2009年03月20日

イギリス・ロンドンのバービカン・センターで、GONZO作品の上映イベント


まず先に、3月6日付け記事のフォローです。
AV Watch3月19日付け記事によると、北米での
ブルーレイ版「AKIRA」の出荷数は2万枚を記録し、
販売予測を5万枚に上方修正したとのことですね。
こちらの想像の倍でした。すみません。
記事では、「入手困難な状況が続き」とありますが、
とりあえずアメリカAmazonには在庫があるようです。


北米で「AKIRA」が映像ソフト化されるのは、これが
3回目になると思います。
最初は、90年に北米で劇場配給した、Streamline
PicturesによるVHSテープ、そして2001年になって
新たに権利を獲得したGeneon USAが、吹替もやり
直したDVD、さらに今回権利が移った、BANDAI
Entertainment
HONNEAMISEレーベルからの、
ブルーレイですね。
今回のブルーレイで収録されている英語吹替は、
Geneon USA版だと思いますが、90年代に「AKIRA」
によって、初めてアニメに目覚めた世代には、
Streamline版の吹替に愛着がある人も多くて、
今回収録されなかったことを残念がる声も目にして
います。


short_g.gif


さて本題です。
昨年9月の、手塚治虫アニメ作品に続いてですが
(2008年7月22日付け記事)、イギリス・ロンドン東
部のバービカン・センター(公式サイト)で、今度は
GONZO作品の集中上映企画が、4月7〜9日に
予定されています。
これはAnimate the World 2009(4月4〜12日)
という企画の一環で、GONZOは日本アニメの代表
として、特集が組まれています。


ソース・Otaku News 2009年3月19日付け記事
"Japanimation: Gonzo Focus at The Barbican:
7-9 April 2009"


Barbican - animate - what's on
"Japanimation: Gonzo events"



キュレイターを務めるのは、バービカンでの日本
アニメ上映企画をずっと手がけている、Helen
McCarthyさんです(新刊の「500 Essential
Anime Movies: The Ultimate Guide」
につ
いても含む、ポッドキャストAnime Todayのインタ
ビュー
)。


上映スケジュールは、

4月7日
午後6時 
OVA「青の6号」第1〜4話
午後9時
テレビシリーズ「SAMURAI 7」第1&2話
「ウィッチブレイド」第1&2話

4月8日
午後6時15分
テレビシリーズ「HELLSING」第1&2話
「岩窟王」第1&2話
午後8時40分
映画「銀色の髪のアギト」

4月9日
午後6時15分
「Gonzo Goes Streaming」
世界向けにネット配信される作品の紹介
「シャングリ・ラ」  
「BLASSREITER」
「鉄のラインバレル」
「ロミオ×ジュリエット」
(記載はありませんが、多分それぞれの第1話)

午後8時30分
「Gonzo: New Horizons - Japanimation Surprise
 Sneak Peak!」
(当日まで不明の、新作の先行上映がある模様)

といったものになっています。
GONZO作品のファンからすると、どうでしょう。
個人的には、テレビ版「HELLSING」を入れちゃう?
みたいな気持ちもありますが(笑)。しかもイギリス本
場での上映ですし。
秘密にされているSneak Peakは、おそらく日本でも
4月から放送開始される「咲 -Saki-」(公式サイト)で
なければ……最近の成功作というと、「ロザリオとバ
ンパイア」か「ストライクウィッチーズ」です?
どちらも劇場の大画面だと、それなりの衝撃がある作
品みたいですが。




posted by mikikazu at 11:42 | TrackBack(0) | 海外情報(イギリス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker