2009年01月29日

フランスでの日本マンガ売上げランキング(2008年12月24日〜2009年1月20日期)


まず先に。
今日1月29日付け読売新聞朝刊第1〜2面に、か
ねてよりお世話になっている「英語で!アニメ・マン
ガ」
のceenaさんこと、椎名ゆかりさんを紹介する
記事が掲載されています。
電子版ではまだ見当たらないんですが、記事のタイ
トルは、

「日本の活力」最前線は今A

と題したもので、「マンガ家志望 世界から」という見
出しが付けられた1面記事では、フランスのアジア言
語専門学校で「日本で通用するマンガ家」育成講座
を担当している吉川かおりさんと、ご存知のように、
海外マンガ家出版エージェントとして活躍している、
椎名ゆかりさんが紹介されています。既に日本でマン
ガ家デビューを果している、フェリーぺ・スミスさんにつ
いても触れられていますね。
もちろん、マンガを楽しむのに作者の国籍などは関係
なく、「バクマン。」のジャンプ編集長さんが語っていた
ように、「マンガは面白ければいい」わけです。
その、面白いかどうかを判断してもらうには、まず読ん
でもらわなくてはならないわけで、その機会をつくるた
めに尽力している椎名さんのことは、陰ながら応援さ
せてもらっています。っていうか、したいです。


short_g.gif


さて本題。
スペイン・イタリアの次は、じゃあフランスというわけな
んですが、いつものBDZOOMの方にまだ情報が上が
ってこないので、今日はフランスのマンガ情報サイト
Manga News の方に掲載されていた、2008年12月
24日〜2009年1月20日期での、マンガ売上げTOP15
ランキングを紹介します。

Manga news 1月23日付け記事より
"Meilleures ventes manga de janvier 2009"


1.「NARUTO」第39巻
2.「ONE PIECE」第47巻
3.「鋼の錬金術師」第19巻
4.「Bleach」第30巻
5.「FAIRY TAIL」第4巻
6.「NARUTO」第38巻
7.「ONE PIECE」第47巻
8.「DEATH NOTE」第1巻
9.「Dofus」第10巻(Tot & Ancestral Z)
10.「NARUTO」第1巻
11.「DEATH NOTE」第12巻
12.「FAIRY TAIL」第3巻
13.「NARUTO」第37巻
14.「銃夢 Last Order」第10巻
15.「DEATH NOTE」第3巻


という結果ですね。
2008年度のフランスマンガ市場は、引き続き圧倒的
な「NARUTO」を追う、「DEATH NOTE」「ONE PIECE」
「鋼の錬金術師」「Bleach」といった第2グループに、
ニューカマーとして「FAIRY TAIL」が加わったことが
大きな動きといえるでしょう。
今年2009年は、既に本編の刊行が終了した「DEATH
NOTE」の分を、どれだけ奪っていくか、という流れに
なっていくんでしょうね。
次に紹介する、Edistat掲載のフランスの全書籍売上
げ週間ランキング
(2009年1月19〜25日)でも、1月
21日発売の「FAIRY TAIL」第4巻が、マンガではトッ
プですし。


16位 「FAIRY TAIL」第4巻
17位 「ハンター×ハンター」第25巻
41位 「ONE PIECE」第47巻
64位 「Übel Blatt」第8巻
69位 「NARUTO」第39巻
76位 「エア・ギア」第13巻
83位 「Bleach」第30巻
154位 「聖闘士星矢 エピソードG」第14巻
161位 「ZETMAN」第10巻
200位 「涼風」第10巻


short_g.gif


また、マンガを含むフランスの2008年コミック市場
全体の総括データ記事を、ACBD - Association
des Critiques et journalistes de Bande Dessinée

のGilles Ratier氏がまとめているので、そちらも参
考になると思います(via The Comics Reporter 1月
22日付け記事
)。

"Grand Prix de la Critique de Bande Dessinée
- Bilan 2008"


記事では、2008年度の売れ筋マンガの、各巻平均
刷り冊数として、

「NARUTO」――22万冊
「DEATH NOTE」――18万冊
「鋼の錬金術師」――9万冊
「ONE PIECE」――7万2800冊
「ドラゴンボールZ」――7万300冊
「FAIRY TAIL」――7万冊
「Samurai Deeper Kyo 」――6万6000冊
「NANA」――6万冊
「Bleach」――4万9500冊

といった数字が確認出来ます。
昨年刊行が始まったばかりの「FAIRY TAIL」が、
既に「ONE PIECE」「ドラゴンボール」といった人
気作に追いつきつつある勢いがわかります。




posted by mikikazu at 12:01 | TrackBack(0) | 海外情報(フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。