2009年08月09日

スイス・ロカルノ国際映画祭で、「天元突破グレンラガン」「コードギアス 反逆のルルーシュ」第1話のプレミア上映


スイス・ティチーノ州ロカルノで現在開催中の
第62回ロカルノ国際映画祭(公式サイト 8月5
〜15日)では、日本アニメを特集した大型企画
「Manga Impact」(公式ページ)もあって、たく
さんの日本人ゲストも参加しており、色々ニュー
スが伝えられてくると思います。
既にアニメ!アニメ!さんが、高畑勲監督の名
誉豹賞受賞について伝えてくださっていますが、

アニメ!アニメ! 2009年8月7日付け記事
「高畑勲監督 ロカルノ国際映画祭で名誉
 豹賞受賞」


うちの方でも少しだけ。


short_g.gif


今年のロカルノ映画祭では、日本アニメ「天元突
破グレンラガン」と「コードギアス 反逆のルルー
シュ」を合わせた企画が2つ用意されています。
一つ目は、8月6日午後4時半に予定されている
公式記者会見で、これは既報済の、国営放送局
RAIのデジタルチャンネルである、RAI4(公式サ
イト
)における、9月24日からの放送開始を発表す
るものですね。


・ソース AnimeClick 2009年8月8日付け記事
"Carlo Freccero parla di Anime, Code Geass
e Gurren Lagann"



記者会見の出席者は、

Carlo Freccero
 (RAI4 Director, President RAISAT)
Enza Gentile
 (RaiSat Communications Coordinator)
Massimiliano Morelli
 (Consultant for Planning and Entertainment RAI4)
Carlo Cavazzoni
 (Dynit Executive Director)

になります。
RAISATは、RAI(イタリア放送協会)の衛星・デジタル
放送部門で、Dynit(公式サイト)は、「グレンラガン」
「コードギアス」のDVDを発売する会社ですね。
この記者会見では、イタリアでの両作品の放送開始
の詳細が伝えらていると思います。


もうひとつの企画が、その後の午後6時半から予定
されている、両作品の第1話のプレミア上映会で、
こちらにはゲストとして、「グレンラガン」の監督であ
る今石洋之さん、シリーズ構成担当である中島かず
きさんが招待されています。「コードギアス」側からは
誰もいませんか?
どちらの作品も、オリジナルの日本語音声に、イタリ
ア語字幕での上映となるようです。
まだ、日本人ゲストお2人からのコメントなどは伝わ
ってきていないのですが、RAI4のディレクターである
Carlo Freccero氏が、今回の放送について語って
いる記事が、Cinematografo.itに掲載されていま
した。


Cinematografo.it 2009年8月6日付け記事
"Le frecciate di Freccero"


最近でもお伝えしたように、イタリアの地上波放送
では、今でも「ドラゴンボールZ」「遊戯王5D's」
「名探偵コナン」そして世界名作劇場といった、子
供向けアニメが人気を誇っているわけですが、この
RAI4という、若者に視聴ターゲットを絞ったデジタ
ル放送局で、子供向け以外のアニメの枠を広く開
拓していきたい、という意味のことを、Freccero氏
は語っているようです。
当然、コアなファンに応えるためにも、地上波放送
で施されるような内容改変もなし、みたいですね。
ということは、イタリア語版主題歌とかもなし、なん
でしょうか。あれはあれで味があって好きですけど(笑)。
現在RAI4では、アメリカ製のテレビドラマなどを
メインに放送しているようですが、「グレンラガン」
と「コードギアス」が、この局で放送される最初のア
ニメになるのでは、と思います。
イタリアでは世界名作劇場作品のような旧作の再放
送でも、高い視聴者数が得られるのなら、新作アニ
メの売り込みにも困るのでは、という想像もありまし
たが、この局で若者・大人向けのアニメの放送枠が
確保出来るようなら、売り込みのチャンスも増える
でしょうし、イタリアのコアなアニメファンにとっても
嬉しいことだと思います。
反応に期待したいですね。


この、「グレンラガン」と「コードギアス」のRAI4での
放送開始については、DVD発売元のDynitがプロ
モーション映像を公式サイトに置いているのですが、
YouTubeにあげられているクリップを、うちにも置
いておきますね。雰囲気が伝わるでしょうか。






short_g.gif


で、ロカルノとは全然関係ないオマケをひとつ。
海外の「プリキュア」フォーラムで、「プリキュアの
海賊版?」と話題になっていて、僕は初めて知った
のが、中国製の実写作品「巴××小魔仙」(公式サ
イト
)です。既に有名でしょうか。
あ、漢字が表記出来ないみたいですけど、「Balala
little fairy」という意味ですか。バララ?
公式サイトのイラストを見て、最初はアニメかと思
いましたが、実写で、プリキュアとかセーラームー
ンが色々混じったみたいな、戦うヒロイン作品をや
っています。
公式サイトにも映像は置いてありますが、かなり重く
て繋がらないみたいなので、YouTubeに置いてあっ
たOP&ED動画を。EDは一応アニメです。あんまり動
きませんが。
日本の実写版「セーラームーン」と違って、ホントに
子供を主役にしてる話みたいですね。
公式サイト経由ですから、合法的に全32話が視聴
出来るみたいですので、お楽しみください。





posted by mikikazu at 10:50 | TrackBack(0) | 海外情報(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。