2009年08月11日

英語での"J-POP"の意味が変化していく可能性 / サンフランシスコに日本映画・アニメの専門劇場VIZ Cinema開館


では今日の本題。
米・カリフォルニア州サンフランシスコ発の日刊
紙であるSan Francisco Chronicleが8月9
日付けで掲載していたのが、

San Francisco Chronicle
2009年8月9日付け記事
"J-Pop explodes: New People mall
 opening in S.F."


という記事でした。


記事の内容は、うちのブログを閲覧しているよう
な方なら、おそらく読んでおられる筈の、「萌える
アメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むよ
うになったか」(堀淵清治 日経BP)のラストで、
著者である堀淵さんが新たな計画として語って
いた日本映画とアニメの専門映画館を含む、日
本のポップ・カルチャー専門の複合商業施設であ
るNew Peopleを紹介するものですね。

New People 公式サイト
http://www.newpeopleworld.com/

ちなみに映画館であるVIZ Cinemaでは、実写版
「二十世紀少年」三部作や、「Bleach」の劇場版
第二作である、「Bleach The DiamondDust
Rebellion もう一つの氷輪丸」などが上映予定
のようですね。
「DEATH NOTE L change the WorLd」のDVD
発売記念イベント(8月25日)なんかもあるとか。


short_g.gif


で、興味深かったのが、その施設についての情
報ではなく、記事文中での"J-POP"という言葉の
使われ方なんですね。
僕は記事タイトルをまず見て、"J-Pop explodes"
(J-POPが爆発する)ということだから、ああ、日本
のJ-POPバンドかシンガーさんが、向こうで人気
を博しているということかな、新しいショッピング・
モールが出来たっていうから、そこでライブでも
やるんだろうなー、くらいに想像したんです。
でも、いくら記事を読んでも音楽の話なんて全然
出てこなくて、New People内のアパレルのお店
の説明がメインなんですね。


つまり、この記事の筆者であるBeth Hughes
さんは、"J-POP"が本来指し示す、日本のポッ
プ・ミュージックだけじゃなくて、マンガ、アニメ、
実写映画、ファッションなど、New Peopleが売り
にしている日本発のポップ・カルチャーを全てま
とめて、ひとつの文化現象として、"J-POP"と呼
んでいるんです。
Beth Hughesさんは、日本での滞在・生活経験
はあるそうですし、他でもない堀淵清治さんや、サ
ンフランシスコ在住のフレデリック・ショットさんに
も取材していますから、"J-POP"が、日本国内では、
あくまで音楽ジャンルの呼称であることは知りつつ、
あえて一般向けのこの記事では、日本のポップカ
ルチャー総体の呼称として用いたのだと思います。


日本国内で使われている言葉が指し示す範囲と、
外国でのそれが異なっていることはよくあります
よね。
「アニメ」にしても、日本では、外国製のアニメー
ション作品も「アニメ」と呼んで構いませんが、
海外だと"anime"は、あくまで日本製の作品のみ
に限定されている。
日本発のポップ・カルチャーを総体として呼ぶ、な
んらかの言葉があった方が便利だと考えた時に、
"Japanese pop music"ではなく、"Japanese
pop culture"という意味で、一般向けに"J-POP"
を使おうという意図なんだろうと思います。
ただ、知っている人にとっては、"J-POP"は
あくまで"Japanese pop music"なのですから、
正しくない、混乱を招くとして、反発を招くことも
ありえるでしょう。
"J-POP"を、日本発のポップ・カルチャー総体の
呼称としてしまったら、またあらためて、"Japanese
pop music"を指す英語の言葉が必要になりますし。
日本のポップ・カルチャー総体としての"J-POP"
が海外で勝手に定着してしまったら、海外に呼ば
れたファッション界や映画界の人達が、「J-POP
を代表する人達」という風に紹介されて、「いや、
音楽やってないし……」と困惑することもありそう
です。


こういう風な"J-POP"の、英語圏での用いられ方
は初めて目にした気がしますので、今後英語での
"J-POP"がどうなっていくのか、あるいはその意味
も、本来のそれから変わっていくのか、見つめてい
きたいです。


short_g.gif


ついでに、トリビア的なことも。
映画館も含む、複合商業施設としては、この
New Peopleがアメリカ初かもしれませんが、
映画館だけということなら、60年代に、東宝が
ロスやニューヨークで、直営館を経営していた
こともあったようですね。
「模擬される日本」(浜野保樹 祥伝社)からの
孫引きではあるのですが(P26〜27)、結局失敗
したそれらの、アメリカでの直営館運営について、
東宝の重役であった森岩雄氏は、その著書「私の
藝界遍歴」(青書房 1975)の中で(以下「模擬され
る日本」より引用)、


"ニューヨークで「もう一度日本物専門の映画館
を開く考えは毛頭ない」と断言し、海外で日本
映画の映画館を持つことは「まず日本の場合に
限り成功するというあてはないと言った方が正
しいだろう」と述べている。"



とのことなんですが、堀淵氏はサンフランシスコ
で、VIZ Cinemaの開館までこぎつけました。
これが成功するかどうかは、まだわかりませんけ
けれど、個人的には、映画はやっぱり映画館で見
て欲しいので、映画館でのアニメ映画体験という
ものを、より多くの人に味わって欲しいとは思いま
す。



posted by mikikazu at 11:54 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガ家中村珍さん(「羣青」)への英語インタビュー at Okazuブログ


今日は先に別枠で、お薦め記事のご紹介。
お馴染みYuriconの代表である、エリカ・フリ
ードマンさんが、個人ブログOkazuで、日本
人マンガ家中村珍さん(公式サイト)への英語
インタビューを掲載してくれています。

ブログOkazu 2009年8月8日付け記事
"Interview with Gunjo's Nakamura Ching"


中村さんは、雑誌モーニングツー(公式サイト)
で、「羣青」(ぐんじょう 紹介ページ)という作品
を連載されている人ですね。
エリカさんは、この「羣青」が大のお気に入りで、
いつも話題にされていたんですが、かねてよりあ
った中村さんとの交流を経て、今回実現したロン
グ・インタビューを、英語で掲載することになった
ようです。


中村さんご自身や、「羣青」という作品について
だけではなく、マンガ制作の実際的なプロセスを
細かく説明してくれているのが、英語圏のマンガ
好きな人達には、とても興味深い情報になってい
ると思います。
作業期間や、ネームから原稿への描き上げ、アシ
スタントや取材など、資料を参照しての説明は、
マンガ家さんの仕事の中身を知る、良い機会とな
るでしょうね。


僕自身の本当のところを言うと、作品を途中から
読むのはイヤなので、お薦めをいただきつつも、
ずっと単行本になるのを待ち続けている、という
状況です。
その単行本化については、中村さんがご自身の
ブログ7月22日付け記事で、かなり細かく、
編集部とのやりとりの内実まで語ってくれていて、
驚きました。もちろん、中村さん側から見た意見、
ではあるのですが。
僕から言えるのは、単行本が出て、それが中村
さんの実収入に繋がるものであるのなら、必ず買
います、ということくらいですけど……。


posted by mikikazu at 10:24 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

「崖の上のポニョ」、宮崎駿監督作品では最大の800館規模で、この週末全米公開


では、今日のメインの話題です。
(もう一つの話題は「イギリスのHMV新作DVD
リストに、『美少女戦士セーラームーン』が」
)


アメリカの日刊紙Los Angeles Timesが8月9
日付けで、宮崎駿監督の特集記事を掲載していま
した。


Los Angeles Times 2009年8月9日付け記事
"Animator Hayao Miyazaki moves beyond
good vs. evil plots"



記事の内容は、日本のメディアでも伝えられて
いた、先日のサンディエゴ・コミコンへのゲスト
参加、カリフォルニア大学バークレー校での、
「バークレー日本賞」の授与などでの、宮崎監督
のコメントがメインです。
その中で、この週末の7月14日から全米で公開
される「Ponyo(崖の上のポニョ)」の公開規模
が、800館以上になることも記載されていたんで
すね。北米での公開はカナダも同日からですが、
文脈ではアメリカ国内での数、だと思います。
この数は、これまで全米で公開された宮崎駿監
督作品としては、過去最大規模になります。


「Ponyo」ディズニー公式サイト

appleの予告編サイト


あらためて、全米での宮崎駿監督作品の興行成
績と公開規模についてのリストです。
ソースはお馴染みBox Office Mojoから。
興行成績の後のパーセントの数字は、世界全体
の成績の中での、全米での稼ぎが占める割合です。


short_g.gif


「Princess Mononoke (もののけ姫)」
・公開日 ―― 1999年10月29日
・最終興行成績 ―― 237万5308ドル(1.5%)
・初週公開館数 ―― 8
・最大公開館数 ―― 129


「Spirited Away (千と千尋の神隠し)」
・公開日 ―― 2002年9月20日
・アカデミー賞受賞を受けての、拡大再公開日
  ―― 2003年3月28日
・最終興行成績 ―― 1005万5359ドル(3.7%)
・初週公開館数 ―― 26
・再公開館数 ―― 711
・最大公開館数 ―― 714


