2009年02月27日

フランスでの日本マンガ売り上げランキング(2009年1月期)


というわけで恒例ですが、BDZOOM.comによる、
フランスでのマンガ売り上げ月間ランキングの、
2009年1月分記事が掲載されています。

BDZOOM.com 2009年2月25日付け記事
"ZOOM SUR LES MEILLEURES VENTES DE
 MANGAS : Février 2009"


まずは、トップ15のランキングを引用してみます。
数字は累計の推定刷り出し冊数です。累計なの
で、出版が古いものは、順位とは食い違います。


1.「NARUTO」第40巻(22万冊)
2.「FAIRY TAIL」第4巻
3.「ハンター×ハンター」第25巻(5万冊)
4.「ONE PIECE」第47巻
5.「NARUTO」第39巻
6.「ベルセルク」第29巻(2万8600冊)
7.「Dofus」第10巻
8.「魔法先生ネギま!」第17巻(3万5千冊)
9.「Übel Blatt」第8巻(3万冊)
10.「Bleach」第30巻
11.「エア・ギア」第13巻(2万冊)
12.「NARUTO」第38巻
13.「聖闘士星矢 エピソードG」第14巻(2万5千冊)
14.「アイシールド21」第23巻(1万5千冊)
15.「D.Gray-man」第13巻(3万5千冊)



というわけで、先月の第39巻に引き続き、「NARUTO」
の最新刊である第40巻が首位をゲットしています。
2月9〜15日間の、書籍全体の週間チャートでも第
2位でしたから(キャッシュ)、フランスでの「NARUTO」
人気は、年が変わっても相変わらず凄まじいようです。
アメリカ以上に、「NARUTO」が終了されたら困る国に
多分なっていますね。アニメの方のセールスはどうなん
でしょうか。


それから、続いている「ONE PIECE」と「FAIRY TAIL」
のバトルは、先月と入れ替わって、「FAIRY TAIL」が
上位につけました。
フランスでの売れ筋マンガであった、「DEATH NOTE」
(18万冊)、「Samurai Deeper Kyo」(6万6千冊)が
昨年で終了した、その代わりの地位を占める作品に
なっていくようです。
「FAIRY TAIL」にしても「ONE PIECE」にしても、北米
では両者共に1万数千冊程度と、目立たないセールス
成績なのに、フランスではそれをはるかに上回る7万
冊超えの刷り冊数と、チャート・アクションなのが面白い
ですね。


short_g.gif


では続いて、Edistatによる、フランス国内での書籍
全体売り上げ週間ランキングの最新分(2月16日〜
22日)
から、日本マンガを抜き出してみると、


6位 「NARUTO」第40位
39位 「聖闘士星矢 LOST CANVAS 冥王神話」第4巻
60位 「D.Gray-man」第14巻
79位 「JACKALS 〜ジャッカル〜」第4巻
95位 「NARUTO」第39巻
99位 「エンジェル・ハート」第26巻
125位 「GetBackers-奪還屋-」第31巻
140位 「魔法先生ネギま!」第17巻
192位 「ONE PIECE」第47巻


になります。
月間の方の「エピソードG」と合わせて、「LOST
CANVAS 冥王神話」の新刊が上位にランクインし
ている、「聖闘士星矢」の人気も根強いですね。
「LOST CANVAS 冥王神話」はアニメ化も決定し
ていますし(公式サイト)、ヨーロッパや南米ではそ
れも大きな話題になっていますから、今後も海外
での「星矢」人気は盛り上がり続けていくと思います。


short_g.gif


そうそう、以前にも話題にした、かなり怪しいハ
リウッド製実写版「星矢」の話ですが、ネタ元の
The Internet Movie Databaseの実写版「星矢」
ページ
が、今年2月10日になって、情報が更新
されていて、キャストなどが追加されていますが、
まあ、話半分というか五分の一くらいに思ってい
た方がいいでしょうね……。
今回城戸沙織さん役に名前が挙がっているのが、
Nadia Bjorlinさんという方なんですが、とりあえず
彼女の公式サイトでは、何の話も出ていませんね。




posted by mikikazu at 12:02 | TrackBack(0) | 海外情報(フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。