2009年03月07日

ポーランド・ワルシャワで開催された「エッチ」がテーマのアニメコンベンション「Ecchicon」


今日の話題は、ちょっと大人向きというか、そういう
種類の情報・画像を含むので、受け付けない方はお
気をつけください。


short_g.gif


ともあれ、東・中欧圏の話題を調べるのも初めてか
もですね。
ポーランド共和国の首都ワルシャワで、先週末の2
月28日から3月1日まで開催されていたのが、
「Ecchicon 4」(公式サイト)というアニメ・マンガコン
ベンションです。
ただし、通常のコンベンションと違って、イベントの名
前や、公式サイトに利用されているイラスト、告知ポス
ター
の雰囲気からもわかるように、テーマはアダルト
というか、外国語にもなっている「エッチ」のようです。
このポスター、本当にワルシャワの街中に張ってた
りしたんでしょうか。さすがにネット展開だけ、とは
思いますけど。
入場者の年齢規制も当然あって、入場出来るのは
満15歳以上で、さらに18歳未満の場合は、保護者に
よる同意書の提出などが必要のようです。


もちろんポーランドでは、普通のアニメ・マンガコンベ
ンションもたくさん開催されていて、ポーランドのアニ
メ・マンガ情報サイトanime.com.pl掲載のコンベン
ション予定ページ
によると、2009年はほぼ毎月、
19イベントくらいは開催されるみたいですね。
「Ecchicon」は、今回四回目ということで、それなりに
人気を博しているのかもしれません。


イベント説明やスケジュール(xlsファイル)を読むと、
「Battle Karaoke」や「Air Guitar」といった普通っぽ
いイベントもあるんですが、やはり「Ecchi Cosplay」
「Pantsu Collector」「Upskirt Master」「Bra Grabber」
など、ここであんまり引用出来ない名前のイベントも、
特に深夜多く用意されているようです。
動画もいくつか投稿されているんですが、そうですね、
紹介して大丈夫そうなものというと、第2回大会からで、
日本でも一世を風靡した、あのキャラの登場とか。
まあ、世界では色々なことになってるなーっていうか、
楽しんでくれているのならそれはそれでオッケーです。
こういう事が楽しめるだけ、自由があるともいえるんで
しょうし。集会の自由がない国では、そもそもコンベン
ションなんて不可能ですしね。





あ、真面目なポーランドのマンガ事情については、
JETRO(日本貿易振興機構)によるレポートをぜひ
参考にしてください。

「ポーランドにおけるマンガ市場 基礎調査
 (2008年3月)」


posted by mikikazu at 11:53 | TrackBack(0) | 海外情報(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。