「Howl's Moving Castle (ハウルの動く城)」
・公開日 ―― 2005年6月10日
・最終興行成績 ―― 471万1096ドル(2.0%)
・初週公開館数 ―― 36
・最大公開館数 ―― 202


short_g.gif


というわけで、「Ponyo」の800館以上という数は、
「Spirited Away」がアカデミー賞長編アニメーシ
ョン部門を受賞し、拡大再公開された時(711館)
以上の、アメリカでの宮崎駿監督作品としては、
かなり思い切った規模だとわかります。
(これ以前の作品も小規模で公開はされています
が、正確なデータはありません)
声優陣も、アカデミー絡みでいうと、

ケイト・ブランシェット(第66回 助演女優賞)
クロリス・リーチマン(第44回 助演女優賞)
リーアム・ニーソン(第65回 主演男優賞ノミネート)
マット・デイモン(第70回 主演男優賞ノミネート)

など有名どころというか、ギャラの高そうな人も
目立ちますね。それだけ、ヒットを狙っていると
いうことだと思います。宮崎駿監督の訪米も、そ
のプロモーションのためだと思いますし。
記事によれば、2003年にアカデミー賞を受賞した
時でさえ、「イラクへの爆撃を開始したばかりの
国に行くのは嫌だ」と拒否した宮崎監督が、今回
重い腰を上げて訪米したのは、「『行け』というプ
ロデューサーからの命令」と、「(英語版のプロデ
ューサーの1人である)ジョン・ラセターとの友情」
のため、だそうですね。


昨日・8月9日には、ニューヨークで開かれた
New York International Children's Film
Festivalで、午後3時から、特別先行上映も
行われている筈です。
そこでの反応を含めて、今週は公開日まで、
色々とプロモーションがなされると思います。
Rotten Tomatoesで紹介されているレビュ
ーもまだ二つだけで、双方ともポジティブでは
ありますが、今後はどうなるでしょう。
「Ponyo」を見に行くような年齢の子供には、
レビューも特に影響はしないでしょうけど。


short_g.gif


ところで。
残念な話ですが、この「Ponyo」、日本版「崖の上
のポニョ」のDVDが発売済ということで、そのDVD
などからリッピングしたと思しき映像をベースに
した、各国語版の違法ファイルが、既にネット上
に流れてしまっています。
これはファンサブではなく、おそらく日本版DVDに
収録されている英語字幕をそのまま利用したもの
で、その後に流れ始めたフランス語版・スペイン
語版などは、さらにその英語字幕から翻訳したも
のでしょう。
劇場で公開される英語吹替版を見に行くような人
は、そもそも字幕版では見ないでしょうし、字幕版
の違法視聴で満足するような人は、そもそも劇場
に吹替版を見に行ったりはしないでしょうから、
興行成績それ自体には影響がないかもしれません
が、その後のDVDやブルーレイのセールスには、
被害が大きそうですよね。
日本と国外での、公開のタイムラグが生んでしま
う困った状況ではありますけど……。


posted by mikikazu at 09:49 | TrackBack(0) | スタジオジブリ作品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスのHMV新作DVDリストに、「美少女戦士セーラームーン」が。


前置きにするには長くなりすぎてしまったので、
こちらも独立した記事にします。
日本では9月からCSのアニメ専門局アニマック
スで、イタリアでも既報どおり有料チャンネル
Hiroで2010年1月からの再放送が決まっている
「美少女戦士セーラームーン」ですが、公式な発
表ではないですけど、イギリスでも動きがあるよ
うです。


Anime UK Newsの8月6日付け記事

"4 new possible UK Anime liceneses
 appearing on HMV?"


では、レコード販売ショップ大手のHMVの近日
発売商品のリストに、
・「名探偵ホームズ Complete Series」
・「ヴァンパイア騎士」
・「AKIRA」(ブルーレイ)
と合わせて、
・「セーラームーン」(DVD)
のタイトルがあったことを伝えています。
HMVの該当ページでは、タイトルと、ディスクの
枚数が1枚であること以外の情報は、なにもわか
りません。


ご存知のように、海外での「セーラームーン」関
連商品の展開(原作コミック、DVD、テレビ放映)
は、諸事情でずっと止まっていたのですが、日本・
イタリアでの再放送決定と合わせて、このイギリ
スでのDVDリリースも、世界的な「セーラームーン」
再展開の一環かも、と想像は出来ます。
コメント欄を読むと、イギリスでは過去に「セーラ
ームーン」のDVDは、MVM Entertainment
(公式サイト)から、英語吹替のみ収録版で発売
されたきりのようですから、今回はオリジナル版
での発売を期待されていますね。
今回の発売がMVMからなのかは、まだ不明です
けど、この週末の7月14〜16日にイギリス・コー
ベントリーのWarwick Arts Centreで開催さ
れるアニメコンベンションAya Revolution 09
(公式サイト)での、MVMのパネルで質問してみる
と言っている人がいるので、事実かどうかは、
そこでわかるかもしれません。続報を待ちましょう。
ディスク数が1枚というのが、テレビシリーズとして
は不自然ですし、あるいは映画版かもという声も
ありますが……。


short_g.gif


ところで、同じ英語圏のアメリカではどうだろう
と思って、アメリカAmazonで"Sailor Moon"を
検索してみたら、当ブログ2007年5月19日付
け記事
で伝えた、「美少女戦士セーラームーン 
セーラースターズ」の海賊版DVDBOXセット
が、
マーケットプレイス扱いとはいえ、まだ置いてあ
るのに驚きました。
というか、"Sailor Moon"で全ストア検索したら、
商品リストのトップに来ます。
マーケットプレイス扱い商品だから、Amazonと
しては例え海賊版でも関係がない、ということな
んでしょうか。


それはともかく、Twitterでお馴染みYuriconの
エリカ・フリードマンさんに質問してみたら、
FUNimationでなにか動きがあるみたいだけど、
北米での確定情報はまだないとのことでした。
僕も最近やっとTwitterを始めたばかりですが、
こういう簡単な連絡・質問には便利ですね。
あと、アニメ感想なんかも、ずっとそっちでやる
ことにしました。このブログの方は、海外情報
オンリーになっていくと思います。


posted by mikikazu at 08:00 | TrackBack(0) | 海外情報(イギリス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

スイス・ロカルノ国際映画祭で、「天元突破グレンラガン」「コードギアス 反逆のルルーシュ」第1話のプレミア上映


スイス・ティチーノ州ロカルノで現在開催中の
第62回ロカルノ国際映画祭(公式サイト 8月5
〜15日)では、日本アニメを特集した大型企画
「Manga Impact」(公式ページ)もあって、たく
さんの日本人ゲストも参加しており、色々ニュー
スが伝えられてくると思います。
既にアニメ!アニメ!さんが、高畑勲監督の名
誉豹賞受賞について伝えてくださっていますが、

アニメ!アニメ! 2009年8月7日付け記事
「高畑勲監督 ロカルノ国際映画祭で名誉
 豹賞受賞」


うちの方でも少しだけ。


short_g.gif


今年のロカルノ映画祭では、日本アニメ「天元突
破グレンラガン」と「コードギアス 反逆のルルー
シュ」を合わせた企画が2つ用意されています。
一つ目は、8月6日午後4時半に予定されている
公式記者会見で、これは既報済の、国営放送局
RAIのデジタルチャンネルである、RAI4(公式サ
イト
)における、9月24日からの放送開始を発表す
るものですね。


・ソース AnimeClick 2009年8月8日付け記事
"Carlo Freccero parla di Anime, Code Geass
e Gurren Lagann"



記者会見の出席者は、

Carlo Freccero
 (RAI4 Director, President RAISAT)
Enza Gentile
 (RaiSat Communications Coordinator)
Massimiliano Morelli
 (Consultant for Planning and Entertainment RAI4)
Carlo Cavazzoni
 (Dynit Executive Director)

になります。
RAISATは、RAI(イタリア放送協会)の衛星・デジタル
放送部門で、Dynit(公式サイト)は、「グレンラガン」
「コードギアス」のDVDを発売する会社ですね。
この記者会見では、イタリアでの両作品の放送開始
の詳細が伝えらていると思います。


もうひとつの企画が、その後の午後6時半から予定
されている、両作品の第1話のプレミア上映会で、
こちらにはゲストとして、「グレンラガン」の監督であ
る今石洋之さん、シリーズ構成担当である中島かず
きさんが招待されています。「コードギアス」側からは
誰もいませんか?
どちらの作品も、オリジナルの日本語音声に、イタリ
ア語字幕での上映となるようです。
まだ、日本人ゲストお2人からのコメントなどは伝わ
ってきていないのですが、RAI4のディレクターである
Carlo Freccero氏が、今回の放送について語って
いる記事が、Cinematografo.itに掲載されていま
した。


Cinematografo.it 2009年8月6日付け記事
"Le frecciate di Freccero"


