2008年09月27日

「プリンセスナイン 如月女子高野球部」第1話、見ました。


アニマックスでの放送開始を待つまでもなく、第1話
については、バンダイチャンネル発で、無料配信して
いるということなので、さっそく「プリンセスナイン 如
月女子高野球部」の第1話「わたし早川涼、15歳!」
を見てみました。


ちなみに「プリンセスナイン」について知った、そもそ
ものきっかけは、英語版「鋼の錬金術師」でエドワー
ド・エルリックを演じているVic Mignognaさんが、
インタビューで、「鋼」以外のお気に入りとして、よく
この作品を挙げていたからですね。
英語版「プリンセスナイン」でVicさんが演じていたの
は、日本版では子安武人さんが演じている、高杉宏
樹というキャラクター。
英語版のADRディレクターであり、リリース元のADV
Filmsの共同創設者であるMatt Greenfield氏と会う
たびに、「ADVが出資して、『プリンセスナイン』のパー
ト2を作ってもらおうよ」みたいな話を、いつも持ちかけ
るのだとか。


北米では2004年1月に、BOXセットがリリースされてい
ますが、残念ながらいま現在は、どこのストアでも在庫
切れで、新品でDVDを入手するのは難しい状況にある
みたいですね。
サントラCDなら、Right Stufに1枚目2枚目が、400
〜450枚ほど不良在庫化しているようです。3.99ドルと
いう捨て値状態なので、お買い得ではあるんですけど。
ADVは今年に入って、旧作BOXセットの再リリースに専
念していますから、「プリンセスナイン」もいつか可能性が
あるかも?


short_g.gif


さて本題の、本編感想ですね。
「わたし早川涼、15歳!」というストレートなサブタイトル
は、むしろ清々しいくらいです。
この作品の製作年は、ちょうど10年前の1998年という
ことですが(放送期間・1998年4月8日〜10月14日)、
まだセル作品だと思います。テレビアニメのデジタル化
は、この頃から本格化したような気がしますけど。
放送枠は、NHKBS2の衛星アニメ劇場ということです。


そうですね、第1話だけの印象を言うなら、悪くないとい
うか、語り口に、特に目立った無理や破綻もなかったと
思います。
しいて言うなら、第1話のこの段階で、草野球の試合に、
ポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケス
トラによる仰々しい劇伴音楽がこれでもかと鳴り響くのは、
ちょっともったいないかも、くらいです? 
まあ、それが作品のカラーなのかもしれませんが、映画
だったらクライマックスに温存しておきたいような、盛り上
がる曲なので。


キャラクターの掘り下げに関しては、まだまだこれから
でしょうけれど、主人公である早川涼さんについては、
ピッチャーとしての才能云々よりも、中学校の制服は、
わりと乱暴に脱ぎ捨てるのに、お店を手伝うのに着てい
たエプロンは、丁寧に畳んでお母さんに手渡す、という
比較の描写で、十分に伝わってくると思います。言葉で
はなく行動でキャラクターを描くという、基本ですね。
また、ラストで彼女と対峙することになった高杉宏樹君
が、まったく彼女を女の子扱いせず、あくまで優れたピ
ッチャーとしてのみ受けとめている風なのが、個人的に
は好感触ですし、高杉君というキャラにとってもプラスだ
と思います。この辺は次回に続いてしまったので、まだ
早計かもしれませんが。


short_g.gif


作品に対する全体評的なことを言うなら、現時点では
まだ不明な、「女子だけの野球部が甲子園を目指す」
というメインプロットの扱いが、ストーリーの展開だけで
なく、リアリティを規定する上でも重要になってくると思
います。つまり、リアリズムでいくのか、ファンタジーで
いくのかという、語り口のさじ加減の問題ですけど。


現実世界では、女子だけの硬式野球部が甲子園大会
に参加するのは絶対に不可能ですよね。女子部員とい
うことすら、試合出場は認められない筈です。
この作品世界での甲子園大会が、最初から女子の参
加も認めているのなら別ですけれど、それでは逆に、ド
ラマの障害として機能しません。
その不可能を可能にするからこそ、フィクションとしての
醍醐味があるわけですが、それでも、現実で不可能な
ことを可能にしていく過程の説得力というものは、ある
程度求められてくると思います。


例えば「カレイドスター」という作品があって、日本人
=アジア人である主人公の苗木野そらが、アメリカの
エンターテインメント舞台である「カレイドステージ」で
スターになっていく物語が描かれるわけですが、アメリ
カのエンターテインメント業界で、アジア人がそんな簡
単にスターになれるのか?というリアリティの疑問が、
常にありました。日本の宝塚で、外国人が主役を張ら
せてもらえるか?と考えればわかると思います。


「プリンセスナイン」でも当然同じように、「女子が甲子
園大会に参加出来るのか?」「参加したとして、男子選
手に勝てるのか?」という現実側からの疑問が突きつ
けられていくわけですが、後者は今後の物語の展開に
よるとして、前者については全てのドラマの出発点です
から、ある程度説得力がないと困るわけです。この作品
世界における、高野連的団体との政治折衝の説明は、
納得のいく形で、絶対に不可欠なんですね。「甲子園に
出たい」という、こちら側の都合だけで、物事が進んだ
りはしませんから。
また一方で、現実では絶対に無理な話でもあるのです
し、リアリティだけにこだわり過ぎることも、現実が見え
てきて空しくなってきますから、とても難しい。
これはファンタジーなんだよと割り切るのもひとつの手
ですが、そうすると、それに沿った範囲でしか、キャラ
クターの情動も描けません。それでいいのなら、それは
それでいいんでしょうけど。
作品内のキャラクター達がその目標を信じて、見る側
も彼女達の努力に感情移入出来るくらいの、説得力と
はどんなものなのか、「ああ、この手があったか!」と
いう驚きに期待して、第2話も見てみたいと思います。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107204940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。