2009年07月07日

フランスでの日本マンガ売り上げランキング(2009年4〜5月期)


先に一言すみません。
今日は七夕で、当ブログ「ULTIMO SPALPEEN」
が、1999年7月7日にHPとして活動を開始し
てから、10周年ということになります。
偶然ですが、思い出しやすい日付になってて、
よかったです。
10年やってて、少しは賢くなったかというと、
特にそんなこともないみたいですが(笑)。


旧HP時代から知っている人は、もうほとんどい
ないかもと思うんですけど、「ULTIMO SPALPEEN」
はそもそも、アニメ・マンガの海外情報はおろか、
アニメ・マンガ自体をメインコンテンツとして扱う
HPではなかったんです。始めた当初のコンテン
ツは、実は映画一般とHR/HMでした。
当時は10年くらい、アニメからは離れていてて、
世間を席巻していた「エヴァンゲリオン」ブームも、
外側から他人事として眺めていた、という感じで。
それでもガンダム程度は知っていましたから、
ちょうど放送の始まった「∀ガンダム」くらいは、
感想を書いてみようかと思ったんですね。
「∀」という作品自体はともかく、その感想とファン
小説が、わりに評判がよく、アニメファンの方達と
も交流が生まれましたので、やがてお薦めされる
作品や話題になっている作品も、見ていくようにな
ったんです。なにしろ10年間の空白がありましたか
ら、勉強することはいっぱいでした。
そしてちょうどその頃から、北米でのアニメ人気が
少しずつ伝わってくるようになり、そちらのことも
調べていたら、海外の方とも交流が始まり、だん
だん扱いが大きくなっていって、今日に至る、とい
うわけです。


色々な人と出会ったり別れたり、縁を切ったり愛想
を尽かされたり(笑)してきましたが、活動開始当初
からのお付き合いが続いているのは、しばらくお休
み中のたちばなりょうさん(HEAVENLY BLUE)を
除くと、もう三和土さん(NO/ON)お1人だけですね。
現在のアクセス数は、更新がない時で700〜1300、
ある時は話題にもよりますが、数千から1万の間で
色々です。正直、ネガティブな話題の方がアクセス
数が増えるのには、複雑な気持ちもあります。
逆に「プリキュア」の百合百合なファン小説なんか
は、ほとんど反響ありませんでした(笑)。
今後も、現状のかたちで細々と運営は続けていく
のでは、とも思います。そろそろ身体も疲れてきま
したけど、まあ、出来る範囲で頑張りますので、
よろしくお付き合いください。ぺこり。


short_g.gif


前置き長かったですが、今日の本題です。
一月分スルーしてしまっていたので、2009年4・5
月の二か月分をまとめてになる、フランスでのマン
ガ売り上げ月間ランキングです。
ソースはお馴染みBDZOOM.comからの、

5月19日付け記事
"ZOOM SUR LES MEILLEURES VENTES DE
MANGAS – Mai 2009"


6月26日付け記事
"ZOOM SUR LES MEILLEURES VENTES DE
MANGAS – Juin 2009"


になります。
以下、それぞれの月間トップ15のランキングです。
数字は累計の推定発行部数で、このランキングは月
間での売り上げですから、出版時期によって、順位と
は食い違う場合もあります。


2009年4月期

1.「NARUTO」第41巻(22万冊)
2.「鋼の錬金術師」第20巻(7万5000冊)
3.「FAIRY TAIL」第6巻(7万冊)
4.「NARUTO」第40巻
5.「ONE PIECE」第48巻
6.「魔法先生ネギま!」第18巻(3万5000冊)
7.「聖闘士星矢 LOST CANVAS 冥王神話」第5巻(4万冊)
8.「ヴァンパイア騎士」第8巻(3万5000冊)
9.「D.Gray-Man」第15巻(3万5000冊)
10.「JACKALS 〜ジャッカル〜」第5巻 (3万冊)
11.「スイッチガール!!」第1巻(1万5000冊)
12.「ソウルイーター」第1巻
13.「NARUTO」第39巻
14.「Bleach」第31巻
15.「FAIRY TAIL」第5巻


2009年5月期

1.「ONE PIECE」第49巻(8万冊)
2.「NARUTO」第41巻
3.「FAIRY TAIL」第6巻
4.「Bleach」第32巻(5万冊)
5.「ソウルイーター」第3巻(6万冊)
6.「ベルセルク」第31巻(3万冊)
7.「銃夢外伝」(3万冊)
8.「星は歌う」第1巻(3万冊)
9.「聖闘士星矢 エピソードG」第15巻(1万5000冊)
10.「NARUTO」第40巻
11.「鋼の錬金術師」第20巻
12.「BLUE DRAGON ラルΩグラド」第3巻(3万5000冊)
13.「エンジェル・ハート」第27巻(1万2000冊)
14.「TALES OF SYMPHONIA」第5巻(2万冊)
15.「ヴァンパイア十字界」第1巻



という結果になっています。
俯瞰してみると、少年マンガのロングセラーの
「NARUTO」
「ONE PIECE」
「Bleach」
「鋼の錬金術師」
「魔法先生ネギま!」
「聖闘士星矢」シリーズ
が依然好調な中に、
「FAIRY TAIL」
「ソウルイーター」
といった勢いのある新顔が割り込む一方で、
「ベルセルク」
「銃夢」シリーズ
「エンジェル・ハート」
などの青年向け作品も頑張っているという、
フランス市場の傾向がわかると思います。
少女マンガでは「ヴァンパイア騎士」が健闘して
おり、「フルーツバスケット」の高屋奈月さんの
新作「星は歌う」に期待が高まっている、という
ところでしょうか。
数字としては、「NARUTO」の突出が続いていて、
二番手争いが熾烈といえそうです。


short_g.gif


ところで、「神の雫」(作・亜樹直/画・オキモト・シュ
ウ)について、asahi.com7月2日付け記事では、
「昨年から仏語版(グレナ社)が出版され、単行本
8巻までで35万部発行されている」という記述があ
りましたよね。
1巻平均だと、約4万3750冊ですから、このランキ
ングに入ってきてもよさそうなものですけど、少なく
ともこの15位までのランキングで、目にしたことは一
度もありません。今はダウンしている、Edistatによる
書籍全体での売り上げランキングでも、です。
出版元であるGlénatの、2009年5月期マンガ売り
上げランキングをチェックしてみると、

マンガ全体でのランキング

1.「ONE PIECE」第49巻(8万冊)
2.「Bleach」第32巻(5万冊)
3.「ベルセルク」第31巻(3万冊)
4.「銃夢外伝」(3万冊)
5.「ドラゴンボール PERFECT EDITION」第2巻
6.「アイシールド21」第25巻
7.「Bood+」第2巻
8.「花より男子」第36巻
9.「医龍-Team Medical Dragon」第6巻
10.「家庭教師ヒットマンREBORN!」第16巻


青年マンガ・ランキング

1.「ベルセルク」第31巻(3万冊)
2.「銃夢外伝」(3万冊)
3.「Bood+」第2巻
4.「医龍-Team Medical Dragon」第6巻
5.「神の雫」第1巻
6.「BIOMEGA」第1巻
7.「銃夢-Last Order」第7巻
8.「銃夢」第1巻
9.「AKIRA」第5巻
10.「漫画で日本語」


といったものになっています。
この月だけのデータで判断は難しいですね。最新刊
の第8巻がランクインするだろう6月期のランキングが
わかれば、なんですけど。
ただ、発行部数で下回っている筈の、「ベルセルク」
や「銃夢」シリーズと比較して、売り上げランキングで
上回ったことがないということは、発行部数に対して、
実売部数はかなり少ない、のかもしれません。


モーニング公式サイトでは、「各巻1万部以上という
異例のセールスを記録中」とのコメントもありますが、
1万部は異例というほどの数字ではないですし、
約4万3750部発行して、セールスが1万部以上では、
返本がスゴイことになっているのでは、とも思います。
モーニング公式サイトの文章がいつ書かれたかにも
よりますし、「神の雫」が表紙だった、モーニングの今
年第14号巻頭記事には、売り上げ部数についての文
章もあったと記憶しているのですが、雑誌が今手元に
ないので確認出来ません。
1〜2万部というような数字だったと思うのですが、
もしお持ちの方がおられましたら、確認お願い出来る
でしょうか?
この辺の数字の話は、出版部数と売り上げ部数が時
にゴッチャになりますし、フランスでは売り上げ部数の
正確な把握は難しいとも聞きますから、調べてはいま
すが、なかなかに正確な事実が掴めません。




posted by mikikazu at 11:41 | TrackBack(0) | 海外情報(フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。