最近でもお伝えしたように、イタリアの地上波放送
では、今でも「ドラゴンボールZ」「遊戯王5D's」
「名探偵コナン」そして世界名作劇場といった、子
供向けアニメが人気を誇っているわけですが、この
RAI4という、若者に視聴ターゲットを絞ったデジタ
ル放送局で、子供向け以外のアニメの枠を広く開
拓していきたい、という意味のことを、Freccero氏
は語っているようです。
当然、コアなファンに応えるためにも、地上波放送
で施されるような内容改変もなし、みたいですね。
ということは、イタリア語版主題歌とかもなし、なん
でしょうか。あれはあれで味があって好きですけど(笑)。
現在RAI4では、アメリカ製のテレビドラマなどを
メインに放送しているようですが、「グレンラガン」
と「コードギアス」が、この局で放送される最初のア
ニメになるのでは、と思います。
イタリアでは世界名作劇場作品のような旧作の再放
送でも、高い視聴者数が得られるのなら、新作アニ
メの売り込みにも困るのでは、という想像もありまし
たが、この局で若者・大人向けのアニメの放送枠が
確保出来るようなら、売り込みのチャンスも増える
でしょうし、イタリアのコアなアニメファンにとっても
嬉しいことだと思います。
反応に期待したいですね。


この、「グレンラガン」と「コードギアス」のRAI4での
放送開始については、DVD発売元のDynitがプロ
モーション映像を公式サイトに置いているのですが、
YouTubeにあげられているクリップを、うちにも置
いておきますね。雰囲気が伝わるでしょうか。






short_g.gif


で、ロカルノとは全然関係ないオマケをひとつ。
海外の「プリキュア」フォーラムで、「プリキュアの
海賊版?」と話題になっていて、僕は初めて知った
のが、中国製の実写作品「巴××小魔仙」(公式サ
イト
)です。既に有名でしょうか。
あ、漢字が表記出来ないみたいですけど、「Balala
little fairy」という意味ですか。バララ?
公式サイトのイラストを見て、最初はアニメかと思
いましたが、実写で、プリキュアとかセーラームー
ンが色々混じったみたいな、戦うヒロイン作品をや
っています。
公式サイトにも映像は置いてありますが、かなり重く
て繋がらないみたいなので、YouTubeに置いてあっ
たOP&ED動画を。EDは一応アニメです。あんまり動
きませんが。
日本の実写版「セーラームーン」と違って、ホントに
子供を主役にしてる話みたいですね。
公式サイト経由ですから、合法的に全32話が視聴
出来るみたいですので、お楽しみください。





posted by mikikazu at 10:50 | TrackBack(0) | 海外情報(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

タイでの売れ筋マンガランキング(出版社別)


まず先に、宣伝のお手伝いです。
いつもお世話になっているサイト「白い空」
かざみあきらさんによる夏コミ新刊についてです。
Twitterでのコメントを、そのまま引用させてい
ただきますが、

「あらためて夏コミ告知を。
 日曜日、東地区 M-39b『白い空-Le Ciel Blanc-』
 にて、新刊コピー本『和英麻雀用語辞典』(48P予定)
 を頒布します。
 皆様のお越しをお待ちしております。」
 (To those of you guys coming to Summer
 Comiket, I'll issue some copies of
 "Japanese-English Mahjong Terminology"
  on Sunday at East Hall M39b.)


とのことですね。
また、北米版ハルヒの本も在庫があり、前回冬
コミに出した「『ただの人間には興味ありません』
のフランス語ドイツ語イタリア語吹き替えを解説
する本」も、極々少部数持って行くかもしれませ
ん、とのことです。
英語による麻雀用語辞典、ということだと思います
が、海外の方と麻雀で交流する時に役立つガイド
になるのではないでしょうか。
僕は残念ながら夏コミに行く予定はないのですが、
お出かけになる方は、かざみさんのスペースにお
立ち寄りになるのも楽しいと思います。


short_g.gif


それと小さな情報ですが。
日本でもCSの東映チャンネルで10月から放送さ
れるらしい(契約していないので、直接には未確
認です)、「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク
「Kamen Rider Dragon Knight」ですが、
「Kamen Rider - O Cavaleiro Dragão」の
タイトルで(意味は同じです)、ポルトガル語吹替
版が放送されているブラジルではそれよりも早く、
DVDが発売されます。DVDジャケット写真も、既
に公開されています。

JBox.com 8月4日付け記事
"Primeira Mão: Vejam as Capas dos DVDs
de Kamen Rider"


発売元はPlayArteグループ(公式サイト)で、発売
日は9月16日。
第1&2巻の同時発売で、第1巻は第1〜4話を、
第2巻は第5〜7話を収録し、価格は29.90レアル
ということで、日本円だと1600円くらいですか?
おそらく世界初のDVD発売になると思います。
ブラジルでは視聴率も好調だそうですし、このDVD
も大ヒットしたりすれば、第二期はブラジルが舞台に
なったり?


short_g.gif


では本題。
今日はアジアに戻ってきて、タイ王国について、です。
タイでもマンガは読まれていて、いくつかの出版社
があるようです。少し古いですが、わかりやすくまと
めてくれた記事として、

AIDE新聞(コミケカタログ65出張版)
「タイにおけるマンガ/アニメーション事情と
イベント報告」


があるでしょうか。
この記事にも登場する出版社Vibulkijを含む、
各出版社の公式サイトでは、現在のマンガ売れ筋
ランキングもそれぞれ掲載してくれているので、
今日はそれを引用してみたいと思います。


short_g.gif


NED-•Nation Edutainment

1.「NARUTO」第40巻
2.「HUNTER×HUNTER」第23巻
3.「Bleach」第30巻
4.「クレヨンしんちゃん」第24巻
5.「アイシールド21」第27巻
6.「テニスの王子様」第39巻
7.「Nostalgia」第25巻(タイ製マンガ?)
8.「スティール・ボール・ラン」第13巻
9.「PLUTO」第1巻
10.「ワイルドライフ」第16巻(藤崎聖人)


Vibulkij Comics

・「闇のイージス AEGIS IN THE DARK」第4巻
 (作・七月鏡一/画・藤原芳秀)
・「アタゴオルは猫の森」第5巻(ますむらひろし)
・「はじめの一歩」第87巻(森川ジョージ)
・「タッチ」第7巻(あだち充) ―― 愛蔵版?
・「E'S」第14巻(結賀さとる)
・「パニッシャー(PUNISHER)」第2巻(佐渡川準)
・「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」第11巻
 (作・車田正美/画・手代木史織)
・「DEAR BOYS ACT2」第29巻(八神ひろき)
・「POWER STRIKERS」第8巻(Eakarat Bandasak)
・「Honey」第8巻(橘裕)
・「天使のフライパン」第1巻(小川悦司)


Bongkoch

1.「蜜×蜜ドロップス」第3巻
2.「蜜×蜜ドロップス」第5巻
3.「蜜×蜜ドロップス」第4巻
4.「蜜×蜜ドロップス」第8巻
5.「蜜×蜜ドロップス」第2巻
6.「蜜×蜜ドロップス」第1巻
7.「蜜×蜜ドロップス」第6巻
8.「蜜×蜜ドロップス」第7巻
9.小説「快感♥フレーズ熱情編 エンゲージ・ソング」
10.「快感♥フレーズ」第1巻
11.「快感♥フレーズ」第2巻
12.「そりゃないぜ☆ダーリン」第3巻
13.「そりゃないぜ☆ダーリン」第1巻
14.「そりゃないぜ☆ダーリン」第2巻
15.「愛を歌うより俺に溺れろ!」第5巻
16.「快感♥フレーズ」第3巻
17.「愛を歌うより俺に溺れろ!」第3巻
18.「愛を歌うより俺に溺れろ!」第2巻
19.「ラブセレブ」第7巻
20.「快感♥フレーズ」第4巻


オンラインストアPhapha Book Centerランキング

1.「07-GHOST」第1巻(雨宮由樹/市原ゆき乃)
2.「07-GHOST」第2巻
3.「07-GHOST」第3巻
4.「07-GHOST」第7巻
5.「07-GHOST」第4巻
6.「07-GHOST」第5巻
7.「To Loveる」第10巻
8.「To Loveる」第9巻
9.「初恋限定。」第4巻
10.「To Loveる」第4巻


short_g.gif


というようなランキングが見つかりました。
実際の部数とかまではわかりませんけれど、
参考になれば。
「NARUTO」とか「Bleach」は、ホントに世界の
どこでも売れているマンガになってしまったんで
しょうけど、「スティール・ボール・ラン」や「PLUTO」
のような、ちょっと通向けの作品も売れている
ようなのは嬉しいですね。
少女マンガについては、水波風南さんと新條
まゆさんの独壇場、なんでしょうか。
あと、「To Loveる」とか「初恋限定。」とか、
ちょっとH系な作品が売れるのも、各国でのレ
イティングとかの問題はあるにせよ、世界的な
傾向としていいと思います。

posted by mikikazu at 13:39 | TrackBack(0) | 海外情報(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

