2008年12月02日

ブラジルで「巨獣特捜ジャスピオン」がDVD化


まず先に個人的な話題ですが、「本日の写真」のコー
ナーをどうぞ。


miu.JPG


これがどういう写真かというと、海外で百合普及に努め
ている団体Yuricon(公式サイト)の代表であるエリカ・
フリードマンさんと交流していることは、かねてよりお伝え
していますよね。
前回こちらから、お薦め百合作品詰め合わせの荷物を、
アメリカ・ニュージャージーのエリカさんの所に送った際
に、PS2ソフト「苺ましまろ」初回限定版も、一緒に入れ
ておいたんです。
向こうに日本のゲームソフトをプレイ出来る環境がある
かどうかは知らなかったんですが(友人が用意してくださ
るそうです)、この限定版には、特典として美羽着せ替え
ドール(普段着と浴衣の2着)が付いていたので、エリカ
さんが「苺ましまろ」の中では、特に美羽さんがお気に入
りだと憶えていましたから、いい機会だと思い、同梱した
んですね。


エリカさんは大変に喜んでくれて、「他の大切なフィギュ
アと一緒に、棚へ飾ります」と仰っていたので、「その写
真をぜひ見たいです。出来たらブログで紹介してもいい
ですか?」とお願いしたところ快諾をいただき、本日送っ
てきてくれたんです。
ちょうど「苺ましまろ」の単行本を背にして、浴衣姿の美
羽さんが他のお気に入りフィギュアと並んでいる、キュー
トな写真です。
ご本人も仰っていましたが、フィギュアやマンガの種類で、
エリカさんの好みがよく分かってしまいますね。ああ、この
作品・キャラが好きなんだって。
ともあれエリカさん、写真のご提供ありがとうございました♪


short_g.gif


さて本題。
ここのところブラジルでニュースになっているのが、つい
に「巨獣特捜ジャスピオン」がDVD化される、という話な
んですね。
僕が最初に知ったのは、

JBox.com.11月28日付け記事
"Oficial: Focus Filmes Lançará Jaspion em DVD!"

ですか。ソースは、ブログROBÔ GIGANTE同日記事です。
ブラジルでDVDをリリースするのは、Focus Filmes(公式
サイト
)という会社で、前・後半の2つのBOXセットのうち、
前半は2009年3月に発売される、とのことです。


「巨獣特捜ジャスピオン」は、宇宙刑事三部作の後を受
けて、1985年から86年にかけて放送された、東映製作
のメタルヒーロー第4作目ですね(Wikipedia)。
日本国内当時の作品評価などについては、詳しい方にお
任せしますけれど、どうしてこれが今大きなニュースになっ
ているかというと、「ジャスピオン」はブラジルでとても人気
のある、記事での表現を借りれば、「80年代を象徴する作
品(少なくともブラジルでは)」、だからなんですね。
日本語でも、「ジャスピオン ブラジル」で検索すれば、その
話題がたくさん見つかります。
中でも信頼出来るのは、やはり作品に直接関わった人の
印象で、「ジャスピオン」でブーメランを演じた渡洋史さん
の公式サイト「渡洋史:ワタリヒロシワールド」には、渡さん
がブラジルのイベントにゲスト参加した時のレポートが「ブ
ラジル紀行」として2年分掲載されていて、とても参考にな
るでしょう。
例えば、2003年7月5日付けの、アクションショーに参加
した時の日記には、

「ブラジルでは『ジャスピオン』が1番人気です。『スピル
バン』はブラジルタイトルが『ジャスピオン2・スピルバン』
として放映されその後に『シャリバン』の放送となるそうで
す。(ちなみに戦隊での1番人気は『チェンジマン』でした。)」

という記述もありますね。


short_g.gif


このブラジルでの「ジャスピオン」DVD化の話が面白いの
は、Focus Filmesと日本側の交渉の橋渡しとして奔走
した人物として、日本のアニソン・グループJAM Project
の準メンバーである、ヒカルド・クルーズさんが紹介され、
そのインタビューも掲載されていることですね。

JBox.com. 11月30日付け記事
"Exclusivo: Ricardo Cruz Fala Sobre Jaspion"

ヒカルドさんはブラジルでは、日本マンガ・アニメの翻訳
などもされているとのことで、そういう繋がりでのお仕事
だったんでしょう。
上の渡洋史さんのレポートにも、ヒカルドさん(とそのご
家族)は登場しますし。
インタビューによると、日本の東映側との契約交渉は、
2007年からの約2年近くにも及ぶ、長く大変なものだ
ったようですね。
人気作ゆえに、既に海賊版も多く出回っているようです
けれど、この「ジャスピオン」が成功すれば、ブラジルで
人気のある、他の日本特撮作品のDVDリリースにもつ
ながるのでは、という期待があるみたいです。


short_g.gif



★そちらの寸劇を読んだ後で特に、りんさんの歌う
「おかえりなさい」を聞くと、ぐっと胸にくるものが
あるのです。よかったらお試しください。2人の台詞
のやりとりとか、もう……って感じです。
かれんさんとくるみさんのお話は、第36&37話の、
「危ない!ファイブDEチャンス!」前後編のあとの
設定、のつもりですね。
時間がかかりそうなので、そちらの視聴が終わった頃
のタイミングに合わせてアップ出来れば、と考えています。


posted by mikikazu at 11:37 | TrackBack(0) | 海外情報(南米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。