2008年07月24日

アメリカのコミック専門店への、マンガ売り上げランキングTOP15(2008年6月期)


北米のコミック・アニメ業界情報サイトであるICv2
7月22日付けで、アメリカのコミック専門店における、
コミック及びグラフィックノベルの、2008年6月期の
売り上げランキングを掲載していました。これは、
最大手コミック流通会社ダイヤモンド・コミック・ディ
ストリビューション(公式サイト)からコミック専門店へ
のセールスを基にしたデータですね。
そのグラフィックノベルのランキングから、さらにマン
ガ作品を抜き出したランキングを、いつもお世話にな
っているManga BlogのBrigid Alversonさんが、
23日付け記事で掲載してくれていました。

Manga Blog 7月23日付け記事
"Top manga for June"

そのトップ15ランキングを引用させていただきます。
2番目の数字は、グラフィックノベル全体での順位
ということになります。最後の数字は売り上げ部数
です。


short_g.gif


1位(17) 「Bleach」第23巻 (4163)
2位(31) 「無限の住人」第19巻 (2989)
3位(32) 「半蔵の門」第11巻 (2886)
4位(33) 「魔法先生ネギま!」第19巻 (2886)
5位(38) 「GANTZ」第1巻 (2749)
6位(48) 「バンパイアハンターD」第2巻 (2226)
7位(67) 「.hack//XXXX」第1巻 (1883)
8位(75) 「多重人格探偵サイコ MPD PSYCHO」
      第5巻 (1761)
9位(78) 「一騎当千」第13巻 (1707)
10位(84) 「ロザリオとバンパイア」第1巻 (1585)
11位(88) 「ONE PIECE」第18巻 (1526)
12位(89) 「.hack//G.U.+」第2巻 (1521)
13位(94) 「Apple」第1巻(韓国作家によるアンソロ
       ジー) (1414)
14位(98) 「ああっ女神さまっ」新装版第9巻 (1380)
15位(99) 「NHKにようこそ」第7巻 (1380)



short_g.gif


ということですね。
コミック専門店の対象顧客を反映したランキングにな
っているでしょうか。小池一夫原作作品は、いつもこ
のランキングの常連ですよね。あ、「NARUTO」や「フ
ルーツバスケット」の新刊は7月1日発売だったので、
このランキングには入らないわけです。
「Bleach」や「魔法先生ネギま!」は、一般書店でも、
オンラインストアでも、コミック専門店でも売れている
タイトルだと思いますが、他で売れ筋のSHOJO系の
作品は見当たりませんよね。
あと気づくのは、「.hack」シリーズの根強い人気でし
ょうか。僕は第一期までで降りちゃいましたけど、アメ
リカではずっと注目が続いているようです。
ああ、それと個人的には、やはり「バンパイアハンター
D」の第2巻が好評らしいのには安心しました。日本国
内では、あまり良いレビューを目にしたことがないので
すけれど(未読です)、ともあれ菊地秀行さん関連作品
が売れているは嬉しいです。


short_g.gif


★かれんさんとくるみさんのお話、気に入ってくれたのなら
嬉しいです。気恥ずかしさという点では、あれが上限かもし
れません。「転げまわりたいくらい素敵」って言ってもらえた
ら、勝ち負けで言うと勝ちですよね? ←意味不明
ともあれそちらのお話も、すっごく楽しみにしてますね♪



posted by mikikazu at 11:33 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。