アニメ版「家庭教師ヒットマンREBORN!」のテレビ放送が、イタリアで難しい理由の確認


イタリアの大手メディアグループであるメディアセッ
トが保有している民間放送局Italia 1(地上波)
及びHiro(有料チャンネル イタリア語Wikipedia)で、
アニメ・カートゥーン作品を担当しているディレクタ
ーの、Fabrizio Margaria氏へのインタビューが、
フォーラムAnimeFun!に、8月3日付けで掲載され
ていました。
このフォーラムは先日も少しお伝えした、日本と
同じくイタリアでも、「美少女戦士セーラームーン」
のテレビ放送が再開されることが最初に伝えられ
た場所なんですが、「詳しくは、Fabrizio Margaria
氏へのインタビューを後日掲載するので」とも合わ
せて伝えられていて、ちょっと楽しみに待っていた
のです。
インタビューというか、寄せられたファン達からの、
イタリアでのあのアニメの放送はどうなっているの
か、という質問に、Margaria氏がどんどんと答える
形になっています。


「美少女戦士セーラームーン」については、当初
秋頃からでは?という話もありましたが、正しくは
2010年1月から、Hiroでの放送開始ということ
だそうです。
また、放送権についても、シリーズ全てを購入済
ということですから、第1作から、最終作の「セーラ
ースターズ」まで、次々放送されると思います。
この「セーラームーン」の放送解禁は、日本を含む
世界的なものみたいですから、イタリア以外の国で
もどうなっていくのか、注視したいですね。ブームの
再来だってあるかもしれません。
Yuriconのエリカ・フリードマンさんのように、「セー
ラームーン」でanimeに目覚めたという人には、
とても嬉しいことだろうと思います。


short_g.gif


インタビューの中では、「あの作品の放送の続きは
どうなっているの?」「あの作品をイタリアで放送し
てくれる可能性は?」という質問が、たくさん寄せら
れていたんですね。
例えば、日本で高視聴率を記録した、イタリアでも
人気のある作品のカップリングである、TVスペシャ
ル「ルパン三世vs名探偵コナン」を、イタリアでも見
られるかどうかについての質問もありました。
Margaria氏によれば、権利を持っているTMSに
問い合わせはしたものの、現在海外に売る予定は
ない、と答えられたとか。ただし、交渉は続けていき
たいとも。


で、質問の中には、「家庭教師ヒットマンREBORN!」
についてのものもあったんですね。放送権を購入す
るつもりはあるのかと。
Margaria氏が答えるところによれば、

"Per ora no, poi l'argomento mafia anche
se in maniera scherzosa non è molto semplice,
soprattutto per un cartone animato."
(差し当たりノー、というのはマフィアに関する
話題は、例え冗談めいた作風であっても、そう
単純なものではない。とりわけアニメに関しては)

ということだそうなんです(翻訳ありがとうござい
ました)。
やはり子供向けアニメとして、マフィアを扱った作
品をテレビ放送することは、難しいという判断があ
るように読めるんですけど。


ご存知のように「REBORN!」は、イタリアンマフィア・
ボンゴレファミリーの10代目ボスとしての、主人公・
沢田綱吉君の成長物語ですよね。
現実にイタリア国内に犯罪組織として存在し、社会
問題となっているマフィアが、アニメ版「REBORN!」
の中でどう描かれていて、それをイタリア国内の人
がどう感じるかは、日本人の側からは想像するしか
ありませんが、放送するかしないかを決定する、テレ
ビ局の担当の人の判断として、「放送は難しい」とい
うものがあるようです。
ただし、ドイツにおけるナチスの扱いのように、
メディアの中では絶対に駄目だというわけではなく、
原作マンガはPlaneta DeAgostiniからの出版が、
順調に巻を重ねているようですし、問題視された
というニュースも、とりあえず耳にはしていません。
だからあくまで、アニメ版のテレビ放送における判
断ということだと思います。


short_g.gif


判断自体の是非については、イタリアのテレビ視聴
者やアニメファンからも、それぞれ反応があるでしょ
うけれど、ここで重要なのは、放送をする・しないを
判断する担当者のコメントが確認出来た、というこ
とだと思います。
アニメにしてもマンガにしても、海外のたくさんの国
で放送・流通するようになった一方で、文化の違い
による問題もまた発生しているとされていますよね。
日本では問題のない描写が、海外のある特定の国・
地域では問題視されてしまう、という風に。
で、「問題視されている」という話が出てきた時に、
では実際のところ、「誰が」問題視しているのか、と
いう事実の確認もまた、大切だと思うんです。
というのも、「問題視されているのでは」という想像
する際に、実はその想像の根拠となっているのは、
「この国・民族の人は、こういう考えをするのだから、
こういう描写を問題視するに違いない」という、ステ
レオタイプの先入観でしかない危険性も大きいから
です。
なので今回のように、その判断をしている「誰か」が、
他でもないテレビ局の担当者であるMargaria氏だと
知れたことは、正しい客観事実の確認が出来たとい
う意味で、価値があると思います。


posted by mikikazu at 12:39 | TrackBack(0) | 海外情報(イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

サンディエゴ・コミコンでの、武井宏之さん(「機巧童子ULTIMO」)の発言まとめ


えっと、今日は宿題にしていた話題ですね。
サンディエゴ・コミコン(公式サイト 7月23〜
26日)のVIZ Mediaのパネル(7月24日)に、
「機巧童子ULTIMO」の共作者であるスタ
ン・リー氏と共にゲスト参加されていた、
武井宏之さんの現地での発言を、まとめて
みたいと思います。
引用するのは、パネルでの発言と、Publishers
Weekly、ICv2、Manga About.comと
いった現地メディアによる、個別インタビュー
からですね。
それぞれソースは、

Publishers Weekly 7月28日付け記事
"Talking with Ultimo's Hiroyuki Takei"

ICv2 8月3日付け記事
"ICv2 Interviews Hiroyuki Takei
On 'Ultimo'"


Manga About.com
"Interview: Stan Lee and Hiroyuki Takei"

になります。
当然重なる話題も多いので、発言そのままで
はなく、大意ということでお願いします。
では以下、箇条書きで――。


short_g.gif


・読んで育ったと言えるマンガは、「ジョジョの奇妙
 な冒険」(荒木飛呂彦)。同作者の「魔少年ビーテ
 ィー」もお気に入り。
 残念ながらスタン・リーの代表作である「スパイダ
 ーマン」を読んで育った、とは言えない。

(初めて「機巧童子ULTIMO」の企画を知らされた
時の反応は?)
・スタン・リーは、アメリカ、そしておそらくは世界
 で一番のコミック・アーティストなので、「私でい
 いんですか?」というものだった。
 だから、かなりのプレッシャーを感じていたが、
 一番最初にスケッチを見せた時に、とても喜ん
 でくれたので、こちらも嬉しく、やっと安心出来た。

・究極の善と悪の対立というコンセプトは、完全に
 スタン・リーからのもの。

・最初に頭の中にあったキャラクターのデザインは、
 「鉄腕アトム」のようなものだった。

・ウルティモの髪が赤い理由のひとつは、スタン・
 リーの代表作である「スパイダーマン」のコスチ
 ュームの色から。モチーフにあった「鉄腕アトム」
 にも赤色は使われているし、日本の絵画やイラス
 トでも、赤はとても人気のある色だから。

・スタン・リーは、日米での創作環境の違いをよく
 理解してくれていて、これまでの自作を手がけた
 時と、手法にあまり違いはない。
 これまでのところ、意見の衝突のようなものはない。

・「機巧童子ULTIMO」は月刊連載なので(ジャンプ
 スクエア)、週刊連載だった「シャーマンキング」の
 時よりは仕事量も減り、楽になって嬉しい。
 作品について考えるための時間も増えたので、
 それをいっぱいに活用している。

(シャーマンキングと比較すると、絵柄に変化がある
ようだが?)
・そんなことはないと思う。自分は常に新しいスタイル
 を求め続けていたいクリエイターだから、ウルティモ
 のデザインにも、多少の変化はあるかもしれない。
 けれど、「ULTIMO」を始めた時は、「シャーマンキン
 グ」完全版の作業も同時進行だったので、絵柄は似
 てしまっていると思う。

・バイスの殿であるKのモデルは、自分の制作オフィ
 スのスタッフ。

・ダンスタンのモデルをスタン・リーにしたのは、彼に
 初めて会った時に思いついた、自分のアイディア。
 彼が作品の作者なのだから、作中でもウルティモ
 とバイスの生みの親である、ダンスタンにしてしま
 おうと考えた。彼は、自作の映画化作品に、自分
 で出演したこともあるし、マンガでも登場させたら、
 きっと喜んでくれると思った。ただし、最初にスケッ
 チを見せる時は、「殺されるかもしれない」くらいに
 は不安だった。
 自分自身をマンガのキャラとして登場させる可能性
 は、恥ずかし過ぎるので、ない。

・日米双方の読者のことを考えつつ作品を作っていく
 のは、とても大変だと理解したので、自分も含めた
 日米の作家が、今後も「ULTIMO」のような共同制
 作作品を作っていくべきかどうかは、わからない。

(先に連載されている、日本での反応は?)
・ジャンプスクエアの読者アンケートでは、常に首位
 争いをしている。7月4日に発売になった単行本の
 第1巻は、3日で増刷の要請があった。
 出だしとしては順調で、映画化でもされれば、反応
 はもっとよくわかるだろう。

