2009年09月06日

「獣の奏者エリン」、日本での放送翌日にネット世界配信決定


今日は2つ話題があるのですが、記事を分
けて、まず先に北米からのニュースです。
プレスリリースが現地時間9月4日付けで
出ましたけど、北米の動画配信サイトの
Crunchyroll(公式サイト)が、「獣の奏者エ
リン」(日本公式サイト)の英語字幕版エピ
ソードを配信開始することを発表しています。
Crunchyrollの「エリン」ページでは、既に
第4話までの英語字幕版エピソードが視聴
可能で、今後数週間で、これまでのエピソ
ードも順次追加していくとのことです。
途中からになりますが、最新エピソード配
信は、日本でも昨日放送された第34話「イ
アルとエリン」の開始時刻が、現地太平洋
夏時間の6日午前3時から。
日本時間でいうと、6日午後7時ですから、
日本での放送終了から、ちょうど1日後と
いうことになりますね。
視聴可能な区域は、アメリカ、カナダ、英国、
アイルランド、オーストラリア、ニュージーラ
ンド、スウェーデン、デンマーク、フィンラン
ド、ノルウェー、UAE(アラブ首長国連邦)、
シンガポール、マレーシア、そしてフィリピン
になります。他の作品と同様に、残念ながら
日本からは視聴出来ません。


「エリン」は僕も視聴している、ご贔屓の作品
なので、こうやって世界的に広い範囲で、
合法視聴出来る国が増えてくれたのは、とて
も嬉しいですね。反応と評価が楽しみです。
NHK-BS2で放送されている「花咲ける青少年」
も、既にCrunchyrollから配信されていますが、
日本では視聴料を徴収して放送している公共
放送局の番組を、一週間後には無料で見られ
る配信サービスで提供するには、色々交渉の
過程もあったのだろうと想像します。
(Crunchyrollのサービスは、月額6.95ドル
のメンバーシップ料金を払えば、日本での放
送直後に作品が見られて、1週間後には、メ
ンバーでない人も無料で見られる、というも
のです)




posted by mikikazu at 07:33 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。