2009年02月06日

クランチロールによる合法配信開始によって、「NARUTO-疾風伝」などの違法配信は抑制されたか


アニメ!アニメさんの2月5日付け記事、

「TV東京 海外向けアニメ配信有料会員1万人突破
 3年後4万人目指す」


では、テレビ東京とアメリカのアニメ動画配信サイト
Crunchyrollによって1月8日から始められた、海外
向けアニメ合法配信の、初期結果の詳細が伝えら
れていますね。
そこでなんですが、今回の事業の目的のひとつとさ
れている、違法配信の抑制については、どれだけ効
果があったんでしょうか。
いわゆるファンサブ容認論のひとつに、「日本で放送
されたエピソードを待たずにすぐ見たいから」という
ものがあったわけですけど、そういう状況を合法的に
用意された作品については、みな合法視聴に移行して
くれたんでしょうか。


short_g.gif


あくまでサービス開始から約1ヶ月が過ぎた、現時点
での状況ということですけれど、Crunchyrollによる
合法配信が始まって以降も、「NARUTO-疾風伝」「銀魂」
「スキップ・ビート!」「しゅごキャラ」「続 夏目友人帳」
「ネットゴーストPIPOPA」の6作品については、違法
動画とその配信は続いています。
ただし、その状況が大きく異なるのは、これまでの違
法動画の中身が、字幕のないRAW、あるいはアマチ
ュアによる字幕をつけたファンサブだったのに対して、
合法配信が始まって以降は、本来なら有料でないと見
られない、Crunchyrollによる合法配信エピソードその
ものに代わっていることですね。
Crunchyrollの有料会員は、日本での放送1時間後に、
英語字幕のついたエピソードを視聴出来るというのが
売りなわけですが、お金を払うまでもなく、配信の直後
に、その中身が流出しているわけです。
昨夜日本で放送されたばかりの、つまりCrunchyroll
版はまだ有料会員でないと見られない筈の、「NARUTO-
疾風伝」第95話も、もうあちこちで流れています。


一応合法を謳っている大手の動画投稿サイトなどだと、
すぐに削除されると思うんですが、最初から違法配信
を目的に運営されているサイトでは、これまでのファン
サブから、そのCrunchyroll版エピソードの配信に移
行したようですね。
ファンサブよりも早く、しかもオフィシャルの字幕まで
つけてくれているのだから、そういうサイトにとっては
ありがたい話です。皮肉ですが。
また、ファンサブ・グループからの配布とされているフ
ァイルを開いてみても、画面にグループ名を掲げている
ものの、字幕はCrunchyroll版というものも確認出来ま
した。それはもはや、「ファン」サブではないですけど。


つまり今回のCrunchyrollからの配信は、違法配信
サイトあるいはファンサブ・グループに、格好の素材を
提供してしまっている、という面もあるわけです。
もちろん、違法配信されているからといって、全ての
人がそちらを見ているとは限りません。
ただ、どれだけの視聴・ダウンロード数にまで広がっ
ているのか、合法視聴に対して多いのか少ないのか
については、確認のしようがありませんし、サービス開
始から1ヵ月も経ったのに、Crunchyroll側が気づい
ていないのか、それとも放置しているのか、対処はし
ているけど追いつかないのかも、ちょっとわかりません。
フォーラムやコメント欄では、確かに話題になっていま
したけど……。


ともあれ今回の状況は、海外のファンのモラルを試す、
大きな機会になるだろうと思います。
Crunchyrollの会員となった人は、とりあえずどんなサ
ービスになるのか試してみようと思っていたのでしょう
けれど、サービスの開始直後から、こうして広まってし
まう違法動画の状況を知って、それでもお金を払って会
員でい続けるのか、これまでファンサブを無料で視聴し
続けてきたように、違法でも無料の動画を選ぶのか。
今後の会員数の増減で、その辺のことがわかっていく
でしょう。


posted by mikikazu at 10:17 | TrackBack(0) | ファンサブ/スキャンレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。