(外国で自作が翻訳され、読まれていることをどう思う?)
・もちろん嬉しい。ただ時々、作品の意図がきちんと
 外国の読者に伝わっているだろうかと心配になるこ
 ともある。特に自分の作品は、表現が曖昧だったり、
 読者の心に疑問を残したままにしたりすることがあ
 るので。
 アメリカン・コミックのように、「ULTIMO」も究極の善
 と悪との物語ではあるが、自分が「ULTIMO」で伝
 えたいことは、善と悪を分ける線は、もっと曖昧で、
 そんなにはっきりしたものではないかもしれないと
 いうこと。アメリカの読者には、特にその点に注目
 して、裏の意図まで読み取って欲しい。


short_g.gif


という辺りが、主なところでしょうか。武井さんの
日本語から、通訳を通した英語への翻訳を、さらに
日本語にしているので、細かいニュアンスまで汲み
取れているかどうかは、あまり自信がないです。
ジャンプスクエア今月号の後記で、武井さんは訪米
について触れていましたから、来月号には、きっと
詳しいレポート記事が掲載されるでしょう。
スタン・リー氏との対談は以前にもありましたけど、
実際に連載が進んでからの、お2人の会話をまた
聞いてみたいですね。
VIZ Mediaのパネルでも、お2人は顔を合わせて
いるのですが、リー氏はなんだかテンションがハイ
過ぎで、冗談ばかり言ってます。
VIZ Mediaの編集さんによると、お2人が直接会う
のは、これまでも数えるほどしかないとか。日米での
やりとりは、主にテレビ電話を通してになるそうです
けど、回線の調子がいつも悪いと、リー氏に茶化さ
れていますね。
それと、武井さんは自分をマンガのキャラにする気
はないと仰っていますが、リー氏の方はぜひそうし
て、2人を元にしたキャラの出番を、「ULTIMO」の
中でどんどん増やしていこう!と言ってるとか(笑)。


日米の共同作業について、リー氏は他のクリエイタ
ー達も、どんどん進めていくべきだと主張している
んですけど、武井さんの方が慎重なのは、アイディ
アを出す人と、それを実際に形にしていく人の違い、
なのかもしれませんね。後者の方がずっと大変だろ
う、という想像ですけど。
アメリカでの「ULTIMO」の評価は、まだSHONEN
JUMP誌7月号(公式サイト)から連載が始まった
ばかりなので、よくわかりませんが、少なくとも、
かつて「シャーマンキング」も連載されていた、
SHONEN JUMP誌の読者は、同じmangaとして
読んでくれるでしょうから、大丈夫だと思います。
「スタン・リー原作だから」と読もうとする、コミック
界側の人達からの反応は、皆目見当もつきませ
んけど……。


posted by mikikazu at 08:30 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

北米オンラインストアでの、アニメDVD売り上げ・予約ランキング(2009年8月初旬編)


一昨日はマンガでしたから、引き続いてDVDの方
も久々にチェックしてみます。ちょっとお休みしてい
る間に、大きな動きはあったでしょうか。
では恒例ですが、北米各オンラインストアにおける、
アニメDVDの売り上げ・予約ランキング2009年8月
初旬編です。以下、各ストアのトップセラー・リストに
なります。


short_g.gif


アニメ専門ストア

AnimeNation
(予約含む売り上げランキング)

1.「Darker Than Black」第6巻
2.「ジャングルはいつもハレのちグゥ Collection
  (7 DVDs + Box)」
3.「かんなぎ」第1巻(第1〜7話)
4.「マイアミ・ガンズ」DVD Bundle(廉価版BOXセット
 ではなく、通常巻をまとめたもの)
5.「Bleach Season 3 Uncut Box Set」限定版
6.「ガンスリンガーガール-IL TEATRINO-
 Complete Series」
7.「ロミオ×ジュリエット Part 2」(第13〜24話)
8.「剣風伝奇ベルセルク Complete Collection」
 (リマスター版)
9.「コードギアス 反逆のルルーシュR2 Part 1」
10.「かんなぎ」第2巻(第8〜14話)


Right Stuf International
先週のTOP10ランキング(予約含む)

1.「トライガン REMIX」第2巻
2.「トライガン REMIX」第5巻
3.「トライガン REMIX」第3巻
4.「トライガン REMIX」第6巻
5.「トライガン REMIX」第1巻
6.「トライガン REMIX」第4巻
7.テレビ版「AIR」第4巻
8.「マジカノ」第3巻
9.テレビ版「AIR」第3巻
10.「マジカノ」第1巻


The Anime Corner Store

1.「ストレンヂア 無皇刃譚」(ブルーレイ)
2.「Bleach Season 3 Uncut Box Set」限定版
3.「学園アリス Complete Box Set」
4.「クレイモア」第6巻
5.「風のスティグマ Season #1 Part #1」
 (第1〜12話)
6.「機動戦士ガンダム00 Vol #1」(第1〜9話)


Anime Castle
(予約含む)

1.「らき☆すたOVA」
2.「鋼の錬金術師OVA」
3.「今日からマ王! Season 2」
4.「機動戦士ガンダム00 Vol #1」(第1〜9話)
5.「ロミオ×ジュリエット Part 2」(第13〜24話)


short_g.gif


一般DVDストアのANIMEコーナー


DVD Empire
(予約含む)

1.「xxxHolic:The Complete Series」
2.「精霊の守り人」第5巻
3.「機動戦士Zガンダム Box Set 2」
4.「機動戦士Zガンダム Box Set 1」
5.「ドラゴンボールZ Season 9 Uncut DVD Set」
6.「史上最強の弟子ケンイチ Season1:Part2」
7.「Bleach」第18巻
8.「ドラゴンボールZ Season 8 Uncut DVD Set」
9.「エイケン」
10.「機動戦士ガンダムSEED Box Set 1」


Video Universe
(日本アニメのみ)

1.「サムライチャンプルー Complete Box Set」
2.「交響詩篇エウレカセブン Complete Collection 2」
3.「クレイモア」第6巻
4.「ストレンヂア 無皇刃譚」(DVD)
5.「NARUTO Uncut DVD Box Set VOL.15」
6.「もののけ姫」
7.「ドラゴンボールZ Season 2 Uncut DVD Set」
8.「劇場版Bleach MEMORIES OF NOBODY」
9.「ストレンヂア 無皇刃譚」(ブルーレイ)
10.「機動戦士ガンダム00 Vol #1」(第1〜9話)


Wal-mart
(日本アニメのみ)

1.「ドラゴンボールZ Season 5 Uncut DVD Set」
2.「ドラゴンボールGT Season 2 Uncut DVD Set」
3.「ドラゴンボールGT Season 1 Uncut DVD Set」
4.「ドラゴンボールZ Season 4 Uncut DVD Set」
5.「NARUTO Uncut DVD Box Set VOL.14」
6.「ドラゴンボールZ Season 6 Uncut DVD Set」
7.「ドラゴンボールZ Season 8 Uncut DVD Set」
8.「ドラゴンボールZ Season 7 Uncut DVD Set」
9.「ドラゴンボールZ Season 9 Uncut DVD Set」
10.「NARUTO Uncut DVD Box Set VOL.4」


Buy.com

1.「新バイブルブラック」第3巻
2.「サムライチャンプルー Complete Box Set」
3.「ストレンヂア 無皇刃譚」(ブルーレイ)
4.「NARUTO Uncut DVD Box Set VOL.3」
5.「ストレンヂア 無皇刃譚」(DVD)
6.「Darker Than Black」第6巻
7.「ハウルの動く城」
8.「ドラゴンボールZ Season 9 Uncut DVD Set」
9.「ドラゴンボールZ Season 8 Uncut DVD Set」
10.「ONE PIECE Season 2」


short_g.gif


という感じになります。
それにしても新作が少なくなりました。
目立つのは、「機動戦士ガンダム00」と「かんなぎ」
「ロミオ×ジュリエット」くらいでしょうか。
あと、意外なのは複数のストアで、「ストレンヂア
無皇刃譚」がDVDよりもブルーレイで、よく売れてい
ることですね(アメリカ公式サイト)。
この作品、プロモーションのため今年の2月5日の
一夜だけ、全米の360館以上の劇場で公開され、
6月になってからDVDとブルーレイが発売されたん
ですが、それなりにプロモーションの効果はあった
のかもですね。対費用効果の実際は知りませんけど。


あと、Right Stufはいつものように一掃セール中で、
「トライガン REMIX」 ―― 10ドル
テレビ版「AIR」 ―― 7ドル
「マジカノ」 ―― 9ドル
の叩き売り状態です。この時期と重なると、最新の
売れ筋タイトルがわからなくて困ります(笑)。
発売時期の古い「トライガン」は、さすがに在庫も
残りわずかだったり売り切れていますが、「AIR」は
残り139枚(第3巻)と176枚(第4巻)、「マジカノ」も
残り180枚(第1巻)と157枚(第3巻)ということで、なか
なか先は長そうですねえ。


posted by mikikazu at 08:33 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

イタリア地上波テレビ局での、日本アニメ視聴者数データ(7月27〜8月2日週)


まず先に。
お馴染みManga About.comのDeb Aokiさん
が、先日のサンディエゴ・コミコンにおける、「機巧童
子ULTIMO」の共作者であるスタン・リー氏と武井
宏之さんのパネルの採録と、その後に行った独自
インタビューについての記事をアップしてくれてい
ます(via MangaBlog)。

Manga About.com
"Interview: Stan Lee and Hiroyuki Takei"

またICv2でも、スタン・リー氏と武井宏之さんへの
個別インタビュー記事を掲載していました。

ICv2 8月3日付け記事
"ICv2 Interviews Stan Lee
On 'Ultimo'"


"ICv2 Interviews Hiroyuki Takei
On 'Ultimo'"


これらに先日も紹介したPublishers Weekly
記事、

Publishers Weekly 7月28日付け記事
"Talking with Ultimo's Hiroyuki Takei"

を加えれば、今回の訪米での武井さんの公式発言
は、ほぼフォロー出来るのではないかと思います。
まだ全部読みきれていないので、頑張ります。


short_g.gif


さて今日の本題は、7月29日付け記事の補完に
なります。
1日だけの視聴者数データで判断するのは、やは
り不確実ですので、この一週間、7月27日月曜
日から、8月2日日曜日までの、イタリア地上波
テレビ局における、日本アニメの視聴者数・占拠
率のデータをフォローしてみました。
ソースはいつものように、tvblogですが、残念な
がら7月31日(金)と8月1日(土)については、
細かい数字までは発表されませんでした。


現在、イタリアの地上波局で放送されている日本
アニメのラインナップは、


Rai Due(国営放送局)

「Yes!プリキュア5」
(月〜金 午前8時20分)

Italia 1(民放・メディアセットグループ)

「牧場の少女カトリ」
(月〜金 午前8時15分)

「小公女セーラ」
(月〜金 午前8時40分)

「ドラゴンボールZ」
(月〜金 午後1時40分)

「名探偵コナン」
(月・水・金 午後2時5分)

「遊戯王5D's」
(火・木 午後2時5分)

「ふしぎ星の☆ふたご姫」
(土・日 午前8時35分)

「おねがいマイメロディ」
(土・日 午前9時5分)

「とっとこハム太郎」
(土・日 午前9時25分)

「爆丸 バトルブローラーズ」
(土 午前9時50分)


などになります。
衛星・ケーブルの専門局でも、他にたくさん
アニメ作品は放送しています。例えば、

MTV ――
「隠の王」「銀魂」
Nickelodeon ――
「アタックNo.1」
Cartoon Network ――
「クレヨンしんちゃん」「BLUE DRAGON」
「出ましたっ!パワパフガールズZ」
「鋼の錬金術師」
Jetix ――
「ポケットモンスター」「キン肉マン2世」
「シャーマンキング」
Boing ――
「ハローキティ」「金色のガッシュベル!」
「マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ」
「キャプテン翼」「花の子ルンルン」
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」
Cooltoon ――
「ダッシュ勝平」「妖しのセレス」
「地球防衛企業ダイ・ガード」「ソウルテイカー」
「うる星やつら」「無敵鋼人ダイターン3」
「ゴールデン・ボーイ」


などの作品が現在放送されていて、地方局なんか
だともっと多いわけですが(参考・Cartoni80.it)、
さすがにそこまでは把握出来ません。
日本でも衛星・ケーブル局は、チャンネルごとの
加入者数くらいしか、表には数字が出ないと思い
ますし。
そうそう、話題作といえば、国営放送局RAIの
4番目のチャンネルであるRai4では、9月24日
から、「天元突破グレンラガン」「コードギアス
反逆のルルーシュ」の放送が予定されています。

ソース・tvblog 7月27日付け記事
"Gurren Lagann e Code Geass: Lelouch of
the Rebellion, dal 24 settembre su Rai4"


RAi4は新設のデジタル放送局とのことですが、
こちらもデータがわかるようなら、反応を調べて
いきたいです。


とりあえず今日のところは、地上波局で放送され
ているアニメ作品についてのデータを、日別に視
聴者数の多いものから、並べていってみますね。
「タイトル ―― 視聴者数/占拠率」の表記です。


short_g.gif


7月27日(月)

「ドラゴンボールZ」 ―― 149万人/10.06%
「名探偵コナン」 ―― 144万6000人/10.7%
「小公女セーラ」 ―― 69万4000人/17.53%
「牧場の少女カトリ」 ―― 42万8000人/10.73%
「Yes!プリキュア5」 ―― 22万2000人/5.63%


7月28日(火)

「ドラゴンボールZ」 ―― 148万3000人/9.83%
「遊戯王5D's」 ―― 121万8000人/8.81%
「小公女セーラ」 ―― 64万2000人/16.49%
「牧場の少女カトリ」 ―― 44万9000人/10.69%


7月29日(水)

「ドラゴンボールZ」 ―― 154万6000人/10.30%
「名探偵コナン」 ―― 150万6000人/10.97%
「小公女セーラ」 ―― 56万人/13.73%
「牧場の少女カトリ」 ―― 42万7000人/10.34%
「Yes!プリキュア5」 ―― 20万4000人/4.96%


7月30日(木)

「ドラゴンボールZ」 ―― 167万9000人/11.48%
「遊戯王5D's」 ―― 153万5000人/11.5%
「小公女セーラ」 ―― 86万7000人/22.68%
「牧場の少女カトリ」 ―― 52万9000人/12.95%
「Yes!プリキュア5」 ―― 20万5000人/6.74%


8月2日(日)

「ふしぎ星の☆ふたご姫」 ―― 40万7000人/9.05%
「おねがいマイメロディ」 ―― 57万3000人/12.31%
「とっとこハム太郎」 ―― 59万人/12.15%


short_g.gif


多くはありませんが、とりあえずこれくらいのデ
ータが見つかります。
やはり驚くのは、「ドラゴンボールZ」の衰えぬ人
気ぶりで、圧倒的ですね。東映アニメーションの
ヨーロッパからの収益レポートに、必ず「DBZ」の
名前が入り続けている理由がわかります。
続く時間帯だからか、「名探偵コナン」と「遊戯王
5D's」も、新作として同程度の人気を得ているよ
うです。
「小公女セーラ」と「牧場の少女カトリ」も、視聴
者数こそ差がありますが、これはそもそもテレビ
視聴者数自体が少ない時間帯だからで、占拠率
をみれば、二桁超えの、高い人気を得ているとわ
かります。
20年以上前の作品が、いまだに高い人気を保って
いるのは嬉しいことですが、旧作の再放送で高い
視聴者数を得られるのなら、新作をわざわざ買っ
てきて、イタリア語の吹替もつけて放送する必要
もないという判断も当然生まれるでしょうから、
ビジネスとしては難しいかもですね。


で、その最新作の「Yes!プリキュア5」は、残念な
がらこの中だとどちらの数字でも、最下位に位置
するみたいですね……。チャンネル自体の人気の
差も大きいでしょうけど。
最初の「ふたりはプリキュア」1作だけで終わったら
しい、ドイツ・スペインなどと違って、律儀にずっと
シリーズを放送し続けてくれているのだから、イタ
リアでは「プリキュア」シリーズも、それなりの評価
を受けている筈なのは想像出来ますが……。
たくさんある映画とか、公開してくれないものでし
ょうか。


posted by mikikazu at 08:47 | TrackBack(0) | 海外情報(イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

北米オンラインストアでの、マンガ売り上げランキング(2009年8月初旬編) ―― 英語版「らき☆すた」第1巻の現状は?


The New York Timesによる7月第4週(〜25日)
のmangaベストセラー
(要登録)のTOP10は、


1.「フルーツバスケット」第23巻
2.「NARUTO」第45巻
3.「鋼の錬金術師」第19巻
4.「魔法先生ネギま!」第23巻
5.「NARUTO」第43巻
6.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」第22巻
7.「NARUTO」第44巻
8.「キッチンのお姫さま」第10巻
9.「らき☆すた」第1巻
10.「NARUTO」第42巻


でした。
最終巻の「フルーツバスケット」、鉄板の「NARUTO」、
アニメ新シリーズのおかげもあってか盛り返して
きた「鋼の錬金術師」、ずっと安定している「ネギま!」
「ツバサ」辺りは常連ですが、新顔での注目は、
やはり「らき☆すた」第1巻になるでしょうか。
ランクインして二週目で、見事にTOP10入りを果
たすスゴい勢いです。
マンガ部門とはいえ、天下のニューヨーク・タイム
ズのベストセラーリストで、「らき☆すた」のタイト
ルを見られるという、素敵な時代になったと思い
ます。


英語版原作マンガ「らき☆すた」の人気につい
ては、7月16日付け記事でも触れましたけど、
出版元のBANDAI ENTERTAINMENTが、
初版の部数を抑え過ぎてたというわけでもなく、
マンガとしてベストセラーと呼んでいいくらいに、
かなりの実数で売れているようですね。
部数が少な過ぎての品切れなら、売れた部数
も少ないわけですから、こういう総合的なランキ
ングには入ってこないと思いますし。
この辺の、期待より不調だったとされるアニメ版
とは逆になっている、マンガ版「らき☆すた」の
好調は、やはり理由が知りたいです。


とりあえず、各オンラインストア単位だと、現在
どういう状況になっているでしょうか。
ちょっと久々ですけど、以下は北米(アメリカ・カ
ナダ)の各オンラインストアにおける、マンガ作品
の売り上げランキング2009年8月初旬編です。


short_g.gif

アメリカ

大手一般書店チェーン

・Borders

1.「フルーツバスケット」第23巻
2.「NARUTO」第45巻
3.「鋼の錬金術師」第19巻
4.「ヴァンパイア騎士」第7巻
5.「ロザリオとバンパイア」第8巻
6.「魔法先生ネギま!」第23巻
7.「NARUTO」第43巻
8.「NARUTO」第42巻
9.「NARUTO」第44巻
10.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」第22巻

15.「らき☆すた」第1巻(在庫無し)


・Barnes & Noble

1.「ヴァンパイア騎士」第7巻
2.「Dark-Hunters」第1巻(Sherrilyn Kenyon)
3.「フルーツバスケット」第23巻
4.「フルーツバスケット」第22巻
5.「Dark Hunger (Dark Series #14) 」
 (Christine Feehan)
6.「ヴァンパイア騎士」第6巻
7.「NARUTO」第45巻
8.「NARUTO」第43巻
9.「鋼の錬金術師」第19巻
10.「NARUTO」第40巻

「らき☆すた」第1巻はTOP100圏外(在庫無し)


・Books-A-Million

1.「フルーツバスケット」第23巻
2.「NARUTO」第38巻
3.「NARUTO」第36巻
4.「フルーツバスケット」第22巻
5.「NARUTO」第34巻
6.「NARUTO」第35巻
7.「NARUTO」第37巻
8.「NARUTO」第33巻
9.「Bleach」第27巻
10.「ヴァンパイア騎士」第6巻

「らき☆すた」第1巻はTOP100圏外(在庫無し)


オンラインストア

・アメリカAmazon

1.「Maximum Ride」第1巻(James Patterson)
2.「Dark-Hunters」第1巻(Sherrilyn Kenyon)
3.「NARUTO」第45巻
4.「フルーツバスケット」第23巻
5.「鋼の錬金術師」第19巻
6.「無限の住人」第21巻
7.「The Manga Cookbook」(The Manga University)
8.「ベルセルク」第30巻
9.「Warriors: Tigerstar and Sasha #3:
 Return to the Clans」
10.「NARUTO」第44巻

「らき☆すた」第1巻はTOP100圏外(在庫無し)


アニメ・マンガ専門店

・AnimeNation

1.「ベルセルク」第2巻
2.「ああっ女神さまっ」第32巻
3.「快感♥フレーズ」第17巻
4.「銃夢-Last Order」第17巻
5.「キングダムハーツU ピアノ・ソロ・シート・
 ミュージック」
6.「ファイナル・ファンタジー\ ピアノ・コレクション・
 シート・ミュージック」
7.「Kanji in Mangaland: Levels 1 & 2」
8.「メガミマガジン」2009年2月号
9.「ベルセルク」第1巻
10.「ベルセルク」第3巻

「らき☆すた」第1巻は取り扱いなし


・Right Stuf

1.「フルーツバスケット」第23巻
2.「かりん」第14巻
3.「まりあほりっく」第1巻
4.「学園アリス」9巻
5.「D・N・ANGEL」第13巻
6.「ブラッディKISS」第1巻
7.「僕と彼女の×××」第5巻
8.「まりあほりっく」第2巻
9.「翼を持つ者」第3巻
10.「ブラッディKISS」第2巻

「らき☆すた」第1巻は現在在庫無し


・Anime Castle

1.「ロザリオとバンパイア」第8巻
2.「D.Gray-man」第14巻
3.「ヴァンパイア騎士」第7巻
4.「鋼の錬金術師」第19巻
5.「ベルセルク」第30巻

「らき☆すた」第1巻は取り扱いなし


コミック専門店

・Midtown Comics
(ニューヨーク州ニューヨーク市)

1.「無限の住人」第21巻
2.「NARUTO」第45巻
3.「PLUTO」第4巻
4.「新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」第1巻
5.「ロザリオとバンパイア」第8巻
6.「コードギアス 反逆のルルーシュ」第4巻
7.「ベルセルク」第30巻
8.「Starcraft Frontline」第3巻

「らき☆すた」第1巻は取り扱いなし


カナダ

・Bookmanager
(コミック&グラフィックノベル・ランキング)
――カナダ国内の、大手チェーンに属していない
独立書店向けの書籍データ・サイトで、調査対象
はコミック専門店や、大手チェーンを除く、400店
ほど。

1.「WATCHMAN」(Alan Moore)
2.「NARUTO」第45巻
3.「鋼の錬金術師」第19巻
4.「魔法先生ネギま!」第23巻
5.「NARUTO」第1巻
6.「ヴァンパイア騎士」第6巻
7.「NARUTO」第43巻
8.「NARUTO」第44巻
9.「Dark-Hunters」第1巻(Sherrilyn Kenyon)
10.「キッチンのお姫さま」第10巻

このサービスで検索出来るカナダの書店では、
「らき☆すた」第1巻はどこにも在庫無し


short_g.gif


ということで、引き続き「らき☆すた」第1巻は、
初版が売り切れ後の増刷がまだ出回っておらず、
どこの書店でも品切れ状態が続いているようです。
売るものがないので、当然売り上げランキングに
も反映されないわけですね。集計のタイムラグが
あるだろうニューヨーク・タイムズのランキングでも、
次週以降は消えているかもです。
なので8月31日発売予定の第2巻は、相当な刷り
数にすると思います。そういう決定が間に合えば、
ですけど。


この突然のブレイクの理由は……、アニメ版DVDは
セールス不調により、第6巻限定版の発売が中止
になったり、OVAに英語吹替が収録されなくなった、
つまり正規版でないと手に入れられない物がどん
どんと消えていっている状況をみて、北米の「らき☆
すた」ファンがさすがに、「やはり正規版を購入しな
いと、原作マンガさえ出版が打ち切られてしまうの
では」と危機感を覚えて、積極的に買いに走ってい
るとか? 
マンガ版「らき☆すた」の出版元は、そういう中止
の判断を下されたDVDのリリース元と同じ、BANDAI
ですし、セールスが不調だと、原作マンガでも同じ
ような判断をされるかもしれない、という想像は論
理的です。
その辺の購買者の心理を、また調べてみたいですね。

posted by mikikazu at 10:15 | TrackBack(0) | 海外情報(北米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

イタリア語版70〜80年代アニメOPメドレー動画集&「とびっきり!勇気の扉<ドア>」(Yes!プリキュア5)


まず先に、ちょっともう細かく紹介出来ませんが、
インタビュー関連の記事をまとめていくつか。


The Chicago Examiner 7月29日付け記事
"Erica Friedman, founder of Yuricon and
ALC Publishing, talks to us about Yuri Manga"


お馴染みYuriconの代表であるエリカ・フリードマ
ンさんへのインタビュー記事。
一般の方向けに、ジャンルとしての「百合 Yuri」、
自身と百合との出会い、Yuriconの活動目的、
出版部門であるALC Publishing、代表的な出版
物である「Yuri Monogatari」アンソロジーにつ
いて、簡単に説明してくれています。


Publishers Weekly 7月28日付け記事
"Talking with Ultimo's Hiroyuki Takei"

先日のサンディエゴ・コミコンにゲスト参加され
ていた武井宏之さんが、「機巧童子ULTIMO」
について語った記事。
スタン・リー氏との共同作業について、詳しく語
ってくれています。武井さんにも、クリエイティブ
な部分での発言権は多かったのだとわかります。


Anime News Network 7月31日付け
"SDCC '09 - Hayao Miyazaki panel"

同じくサンディエゴ・コミコンにゲスト参加していた
宮崎駿監督の、パネルでの模様を伝える動画。
宮崎監督のお答えは日本語なので、大体わかる
でしょうか。
とにかく、観客の反応が凄まじいですね。


Manga Recon 7月25日付け記事
"Manga Recon @ Otakon 2009: Grant’s
Report, Part 2"


同8月1日付け記事
"Manga Recon @ Otakon 2009: Grant’s
Report, Part 3"


その前のOtakonでの、手塚治虫作品の翻訳・
研究で知られるフレデリック・ショットさんのQ&
Aセッションの模様を伝える記事。
マンガの英語翻訳における実情や、友人でもあ
った手塚治虫さんとの思い出・評価について語
ってくれています。
Otakonでは、ポッドキャストAnime World Order
も、短いながらインタビューを収録出来たとのこ
とで、公開に期待しています。


short_g.gif


では本題。
今日は日曜日ですし、たまにはちょっと時間を
かけてもいい動画ネタなんかどうでしょう。
7月29日付け記事で、イタリアのテレビ地上波
放送では、80年代作品である「牧場の少女カトリ」
や「小公女セーラ」の方が、最新作である「Yes!
プリキュア5」よりも多い視聴者数を、いまだに
得続けていることをお伝えしましたが(もう少し広
い範囲での総括データ調査もいずれやります)、
では、70〜80年代からイタリアでは、日本アニメ
はどんな風に伝えられていたんでしょうか。


