情報交換の交流が日米で進
むのは、とても嬉しいことですし、今後もお
役に立てることは多そうです。よろしくお願
いします。


short_g.gif


では本題。
アメリカ・アイオワ州に拠点を置くオンライン
ストアRight Stufが、隔週で配信している
ポッドキャスト番組Anime Todayの、最新
第101回
のゲストは、いよいよ開催が迫っ
てきたニューヨーク・アニメ・フェスティバル
(9月25〜27日 公式サイト)のプログラミン
グ・ディレクターであるPeter Tatara氏と、
同コーディネーターであるKim Mueller氏で
した。
とはいえ、喋っていたのは、ほとんどTatara
氏だけでしたけど。


インタビューの内容はもちろん、NYAFの色々な
お楽しみや目玉についての解説で、たくさんの
イベント、ゲストさんについて紹介していました
が、僕が個人的に注目したのは、フェスの3日
目、9月27日・日曜日の午後1時45分〜2時45
分に予定されている、"Japanese Seiyuu and
US Voice Actors"というパネルです。
これは、日本側のゲストである牧野由依さんと、
ニューヨーク地域で活躍しているアメリカ側の
声優さん(Veronica Taylorさん他)が、それ
ぞれの国での、アニメの声優/voice actors
and actressesという仕事の違いについて、
直接語り合う、というものです。ギャラの話とか、
して欲しいなあ。


ゲストで参加した声優さんが、単独のQ&Aパネ
ルなどに出席することは普通ですが、こうやっ
て日米の声優さん達が直接、お互いの仕事に
ついて語り合うセッションは、結構まれだと思う
んですけど、どうでしょう。
すぐに思い出せるのは、2008年4月18〜20日
にハワイ州ホノルルで開催されたKawaii-Kon
(公式サイト)に、「新世紀エヴァンゲリオン」の
アスカ・ラングレー役の宮村優子さんがゲスト
参加されていて、英語版アスカ役のTiffany
Grantさんと、パネルを共にしていたことでしょ
うか。

・画質全然悪いですが、その模様が少しだけわ
かる動画





牧野由依さんの代表的な役である「ツバサ・
クロニクル」のサクラを、英語版で演じていた
Monica Rialさんも、NYAFにはゲスト参加し
ているので、アスカみたいに、日米サクラの
共演が実現すると楽しいですね。
Monicaさんはテキサスの人なので、ニューヨ
ークの声優さん、という枠からは外れちゃいま
すけど。


ああ、あと、やはりゲストとして見逃せないのは、
うずまきナルト君でしょうか。
日本でやってるキャラクター・ショーを、そのま
ま再現するというわけではなく、サイン会のみ
を行うようですが、結構盛り上がりそうです。
まあ、ショーをそのままやるんだったら、台詞
も全部英語に吹替しなくちゃいけないし、大変
ですものね。
ショーはショーで面白いものなので、いつか輸
出して欲しいものです。




posted by mikikazu at 07:52 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker