2009年07月11日

百合アニメ「青い花」が、アメリカ最大のレズビアン・エンターテインメント情報サイト「アフターエレン」で配信開始。


お馴染みYuricon(公式サイト)の代表である、
エリカ・フリードマンさんの個人ブログOkazuの、
7月10日付け記事で知りましたけど、日本でも7
月1日から放送の始まっている、女の子同士
の恋愛物語を描いたテレビアニメ「青い花」
(公式サイト)が、アメリカ最大のレズビアン・
エンターテインメント情報サイトであるアフター
エレン Afterellen.com
でも、英語字幕版での
配信を開始されています(日本からは見られま
せん)。


アフターエレンの"Aoi Hana" ("Sweet Blue
Flowers") 配信ページ


アフターエレン掲載の、エリカさんによる「青い花」
レビュー



これは、日本以外の海外地域に、日本のテレ
ビアニメを中心としたコンテンツを配信している、
サンフランシスコに拠点を置いたクランチロール
Crunchyroll
からの提供によるものですね。
クランチロールでの有料配信は、日本での放送
から約1時間半後ですが、こちらアフターエレン
での無料配信は、クランチロールでの無料配信
開始と同じ、1週間後ということになっています。


クランチロールでの「青い花」配信ページ

クランチロール・フォーラムでの公式発表


アフターエレンについては、こちらの創始者さん
へのインタビュー
で詳しいのですが、今回の配
信で興味深いのは、アフターエレンが日本のア
ニメを配信するのはこれが初めてということで、
そもそもがアニメファンであったり、百合という
ジャンルについて既知であるわけではない、一
般のレズビアン、バイセクシュアル・コミュニテ
ィからの反応が広く得られる、ということですね。
とりあえず寄せられた反応は、とても良くて、「第
2話が待ちきれない!」というものばかりです。


short_g.gif


そもそもこのアニメ版「青い花」なんですけど、
先日エリカさんとのメールのやりとりの中で、
まず既に原作マンガを読んでいるエリカさんの
方から、「アニメ版の『青い花』はもう見ました?
とっても綺麗で、大満足でした」という言葉を
届けられたんですね。
で、僕の方からは、「えっと、今のところ日本で
アニメ版『青い花』を放送しているのは、フジテ
レビ1局だけで、見られるのも関東地域の人達
だけなんですね。僕の住んでいる地域(大阪)で
はそも放送していなくて、すぐには見られない
んです。でもアメリカの人達は、フジテレビでの
放送直後に、クランチロールでの配信を見られ
るんですよね?」と答えて、お互いに「変な状況
ですねえ?」と苦笑し合った、という経緯があっ
たりしました。


クランチロールでの、「青い花」の有料配信は、
アメリカ太平洋標準時の毎週水曜日午後零時
です。日本時間だと木曜の午前4時ですので、
木曜午前2時8分からの放送終了後、約1時間
半ですね。放送直後と称していい早さです。
第1話のみは無料ですが、以降のエピソードを
日本での放送直後に見られるのは、クランチロ
ールのメンバーシップ(1ヵ月だと6.95ドル)を得
ている人だけになります。ただ1週間待てば、
メンバーシップ料を払っていない人も、全て無料
で見られるようになります。
視聴可能地域は、アメリカ、カナダ、イギリス、
ニュージーランド、アメリカ領サモア、合衆国領
有小離島、プエルトリコ、グァム及びバージン諸
島ということになっています。英語圏の大きな国
で入っていないのは、オーストラリアくらいでしょ
うか。
夏のアニメ新番組だと、他に「かなめも」「よくわ
かる現代魔法」「ファイト一発!充電ちゃん!!」な
ども、クランチロールは同様に配信しています。


幸いにして「青い花」の場合は日本でも、有料
動画配信サービス「フジテレビ On Demand」
によって、放送がされていない地域でも、視聴
可能になっています。

フジテレビ On Demand 「青い花」ページ

こちらは翌日午前10時からの配信開始というこ
とで、7時間半後ですか。視聴期間限定で、1話
で210円、全話で1575円という価格設定は、ど
うでしょう。一応全話パックで購入しました。
とりあえず、海外の多くの人達の方が、日本の
多くの人達よりも、早く安くネット配信で見られる
という、捩じれた状況ではありますね。もちろん
見られないよりはマシですけども。


short_g.gif


この、海外向けの同時配信の最大の目的のひと
つは、ファンサブや違法動画配信の抑制とされて
います。
今回「青い花」についても、また調べていますが、
ダウンロード・視聴している人の数の増減までは
わかりませんけど、ファンサブや違法動画の配信
は続いているのが現状だと思います。
いくつか、流通している非正規の動画をチェック
してみると、英語字幕は2種類以上確認出来て、
クランチロールが提供しているものではない、
ファンによる英語字幕、つまりファンサブ版が、
引き続き制作されているのがわかりました。
放送直後に、正規の英語字幕が提供されるの
に、何故わざわざ自前であらためて、英語字幕
を作るかというと、その正規版の翻訳に対する
不満が強くあるようです。自分達の方が、より
正しく忠実に日本語を翻訳出来るという主張を
したい人達がいるようなんですね。


わざわざファイルをダウンロードする必要のない、
動画配信の方は、相変わらず数が多過ぎて、全
体像は把握出来ません。
某大手の動画投稿サイトでは、日本で放送された
素材を基にした第1話の英語字幕付き違法動画の
視聴数が、そこだけで2万4000を超えていました。
クランチロールの方の、正確な正規視聴者数は
わかりませんが、経由して見ているだろう、紹介ペ
ージ
の閲覧者数が、現在1万7000くらいというこ
とは、違法な手段で「青い花」に接している人が、
まだずっと多いということだと想像します。
1週間は有料でないと視聴出来ないクランチロ
ール版、あるいはそのファンサブ版が、それぞれ
たくさん違法配信されているのは、以前にもお伝
えした「NARUTO-疾風伝」などと変わらない状況
ですね。




posted by mikikazu at 10:24 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。