その辺のことが端的に想像出来る動画が、いく
つか編集されて、YouTube上でも公開されてい
るんですが、今日のところはこの「Cartoni animati
anni 80 - Super mix」というシリーズ3本を置い
てみます。それぞれ10分弱の長さです。
他にも同趣向の編集動画はありますが、たぶん
このシリーズが画質・音質的には一番良好です。
ステレオが多いので、音楽は別音源から編集し
たものもあるでしょうね。
日本アニメ以外の作品も少し混ざっていますが、
メドレー形式でさくさく進むので、わりと楽に見ら
れるのでは、と思います。とはいえ、僕にもタイ
トルがすぐに思い出せない作品が結構ありました。
「こんな作品がイタリアで放送されていたのか」
「こんな主題歌になっていたのか」
ということを確認する、手っ取り早い資料になれば。


各クリップで紹介されるタイトル一覧も書こうか
と思いましたが、「え!これが!」と驚きつつ見
る方がきっと楽しいと思うので、やめました。いえ
いえ面倒くさかったんじゃありません。
この辺の70〜80年代の作品は、Cartoni80.it
によりますと、今でもイタリアの地方局・衛星放
送局で、たくさん放送され続けているのがわかり
ます。


Cartoni animati anni 80 - Super mix round 1




Cartoni animati anni 80 - Super mix round 2




Cartoni animati anni 80 - Super mix round 3





short_g.gif


で、これはオマケですけど。
律儀にイタリア語で吹替えてくれる作業は今でも
続けられていて、その最新版が、「Yes!プリキュア5」
第20話「プリキュア5 歌手デビュー!?」のラストで披露
される、キュアレモネードこと春日野うららさんの歌う
挿入歌「とびっきり!勇気の扉<ドア>」のイタリア語版
です。ものすごく頑張っていると思います。最後のスマ
イルも可愛いです。


「とびっきり!勇気の扉<ドア>」イタリア語版




posted by mikikazu at 02:26 | TrackBack(0) | 海外情報(イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

「仮面ライダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider: Dragon Knight」、8月1日より北米で新作エピソード放送再開&視聴率データ(5月9日〜7月25日)


かねてより何度かお伝えしている、 「仮面ライ
ダー龍騎」の海外向けリメイク「Kamen Rider:
Dragon Knight」の北米での放送は、4月11
日の第15話「The Many Faces of Xaviax」
を最後に、新作エピソードの放送が止まってい
たのですが、既報通り現地時間の今日8月1日、
新作エピソードの第16話「The Hero of Gramercy
Heights」が放送される筈で、次週8月8日は、
第17話「The Power of Three」が予定され
ています。
おそらくはこのまま、全40話の最後まで放送し、
一番トイを売らなくてはならないホリデイ・シーズ
ンに、物語のクライマックスを合わせるのだと
思います。
スタッフの方も明言しているように、構想はあ
るという第二シーズン及び映画版の可能性は、
トイの売り上げ次第ということですし、それだけ
話題を呼べば、「Power Rangers」のように、
日本にも逆輸入されるかもしれません。
あ、もう少し早ければ、「ディケイド」だって、
「KRDK」の世界に行けたかもしれませんよね。


そうそう、お馴染み英字日刊紙The Japan Times
の、昨日7月31日版の第3面に共同発の、映画
「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショ
ッカー」完成披露イベントを伝える記事が掲載さ
れていたんですが、

The Japan Times 7月31日付け記事
"'Kamen Rider' villains turn to politics"

文中で、「仮面ライダーBLACK RX」をベースに
して、95〜96年にFoxで放送された「Masked Rider」
については触れていたものの、現在進行形作品
である「KRDK」についてはスルーでした。


新作エピソードがお休みの間も、アメリカのテレビ
放送のお約束として、ずっと既放送エピソードのリ
ピートは続いていたんですが、その視聴率はどうだ
ったでしょう。
本放送中は今ひとつだったわけですが、リピートに
よって、北米の子供達の注目を集め、放送再開へ
の期待が高まっていたりするでしょうか。
以下、ソースはいつものようにCynthia Turner's
Cynopsis- Cynopsis Kids
、対象年齢層は
6〜11歳で、5月9日から、リピート放送最終回
になる前週7月25日までの、視聴率/占拠率を
調べてみますね。


short_g.gif


5月9日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 3.4/19
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.7/14
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK)―― 1.7/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.0/6
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/3
「Babar」(NBC)―― 0.4/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.2/1
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.2/11
「恐竜キング」(CW)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/3


5月16日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 3.5/18
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.9/14
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK)―― 1.7/9
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.1/6
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.8/4
「Babar」(NBC)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.5/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.4/12
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.8/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2


5月23日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.8/26
「Phineas and Ferb」
(DISNEY CHANNEL) ―― 2.2/11
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.3/6
「Suite Life of Zack & Cody」(DISNEY XD) ―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Babar」(NBC)―― 0.3/2
「Sushi Pack」(CBS)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.0/11
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.8/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2


5月30日

・同時間帯(11時30分〜12時00分)比較

「SpongeBob SquarePants」
(NICKELODEON) ―― 4.0/22
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.6/8
「League of Super Evil」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.4/7
「Suite Life of Zack & Cody」(ABC)―― 1.1/6
「Aaron Stone」(DISNEY XD) ―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Babar」(NBC)―― 0.3/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.5/13
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.4/12
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.5/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


6月6日
*この週から10時30分からに放送時間変更

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較比較

「Penguins of Madagascar」
(NICKELODEON) ―― 4.9/24
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.3/11
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 2.1/10
「That's So Raven」(ABC)―― 1/3/6
「Yin Yang Yo」(DISNEY XD) ―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.0/10
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.8/9
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「恐竜キング」(CW)―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.4/2
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.3/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


6月13日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.7/23
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.9/10
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.9/9
「That's So Raven」(ABC)―― 1.1/6
「Phineas and Ferb」(DISNEY XD) ―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「Penguins」(NBC) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.2/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.1/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.9/5
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/3
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.3/4


6月20日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.7/23
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.9/9
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.7/8
「That's So Raven」(ABC)―― 0.7/4
「Phineas and Ferb」(DISNEY XD) ―― 0.9/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「Penguins」(NBC) ―― 0.2/1

・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)―― 2.2/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 2.1/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.7/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.3/4
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


7月4日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 3.8/23
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.0/12
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.3/8
「That's So Raven」(ABC)―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Spider-Man Unlimited」(DISNEY XD) ―― 0.4/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.5/9
「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)――1.4/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.0/6
「星のカービィ」(CW)―― 0.8.4
「恐竜キング」(CW)―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.6/3
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.1/1


7月11日

・同時間帯(10時30分〜11時00分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.9/28
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 2.3/17
「Batman: Brave & The Bold」
(CARTOON NETWORK) ―― 1.7/9
「That's So Raven」(ABC)―― 0.9/5
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.5/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Penguins」(NBC) ―― 0.2/1


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)――1.9/12
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.9/10
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 1.3/7
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.4/5
「星のカービィ」(CW)―― 0.4/2
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.4/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2
「Power Rangers RPM」(ABC)―― 0.3/2


7月25日
*この前週から午前11時00分に放送時間変更

・同時間帯(11時00分〜11時30分)比較

「Back at the Barnyard」
(NICKELODEON) ―― 4.7/25
「Handy Manny」(DISNEY CHANNEL) ―― 1.3/8
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.1/6
「Zeke and Luther」(DISNEY XD) ―― 0.7/4
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2
「Turbo Dogs」(NBC) ―― 0.3/2


・日本アニメ・特撮作品との比較

「ポケモン・ダイアモンド&パール Battle Dimensions」
(CARTOON NETWORK)――1.5/9
「爆丸 バトルブローラーズ」 (CARTOON NETWORK)
 ―― 1.1/6
「遊戯王5D's」(CARTOON NETWORK)―― 0.8/4
「遊戯王5D's」(CW)―― 0.6/4
「恐竜キング」(CW)―― 0.6/3
「Kamen Rider Dragon Knight」(CW)―― 0.5/2


short_g.gif


という感じで、残念ながら引き続き低空飛行が
続いている、と判断しなくてはならないでしょうか
……。
「遊戯王5D's」の、CARTOON NETWORKと
CWでの数字の差でわかるように、「KRDK」を
放送しているCWネットワークの枠自体が、そも
そもそんなに視聴率の高い枠ではないのも事実
ですけど。
7月18日からの、11時への時間帯変更によって、
現在北米では「ポケモン」をしのぐ勢いであり、
トイの売り上げも絶好調な、「爆丸 バトルブロー
ラーズ」と同じ時間帯になってしまったのも、
かなり痛そうです。
ともあれ今日からの新作エピソードが、どれだけ
の数字を稼ぐのか、注目したいと思います。


posted by mikikazu at 10:50 | TrackBack(0) | 「Kamen Rider Dragon Knight」情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eXTReMe Tracker
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。